「どういう相手が好みなの?」と聞かれて、あなたは何を挙げますか?

私の場合は、今はこう答えている。
「私を好きになってくれて、大事にしてくれる人」と。
これは何も、「だから好きになってくれれば別に誰でもいいんです」というわけでは断じてない。
ただ、私にとっての幸せな恋愛というのは、私を好きでいてくれる人を、私を大事にしてくれる人を愛し抜くことだと、そう思っているからそれが全てなのである。
もちろん、「私もその人を好きになれたら」という条件は加味されるけれど、私はそもそも「人間が好き」な方だと思うので、自分に興味を持ってくれる人がいたらある程度その人と真剣に関わろうとする。
そうすれば、「何があっても絶対に好きになれない人」って、なかなかいない。
人間、情に流される。
それは決して悪い事じゃない。

こんな私も過去にはいくつかの条件はあった。
だって、できればイケメンがいい。
だって、できれば優しい方がいい。
だって、できれば面白い方がいい。

でも、顔は歳を重ねれば皆一様に爺さんと婆さんになるわけで。
ある程度、ごく普通の環境で暮らしていれば、人並みの優しさは身についているわけで。
例え話術に長けていなくても、その人にこちらが興味を持って見さえすれば、面白くも見えたりするわけで。

結局、「好きになった人がタイプ」これに尽きるのだ。

若かった当時、私は憧れの港区民になりたかった。
六本木で飲み歩くことをある種ステイタスのように思い、通い詰め、歩いて帰れる距離に家が欲しくなった。
そうしていざ住んでみたはいいけれど、「六本木徒歩圏内」という条件で探したその部屋はたいして気に入りはせず、いつからかあんなに好きだった六本木にもあまり足を運ばなくなった。
そんな経緯から、「今回は別にどこでもいいから、気に入る部屋を探そう」と思い、都心へのアクセスが良い場所であれば土地にはこだわらずに見つけた今の部屋は大層気に入り、住むまでは足を踏み入れたことさえなかったこの場所を、今ではとても愛している。

目先の条件だけで飛びついてみたものの、「…あれ?」ということは、意外と多い。

高校生の時に私は見ず知らずの、たまたま同じ電車で通学していたというだけの他校の男子に突然の告白を受けた。
その時私は絶賛片想い中で、よく知りもしない人に興味を持つことなどありえないと思い、即断った。
今なら、なんてもったいないことをしたのだろうと思う。
その片想いは結局実らなかったし、とりあえず友達になるくらいしておけば、別の楽しい高校生活があったのかもしれなかった。
そしてその後、同じ高校の後輩からの告白を受け、さすがにその片想いが実らないことにうすうす気が付いていた私は「この人が忘れさせてくれるかもしれない」という淡い期待を胸に、それを受け入れることにした。
だが結局、私は「やっぱり片想いだけど忘れられない」という理由で、その彼に別れを告げた。
今思えば、後にも先にも、私を他のどの男よりも大事にしてくれていた彼氏だったように思う。

いずれも、「後悔」とまでは感じていないけれど、振り返ってみると、「あの時の自分、結構勿体ないことしてたよなぁ」くらいには思ったりする。

人の価値観は、変わる。
今、「絶対にここだけは譲れない」と思っている条件だって、数年後にもそう思っている保証はないのだ。
自分のことだって、人には決してわからない。

恋を考えすぎて、頭でっかちになっていやしないだろうか。
結婚を望むばかり、条件ばかりで男を見てはいないだろうか。

恋愛にだって、柔軟性は必要。
「私、こうこうこういう人じゃないと好きになれない」という想いは、「だから、それが全部当てはまっているあの人しか、私にはいないの」という想いに繋がる。
結果、苦しい恋愛を強いられることもある。

「私、別に割と誰でも好きになれるからな~」くらいにのほほんと構えていた方が、恋は楽しい。
「今はこの彼のことがものすご~~~く大好きだけど、ダメになったら他もいるだろうし」くらいに思っていた方が、余裕も出る。
(もちろんそれは彼の前ではおくびにも出さず、「私あなたしかいないの♡」という可愛い女を貫く。)
結果、激しい束縛や彼への執着は産まない。
なので、男から追われることになる。
このスパイラルをモノにしたら、あとは向かう所敵なしである。

自分で自分の首を絞めるのが好きなら、いつまでも勝手にやっていればいいですがね。
私はおかげで、最近とっても気が楽です。