明日は明日の風が吹く〜♪

天然ボケボケ日記をまじえながら書いてみようと思う今日この頃!

☆2014年☆

また新たな1年が始まりましたね♪


いつもなら、寝正月の1日ですが……。
今年は早起きして、母と一緒に初日の出を見てきました。


近所に穴場スポットを見つけたのでね(*^^)v



__ 1.JPG__ 1.JPG



__ 2.JPG__ 2.JPG


__.JPG



『生まれてはじめて、初日の出を直接見たわ♪』と感激の母。

その一言が、とても嬉しかったぁ〜♪♪


『また来年も来よう!』と、母と約束♪


あまのじゃくで、出不精の父は、母が撮ってきた写真を見て……。
『夕陽の方が綺麗だろう』だって(+o+)


『どこまで、あまのじゃくやねん!!!』と感じた私。


おぉ〜!新年早々ぼやいてしまった(爆)


† † † † † †


では、【初日の出】繋がりで……。

今からさかのぼること……20代前半の頃の話。


ん?何年さかのぼるかって??


えっとぉ〜!【2年×α】

αの答えを埋めようとしたら……めまいしてきた(爆)

若かりし頃のお話です。


ドライブがてらに数人が1台の車で、初日の出スポットへ向かいました。


もちろん真っ暗。
初日の出の時間には、まだまだあり……。

少しずつ周りに停まる車の数が増え……。

一度は車外に出て、お隣に停まってた初対面の方と雑談。

そして、車に戻り……。

まだまだ時間があるから、少し仮眠をとろうとなり……。


数分、経った頃かな??


車の窓をコンコンと叩く音がして、目を覚ました私。
正確には、私達(車内のみんな)


窓を叩いていたのは、雑談したお隣さん。


この後、お隣さんの言葉に驚愕!!!


隣『太陽、もう昇り切りましたよぉ〜』と。


私『えぇ〜!!!』


隣『ついつい、こちらも昇る過程は写真を撮るのに必死で……。もっと早くに声をかけてあげれば良かったですね』と。


私『いえいえ。爆睡してた私達が悪いんで……。』


その時は、もうすでに初日の出を満喫して帰られていく人の姿もあるくらい。


笑えるでしょう。

大晦日の晩から夜通し遊んだ後、初日の出を早めにスタンバイしすぎて……全員爆睡。

それ以来、誰も【初日の出行こう!】と口にすることは、ありませんでした(爆)


若かりし頃のお話でした。


† † † † † †


なので、今回の初日の出。
実は、私も生まれて初めて、直接見たんです。


感動モノでしたよぉ〜♪♪


† † † † † †


明日は、毎年恒例の88番札所【大窪寺】へ友達4人で初詣。
そして、メインの打ち込みうどんを食してきま〜す♪♪


† † † † † †


【れおんからの新年の挨拶】


ここを訪れてくれて、ありがとう♪

2014年が、あなたにとって……。


あっ!ここを訪れて読んでくれてる【素敵なあなた】ですよ。


2014年が素敵な1年となりますように♪

〜れおんの願いを込めて〜

感謝を込めて……

ようやく落ち着いて、PCに向き合える時が来ました。

お久しぶりです。なんとか生きてます(*^^)v


って、もう年末ですね。


年の瀬の……。

日が無い時に、長文を更新するんじゃないだろうなぁ〜!!!と言う声が聞こえてきましたが……。


では、短く!


† † † † † †


【2013年】
今年も、たくさんの思い出を刻むことが、できました。


その思い出に関わってくれた方、すべての方に、心から『ありがとう♪』と言いたい。


ほんま、ありがとう♪

これから先もずっと、よろしくお願いいたします。


以上。
今年最後の更新でした。


† † † † † †


ん?
そっけないですか??


私も、そう思います。

では、2013年を振り返ってみたいと思います。


先に言っておきます。
かなりの長文です。


なので、年が明けて落ち着いた頃に、『そういえば……れおんが長々と書いていたなぁ〜。読みに行ってみるか。』と、思い出していただければ……。
<(_ _)>よろしくお願いします。


では、長文スタート♪♪


† † † † † †


毎年ね。思うことがあります。


1年を振り返った時、今年みたいに楽しいことが盛りだくさんだった年は、この先、これ以上は無いだろうなぁ〜と。


しかし、毎年楽しい思い出が刻まれております。
ほんと、ありがたいことです。


そんな2013年、ベスト3を選出しようと思ったのですが……。
選びきれないため、時系列でお伝えします。


† † † † † †


【1月】ドリカムのライブ『ウラワン』を大阪城ホール1列目にて、満喫


この日は、友達の夢が叶った日。

その友達は、ドリカムの大ファンで、ライブチケットをゲットするたび、私を誘ってくれて……。


数年前、NACSの舞台を大阪へ観に行った時、大阪城ホールの駐車場にドリのトラックが停まってあって、それを見た友達が一言。
『いつか大阪城ホールで、ドリのライブを観たい。大阪ベイビーズになりたい』と。


その夢を自分の手で掴んだ友達。

この日、私は誘ってくれた友達に感謝しつつ、1列目にて、近くに居る美和ちゃんを目に焼き付けましたよぉ〜♪♪








† † † † † †


【2月】KAORUさんイベント


イベントにて、じゃんけんに最後まで勝ち進んだ人にKAORUさんの手作りチョコをプレゼント。


私の結果は……。
まぁ〜弱い!!!


けどね、一緒に参加してた友達がファミリーで2個ゲットしたから、1個あげると。
もう震えたね♪♪


そして、イベントが終わった帰り際、お土産が用意されていました♪


KAORUさんの手作りミサンガ+元気玉

手を痛めていた中、肩バキバキで作ってくれたミサンガ。
そして、元気玉。




そこに込められた想い。

泣きそうになるのをこらえるのが必死で……。
とてもそっけない態度になってしまっただろうなぁ〜と後で反省。

そして後日、送られてきたのが……。

イベント参加者とKAORUさんの集合写真。
+KAORUさんの直筆メッセージカード。


今それは、部屋に飾っています。


それらは、時間が経っても一瞬にして、その時を思い出させてくれる。
大切な宝物。


† † † † † †


【9月】水曜どうでしょう祭@北海道


最初は、さすがに北海道は行けない。

周りに、そこまでの熱いどうでしょうファンは居ないから……一人で北海道は無理だし……と、早々と私の中では諦めていました。


そんなある日。
1月にドリカムライブに連れて行ってくれた友達が『水曜どうでしょう祭、行こう』と言ってくれた。


あまりの衝撃に思わず『いやいや。気持ちは嬉しいけど……。代金安くないし、もし行けたとしたら、観光なしやで。それでもええの?』と聞いてしまった。


すると友達が言った『ええよ。熱く水曜どうでしょうを語ってる(れおんの)姿を見てたら、その祭に参加してみたいって思った』と。


心から感謝☆☆☆


そして、奇跡の【3日間通しのツアー】をゲットでき、一切の観光なく、祭を満喫できました。




ん?北の大地に行ったのに……。
一切観光しないって??

