槍街

槍街は『もっと!孕ませ!炎のおっぱいエロ魔法学園!』を応援しています

体験版

初音ミク PrjectDIVAF 2nd 体験版



初音ミク PrjectDIVA F 2ndの体験版をプレイしました。

今回の体験版でプレイできるのは
「アカツキアライヴァル」「ロミオとシンデレラ」「カラフルメロディ」の3曲。
難易度はノーマルまでしか選べませんが
チャレンジアイテムで難易度をマシマシすることができます。
(今回の体験版ではオブジェクトのスピードが上がる「ハイスピード」と
 ターゲットオブジェクトの出現が遅くなる「シャイターゲット」の2つ。
 どちらも覚えゲーの要素を強めるアイテムではありますが、
 やってみるとこれが意外に熱いですね)



そして新要素のダブルスクラッチとリンクスクラッチ。
リンクスクラッチは最初ラインをなぞるのかなーなんて思っていましたが
普通のスクラッチとあまりかわらない感じもします。
急にスピードが速くなること(アカツキアライヴァルのリンクスクラッチ部分)も
あってちょっと戸惑ったりもしましたがさほど難しい要素ではないと思います。

で、意外と難しいのがダブルスクラッチ。
僕はスクラッチのときは右手の人差し指をワイパーのように動かすのが
基本なので、さてどうしたもんかなーと。

普通のオブジェクトと間隔が狭いときは左手親指でスクラッチすることもあるので
その複合技で乗り切ることにしました。
同方向に動かすとVita自体が動いてしまう可能性があるので
できるだけ交互にスライドさせるように心がけています(ぱっと見キモイ)

ローディング時のチュートリアル画面では親指を2本上にスライドさせる絵が
乗っていますが、そんなのやったらVita手から落としちゃうよw

というわけでひとまず・・・









ま、多少はね・・・

ひとまずチャレンジアイテムはなしでクリアしてみました。
アカツキアライヴァルは終盤のバスドラが気持ちよすぎて
どうしても走り気味になり・・・ちょっと苦戦しましたw
初めて聴く曲だったのですがかなりのお気に入りになりました。



同じ曲を連続でプレイしたいときもいちいちタイトル画面に戻ってしまうこと、
チャレンジアイテムやボタン音の設定が保存できないこと、
リザルト画面のスクリーンショットが撮れないことなど
不満点もありますがこれはすべて体験版だから仕方ないかなぁというところ。
(DIVAf製品版ではどれも可能)

ロードは確かに長いけど、同じ曲ならロード無しですぐプレイできるのが
DIVAfのウリだと思うので、そこは体験版にも搭載して
よかったんじゃないかなぁとは思いましたが。

ともあれ、一通りプレイしてみた感触は非常によかったです。
DIVAfが本当に面白くてハマったのでf2も買うのは間違いないですが
たくさんの曲やコスチュームが見られることを思うと
来年の発売日が楽しみで仕方がないですね。

PSP版のようにSEGAのいろんなゲームとコラボしてもらえたりすると
さらにうれしいんですが・・・その辺どうでしょうかね!


カルマルカ*サークル 体験版



カルマルカ*サークルの体験版をプレイしました。

プレイ時間は2時間弱。えっちシーンはなしです。
結構ストレートなオカルトの雰囲気をかもし出しています。
どことなくはつゆきちっくなところもふんだんに散りばめられていて
過去作をプレイしているとニヤリと出来るところも多そうです。

でも正直な感想を言ってしまうと・・・
魅力的なキャラ絵に反して
それほどぐいぐいと引き込まれる感じがなかったかなぁと。

メインヒロインっぽい天ヶ瀬さんはちょっとひっぱりすぎな気がしたし、
大好きな澤田なつさんなのに声的にびびっとこなかったんですよねぇ・・・
本編ではきっと逆転してくれると・・・!

体験版でいいなぁと思ったキャラは朝比奈さんとニコルさん。
朝比奈さんは・・・ええ、これはいつもの車の人です。はっきりわかんだね
ニコルさんはちょっとうざそうな雰囲気が大変好みですね(病気)

ライターさん的には好きな人が揃っているはずなのですが
ちょっと使い古されたパロディが盛り込まれすぎなところもマイナスポイント。
読んでて「あぁ・・・」ってなっちゃうから、そういうの・・・
最近パロに頼らないぶっ飛んだゲームをいくつかやってたから
だいぶ辛口にはなってるとは思うんですが。ま、多少はね・・・

だいぶ厳しい感想になってしまいましたが、
それでも楽しみであることは間違いないです。
蓋を開けたら「何これ、めちゃくちゃおもすれーwww」って
なることを期待して待っております。
テーマも「ハッピー&スマイル」だしね!





