何度もこのブログ上でも述べている通り、私は結婚には興味のない子供だった。
「お嫁さんになりたい」などと想い描いたことなんてなかった。
男と付き合ったことはあっても、その先に「結婚」を描くようになったのなんて、本当にここ数年の話だ。
でも、そう。
そんな子供だった私でも、「なぜか」そんな風に思うようになってしまった。

周りの仲のいい友人が結婚していくところを横から眺めていて、思うようになったのか?とも思う。
けれど、確かに「結婚式」に参列すれば「幸せそうでいいなぁ、素敵だなぁ」とは感じるのだけど、おそらく私が憧れているものの正体は、「綺麗にめかしこんで、その場にいる誰もが自分たちを祝福してくれていて、隣には生涯を誓い合った相手がいる」という、その光景。
「その中心に私もいてみたい」とは思っても、実際にその後の生活を欲しいと思っているとは思わなかった。

私はいつだって(いや、誰もがそうなのだろうが)、「自分が本当は、何を欲しくて、どんなことがしたいのか」が大事だと思って生きている。

やりたくもない仕事なら辞めたらいい。
やりたいことを仕事にしたらいいんだ。
いたくもない人となら関わらなければいい。
一緒にいたい人だけを大事にしたい。

幸い転職に困ることのない資格を手にした私は、だから悩まなかった。
「なんかもうここ、嫌だな」と感じたら、すぐにその職場を離れた。
人間関係で悩んだ経験も、ほぼない。
幸い、職場での人間関係にはこれまで恵まれてきたし、そこまで嫌な想いをしたこともない。
友人関係であっても、「なんかこの人といるのは楽しくない」と感じたら、「友達」を辞めたりもした。

私は自分の気持ちに正直に生きよう、と、そう心から思っている。

でも、この「結婚」に関してだけは、どうやら本気で、自分がどうしたいのかわからない。


「そろそろしたい」とは思ってきたような気がする。
けれど、今すぐにしたいかと問われれば、そうでもないようにも感じる。
だって、今の生活に「嫌だ」と思うことはないからだ。
この生活を「辞めたい」とは、私は思っていないように思う。

確かに、友人たちは結婚したり、出産したりと、私とは異なる人生の時間軸のところに立っていて、私とは少し疎遠になったりもしている。
でも、幸か不幸か、「本当に仲の良い友人」たちのほとんど大半は未だ独身でいて、だから、友人と遊ぶにも困らないのである。

これはもう、「思わされている」のだ、と、そう思う。
出産の適齢期だから、女としての本能が、私に結婚を求めさせているのではないか、と。
なんだか本気で、そんな風に思う。

でも、本当にそれだけなのか。
私は、結婚を望んでいるわけではないのだろうか?

そんな風に、自分の心の奥へ、奥へ、もっと深く底へ、潜り込んでみたら、わかったことがある。

ただひとつ、私はもう、傷つきたくないのだ。
いくつもの恋を経験してきて、その数と同じだけの終わりも体験してきて、今思うことは、「恋することは、楽しいけれど大変」だということ。

仕事での失敗は、確かに凹むけれど、乗り越えることができる。
「やっちまった!!」って一通り凹んで、多少他のメンバーに迷惑を掛けたりもして、でも、「お互い様」精神で支え合い、励まされながら、また続けて行くのが仕事。
友達関係では、皆が互いにいいオトナになっているからこそ、それこそ小さい頃のように、むやみやたらに傷つけ合うようなことにはならないし、スルースキルだって身につけてきたから、ちょっとやそっとのことでは悩んだりしない。

でも、そんな風に「オトナだから」と、「経験を重ねてきたから」と、「何度も繰り返してきたから」と、そんなことくらいで「だからもう、簡単には傷ついたりしないから平気だよ」なんて、思えないのはたぶん、きっと、恋愛だけだ。

身も心も自分の全てをさらけ出したり、時にはぶつかり合ったり、愛してほしいと願ったり、受け入れてもらえた喜びを感じたり、その分傷ついたりするのって、恋愛だけなのだ。

「結構いっぱい、傷ついてきたんだから、もういいんじゃないかな」って、
そんな想いが自分の中にあって、だから、「結婚」つまり、自分の全てを受け入れて、認めてくれる存在と生きて行きたいと、そう願っているのだと思う。
もちろん、結婚してからも、その相手によって傷つくことがないとは言えないけれど、でも。
「この先どうなるかはわからないにせよ、一度は自分を選んでくれた相手」が欲しいのだ。

ただ穏やかに、自分を認めてくれている人と過ごす幸せが結婚かな、と、独身の私は想像してみたりする。
本当はその先に何があるのかだなんて全然知らないのだけど。
でも、そういう相手とだったら、その先にある何もかも、平気なんじゃないのかな、とも思う。


私が傷ついてきたのと、同じくらいの数だけ、私もきっと、人を傷つけてここまできたのだろう。
でも、そういう全てを持って、いつか出逢うその誰かを愛し抜きたいと、そう思う。
そこで清算できるんじゃないのかなって、思っている。
傷ついた分だけ、人に優しくできるというのはきっと、本当の話。
傷ついた分だけ、人に優しくすることで、本当の意味で傷は癒えるのだ。