バカじゃないの?と。


そうです。どうでしょうバカですから……(*^^)v


† † † † † †


【10月】FEVER DRAGON NEOの舞台を満喫。そしてサプライズ♪


FEVER DRAGON NEOの黒蛇さんが描く世界が大好きで……。
今では、毎年10月末に笹塚で観劇するのが、私のライフスタイル。

今年も、心に響く舞台を観劇できました☆☆☆


そして、今年は観劇後にサプライズが……。

KAORUさんが会いに来てくれたんです。もう震えちゃったよぉ〜♪♪


2013年10月26日。
私の誕生日の2日前の出来事。

最高のサプライズを……私は、一生忘れません!!!



__.JPG



† † † † † †


【12月】長与さんが動いた。来年3月22日、大田区体育館にてKAORU選手復帰戦が発表された。


KAORU選手への想いは……。
年明けに落ち着いてから……更新することにします。


長与さんの記者会見が行われた翌日が、チケット発売開始日。


それは平日10時〜で……。

その日は、もちろん仕事中。
発売開始時には、身動きとれない。

だから、夕方仕事が終わってから、申し込むしかないなぁ〜と諦めていました。


そんな時、大阪の友達から『電話で話せる?』と。

そして、翌日のチケット予約を一緒にするよ!と言ってくれた。

めちゃめちゃ嬉しかったぁ〜♪♪


3月22日、戻るべき場所に戻ってくるKAORU選手の姿を……。
最高の仲間と一緒に並んで観戦できる。


これ以上ない幸せが、年を明けた先に待っている。


そんな場所を作ってくれた長与さんに、心からの感謝を申し上げます。


† † † † † †


数々のビッグイベントがあった2013年。


その他にも、プロレス観戦後のオフ会。


そして、神奈川に住む友達と今年から始めた【春夏秋冬計画】
冬は、私が忙しすぎて実現しないけど……。


春に桜を見て、夏に花火して……。
秋は、FEVER DRAGON NEOの舞台を観て……。


あっ!とあるアーティストの【春夏秋冬】は、恋人同士の思い出でしょう。
私の場合、親友との思い出作りです(*^_^*)


【恋人】それは私の中では死語ですから……。
と、年末に自爆スイッチON(爆)


† † † † † †


ごほん!
話を戻しまして……。


諦めた時。
その瞬間に限界境界線が決まってしまう。


さすがに北海道は遠いと諦めたままでいたら……。水曜どうでしょう祭を満喫することはできなかった。


平日10時の予約申込みは諦めて、夕方でいいやと諦めたままでいたら……。
来年3月の最高の空間で、最高の仲間と一緒に並んで観戦することはできなかった。


私の限界境界線を広げてくれた友達に、心から感謝☆☆☆


そして、思い出とは……決して一人で作れるものじゃない。


だからこそ……。
その思い出に関わってくれた方、すべての方に、心から『ありがとう♪』と言いたい。


そして、この先もずっと……。
こんな奴ですが……よろしくお願いします<(_ _)>


† † † † † †


2月に行われたKAORUさんイベントにて。


各テーブルに順にKAORUさんが回っていき、数分間トークできると。

そして、私の居るテーブルに来た時のKAORUさんの第一声。

今でも、はっきりと覚えてる、その言葉。


それは……。
『れおんって、ほんと愛されてるね。』と!


今、こうして2013年を振り返ってみて……。

うんうん。
【ほんと。愛されてます。】


KAORUさんの言葉通りだったよ☆☆☆


† † † † † †


長文を読んでいただき、ありがとうございます。

そんなあなたが、れおんは大好きだぁ〜と申しております(*^^)v


では、よいお年を♪♪

『Zと偶数と』〜れおんのつぶやき〜

以前の記事【☆オススメ舞台情報☆】で書いた舞台『Zと偶数と』を観劇してきました。


前もって言っておきますよ。かなりの長文です。あっ!それは毎回でしたね。

いや!今回は、今まで以上かと……。


疲れたら、日を分けて、お読みくださいませ。


では、スタート!!!


† † † † † †


タイトル『Zと偶数と』

観劇後、このタイトルの意味が分かった時、とても深かったんだと感じました。


まずは【Zと】の意味

『Aから始まりZで終わる言葉が、世界の7割を占めている。Zのその後に続くもの。それは【尊厳】と……。』


あれ??

もう一つ……すみません。思い出せない!!!


要はね。

この世の命に無くしてもいい命は、ひとつもないと。

たとえそれが殺人犯の命でも……。


その殺人犯が追い詰められて、自ら命を断とうとし……。

そのまま病院に運ばれてきて、対峙した医者達。


その医者の中の二人は、殺人犯に家族の命を奪われた過去がある。

それでも、この命は……。

医者として、守ると。


† † † † † †


そして【偶数と】の意味


奇数は割り切れない。偶数は、きちっと割り切れる。


人は、奇数である。割り切れない感情がある。

けど、偶数になれれば……。


医者として、この命を守ると割り切った二人は、偶数になった。

そして、事件に巻き込まれ、家を全焼させられた、お弁当屋さんのお姉ちゃんも、責めることなく、心が偶数だった。


〜れおんのつぶやき〜

この世の人が、みんな偶数だったら……。

耳をふさぎたくなるような無残な事件のニュースも無くなるんだろうな。


けど、その前に【自分が偶数になる】

それが、なかなか簡単にできないこともある。でも、偶数に近づけるよう心がけようと思った観劇の日でした。


† † † † † †


れおんの心に突き刺さった言葉を紹介しますね。


観劇から1週間経ってからの更新。

セリフは、ニュアンスを感じてくださいませ。


独身のお弁当屋さんのお姉ちゃんに、父親代わりの鉄さんが言った言葉。

『一度結婚しろ!すぐに帰ってきてもいいから!』


〜れおんのつぶやき〜

あっ!ちょっと失礼。

只今、苦情の電話がありました。

『おいおい!あの舞台で突き刺さった言葉が、それかよ??』と。


ごもっともです。ただ、ちょっと言わせてもらいますとね。

この言葉を聞いた時、正直【心に突き刺さったんです】


だって、リアルに言われたことがあるんですもん。

それもね。【妹の結婚式当日】

親族一同の控室にて、おじに言われた言葉。


その日の私ですか?もちろん偶数なんてなれません(爆)


なんだったら【素数】ですよ!!!