OPすき


ギャングスタリパブリカ 体験版



ギャングスタリパブリカの体験版をプレイしました。

プレイ時間は6時間程度。
えっちシーンは・・・たぶんないと思います(選択肢総当たりしていないので)

開始3分で「これもうわかんねぇな」という感じの不思議元長ワールド。
とてもまっとうな学園ADVの日常シーンが続いているような気もするのですが
キャラクターのセリフや演出、主人公のセリフの端々に垣間見える
「普通じゃない」雰囲気がプレイヤーを惹きつけて離しません。

体験版としては比較的長い6時間というプレイ時間も
この内容なら納得という感じでした。
終盤の不思議と胸に迫ってくる展開は涙なしではプレイできず・・・
素晴らしいBGM群とも合わさってゲームにものすごいのめりこんでしまいました。





おすすめのキャラはこおりさん(CV:夏野こおり)

元気で世話焼きの幼馴染、高感度MAXだけど素直になれないという
ある意味でテンプレキャラではあるのですが
どこか落ち着いた雰囲気のあるこおりさん。
覚悟を決めた彼女にはわたくしもくっぷくするしかなく・・・
ああ^〜かわいいんじゃ^〜

ミヤスさんの描く絵も絶妙で・・・私服姿がえろ健康的でぼくはもう
横顔とかもめっちゃ素敵です。はい





2番目のおすすめは触手を語らせたら右に出るものはいない希さん。

主人公の実妹だけど担任の先生という
またこれ非常にややこしい設定なんですがかわいいから許す(思考放棄)

CVのあじ秋刀魚さんもめちゃくちゃ合っていて、
この背伸びしている感バリバリの演技が本当にたまりません。
もともと大好きな声優さんでしたが、今作でさらに好きになってしまいました。





決め台詞ノリノリですね、希先生。





私服が超かわいいのな!

ミヤスーさんのキャラはもちろんマッパでもかわいいんですが()
服装のセンスがこういうゲームの中では
飛びぬけていいんじゃないかと思っています。

まぁ偉そうに服装がどうたら言えるほどセンスがいいわけではないのですが
3次元の良いところをうまく2次元に落とし込んだ
カッコかわいい服装なんじゃないかと勝手に思っておりますw
シャールカさん超似合ってる。





HHGの詩子さんとかホントセンス○





柳瀬さんのお店のキーホルダー商品化しよう(提案)

2割引の840円でオナシャス



テキストやキャラももちろんいいのですが
WHITESOFTさんといえばストリングスメインのBGMも見逃せません。
今回はそこからさらにチャレンジングな曲も多く取り入れられており、
しかもそれがゲームの雰囲気にめちゃくちゃ合っているんです。
今回もサントラはころしてでもうばいとらなければ・・・

また、これまでの感想でも書いていますが立ち絵の動きや表示の仕方、
テキストボックスの表示の仕方がほかブランドに比べても
非常に丁寧で素敵です。
立ち絵だけでなく、テキストボックスでも
登場キャラの位置や遠近感をうまく表現しているのは
WHITESOFTさんだけじゃないでしょうか?
(ヒソヒソ話をされてるところとか、木に登った猫の鳴き声とか)

めまぐるしく表情が変わっているわけではないのに
キャラクターがモブに至るまで生き生きと「動いて」見えるのは
本当にすごいと思います。



ということで簡単な感想でした。
既に予約済みで購入するのは間違いなかったのですが
「安心して発売日に買えるな!」という気持ちになれる良い体験版でした。

猫撫よりもとっつきやすさでこちらが勝っていると思いましたので
ひとまず体験版をプレイして雰囲気を味わってみるのはいかがでしょうか?
今作屈指の不思議キャラ禊さんも某有名声優さんだと思われますし。んあー



最後に公開されたばかりのOPムービーを貼り貼り。





はえーすっごくかっこいい・・・


ナマイキデレーション 体験版Web Ver.






