2007年02月18日

期末試験免除

期末試験免除

日本の大学では、
今の時期は卒業論文と卒業試験を迎えて、
頭を悩ましているのではないだろうか。

もしこれが無かったらどんなに楽なことか・・・

アメリカのある大学の例を紹介しましょう。

その大学では、4年間のこれまでの平均の成績がB以上なら
本人が希望するなら、最後の学期の期末試験は免除される。

Bとは100点満点中の80点以上である。

卒業論文にしても100ページ以上などという
形ばかりの無意味なことは要求しない。

内容さえしっかりしていれば、
A4で20〜30ページでもOKである。

まず4年生の最後の学期になったら、
シニアー・セミナー(4年生のセミナー)に登録する。

これは自分の専攻の研究課題をまとめるプロジェクトである。
それぞれの学生は、自分の専攻する内容で
研究内容をまとめ、セミナーの中で発表する。

発表し終わればそれでOK。
したがって、早めに仕上げて、発表してしまえば
学期の残りはほかの事をしていてもかまわない。

最後の学期は大学院へ進学するために
面接に出かけるので、
それを配慮しているためのようだ。

シニアー・セミナーは4年生が対称だが、
担当教授に直接掛け合ってOKをもらえば、
1年生でも参加できる。

熱意があれば、それが受け入れられる。

この大学では卒業生の半分は大学院に進学する。

日本の場合、卒業しても就職できないから
仕方が無いから大学院でも行くか・・・
といった後ろ向きの理由で大学院へ行く学生が多いようだが、
この大学の学生たちの場合は、そうではなく、
専門を極めるためにさらに大学院へ行くのである。

2006年08月25日

竹の節から学ぶこと

竹にもし節がなかったら、

風が吹いてきたら、

簡単に折れてしまう。

しかし、竹には節があるので、

頑丈で、しなやかで、

多少の嵐が来ても折れることはない。

人生もこれと同じ。

誰もが好んで苦労をしようとは思わないが、

苦労することによって、強くなる。

苦労は人生の節目であり、

それによっていっそう大きな人間に鍛えられる。

---------------------------------------------

参考になりましたらワンクリック!! 

 ↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ
leo0726 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!成功 | 教訓

2006年08月19日

感謝の気持ちがあなたを富ませるキッカケとなる

「いつも喜んでいなさい。」

「絶えず祈りなさい。」

「すべてのことに感謝しなさい。」

(テサロニケ5:16−18)



クリスチャンは神様に祈る時、
「天のお父様」と呼びかける。

神様と人間は親子の関係と似ている。

不満ばかり言っている子供を見たら、
その親はどんな反応を示すだろうか。

いろいろなものをあげてるのに
文句ばかり言ってかわいくない奴だ。

勝手にしろ、もう知らんぞと言って、何もくれなくなる。

しかし、もし子供が、いつもニコニコ笑顔で、
「おとうさんありがとう」と感謝していたらどうだろう。

お父さんは上機嫌で、そうかそうか、
それならもっと良いものをあげようと、
もっと大きなプレゼントをもらえることだろう。

神様と人間の関係もこれと同じようなもの。

今あるものに感謝しよう。
健康をありがとうございます。
食事をありがとうございます。
住むところをありがとうございます。

このような感謝の気持ちが神様を喜ばせることになり、
更に大きな祝福が与えられる。


---------------------------------

あと五万円あったら家計が楽になる。

そう思って始めた、主婦のアルバイト。

今では主人の収入を追い越して、私が我家の稼ぎ頭!!

 ↓ ↓

今では主人の収入を追い越して、私が我家の稼ぎ頭!!
leo0726 at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!成功 | 教訓

2006年08月18日

水虫にホウ酸の溶液

水虫にホウ酸の溶液

数十年にわたって悩まされてきた水虫とやっとお別れした。

足の指の間の水虫、これは頑固。

薬をつけても、なかなかよくならない。

一時的によくなったと思っても、しばらくすると再発。
いたちごっこであった。

しかし最近になって、ホウ酸の溶液をつけて見ることを思いついた。

風呂上りに5%ぐらいのうすい溶液を、霧吹きで吹き付ける。

これを2ヶ月間続けたところ、あんなに頑固に残っていた水虫が
きれいに消滅していた。

よかった!!


-----------------------------------------

参考になりましたらワンクリック!! 

 ↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ
leo0726 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!健康 | 教訓

2006年08月17日

本物に出会う

本物に出会う

人生のどん底に落ちた時、
何に出会うかによってその後の人生が変わる。

本物に出会えば充実した人生を歩める。
しかし、変なものに捕まってしまうと、
とんでもない人生になってしまう。

十年ほど前に、地下鉄に劇薬をばら撒いて、
日本を不安に陥れた宗教集団があった。

その幹部グループが、一流大学の出身者であったので、
みんな驚いたものであった。

彼らがこの宗教集団に入ったキッカケは、
病気になって体調を崩したことであった。

この宗教集団に入ることによって、
病気を治すキッカケを掴んだのだろうけど、
その代わり人生の歯車が狂う道を歩むことになってしまった。

これと対照的なのは、世界で一番大きな
キリスト教会の牧師として活躍している
チョーヨンギ牧師である。

彼は19歳の時に肺結核にかかり、
あと3ヶ月の命と宣告された。

そのとき、聖書に出会ったのがキッカケで、
奇跡的に健康を回復しただけでなく、
いまでは世界中のキリスト教会のモデルとなっていて
すばらしい活躍をされている。

本物に出会う。これが大切。


-----------------------------------------

参考になりましたらワンクリック!! 

 ↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ
leo0726 at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Recent Entries