素数とは、1 と自分自身以外は、割り切れない(爆)


あっ!思わず取り乱してしまいました。

では、本題に戻しますね。


† † † † † †


こちらは、鉄さんが言った言葉

『女は、現実で夢が見られる。男は夢の中でしか、夢を見られない。だから、男の夢は、ただの夢なんだ。』


〜れおんのつぶやき〜

確かに女性は【現実派】

だからこそ、現実の中で夢を見られるんだよね。


† † † † † †


そして、私が一番好きだった言葉

『愛は、お金では買えない。けど、お金に愛を込めることはできる。あなたが子供の頃、何不自由なく生きてこられたのは、親が働いたお金があったから。そこには、愛が込められている。』


〜れおんのつぶやき〜

はっ!とさせられた。

何気ない日常。その日があるのは、目に見えない愛が込められているから成り立っている。

そう思えば、自然と【感謝】が浮かんでくるね。


† † † † † †


では、以前の記事【☆オススメ舞台情報☆】で書いた【出演者紹介】を逆の順に紹介して、そこに〜れおんのつぶやき〜を添えていきますね。


それぞれの名前をクリックすると、【劇団ブログの役者紹介】へジャンプします♪

※リンクの承諾は、以前得ました。


☆藤田 佳子さん☆

役名:黒川 ゆみ

〜新東洋大学外科教授〜


医師会の権力に押しつぶされそうになりながらも、最後は壁になって、やりやすい環境を作った。

理想の上司像でした。

こんな上司がいたら、素敵だなぁ〜。


看護師の事を【わこうど】と呼び……。

そして、お酒大好き。接待の翌日は、二日酔いで、点滴を口から飲むという無茶な面も(爆)

オンとオフの切り替えが半端なく、めっちゃ素敵でした☆☆☆


† † † † † †


☆ヨウコさん☆

役名:矢島 加奈子

〜患者〜


小さな島で生まれ育った加奈子さん。

難病を患っていて、島の医療施設では対処しきれないと。新東洋大学病院に転院することに……。

実は、政治家の娘で、手術を医師会の権力に利用されそうになったが……。

そこは、黒川教授が壁になって……。


印象は【素朴】って感じでしたね。

その素朴さが、小さな島で生まれ、島を出たことがない感じが、めっちゃ伝わってきました♪


† † † † † †


☆枝野 ネロさん☆

役名:鈴木みのるさん(ニックネーム:ゴッチ)

〜麻酔科医〜


役名で、あれ??と感じた方。

あなたも【プロレス】好きなんですねぇ〜♪♪


そう、演出の黒蛇さんは、大のプロレス好き。

医療サスペンスの中でも、【プロレス・スパイス】が散りばめられておりましたよ。


【医者の中の二人は、家族の命を奪われた過去がある。】

その一人が、ゴッチ先生。

妹を失った過去があるのです。

だから、殺人犯が運ばれてきた時、『こんな奴を助けるんですかぁ〜!!!』

魂の叫びでした。


しかし、最後は割り切り、麻酔科医として、的確な指示を出したのです。

【偶数】になった瞬間、胸がキュ〜っと締め付けられました。


ゴッチ先生、かっこよかったよ☆☆☆


† † † † † †


☆小山 楊併さん☆

役名:井原 信也

〜井原弁当従業員/まりさんの弟〜


事件に巻き込まれ、家を全焼させられた。

本来の事件をごまかすための放火。

本来の事件で命を狙われていた女性に対し、思わず『この街から消えてくれませんか?』と言ってしまった。

けど、それは【人の素直な感情】から、出てくる言葉だったと思う。


しかし、それを姉のまりさんに怒られ、『男は、女を守らなきゃいけないの!』と言われ……。

最後は、その女性が犯人に襲われる現場に遭遇し、身体を張って、女性を守った。


偶数になった人が、ここにもいた。


やんちゃだった信也君が、姉の危篤(その後、助かる)→家の火事→親代わりの鉄さんの(過去の犯罪からの)逮捕。

数々の悲しい出来事を体験した。


体験した上で、最後に偶数になった。

めっちゃ勇ましかったよぉ〜☆☆☆


† † † † † †


☆三ツ木 恵理さん☆

役名:井原 まり

〜井原弁当店主〜


いつも新東洋大学に弁当を配達している。その時に意識を失ってしまう。

病院のエース白井先生の手術により、一命をとりとめた。


『目が覚めて、白い天井を見上げ……。

その後、ようやく自分の身に起きた現実を受け入れることになり……。

周りの人たちに支えられていることに気付いた。

一度は、失いかけた命。だからこそ、人に優しくと思えた』と。


まりさんの数々の言葉が、私の胸に突き刺さりました。

最高に、かっこよかったです☆☆☆



† † † † † †


☆鎌田 英幸さん☆
役名:梶原 守

〜サンテノン製薬社員〜


言っちゃっていいですかね??

この方が【●人】です。


●の中は、みなさんのご想像にお任せします。

ちなみに【海】を入れると【うみんちゅ】なんて……(爆)


数々の事件の●人というよりも……。

結局は、大きな力(過去に薬を流出させていた体制の製薬会社)の駒として……。

必死だった分、ある意味、一番切ない人だったなぁ〜。


† † † † † †


☆桜井 ゆるのさん☆

役名:海道 恵美子

〜小児科看護師〜


犯人に毒を盛られ、命の危機を迎えるが、エース白井先生の手術により、一命をとりとめた。


キャピキャピとした雰囲気。

モモクロのダンスをキレッキレッで踊ってる姿が、若くて元気って、いいなぁ〜と思いましたよ。


だって私も【うしろ髪引かれ隊】世代ですから……(爆)


† † † † † †


☆阿久津 優さん☆

役名:成田 真一

〜刑事〜


泣き虫真ちゃんだった子が、今は刑事。


過去に製薬会社から薬を流してもらい……そんな罪を犯していた鉄さんを逮捕する役目に。

子供の頃から身近にいた鉄さんを自分の手で逮捕しないといけない。


鉄さんが真実を話そうとした時、その場にいたくなくて……。

飲み物を買ってきますよと逃げようとする。

その時、鉄さんが『行くな!』と呼び止める。


呼び止められて、真実を聞かされていた時の背中が切なかった。

そして、手錠をかけた瞬間は、2回とも泣いてしまいました。


† † † † † †

☆白井 美帆さん☆
役名:江守 千里

〜外科看護師〜


『江守ちゃん、最高〜☆☆☆』

あえて【ちゃん付け】で呼びたくなるくらい、私の笑いのツボを押しまくりでした。


見てはいけない、男女のいい雰囲気ってあるじゃないですかぁ〜♪

そこに、たまたま鉢合わせしてしまった江守ちゃん。

こっそり立ち聞き。


客席から見て、舞台の左端では、いい雰囲気の男女。

舞台の右端に、鉢合わせしてしまった江守ちゃん。


喋っているのは、左端なのに……。

思わず右端の江守ちゃんを二日間ともガン見してしまった(爆)


それくらいね。言葉に出さない表情が魅力的だったの☆☆☆


サスペンスの中で、お笑いを散りばめてくれていた江守ちゃん。


いつも外科看護師として、器械出しを担当している。

ラストの手術シーンでは、的確な判断をして、ゴッチ先生から『成長したね』と褒められた。


そこで江守ちゃんの言った言葉。

『器械出しをしながら、先生たちの姿を見ていましたから……』と。


その言葉に感動。

そうなの!