ナマイキデレーション体験版Web Ver.をプレイしました。
めっさおもしろいやんなんなのこれまじこれ

プレイ時間は2時間弱。Hシーンは2つ(どちらもみさき)

新規ブランド&王道いちゃらぶ学園モノということで
まぁ期待もそこそこ・・・というのが正直な気持ちではあったのですが・・・
すんませんっしたあああああ!





すごいです、本当に楽しくてあっという間の2時間でした。
開幕からものすごいテンションの幼馴染に圧倒されますが
これがまたもうね・・・僕は新十郎になりたい()
小倉結衣姉さんの声は本当にかわゆすなぁ。





\僕は新開渚ちゃん!/





初登場時から盛大にライダーキックを
決めてくれる素敵ヒロイン新開さん。だいすきすぐる
声優も今最も(僕の中で)アツイ鈴谷まやさん!







ちょっと何言ってるのかわかんないっすねwww

ふぅ。

この新開さんを始め、かなり癖の強いヒロインが勢ぞろいなわけですが
体験版をプレイした限りでは嫌なキャラ、不快に思うキャラは全くいませんでした。
主人公もいいゾ〜これ。
変に自分をモテない&自虐アピールしてないし、さじ加減が絶妙。





サブキャラでお勧めなのは湊先生。
この人とイチャコラはできるんですかね!
そこんところどうなんですかね!

そのおっぱいのおおきさからシステムエンジンは
クロシェット系列なのかと勝手に思っていたのですがどうやら違う模様。

システム面はそれほど大きな問題点はないですが、
オートプレイ時音声終了後のウェイトがテキスト送り時間に依存しているので
ボイス終了後の間が・・・
オートに関しては微妙な感じです。
えろいシーンもEnter押すしかないね()

あと個人的にお気に入りなのがBGM。
タイトル画面の曲もお気に入りですがどこか往年のロックっぽいノリのある
新開さんのテーマや湊先生はすごく素敵です。



ということで簡単な感想でした。
他4キャラのえっちなシーンは6/21発売の雑誌に収録されるようです。
新開さん収録のPUSH!は買おうかなぁ。

冒頭でも書きましたが、想像以上におもしろいゲームでした。
製品版がものすごく楽しみになりました。
発売日ももっと先かと思いきや7月末・・・
7月は他にも期待作がたくさんありますが、
このナマデレもそのひとつに加わりましたね。

てかこのゲーム、何気にヒロイン全員年下なのか・・・(困惑)

<2013/06/06追記>



OPムービーが公開されていたので貼り貼り。
一風変わったこのOP曲いいゾ〜


女装海峡 体験版



女装海峡の体験版をプレイしました。

プレイ時間は4時間程度。Hシーンは3つ(ただし本番なし)
七生姉さんいいゾ〜これ

ひとまずプレイした感想をひとことで表すなら
「脳内彼女 今回は冒険してきたなぁ」と。

前作の女装山脈も相当チャレンジングな作品ではありましたが
ヒロインが全員男の娘という点を除いては、
良質な抜きゲーとして王道だったと思うんです。
(もちろん男の娘であるということを活かした
 テキストや設定が素晴らしかったんですがw)

しかし今回は・・・伝記物か何か?
前作以上に設定がガチで驚きを隠せません。
一体どうなってしまうんだこれw

登場キャラ的にも前作よりマニアックな感じな子が揃っているんじゃないかと。
巡ちゃんはめっちゃ前髪短いし、七生姉さんはめちゃ背でかいしw

立ち絵からしてちょっと心配だったんですが
七生姉さんのおくちシーンでその心配は払拭されましたね。
ああ^〜ホモになるぅ^〜
あおぎりさんの絵もかわいくてえろくて・・・
七生姉さんの口とか、えろすぎるだろこれ
巡ちゃんの太ももとかおいしそうすぎるだろこれ

唯一ちょっと苦手かなぁと思ったのは響さんでしょうか。
たぶんえろいことが始まれば大丈夫なんだと思うんですが
一番まともそうな見た目に反してキャラ的には一番癖がありそうです。
テクニカルなキャラクターですね。

しかしあおぎりさんの男の娘を描く技術・・・
どんどんパワーアップしてませんかねw
特にこの胴がやべぇ・・・どう見ても男なのに欲情してしまうとか
僕ホモかもわからんね

