2017年07月23日

ラベンダー <FES> 神経過敏 霊的に敏感 疲労

毎日暑いですね。
札幌の7月は3日以上の猛暑日が続くのは125年ぶりだとか・・・。

先月は入院手術のため、あまり外出もせず旬のお花をいっぱい見逃しました。
今の旬は・・・ラベンダーかな?
ラベンダーはアロマやポプリなどハーブの中でもポピュラーですね。

・効能、効果
鎮静、鎮痙、抗菌、殺菌、防腐、抗炎症、抗うつ、鎮痛など

ハーブの万能選手です!!
ラベンダーオイルとラベンダー茶を常備しておくと便利ですよ。
案外知らないのが飲用ですかね。
ラベンダーだけでは飲みづらいので、ブレンドするのでがオススメです。
わたしは頭痛や生理痛の時にお薬を飲む前にラベンダー茶を飲んでました。
軽い痛みでしたらお薬を飲まないですむかもしれませんので試してみて下さい。

さて、ラベンダーのエッセンスの説明です。

ラベンダーは霊的に影響を受けやすい人を助けるエッセンスです。
精神面の活動に関心があり、内的静寂を求めて瞑想などの魂の修業をする人は、精神活動が非常に盛んで、敏感で緊張しがちな傾向をもっています。
このような人は、肉体が処理できる以上のエネルギーを吸収しやすく、首のあたりの緊張感、頭痛、ときには病的な偏頭痛などの症状で肉体的にエネルギー調整が必要であることを訴えます。
ラベンダーは心を落ち着けさせ、身体をくつろがせます。
このエッセンスは、深いレベルでその人の持つ霊的な、サイキックなエネルギーを身体の必要に応じて調整し、緩和する能力を育てます。

との事です。

霊的に敏感な方、エンパス、HSPの方にも良いエッセンスです。
わたしはエンパス傾向はそれほど強くはないのですが、とにかく特別な事をしていなくても外出するだけで疲れ切ってしまう時期がありました。
上に書いてある様に<肉体が処理できる以上のエネルギーを吸収しやすい>とあります。

エッセンスを初めて、見えないエネルギーの影響が大きい事がわかり、自分を保護する、強化する事の大切さを学びました。

ラベンダーは見えない領域に敏感な方にオススメですし、リラックスが苦手で筋肉が堅くなりがちな方にオススメですよ。色々なエッセンスと組み合わせるといいですね。

シュタイナーが申してました。

ラベンダーは物質体、エーテル体、アストラル体の三つを安定化させるとし、心理的な不調を癒すとした。


2017年06月30日

シルバーソード <パワーオブフラワーヒーリング>

もう6月最終日!一年の半分が過ぎてしまいました・・・。

年初めに今年の計画を色々立てましたが、その中に病気の計画は入れてませんでした。
100人中100人は病気の計画を立ててる人はいないと思いますが・・・。

今月の私は入院・手術・退院しました。

病気というよりは、前回の手術で癒着を起こし流れるべき所がふさがり水分が溜まっていった・・・というような感じでした。

病気でしたら、また自分の掘り下げをしなきゃならんのか・・・これ以上何をすればいいのだ・・・なんて思っていました。

悪いところはスッキリ取ってもらいましたので、今後はしばらくは安心です。

下半期少し頑張ります!!

入院中は飲用のエッセンスは使えないので外用を作りせっせと病室と自分にスプレーしていました。

おかげ様で先生や看護師さん、色々な方とのコミュニケーションも円滑で嫌な思いは一つもなく無事に退院できました。ありがとうございました。

今回は作ったスプレーの中の一つを紹介します。


シルバーソード

シルバーソードはハワイのマウイ島のハレアカラ火山のクレーターでのみ取れる非常に珍しく特別なエッセンスで、高い周波数を帯びています。

細胞の記憶庫に蓄積された遺伝子情報を解放し、エネルギーセンターを完全に開いて頭頂のチャクラのさらに上の7つのチャクラとの連携を取ってくれます。

このエッセンスは通常の現実という幻想を貫き、私たちを最も高次なる切望と癒しから隔てている分離のヴェールを取り除いてくれます。

個人が自らを完全にあらわし、真の魂の役割をこなす準備ができた時、シルバーソードは最善のレメディーです。

このエッセンスは通常の現実という幻想を貫きます。背骨と第1から第7チャクラまでとつながりのあるエネルギーを強化します。 その後、光が上方に伸びて私たちのボディを神なる明晰さと知性とつなげてくれます。

このレメディーはカイロプラクティックや他の調整ワークで広く使用されています。


との事です。

私は背骨強化の意味で使用しました。

すぐに猫背になるので普段はFESのレッドウッドを原液のまま使ってますが今回はドーセージ(希釈)にしたかったのでこちらを使いました。

レッドウッドもそうですが個人によりますが私は結構効きます!

下の背骨から順番に積み木をまっすぐに整える感じがしてシャッキリします。

ですが今回腹腔鏡手術でしたので、お腹の傷が痛い・・・だけど内側がシャキとしたがってる葛藤みたいなのは感じました。

退院後も続けて使っていますが、術前よりも歩くときの姿勢が変わり自分でも気持ちが良いです。

このエッセンスはかなり強力なので、エッセンス初心者には向かないかもしれないですね。

ある程度自分の感情と向き合いバッチなどで癒し落ち着いてからのほうが良いような気もします。




2017年05月22日

ナルキサス <パシフィックエッセンス> 不安・恐れ

ナルキサスの和名は水仙です。

IMG_20170507_140051

札幌は時期は終わりましたが、春に咲くお花です。

IMG_20170503_102343

ギリシャ神話のナルキッソスは、水に映る自分の姿に恋して、見つめ続けているうちに死んでしまい、水仙になってしまった・・・という残念な青年・・・完全にご病気ですね。
その頃にフラワーエッセンスがあれば、この青年も自分に恋なんかしないでいつかは自分以上に魅力的な方と出会い恋に落ちた事でしょう。

さて、そんな神話があるお花ですが、人の感情にどのようなサポートをもたらしてくれるのでしょうか。


ナルキサスのエッセンスは、不安や恐れを取り除き、自分にとって大事なことを思い出して成長できるよう手助けをしてくれます。

人生の荒波や問題に直面したときに問題や恐れの原因に直接目を向け、問題を解決できるよう導きます。

私たちの精神の根となる部分に影響を与え強くし、しっかりと地に足を付けて危機的な状況に対処できる能力を向上させることを助けてくれます。

解決の難しい問題に直面して不安を感じているときにおすすめのエッセンスです。

経絡:胃


胃というのは消化システム
感情面での未消化の課題があると胃にトラブルが発する場合がありますね。
ストレスで胃が痛くなるという、感情に直結する臓器だと思います。

今までも不安・恐れに対応するエッセンスは紹介してきましたが、ナルキサスは結構大事に対処できるようなエッセンスのようです。

バッチですとアスペン・ミムラス・ロックローズあたりでしょうか。

強い不安や恐れを持っていると日常生活もままならなくなります。

エッセンスは色々なブランドがあり、個々様々。
同じ方が使う場合でも月日が経つと、以前は効果が感じられなかったブランドでも効く場合もあります。

「バッチの効果がわからない・・・」とたまに聞きます。

小さな変化ですと自分ではわからない場合もあると思います。

そんな時は薄めず原液で使用してみるとか、バッチでも色々なブランドがありますので違うブランドを試してみる、バッチにこだわらずに色々使ってみるなどしてみて下さい。

自分にとって癒しのサポートをしてくれるエッセンスは必ずあります。