仕事って、新人の頃は、いろいろと教えてくれる。【耳で学ぶ】

けど、その後、年数が経過していくと、もう教えてくれない。だから、周りの姿を見て……【目で学ぶ】


いっぱい笑わせてくれた江守ちゃん、ラストめっちゃかっこよかったよ☆☆☆


† † † † † †


☆一石 よしふみさん☆

役名:龍咲 鉄二

〜山本会所属〜


一石さんの役名には、必ず【鉄】が付く。

スキンヘッドから、ある方を思い出させる。

それは、山本●鉄さん。


って、あぁ〜!!!

【山本会所属】(爆)

ここにも黒蛇さんの【プロレス・スパイス】が散りばめられておりました。


鉄さんの逮捕シーン。

二日間とも泣いちゃいました。切なすぎます。


確かに過去であっても、罪は償わないといけない。

まりさん達に言った鉄さんの言葉。

『俺の人生の最後、お前たちのおかげで、少しまともになったよ。』と。


胸がキュ〜っと締め付けられました。


† † † † † †

☆のもと あきさん☆
役名:白井 雪枝

〜新東洋大外科医師〜


お弁当屋さんのまりさん、毒を盛られた看護師の海道さんの命を救ったエース。

仕事はパーフェクト。プライベートは……【一人牛丼】ができる女性。


先ほどの江守ちゃんが、こっそり覗いちゃった【いい雰囲気の男女】の一人。

いい感じに進みそうで、進まない。


新しく赴任してきた女性医師には『独身?』と確認。

『いや。既婚者だと、先を行かれているような気がするからさぁ〜』と。


黒川教授同様、オンとオフの切り替えが半端なく、めっちゃ素敵でした☆☆☆

あっ!黒川教授も、独身だったなぁ〜


【オンとオフの表情が違う人】は、かっこいいと思うなぁ〜♪♪


† † † † † †


☆井田 友和さん☆

役名:内藤 貴清

〜非常勤外科医〜


正直、最初の印象は【キザ】やなぁ〜と思っちゃいました。


けど、昔、自分の車が盗まれ、その車が殺人に使われた過去が……。

その事件は、赤木先生の母親を狙った列車事故に見せかけた殺人事件。


ん?赤木先生の事は、最後に触れますね。


車の所有者だったことで、容疑者扱いされ……。

無実は、すぐに判明しても……。周りから白い目で見られる日々。

そんな辛い過去から逃れるために、名字を変えて、今を生きている。


過去を打ち明けた時は、とても切なかったです。

【キザやなぁ〜】は、撤回させていただきます。


自由奔放な白井先生の影響を受けて、少しずつ変わっていこうとする。

あっ!先ほどの江守ちゃんが、こっそり覗いちゃった【いい雰囲気の男女】の一人です。


とてもお似合いでした☆☆☆


† † † † † †


☆大田 正裕さん☆

役名:大山 省吾

〜公安 外事第二課〜


赤木先生の母親は、列車事故ではなく、殺されたんだ。そう睨んだ大山さん。

いろんな所に火種をまき、最後は犯人をあぶりだすと。


公安として動いているときの表情。とてもキリっとしてました。


とても背が高く、会う人に『大きいですねぇ〜』と言われると、必ず『アンドレほどではないですよぉ〜』と返す。

その時の表情が、とても柔らかく……。


表情のオンオフ切り替えが、素晴らしかったです。


あっ!ちなみに……。

【アンドレ】とは、アンドレ・ザ・ジャイアントという実在した巨人レスラー。

公式プロフィールの身長は【2m23僉曚世修Δ任后


そりゃ!大山さ〜ん。いくら大きくても、アンドレほどではないでしょう!!!


† † † † † †


黒蛇さんの【プロレス・スパイス】めっちゃ散りばめられてるでしょう(爆)


ん?それに気づくれおんも、プロレス詳しいねと。

いやいや!

私の場合は、知識が浅いです。

そして、一人のレスラーへの想いだけが、深いだけです(*^_^*)