ということで簡単な感想でした。
あ、そういえばワイド画面になったのも前作からパワーアップした点ですね。
ロープラでこのクオリティ、予算とかいろいろ厳しいと思いますが
スタッフの心意気がダイレクトで伝わってきました。
全力で応援したい作品です。

そうそう、タイトル画面の曲が前作のアレンジなあたりも良かったです。
そのほかにもたぶん2曲くらい前作からのアレンジと思われるBGMがありました。
この辺もファンとしてはニヤリとさせられるところでしたね。
女装カントリーの大胆なアレンジ、いいゾ〜これ。


阿知華が何回りさを呼んだか数えてみました



ほほう、数えてやろうじゃねぇか





1





2





3





4





5





6





7





8





9





10



ここからはクイズのあとに呼ばれたやつです。





EX1



EX2



というわけで正解は(たぶん)10回!
意外と少なかったなぁ(想定外)


ひとつ飛ばし恋愛 体験版



ひとつ飛ばし恋愛の体験版をプレイしました。
またとんでもないの出してきよったで・・・w

プレイ時間は1時間半程度。えっちシーンはなし。
いい感じに全部の登場人物が出てきて、
それぞれのキャラがどのような雰囲気なのかよく分かる良い体験版でした。



・・・と、言いたいところだが君には度肝を抜かれてもらう。





何だこのヒロイン!?(驚愕)

寿りささん・・・これあかんやつや・・・w
恋愛0キロメートルの乃来亜さんもめちゃくちゃでしたが
これはさらにそれを上回る無茶苦茶っぷり。
いろいろ癖の強いキャラがいるはずなのに
正直こいつが全部持っていってしまってます。
それぐらいすさまじいインパクト。





登場して名前も分からない段階からこの顔ですもん。





顔芸もすごいけど五行なずなさんの覚悟を決めた演技が光ります。





寿りささんのインパクトも強烈なんですが
テキストや演出?もかなりチャレンジングで
特別なゲーム性やギミックがなくてもここまで面白いものを作れるんだという
エロゲの底力を見せ付けられました。おなかいたいw





選択肢芸や・・・





唐突な宣伝





エロイ母さんなど、メタなネタをうまく取り込んだギャグもかなり冴えていました。





えらく新鮮なネタも入っていたりして驚き。

あとは声優さんがすごく好みなのも◎
サブキャラ勢が特にツボで、久々に女キャラ役の守田羽糸さんや
たいちょーやにのまえさんで有名な藤咲ウサさん、
百瀬ぽこさんや春河あかりさんなど素敵な方がもりだくさん。
もちろんメインヒロイン勢も素敵過ぎました。なずなさん壊れちゃうよこれw



とにかく、一言で言えばめちゃくちゃな、嵐のような体験版でした。
恋0の体験版も相当なインパクトでしたが
今回はそれを上回っているんじゃないかと。
恋0はそのすごい体験版にふさわしい素晴らしい製品版を
プレイすることが出来たので
今回も大いに期待しようと思います。
もともと100%買うつもりでしたが、体験版プレイして安心しました。
4月が本当に楽しみです。





体験版の途中でこういう気になることを言って去っていくりささん

正解は→ 阿知華が何回りさを呼んだか数えてみました



そしてここぞとばかりに恋愛0キロメートルの感想をステマしておく立ち回り。

最後にりささんの満面の笑顔がまぶしいOPムービーを貼り貼り。イイキョクダナー




31日に予約者限定配布があるからそれまでに予約する店決めなきゃ(使命感)


ChuSinGura46+1 体験版



ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-の体験版をプレイしました。

そのタイトル通り、史実の忠臣蔵をモチーフにした作品です。
とあることがきっかけで元禄14年に飛ばされてしまった主人公 深見直刃が
戸惑いながらも赤穂藩士とともに仇討ちへと邁進していくストーリーです。
主人公含め、各キャラクターの心理描写が細かく丁寧でわかりやすく、
原作を読んだことがない僕でもしっかりと理解することができました。

キャラクターがいろいろな思惑や駆け引きのなかで成長していく様子には
胸に熱いものがこみ上げてきますね。
特に3章の直刃くんの成長っぷりが本当に素晴らしくて・・・
ああ、商業製品版が楽しみです。





プレイ時間は13時間程度。えっちシーンは2つ。
サークルれいんどっぐさんから同人作品として3章まで出ていて、
今回の体験版はその1章部分がまるごとプレイできる
大ボリュームなものになっています。





