こんばんわ、lenlenです

種類紹介シリーズ、アルダに続いてケヅメリクガメです
大きい方から紹介するとしばらくオススメできない順になってしまうのですが…ご了承ください

そして毎回書きますが、内容は個人の偏見なので、あくまでも一つの参考意見として読んでください
IMG_2849
【ケヅメリクガメ】
買いやすさ………★★★
育てやすさ………★★★
国内CBの入手性…★☆☆
飼いやすさ………☆☆☆

アルダがこんなに手に入りやすくなる前は一般人が買える一番大きなリクガメでした
なので割と飼ってる人も多く、よく「街中で大きなリクガメを散歩させてる!」と話題になるのは大抵ケヅメな気がします

アルダより小さいとはいえ、最大80センチくらい
小さいメスで60センチとしてもスーパーの買い物カゴが歩き回っている感じなのでかなり大きいですね

一般家庭じゃ絶対に飼えない!とまでは言いませんが、食事量やスペースを考えると生活の多くをカメ中心に考えないと難しいですね

「買いやすさ」ホームセンターで売ってるくらい入手は簡単です、価格もリクガメの中ではかなり安い方
専門店やイベントに行けばたくさんいる中から選べます

「育てやすさ」もともとかなり乾燥していて寒暖差の激しいところに住んでいるようなので、すぐ大きくなります。2〜3年でバスケットボールサイズに…そうなると市販ケージでは難しいですね…

野生個体の輸入はまずないのでほぼCBですが、国内となるとなかなか手に入りづらいかと思います
ただ国内CBじゃなくても飼育自体は難しくないのでそこまでこだわらなくてもいいのかな、と思います

と、総合的に見ればアルダに続いて「サイズ以外は」飼いやすいリクガメだと思います
アルダの次に紹介するとなんか飼いやすく見えちゃいますが、やっぱり一般家庭では大きすぎるようで飼いきれず捨てられる件数が多いのも実際のところ…

ベビーはめちゃくちゃかわいいし、大きくなったらすごくカッコいいリクガメですが、買う前にまずは色々想像したり、各地の動物園等に”寄贈”されているケヅメを見てからにした方がいいと思います



なんだかネガティブな記事が続いてしまっていますが、アルダもケヅメもちゃんと飼えればそれに応える魅力はあるカメ達だと思います
自分の子供はちょっと無理としても将来、孫が生まれた時に自分の飼ってるカメの背中に乗せてあげられる…なんてリクガメ飼いにとっては最高の瞬間だと思いますよ

でもやっぱりオススメはしません、笑