† † † † † †


☆井上 貴代さん☆

役名:香山 晶子

〜ジャーナリスト〜


亡き兄の遺志を継ぎ、戦場の現状を伝えるジャーナリストに。

そこへ一本の電話が……。


『あいつ、まだ死んでないらしい。』


あいつとは……赤木先生の母を殺した犯人。

赤木先生は、ともに医師を目指した学生時代の同期。


〜れおんのつぶやき〜

あっ!ちょっと失礼。

また、苦情の電話がありました。

『だから、赤木先生の事を教えろ』と。


あひゃひゃ♪まだです。

最後に触れますから。

本題に戻らせていただきますよ。


公安の大山さんは、亡き兄の友人。

二人で共に事件を追うことが多く……。


私ね。

貴代さんの立ち姿、好きなんですよねぇ〜♪♪


【アンドレほど大きくない】大山さんと並んだ時の立ち姿が、またかっこよかったなぁ〜☆☆☆


† † † † † †


☆大多和 愛子さん☆

役名:関川 敬子

〜開業医〜


小さな島の開業医。実家は関川病院という名の大病院。

あえて、大病院で働かず、小さな島で病院を。

そこで、矢島加奈子という名の患者に出会う。


加奈子ちゃんの病気は、本来なら生まれて数年で発見され、対処される症状。

しかし、小さな島の医療施設では、発見されることがなかった。


そして現在の小さな島の医療施設でも、手術は困難。


そこで、ともに医師を目指した学生時代の同期の【赤木先生】に依頼する。


『あいつ、まだ死んでないらしい。』

この電話は、関川先生にもかかってきていた。


小さな島の開業医って、島民にとって【頼れる存在】

頼れる姐さんである愛子さんにぴったりの役だなぁ〜と思いながら、観ていました。

素敵でした☆☆☆


† † † † † †


☆樹さん☆
役名:赤木 咲

〜心臓外科医〜


はい。ようやく【赤木先生】の登場です。

数々の紹介文の中で、ちらほら出てきたんですけどね。


ちょっと振り返ってみましょう。


【医者の中の二人は、家族の命を奪われた過去がある。】

その一人が、ゴッチ先生。

そして、もう一人が、この赤木先生。


母親を列車事故に見せかけて、殺された。

殺された理由は、製薬会社から薬を流してもらっていた鉄さんが犯した過去の罪と繋がっていて。

そんな体制の製薬会社を糾弾したのが、赤木先生のお母さん。


井原弁当の信也君が、本来の事件をごまかすための放火を受け、思わず『この街から消えてくれませんか?』と言ってしまった。

この時の女性が【赤木先生】。


『あいつ、まだ死んでないらしい。』という電話を受け、アメリカで活躍していた赤木先生は、日本に帰ってきた。


犯人は、なぜ【赤木先生】を狙う必要があったのか??

それは、過去の薬流出を娘も知っているかもと、誤解した製薬会社が引き起こしたこと。

けど、実際は何も知らなかった。


樹さんは、とても小柄な可愛らしい女性です。

けどね。舞台に立つと、大きく見えるんです。


別に私の目がおかしいとかじゃなく……(爆)


なんだろうなぁ〜うまく言えないけど……。

その世界の中で生きてる姿が、大きく映るんです。


【RING】のレイラ選手もそうだったし、今回の赤木先生も、私の中に大きく映りました♪♪


† † † † † †


ん?

舞台紹介のストーリーにも書かれていた「あいつ……まだ死んでいないらしい……」


あの電話を3人にかけてきたのは、誰だったのか??


どうやら、公安の大山さんだったみたいですよ。


赤木先生の母親は、列車事故ではなく、殺されたんだ。そう睨んだ大山さん。

いろんな所に火種をまき、最後は犯人をあぶりだすと。


その火種の一つでした。


† † † † † †


役者紹介に書いていたのは、ここまで。

この後、3人を紹介しますよぉ〜♪♪


☆福代 千鶴さん☆

笹塚に行かれた方は、出会ってるはずです。

受付で、最高の笑顔で迎えてくれた方。


笹塚の階段を下りた先に、千鶴ちゃんが居て、笑顔で迎えてくれる。

年1回の観劇で、必ず見る光景。

私ね。その一瞬が、とても心癒されるのぉ〜♪♪


思わず『ただいま!』って言いそうになる(*^_^*)


† † † † † †


☆関根 元さん☆

こちらも、笹塚に行かれた方は、出会ってるはずです。

劇場内にいたスタッフの方。


私を【半分スタッフ】と言ってくれます(爆)


とても話しやすくて、癒されております♪


† † † † † †


☆黒蛇さん☆

FEVER DRAGON NEOの脚本・演出を担当している座長です。


私は、黒蛇さんの描く世界が大好きなんです。

そして、座長の心意気に何度も心を打たれ、背中も押されました。


一緒に観劇した友達が言ってました。

『黒蛇さんの描く世界は、女性がかっこいいんだよね』と。


ほんと素敵な世界をありがとうございました。

また来年10月に……笹塚へ友達と一緒に、お伺いします。


† † † † † †


以上。

『Zと偶数と』〜れおんのつぶやき〜でした。


『つぶやきレベルを超えた長文だ』という苦情は、心の中でとどめておいて下さいませ(爆)


† † † † † †


土曜日昼に観劇後、役者さん達がお見送りをするために立っている中に……。

ある方が……。


その話は、また今度、更新させていただきますね。

お楽しみに♪


† † † † † †


もしかして一気に読んでくれた方がいたら……。

そうとう目が乾いたと思います。


目薬をさして、うるおいを与えてくださいませ(爆)


長文を最後まで読んでくれた、あなた。

【心から、ありがとうございます。】

☆オススメ舞台情報☆

れおんオススメ舞台をご紹介します。


私も、まだ観てないんだけどね。
というのも、10月末上演の舞台なので……。


『なんだよ!宣伝かよ。』と思った、あなた!
ちょっとお待ち下さいませ!!!


せっかく、ここを訪れたのも【何かの縁】ということで……。
ただの宣伝では、ございません。

れおんの熱い思いを読んでいって下さいませ。

† † † † † †


あっ!【熱い思い】は、長くなるのでね。
先に、れおんオススメ舞台情報をお送りしますね。

その後で、『なぜ、FEVER DRAGON NEOの舞台を勧めるのか?』を熱く語らせていただきます。


† † † † † †


◆オススメ舞台情報◆

FEVER DRAGON NEO
『Zと偶数と』


10月23日(水)〜27日(日)@笹塚ファクトリー


◆ストーリー◆〜劇団ブログより引用〜


【突き刺され……心に……】


青春と呼ぶ日々を医大で過ごした3人の女達
時は過ぎ、あの日を思い出す年齢になった女達は、数奇な運命の糸に引き寄せられ始める……
天才的な外科医……戦場の痛みを伝えるジャーナリスト……素朴な島の生活を守る開業医
一本の電話が、彼女達の今を動かす


「あいつ……まだ死んでいないらしい……」


KUROHEBIが8年ぶりに解禁書き下ろしのヒューマン医療サスペンス
あなたの心は、この人間達の生き様に……必ず震える


† † † † † †

■出演者

それぞれの名前をクリックすると、【劇団ブログの役者紹介】へジャンプします♪

※リンクの承諾は、得ています。

☆樹さん☆
とっても可愛らしい女優さんです。
私の中では、レイラが今も生きています。


☆大多和 愛子さん☆
頼れる姐さんです。


☆井上 貴代さん☆
舞台上ではクール。
けど、上演後のお見送りの際、とっても短い時間のおしゃべりタイムが、私はめちゃめちゃ好きです。

☆大田 正裕さん☆


☆井田 友和さん☆

☆のもと あきさん☆


☆一石 よしふみさん☆
【鉄】が必ず役名に付いてて、今回の役名が楽しみです。

☆白井 美帆さん☆


☆阿久津 優さん☆

☆桜井 ゆるのさん☆


☆鎌田 英幸さん☆

☆三ツ木 恵理さん☆


☆小山 楊併さん☆
上演後のお見送りの際、最高の笑顔で、お辞儀してくれる姿に、いつも癒やされます♪

☆枝野 ネロさん☆
一目見たその日から……他人に思えないんですよね。雰囲気が似てるんですよ……私とA^_^;