体験版の最後には2章、3章のダイジェストが収録されていて
体験版の構成としても購入意欲を高める素敵なものになっています。





ワイド画面で見る数右衛門さんの活躍、あ^〜いいっすね^〜

細かな部分では多くの変更点があると思いますが
商業化にあたり大きく変わったのは2点。
ワイド画面化、キャラクターボイスの追加ですね。
シナリオ面ではこれまでの3章に加えて4章・右衛門七ルート+αが
追加される感じなのでしょうか?
この辺は製作者のみぞ知る部分ではありますが、非常に楽しみです。



ではここからキャラクター・シナリオ・システム・BGMの4つに分けて
紹介&感想を書きたいと思います。



<キャラクター>

公式のキャラクター紹介を見て頂ければわかるとおり
登場人物はかなり多いです。
全員に言及するのは難しいのでお気に入りの方々をば。





数右衛門さんくるおしいほどにすき。

褐色リンチラ数右衛門さん。セクシー、エロイッ
もともと好きなキャラでしたがかわしまりのさんの声がやばいくらいハマっていて
ますます好きになってしまったというね。

こまけぇこたぁいいんだよ、めちゃくちゃだけど憎めない
そんなある意味よくいるキャラではあると思うんですが
シナリオ的に非常に重要な役回りをしているし、
ご城代への忠義の厚さは人一倍で、
その熱い行動とセリフにはいつも心を動かされます。





個人的ベストカップル唯七&三村さん。

唯七がね、もうね、かわいすぎるのよね。
桃也みなみさんありがとうありがとう。
その生まれからちょっと暗い背景もあるキャラなんですが
そんなのを吹き飛ばす元気な唯七さん、本当に素敵です。
立ち絵もカッコかわいくて◎

もう一人の重要キャラ三村次郎左衛門さん。よわそう
この人もね、ああもうだめ大好き。
「火事だぁああああああ」にボイスがついただけでファンは満足だろ?w





大石内蔵助は武士の鑑。

このセリフは本当にぐっと来ますなぁ。直刃さん嬉しかっただろうなぁ。

とにかく「すごい」キャラ。それが大石内蔵助です。
とんでもねぇよこのお方。
序盤からその胆力・知力・洞察力のすごさは
ひしひしと感じられると思いますが、終盤に向かうにつれて
さらにそれがどんどんパワーアップしていくところがまた・・・
いや、もともとすごいのがどんどん明らかになっていくといったほうが良いでしょうか。
奥野さんとのやりとりは涙なしには語れませんね。
縁側の内蔵助さんせつな美しい。

その他にも奥野さんや萱野さんや主税、右衛門七など素敵なキャラがたくさん。
声がついたことによりさらに魅力がアップしています。
絶対ハマリ役だろうなぁとは思っていましたが、
清水一学演じるメイメイさん、素晴らしすぎましたね。



<シナリオ・テキスト>

まだ完結していないので一概に評価をすることは出来ませんが
とにかく「早く先を読みたくなる」展開には脱帽です。
1章が・・・まぁそれなりに長いんですが余分なところがなく、
いいペースで話が進むので、気がついたらクリアしていたという感じです。
それでいて最後の締めくくりは「おいおいどうなっちまうんだよこれ・・・」
「やべぇよやべぇよ・・・」という展開で続きが気になりすぎるわけで。
(同人ではいわゆる「次回予告」も非常に秀逸で、次が待ちきれない病にかかります)

テキストに関してもあまり難しい言い回しがないので読みやすく、
描写も丁寧なのでとてもわかりやすいです。
江戸時代特有の単語や言い回しが出てきたときも
直刃さんがいい感じに質問したり解説したりしてくれるので安心。

奥深い心理描写だけでなく、
このときにあの人にはこういう思惑があったんだ
としっかり説明してくれるあたりも◎

若干誤字・・・というか漢字が間違ってるところが見受けられたのは
すこし惜しい気もしますがまぁこまけぇこたぁいいんだよ。
(「詫び」が「侘び」になってたり、「鑑」が「鏡」になってたり)



<システム>

システム面でも特別に不満な点はありません。
強いて言うならフルスク/ウィンドウに切り替えが
ボタンひとつで出来ればありがたかったんですがまぁキニシナイ
あ、切り替えた時にウィンドウが勝手に1600*900になってしまうのは
ちょっと面倒だったかもです。





