初音ミク PrjectDIVA F 2ndの体験版をプレイしました。

今回の体験版でプレイできるのは
「アカツキアライヴァル」「ロミオとシンデレラ」「カラフルメロディ」の3曲。
難易度はノーマルまでしか選べませんが
チャレンジアイテムで難易度をマシマシすることができます。
(今回の体験版ではオブジェクトのスピードが上がる「ハイスピード」と
 ターゲットオブジェクトの出現が遅くなる「シャイターゲット」の2つ。
 どちらも覚えゲーの要素を強めるアイテムではありますが、
 やってみるとこれが意外に熱いですね)



そして新要素のダブルスクラッチとリンクスクラッチ。
リンクスクラッチは最初ラインをなぞるのかなーなんて思っていましたが
普通のスクラッチとあまりかわらない感じもします。
急にスピードが速くなること(アカツキアライヴァルのリンクスクラッチ部分)も
あってちょっと戸惑ったりもしましたがさほど難しい要素ではないと思います。

で、意外と難しいのがダブルスクラッチ。
僕はスクラッチのときは右手の人差し指をワイパーのように動かすのが
基本なので、さてどうしたもんかなーと。

普通のオブジェクトと間隔が狭いときは左手親指でスクラッチすることもあるので
その複合技で乗り切ることにしました。
同方向に動かすとVita自体が動いてしまう可能性があるので
できるだけ交互にスライドさせるように心がけています(ぱっと見キモイ)

ローディング時のチュートリアル画面では親指を2本上にスライドさせる絵が
乗っていますが、そんなのやったらVita手から落としちゃうよw

というわけでひとまず・・・









ま、多少はね・・・

ひとまずチャレンジアイテムはなしでクリアしてみました。
アカツキアライヴァルは終盤のバスドラが気持ちよすぎて
どうしても走り気味になり・・・ちょっと苦戦しましたw
初めて聴く曲だったのですがかなりのお気に入りになりました。



同じ曲を連続でプレイしたいときもいちいちタイトル画面に戻ってしまうこと、
チャレンジアイテムやボタン音の設定が保存できないこと、
リザルト画面のスクリーンショットが撮れないことなど
不満点もありますがこれはすべて体験版だから仕方ないかなぁというところ。
(DIVAf製品版ではどれも可能)

ロードは確かに長いけど、同じ曲ならロード無しですぐプレイできるのが
DIVAfのウリだと思うので、そこは体験版にも搭載して
よかったんじゃないかなぁとは思いましたが。

ともあれ、一通りプレイしてみた感触は非常によかったです。
DIVAfが本当に面白くてハマったのでf2も買うのは間違いないですが
たくさんの曲やコスチュームが見られることを思うと
来年の発売日が楽しみで仕方がないですね。

PSP版のようにSEGAのいろんなゲームとコラボしてもらえたりすると
さらにうれしいんですが・・・その辺どうでしょうかね!