☆ヨウコさん☆

☆藤田 佳子さん☆


† † † † † †


◆スケジュール◆

10月23日(水)19時
24日(木)19時
25日(金)14時・19時
26日(土)14時・19時
27(日)14時


※受付は開演の1時間前/客席開場は、開演は30分前
※未就学児童の観劇は、ご遠慮下さい。


◆チケット◆
前売:3,000円
当日:3,500円
学割:2,500円(学生証−要提示)
ペア:5,500円
金曜昼割:2,800円
◎笹塚割:2,700円(笹塚在住もしくは笹塚で働いている方)
※全席自由
※当日券は残席がある場合のみ、受付開始時間より販売いたします。

◆チケット申込などの問合せ先★
fever-dragon-neo☆softbank.ne.jp(☆を@に変えて送信して下さい)


† † † † † †


では『なぜ、FEVER DRAGON NEOの舞台を勧めるのか?』【熱い思い】語らせていただきます。


FEVER DRAGON NEOという劇団を知ったのは、今から6年前。

私の大好きな【KAORUさんのブログ】にて。

KAORUさんが、初めて舞台に立つことになったと。
内容は、プロレスと。


今の私なら、迷わず東京へ向かっていた。
先月、水曜どうでしょう祭のためだけに、北海道へ行く行動力の【今の私】なら……。


けど、6年前の私は、違ったんです。

『東京は、遠くて行けない!大阪までなら、行く!』それが私の中の限界境界線。

ただ、自分自身で勝手に決めた【限界境界線】

それをどうしても越えられなかった私は、観劇に行けないもどかしさをね。
せめて自分のブログで舞台情報を書くことで、まぎらわしていたんです。


アクセス数の少ない、香川でひっそりとやっているブログ。
そんなブログへ舞台最終日を終えた夜に二人の方からコメントがありました。


そこには、『来年は関西で公演しようと思っています。』と書かれていたのです。


FEVER DRAGON NEOという劇団は、ずっと東京で活動している劇団。
初の関西公演に挑戦すると。


そして、翌年、関西公演が実現。
もちろん観劇に行き、たくさんの思い出を刻ませていただきました。


セリフがね。心に響くんですよ!!!


いつの日からか、プロレス以外の舞台も観てみたいと思うようになり……。


『FAKE』という舞台があると。
しかし、東京公演のみ。


その時です。
私の中の【限界境界線】が、音を立てて崩れていきました。


『東京は、遠くて行けない!』違う!!!


『東京に行かなければ観られないなら、行くしかないでしょう!!!』という風に、私の中の価値観が変わったんです。


なぜ、そこまで背中を押されたか……。


それは、FEVER DRAGON NEOという劇団の公演を観た後、必ず熱いモノが胸に響いているから……。


黒蛇さんの描く世界がね。胸に響いてくるんですよ。
そして、その世界に息を吹き込む役者さんの姿がね……胸に響いてくるんです。

だから、『笹塚に行かなければ観られないなら、行くしかないでしょう!!!』という事なんです。

今回の舞台のストーリー紹介に書かれていましたね。


『あなたの心は、この人間達の生き様に……必ず震える』と。


強要は、しませんよ!!!
だって、私、関係者じゃないから……。


ただ、せっかく最後まで読んでくれたのなら……。
時間があるのなら、足を運んでみませんか??


そう伝えたかっただけです。


長文を読んでくれて、ありがとう♪


ん?私ですか?
もちろん行きますよ。週末にね♪

最高の思い出〜2013年〜

訪問ありがとうございます♪

『最高の思い出〜2013年〜』をアメブロにて、更新しました。

そちらへ遊びに来てください♪

■れおんのブログ
http://ameblo.jp/leon76/

お待ちしておりますぅ〜♪♪

【舞台】SUDEGORO

こないだ、後楽園ホールへ行って……。
また東京へ行きます。今度は【舞台観劇】に!

え?
よく遊ぶね?って。

あひゃひゃ♪

† † † † † †

まずは、れおんの熱い想いをお聞き下さい。

【今できることを、やる!】
それだけです。

という私も、昔はね……。
『東京は遠いから……』という理由で、行きませんでした。

そう!
『行けませんでした』ではなく、『行きませんでした』

自分が決めた【限界境界線】(大阪より向こうは、ちょっと遠くて行けない)

そんな私の【限界境界線】を取っ払ってくれたのが【FEVER DRAGON NEO座長の心意気】でした。

昔、大好きなKAORU選手が、舞台に出演すると。
けど、その時の私の中では【限界境界線】が存在してて、東京へ足を運ばなかった。

その翌年、舞台を大阪でするという。
東京で活動している劇団が、はじめて【大阪】で挑戦。《座長の心意気》

そこで見た舞台【RING】
引き込まれていった世界。

今度は【RING】以外の舞台を見てみたいと思った。
そこで、同じ年に【FAKE】という時代劇物が、東京であるということで……。

行ってみよう!って思ったの。今度は、私が東京へ足を運ぼうと。
けど【限界境界線】があった。

私【おひとりさま】が苦手で……。
とんでもない方向音痴のため、東京へ一人で行くなんて、絶対無理!!!

そんな時、神奈川に住む友達に声をかけると、即答で『いいよ!行こう。』と言ってくれて……。
心強かったなぁ〜♪
心から感謝☆☆☆

そこで見た世界。
【FAKE】もまた、セリフが胸に突き刺さり、気づくと涙が……。

その後、私の中で【限界境界線】が取っ払われた。

素敵な世界にふれるために、その場所でないとならないのなら……。
行ける環境があるなら、行くべき!という考えに変わった。

その後【3on3】という舞台を観劇。
こちらは、3本立てで、3人の演出家さんがいて、それぞれが描く世界があった。

それらを比較して、確信した。
私、黒蛇さん(FEVER DRAGON NEOの演出家)の描く世界が好き♪
その世界に息を吹き込む役者さん達が好き♪♪

可能な限り、この目に、その世界を焼き付けたい!!!

† † † † † †

私の好きな漫画のセリフで、こういうのがあります。

『世界っていうのはね、無限に広がっているようだけど、実はすごく狭いの。
自分の見える範囲、手が届く範囲、感じられる範囲にしかない。
世界はね、あらかじめ、そこにあるものじゃない……自分で創るものなのよ』

ん?何を言いたいの?って。

まだ、触れたことのない世界に触れてみませんか?

だって、ここまで読んでくれたでしょう。
『このブログを読んで、れおんに背中を押されたよぉ〜!!!』という文句、受け付けます(爆)

熱く語っていますが、KAORUさんは出演しません。あしからず!

