岩田温の備忘録

政治学者岩田温の備忘録です。

リベラリズムの可能性 今、河合栄治郎を読み返す

 

書評 湯浅博『全体主義と闘った男 河合栄治郎』(産経新聞出版)


 最近、改めて「リベラリズム」とは何かについて考え直している。ジョン・ロールズが『正義論』を執筆して以来、「リベラル」の意味が変容してしまったが、ロールズ以前のリベラリズムを再評価すべきではないかと思うのだ。翻って、日本において、現代にも通じうるリベラリストとは誰かを模索していくと、やはり、河合栄治郎に辿り着く。
 本書は河合栄治郎の生涯を丁寧に描き出した傑作で、河合栄治郎という一人の愛国的な自由主義者の姿を見事に現代に蘇らせている。河合栄治郎は、文字通り左右の全体主義と闘った思想家だった。 若き日の栄治郎は、大学の研究室で二冊の本を読み、「涙なくして閉じることは出来ない」と衝撃を受けた。女工の虐待や蹂躙に関する実例が生々しく描かれた書物だった。こうした弱者への眼差しが栄治郎の自由主義の根幹である。彼は官僚として労働問題を是正すべく農商務省に入省する。異例の出世を遂げたが、栄治郎の目的は栄達それ自体にはない。あくまで労働問題の解決こそが栄治郎の願いであった。
 官僚組織に見切りをつけた栄治郎は官を辞し、紆余曲折の後に東京帝国大学の助教授に迎えられる。ここから栄治郎は左右の全体主義と対峙する論陣を張ることになる。大正時代に知識人の間で流行したマルクス主義を栄治郎は果敢に攻撃した。後に二・二六事件等軍部が台頭し、言論の自由を弾圧し始めると、栄治郎は猛然と軍部を批判し始めた。彼にとって守るべきは「自由」に他ならなったからである。
 内務省は栄治郎の著作を禁書とし、栄治郎は大学を追われ、危険思想の持ち主として刑事被告人ともなった。
 軍部を猛然と攻撃し、体制から危険視された栄治郎は、対英米戦争にも反対していた。だが、大東亜戦争が開始されると、勝算に関しては極めて悲観的でありながらも、「祖国の運命に対して、奮然として起つことのできない国民は、道徳的の無能力者である」と断じて、祖国のために闘う重要性を説いた。
 社会的弱者への愛情、左右の全体主義と闘う気概、幅広い読書に裏打ちされた論理、そして、祖国への燃え上がるような愛国心こそが栄治郎の真髄であり、リベラリストの条件に他ならないであろう。
 本書を貫く通奏低音は栄治郎が愛したというフランスの科学者パスツールの言葉だ。「学問に国境なく、学者に祖国あり」。学問を論究する際、国家は無関係だ。だが、学者もまた一国民であり祖国と無関係には生きられない。栄治郎の生涯こそ、混迷するリベラルたちに打開策を示唆しているように思われてならない。


※本書評は『正論』五月号に掲載していただいた書評です。一人でも多くの方に本書を読んでいただきたいと思い、ブログに転載することにしました。

【講演会の告知】


演題「本物のリベラルとは何か?~今こそ河合栄治郎を!~」
戦前の日本において、マルクス主義を徹底的に糾弾し、軍部による言論弾圧とも戦った「戦闘的自由主義者」河合栄治郎の生涯、そして主要著作を読み解くことによって、現代日本の迷走する「リベラル」とは全く異なる「リベラリズム」について考えます。

なお、講演に先立ち、雄弁会まほろば学生による意見発表が行われます。
演題は「現代日本の課題と私の夢」。現役学生による主張に耳を傾けていただければ幸いです。
参加費 社会人 3000円
     学生 1000円

主催 大和大学雄弁会まほろば
後援 一般社団法人 日本歴史探究会



お申し込みは こちら よりお願いいたします。


追悼・渡部昇一先生


渡部昇一先生がご逝去なさった。

 

僕は小学生の頃から渡部先生の本を読んできた。非常にわかりやすく、知的な本だった。歴史系、政治系の本だけでなく、『知的生活の方法』、『自分の壁を破れる人、破れない人』といったような「生き方」に関する本もいろいろ読んで、勉強させていただいた。驚くほど多くの本を読んでおられて、文字通り博覧強記の先生だった。

 

小学生、中学生のころから、自分もいずれは渡部昇一先生のような「文士」になるのだと、勝手に憧れていた。

 

最近の渡部先生の本の中で傑作は、『青春の読書』という著作だ。お会いした際、この本に直接サインを頂き、本当に嬉しかった。この本は、若き日の先生の読書経験、そして、先生が教わった教師のことが綴られており、読んで非常に勉強になった。編集された方に伺ったが、この本は、口述筆記ではなく、先生が自ら原稿用紙に書かれたものだったという。

 

渡部昇一先生とは、一度だけ対談させていただいたことがある。非常に知的で優しい先生だった。高校生のとき、渡部先生に手紙を出し、お返事いただいたことが嬉しく、今でも大切にとってありますとお手紙をお見せしたら、喜んで頂けた。

 

もっともっともっとご活躍いただきたい先生だった。

 

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
17903501_1294999330586236_5359746021468746767_n



ルワンダ。加害者と被害者の和解、共存はありうるのか?