「みっつ〜」だけのために立ち絵を作ってしまうぬいさんは原画家の鑑。

このゲームの特徴のひとつとして挙げられるのが
「立ち絵・表情差分がめちゃくちゃ多い」ことでしょうか。
モチやら団子やらスイカやら食うだけのためにどんだけ立ち絵おこしてるんだとw

前述したとおり登場キャラもかなりの数なわけですが
そのほとんどに立ち絵ポーズが複数あり、すげぇなぁと感心してしまいます。
そしてこの豊富な差分を活かしたバトルパートの演出も非常に秀逸で
これぞノベルゲームの真骨頂だよなぁと。
OPムービーで立ち絵がぐりんぐりん動いていますが、
本編も大体こんな感じだからw

立ち絵だけでなく一枚絵ももちろん素晴らしいです。
特にぬいさんの描くキャラクターの横顔はめっちゃ凛々しくてかっこいいです。
1章最後の悔しがる直刃さんの横顔とか大好きすぎる。
あと、ちくびのぬりがつやつやでえろいですね。114514810点



<BGM>

江戸時代が舞台なだけあって、
どの曲も和を感じさせる作りになっているBGM群、素敵です。
お気に入りは清水一学さんのテーマ。ソロノリノリやん?
というか曲名がわからないのがもどかしすぎる・・・w
ボーカル曲集だけじゃなく、
サントラも出してくださいおねがいしますなんでもしますから。



というわけで簡単な感想でした。

今回の体験版は実質1章の再プレイという形になったわけですが
結局ひとつもボイスをとばすことなくじっくりプレイをしてしまいました。
改めてプレイしてみてもよく練りこまれたシナリオだなぁと感服します。
何よりキャラクター一人一人への気持ちの込め様がすごくて
製作者の方々の愛がひしひしと伝わってきます。
5月になったらボイスありがプレイできるというのに
早速今江戸急進派編を起動しているあたり、ちょっとハマりすぎですよね・・・

ベタ褒めの記事になってしまいましたが、
それだけ自信を持ってお勧めできる素晴らしい作品だと思います。
この長大なシナリオを一体どのように纏め上げてくれるのか
今から本当に楽しみです。
あとは特典絵が彩色されれば何も迷うことはなくなりますね。

最後にかっこいいOPムービーを貼り貼り。こいつ、動くぞ・・・





いいゾ〜これ


ハピメア 体験版



ハピメアの体験版をプレイしました。有栖えろい

プレイ時間は4時間程度。Hシーンはダイジェストで4つ。





途中選択肢が出てきますがえっちなことになりそうな方は選べません。訴訟

未来ノスタルジアの体験版が共通ルート丸ごとだったのに対し、
今回はそれほどの大ボリュームではないようです。

それでも咲、有栖、部長の3人のキャラをある程度把握するには十分でしたし、
立ち絵の時点ですでにえろすぎるというかえろいというか(困惑)

個人的に克さんの絵が大好きすぎるというのもあるんですが
月社尋さんの絵も非常に素晴らしいです。
というか咲の立ち絵がぐうかわ。ゆかり姉さんの声も完璧にはまっていて、
あれこれワンチャン咲が一番かわいいんじゃないのという結果にアババ

立ち絵という意味では今作のキーパーソン舞亜さんの立ち絵は
動きがあって非常に素晴らしいです。表情差分もステキ。
キシシ笑いな顔が本当にかわいいわー(スクショ撮り忘れとかまじ・・・)

システムに関してはいつも以上の紫さん。
誇張抜きで業界一なんじゃないかと思っています。
僕はマウスでの操作をしないのでほとんど影響ないのですが
マウスのボタンにいろいろ割り当てられるようになったのは
人によってはかなりありがたいんじゃないでしょうか?
ショートカットパレットの位置を左側に持ってこれるようになったのも○

ただ、ひとつ気になったのは既読も未読も関係なしに
スキップしちゃってたような気がするんだけど気のせいかしら・・・
(既読スキップ押したらまだ初めて見るところなのに容赦なく飛んでいったw)
まぁ体験版だし、多少はね
あと若干ながら誤字が見られるのも、まだブラッシュアップ中なんだろうなーと。
もうあまり時間が無いのでスタッフの皆さんも死ぬ思いでがんばってるだろうし、
ホントに応援してます。どうしてもダメなら延期でもいいですから。
いつまででも待ちますから!

