fdfa726e.jpgレンタル&セルで8話まである医療サスペンス。
ネットのキャンペーンに応募したら当たりました。
…と言っても先着1万名に第1作のみですが。

三上博史演じる主人公の鈴木秀樹が18年間研究を続けてきた”全てのガンに効く特効薬”の開発に成功。

殺人事件が発生、刑事の的場真一(柳葉敏郎)が容疑者として1人の少女水野愛美(谷村美月)にたどりつく。その少女は余命半年という末期癌に犯されていた。
警察から逃げる水野が鈴木と出会い、新薬の実験台となり、実験は成功する。

…スト−リーはこんな感じです。
癌の特効薬は人類の寿命を延ばすが、現在死因の3分の1である癌を撲滅することは、今以上の高齢化社会を招いたり、薬をめぐる利権争いを引き起こすなど、いろんな問題を含んでいるらしく、2話からそういう話がサスペンスチックに進んでいくようです。
 
 話の展開も丁度良く、8話完結は「24」や「ロスト」などのアメリカの連続ドラマよりは気楽に見られそうです。