きっと、その世界に触れた時、心に何か刻まれるはず。

† † † † † †

あっ!これだけは誤解しないで下さいよ。

ただの宣伝で書いている訳じゃないです。
私は、関係者じゃありません。

香川で、ひっそりと暮らすFEVER DRAGON NEOファンです♪

『素敵な世界がそこにあるから、触れてみてほしい』
ただ、それだけです。

† † † † † †

って、肝心の舞台『SUDEGORO』情報を書いていませんでしたね(爆)

〜FEVER DRAGON NEOブログより、引用〜

快楽などいらぬ。欲するは天下のみ。

天正元年四月。巨星落つ。
戦国初期、時代を日の本を掴みかけた甲斐の虎は、天下統一の夢を運命から剥ぎ取られる。
病死と言われた信玄。

しかし、その巨星の輝きを燃やし尽くした真実は、武器持たぬ女達だった。
上杉家より送られし刺客達。{我城}

そして、新たなる巨星が真の戦国時代の幕を開け始める。覇王信長。
若い暴君の牙は、唸りを上げ時代を喰らい始めた!

義に生きる女達と、欲に生きる暴君との闘いが始まる。

開戦。戦国絵巻。
己の義を通し。生まれし地を守るのみ。

◆スケジュール◆
9月5日(水)〜9月9日(日)

5日(水) 19:00〜
6日(木) 19:00〜
7日(金) 14:00〜★/19:00〜
8日(土) 14:00〜/19:00〜
9日(日) 15:00〜

◆料金◆
前売 3,000円
当日 3,500円
★7日(金)14:00〜のみ/【平日昼割引】2,700円

◆チケット予約方法◆
fever-dragon-neo☆softbank.ne.jp(☆を@に変えて送信して下さい)
※観劇日と枚数をメールで伝えれば、当日受付にて、チケットと代金引換

☆劇団ブログにて、日々の稽古風景と役者紹介がされています☆
http://ameblo.jp/feverdragonneo/

私は、こっそり見ています(爆)

† † † † † †

あまりの長文に目が疲れたよ!という方、『そっと目を閉じて……』
10秒ほど、目を休めて下さい(爆)

って、失礼しました。

<(_ _)> 深々と、おじぎ。

長文を読んでくれて、ありがとう♪

熱き想い〜魔法の言葉〜

お久しぶりです♪

8月20日(月)会社を休み、翌日東京みやげを持って出社したため【五輪パレード】を見に行ったと、誤解されているようですが……。

見ましたよ!パレード。

【東京にて、ホテルの部屋のTV】でね(爆)

では、何をしに東京へ行ったかといいますと……。

8月19日(日)後楽園ホールにて、女子プロレス観戦をしてきました。
そして、今は欠場している【大好きな】KAORU選手のサイン会に参加するために……です♪

† † † † † †

では、本題に……。(久しぶりの更新。もちろん!長文です。)

覚えてますかね?昔、ジミーちゃんがやってたギャグ。
『がんばれよ!』と誰かに言われた時、ジミーちゃんは『お前もな!』と返す。

これ、笑えなかった。
あっ!おもしろくないとかじゃなく、核心をついてて、笑いじゃ無く、私の胸に突き刺さったから……。

確かに、『がんばれ!』って言葉は、声援で、見えないパワーを相手に与える大きな物。
けど、一方で『じゃ〜!お前は、がんばっているのか?』って、はね返された時、胸張って言えるのかな?って、ふと思ったの。

† † † † † †

そんな時、今度は、あるドラマのセリフが、私の胸に突き刺さった。

『私も、がんばるから。だから、お互いに……がんばっていきまっしょい。』
(映画の方は見たことがないです。遠い記憶のため、セリフはニュアンスで……)

『がんばっていきまっしょい』とは、お隣の愛媛県の言葉で、『(お互いに)がんばっていこう』という意味。

これだ!って、私は思った。
一方的に『がんばって!』ではなく【私も、がんばるから。だから、お互いに……】

† † † † † †

それから、数年後。
KAORUさんのブログを発見し、ずっと遠くから見守るだけだった一ファンが、毎日コメントを書き続け……。

そんなある日。
慎吾ちゃんが出演したドラマ【西遊記】のセリフを引用して、【頑張る】事をKAORUさんのブログで書いてあった。

そして、コメント欄には……。
『【頑張る】という言葉が、嫌いです。』といったニュアンスのコメントが、いくつかあった。

そこで、私が書いたコメント。
私は、誰かに『頑張って!』というのが好きじゃない。
逆に『じゃ〜!あなたは、頑張ってるの?』と返された時、胸張って言う自信がないから。
だから、この言葉を……。
『がんばっていきまっしょい』
【私も、がんばるから。だから、お互いに……】という言葉の意味を添えて書いた。

† † † † † †

それから数日後。
更新されたKAORUさんのブログの最後に『がんばっていきまっしょい』と、初めて書かれていた。

ただの偶然かもしれない。
私の勝手な思い込みかもしれない。けどね……。

この日、私は『自分の想いがKAORUさんに届いた』って、思ったの。

それ以来、この言葉がKAORUさんのブログに書かれているたびに……。

うんうん!と大きくうなずきながら……。
『私も、目の前のこと、がんばるよぉ〜!!!』って、気合いを入れた。

いつの日か、その反応が私の身体に染みこんじゃって……。
この言葉がKAORUさんのブログに書かれていると【魔法】をかけられたように【やる気パワー】が、湧いてくるようになった。

だから、KAORUさんの書く『がんばっていきまっしょい』は、私にとって【魔法の言葉】

† † † † † †

そして、19日(日)のサイン会にて。

れおんという名前の後、サインを書いてもらって……。
その流れを見届けていると、左隅に何かを書いてくれている。

最初の文字が【が】

ん?何だろうと見守っていると……。
ようやく気づきはじめた私は『わぁ〜!わぁ〜!』と思わず叫んじゃった。

そう!【魔法の言葉】を、書いてくれたの♪

うわぁ〜!!!
高まる想いを必死に抑えた。

だって、この後、試合観戦だし……。
売店には大勢の人がいるし……。

ここで、感動して大泣きなんて、できないや〜ん(爆)