シナリオ面ではまだまだわからないことだらけで、
それでいて今回の引き際はすごく気になるわけで。
部長の夢、すげぇワクワクしたし、これからもこういう展開があるなら
アツいでーこのゲーム。

キャラクター面では部長一択だと思っていたけど
いやいや、まさか咲さんがこんなにステキなキャラだったとは。
あらためてゆかり教育の重要性を世に知らしめていかねばならないと
身につまされる思いでしたね(意味不明)

えろい方面では、うん。有栖さんでほぼイキかけました。
みらノスのときもそうだったけど克さんのカットイン絵えろすぎこわい。



ということで簡単な感想でした。
既に1本は予約しているのですが、
本当はメディオとげっちゅの特典も欲しいんですよね。
ああ、お金落ちてないかな・・・

最後に少し落ち着いた、それでいてすごく存在感のあるOPムービーを貼り貼り。



いいゾ〜これ


黄雷のガクトゥーン 体験版



黄雷のガクトゥーン体験版をプレイしました。

体験版に関して、若干のネタバレがありますので
まっさらな状態でプレイしたい方はご注意ください。



プレイ時間はボイスカットせずにゆっくりプレイして5時間程度。
えっちなシーンはなし。
最初に3章、そしてその後に1章をプレイできるというちょっと変わった構成。
そのあたりの配慮もされているので全然違和感なく楽しめました。
むしろ早い段階で盛り上がりどころを
見せたいというスタッフさんの意思を感じました。いいゾ〜これ。





インスコ時のウィンドウからしてテスラ△





タイトルロゴ部分にビリビリ電気走ってるのとか男の子の心を鷲掴み。





「―――私が、この手で、救ってやる」

モノローグが多用されている点や
詩のような心地よいリズム感のあるテキストなど
これまでのスチパン節はもちろん健在。
そして、ええ今回もあります。処刑用BGMかっけえええええ

声優さんの関係もあってやはりギー先生やAさんを思い浮かべてしまいますね。
その2人よりも少しだけ熱い感じのキャラだと思います。
てか古河さんの声が合いすぎです。
予想はしてたけどこれだけぴったりだともうなんか腹立ってきちゃうw

僕が記憶している限り、スチパンの主人公系ってコニーさんくらいしか
せくしーお姉さんいなかった気がするんですが、
今回のネオンさんのお体といったらもう・・・
こんなおっぱいしててエロスなシーンなかったりしたら、
僕はどこに欲望を吐き出せばいいんですかね?

こちらも我らが一色ヒカル姉さんの素晴らしい演技がドンピシャ()で
きゅんきゅんしてしまいました。
慌ててるときのピカリン姉さんの演技大好きすぎる。





残 念 だ っ た な





――右手を、伸ばす。

これまでのスチパンシリーズをプレイ済みの方なら
ニヤニヤしてしまうところがチラホラ。
一番の有名どころを持ってきましたが、
細かい点で「あーこれシャルノスだなーとか」「もしかして:ソナーニル?」
みたいのところがたくさんあってファンにはたまりません。

システム面はいつものライアー。
右下のツールチップはオシャレで、絵に干渉しないのがナイスです。
ショートカットやオートモード時のウェイトなどに関しては
ちょっと難ありといったところです。

選択肢は少し特徴があって時間制限つきです。
正解を選ぶとあとでおまけエピソード(サブキャラ視点でイベントを見られる)
が出てくるようになるみたいです。
特にやり直さずテキトープレイした感じでは
1章終了後に2個エピソードが出てきました。





72歳、学生です

というわけで簡単な感想でした。
12月は多くのゲームが出ますが、
ガクトゥーンはその中でも非常に期待している作品です。
体験版の感触は非常に良いし、
テスラさんネオンさんも非常にステキなキャラなので
ますます楽しみになりました。
サブキャラのイズミちゃんもすき。

僭越ながら拙ブログも黄雷のガクトゥーンサポートサイト
登録させてもらっています。
発売まで後一月ちょっと、がんばって盛り上げて行きたいところです!



最後にステキなOPを貼り貼り。りたちんすき




MIBURO
インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』 インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
エロ魔法学園
もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!
最新のコメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