 昨日、久しぶりにテレビをつけた。今年に入って自宅で初めて一つの番組を観た。BSのNHKの番組で『明日世界が終わるとしても「虐殺を越え“隣人”に戻るまで ~ルワンダ・佐々木和之~」』という番組だ。昨日(正確には今日)の深夜まで原稿を書いていたので、録画したものを見たのだが、非常に興味深った。
 ルワンダといえば、1994年のジェノサイドが有名だ。ベルギー人が植民地支配のために創り上げた「フツ族」と「ツチ族」という二つの民族。多数派のフツ族がツチ族を殺戮した。100日間で80万人とも言われる人々が殺された。僕は、共産主義、ナチズムという二つの全体主義とともに、このジェノサイドに関心を抱き続けている。何故、昨日まで平和に仲良く暮らしていた隣人を殺戮できるのだろうか、という疑問を抱き続けている。
 今回の番組で興味深かったのは、ルワンダの農村地域では、ジェノサイドの加害者と被害者とが同じ村の中で生活を続けていかねばならないという事実だった。同じ村の中で被害者は加害者と共に生活しなければならない。それは、被害者が加害者をいかに扱うべきなのか、加害者が過去の罪といかに向き合うべきなのかという問いを突きつける。和解と共存という困難な問題だ。
 時が流れようとも、被害者の心の傷は癒えない。幼馴染の友人の一族がが武装して、自分たちの家族を襲撃した。
 助けてくれと命乞いしたにもかかわらず、次々と家族が殺戮された。自分自身も顔に大きな傷を残され、結婚すら出来なくなった。自分の人生はあのジェノサイドで終わってしまったのと同然だ。あのとき、現場で命乞いをしたにもかかわらず、彼らは決して赦そうとしなかった。今になって自分の過去の所業を赦してくれというのは、虫がよすぎる。仮に今、自分自身が生き延びていなければ、謝罪などできなかっただろう。
 被害者の主張はもっともだ。これに対して、加害者は「あの時は、そうするより外になかった」と繰り返すばかりだ。
 もどかしい思いがするが、果たして、加害者は、これ以上、何を言えるのだろうか。
 時代の狂気が人々を飲み込み、大量殺戮に駆り立てた。理性を失った大人たちを模倣した子供たち。行動は残虐を極めたが、彼らとて、平和な日本に生まれていたら、ささやかな生活をおくっていたのではないか。逆に、平和な日本に生まれた我々が、あの時代のルワンダに生まれ、育っていたら、大量虐殺に手を染めなかったと断言できるだろうか。
 私はこの問題を考えると、いつもアレントの『イェルサレムのアイヒマン』を思い出す。
 ルワンダの過酷な事実に向き合い、自分自身の人生をかけて「和解」とまではいえなくとも、「共存」のために活動を続ける佐々木和之氏という日本人の存在は、私にとって衝撃的だった。
 番組では「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はリンゴの木を植える」という言葉が通奏低音として流れていた。私の座右の銘は「一隅を照らす」。貫くのは同じ精神だろう。佐々木氏の努力は、ルワンダの国家全体からみれば本当に僅かな人々の間で「和解」をもたらすかもしれない、という細やかな努力であろう。もしかしたら、その努力は水泡に帰するかもしれない。だが、それでも個人の出来る限り全力で努力する。この生きざまが素敵だ。
 さて、南スーダンの問題で、自衛隊が撤収するすることになった。「交戦権」のない自衛隊を南スーダンに派遣したことが問題なのはいうまでもない。国内では保守もリベラルも南スーダンからの撤収を歓迎する声が多い。
 憲法も含め、国内の問題としては、それで結構なのだろう。だが、仮に、今後、南スーダンでジェノサイドのような事態が勃発したら、どうなるのだろうか。
 ルワンダ以後、PKOの活動は変化した。だが、憲法九条第二項で「交戦権」を否定している我が国のPKO活動は変化できない。本当にこれでいいのだろうか。日本は人道的な介入について如何にあるべきなのか。そんな問題についても改めて考えさせられた。


【講演会のお知らせ】
大阪会場は、いよいよ明日開催です。
記事の中で取り上げたPKOの問題、ルワンダの問題についても詳述する予定です。
奮ってご参加ください!
 
お申込みは こちら からお願いいたします。
演題「トランプ新時代と日本の将来」 限定50名!

 多くの専門家の予測に反し、トランプ大統領が誕生しました。トランプ大統領誕生の背景、彼の支持基盤は何かを政治思想の視点から分析します。従来の保守派とは異なる「オルタナ右翼」とは何なのか?アメリカのリベラリズムの暴走の結果、アメリカ人のアイデンティティ・クライシスが引き起こされ、その結果としてトランプ大統領が誕生したことを説明します。今回は西洋政治思想の古典から現代アメリカを読み解くということで、『フェデラリスト』、『アメリカのデモクラシー』から現代アメリカを分析したいと考えております。
 また、先日の「朝まで生テレビ」でもう少し議論したかった南スーダンにおけるPKOの本当の問題点等についても切り込んでいきます。
講師 岩田温
会費 3000円
【大阪会場】
3月18日(土)14時30分~16時30分

場所 貸し会議室 JEC日本研修センター 江坂

http://www.jec.ne.jp/esaka/access/index.html

【名古屋会場】

3月25日(土)14時30分~16時30分
http://syogai-gakusyu-center.com/west/access.html
西区浄心1丁目1-45 西生涯学習センター視聴覚室

お申込みは こちら からお願いいたします。
  • ライブドアブログ