めちゃめちゃ嬉しかったぁ〜♪♪

今まで、いろんな機会でKAORU選手のサインをもらってきたけど……。
そのどれよりも、そこから発するパワーが違う。

一生の宝物☆☆☆

只今、フレームに入れて、部屋に飾ってあります♪
【やる気パワー】の源だから……

また一つ。
最高の思い出が刻まれました。心から感謝☆☆☆

002S


† † † † † †

以上。
長々と、魔法の言葉に対する熱き想いを語ってしまいました。

久々の更新。
次回は、9月に観劇する舞台【SUDEGORO】について書きますかねぇ〜♪♪

ぼちぼちと♪
気長にお待ち下さいませ<(_ _)>

うぉりゃぁぁ〜♪

久々の更新で、何を叫んでるの?と。

失礼しました。

実はこれ。大泉洋ちゃんを含む【TEAM NACS】の舞台タイトルです。
正式名は『WARRIOR』

お手数ですが、こちらの【れおんのブログ】へお越しくださいましぃ〜♪

http://ameblo.jp/leon76/

ここをクリックしてね♪

安心してください。れおんのアメブロブログに繋がります♪♪

お騒がせしました 〜そして、ありがとう♪〜

前回の久々の更新から、その後。
コメント欄が復活しました。お騒がせしました。

涙が止まらなかった月曜日。

みんなが私に届けてくれた、たくさんの温かい言葉。

『泣くだけ泣こうか』

うんうん。思いっきり泣かせてもらったよ。

そして、『みんなの励ましが、少しずつ重くなってきてたんちゃうかな?』という言葉。

確かに!と思った。
悪意ある言葉よりも、励ましたり、待ってるという言葉が余計に負担をかけてしまってるんだろうなぁ〜と。
 
だから、そっと見守ることにした。

そして、数々の言葉、どれもが心に響いてきました。

‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡

思いっきり泣いた月曜から明けた翌日の朝。
気持ちを切り替えなきゃと思っていた時に、送られてきた【温かい言葉】

『顔晴ろうね』

ん?何て読むの?という方のために、説明しよう!

『がんばろうね』と読みます。

《頑張る》本来の漢字表記は、こちら。
 しかし、これは《頑なに》《張って》と書きます。
かたくなに張って……肩に力が入りすぎている。

《顔晴る》こちらは造語です。
顔が晴れやかになれるようにという想いが含まれています。

はっ!とした。
泣いた翌日朝の私に、最も適した言葉。

ズキュンと射貫かれ、そうだね!と、背中に気合いが入った感じ♪

ありがとう♪

‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡

今回、たくさんの温かい言葉をいただいた中で、いくつか今後の自分の《座右の銘》にしたいと思った言葉を紹介しますね♪
 
『人間だからいろいろあります。時には大人にならなければいけなかったり、感情を押し殺してみたり。
でも人間てね、悲しいかな……心と逆の事をしても、なかなか上手くいかなかったりするの。』

『我慢しないで、無理に大人にならなくてもいいの。』

‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡

『現実に振り回されず、一歩下がって物事を考え直す力を養うこと』

〜こちらは、マイミクさんの日記に記されていた言葉〜

素敵な言葉だなぁ〜と思って、勝手に引用させて頂きました。(『引用させてもらいました。ごめんね!』この場で謝るという二重の失礼さ。すみません)

‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡

そして、コメント復活をメッセージで教えてくれて、ありがとう♪

たくさんの温かい言葉を送ってくれた、みんなに『ありがとう』という5文字を届けます♪♪
 
ほんま『ありがとう』

あれ?8文字になっちゃった(爆)

あひゃひゃ♪

どうしても、最後に、ぼけたくなった、れおんでした。

ごほん!
<(_ _)>失礼しました。

切なく悲しい出来事〜追記〜

忙しい日々が続いて、なかなか時間の余裕というか、心に余裕が無くて……。

ようやく余裕ができた月曜日の昼休み。
コメントを書きに行こうと思ったら、もう無かった。

ブログは存在していたけど、コメント欄が無くなっていた。

ただ呆然。

私の心に余裕が無く、1週間、コメントを書きに行けなかった事が心残り。
と、自己反省しております。

ここからは、衝撃の昼休みから、時間をおいて書きました。

【れおんの本音】です。

以前のブログでも、コメント閉鎖があった。
でも、その時は、コメント欄が無くても、心の声を聞かせてくれれば、それでいいって思った。

半年くらいコメント欄無しで、そして、アメブロへ移行。
そこからまた、コメント欄復活。

毎日のように覗いては、コメントを書き続けた。
むしろ、私のライフスタイルの一部になっていた。

私の書くコメントを通じて、知り合えた人も居た。
コメントを褒めてもらえると、嬉しくてね。

あの大切な場所で書く言葉は、れおんの本音だったから。

けど、いつも背中合わせで不安は、あったんだよ。

私が常に思うこと。
この世に永遠は存在しない。何事も、いつかは終わりが訪れる。
だからこそ、その日を、その時を大切に過ごそうと。
そして、その日を胸に刻んで、後でも余韻を楽しむ。

だから、いろんな事を覚悟してた。
ただの考えすぎかもしれないけど……。
現実に起きた時の、自分の心のダメージを少しでも減らすため。

いつも、いつか終わる日が来るという不安が背中合わせにあった。

けど、それは、頭の中での覚悟でしかなかった。
こうして現実に起きてしまうと、衝撃が大きすぎる。

以前のコメント閉鎖とは違う。
状況がすべて違いすぎる。

その後の言葉が無いから、何が起きているのかは分からない。

ただ……。
1週間、覗きに行けなかった、あの大切な場所が……。

今、消えかけている気がする。

でも、今の私にできること。
そっと状況を見守ることしかできない。

コメント欄が消えた以上、どうすることもできない。

何の反応も無いと思われるかもしれない。

心の底に秘めてる想いは、外に出さなきゃ伝わらない。
分かってる。

けど、何かを決断した人に、ちっぽけな叫びは、きっと届かない。
ただ余計に心の負担をかけてしまう気がするから……。

そんなの本心じゃないでしょうって?

見透かされてるね。

コメント欄を閉鎖しただけで、これからも心の声を聞かせてくれるなら、それでいい。
けど、ピリオドが打たれるのなら……。
2007年から始まって、いろんな事を乗り越えてきて……。
こんな終わり方なんて、悲しすぎる。

これが本心。
けど、この言葉をぶつけたところで、どうしようもないでしょう。

だから、ここに、今の心境を書くことしか、私にはできない。

うっかりコメント欄を消しちゃった。
そんなオチならいいのにと、現時逃避したくなる。

せめて、以前のようにブログを続けるための決断(コメント閉鎖)ならいいのに。

いずれにしても、今は何も分からない。

ダメだ。涙が止まらないや。

★れおんのオススメ★
今、何時?
☆訪問ありがとう☆
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【れおんオススメ】
プロフィール
☆コメントありがとぉ〜☆
【れおんのお願い】

Track Backに一言


足跡を残していただいた方のブログを、上機嫌で訪問させていただいています。しかし訪れた先のブログが、女性が不快に感じてしまうようなブログ


そういうブログを否定するわけじゃないのですが、ここにはあまりふさわしくないな〜と判断し、削除させていただくことがあります。


ご了承くださいませ

  • ライブドアブログ