2022年11月18日

ここ何日間はなんとも忙しく駆け回った一週間になりそうです。
おかげで極めて充実していて、多幸感に満ちた日々でした。

まず11日は早朝から但馬の山城である竹田城に登り雲海を堪能。
かねてからの望みが叶って超満足。 

6989AADB-A7D1-4794-A185-CA62C9D214DF

8E50A4DC-0E2D-4829-9EE5-3C90A06355CC
 
8FF33417-CCF2-40B5-BE43-00993BAEF34F

 12日は本業で大きな行事があって、多くの皆様と盛り上がりました。
行事を終えて慰労の会食で、エネルギー補給。

56D3CF02-4E9C-4C0F-A534-BA2CF3B6BDB5

4BE9411C-B39C-4206-8DC8-A853699B54FD

D09C1E83-7FF8-46BB-9325-866001FE158B

14日、月曜日、鳥取県の米子市に向けて出発。
目的は現在僕が務めている役職上の全国大会に出席するためで、
部落解放運動を中心にした人権問題について学習を深めることでした。
僕は全体集会と、LGBTQについて学習を深めるの分科会に参加させていただきました。

4923CA9F-3D92-474E-82A0-3EAFA166495E
80C55F3C-A77E-44C6-B815-5652BE3ADF7E

米子では14日は市内のビジネスホテル、15日は大山山中のホテル泊。
2年前に知人と支笏湖の宿に泊まったことがありますが、
野趣に溢れた宿はそれ以来です。

15日、午前中にLGBTQの分科会を終えて鳥取を目指しました。
常連になっている鳥取の湖山の居酒屋に立ち寄り、この店名物の焼き鯖重。

B101C520-7D28-4671-9764-48149BDB5591

7A57A6D8-087F-4F49-9124-B2FE5B00886C

総走行距離は550kmを超えましたが、実に実に満たされたウキウキ、多幸感いっぱい。
車中ではタガログソングを聞き、音楽に合わせて体が動きました。

更科を出て、近くの市場でお土産を買い込んで再出発。

兵庫県に入って、但馬蔵という道の駅で休憩。
ここにはメダカが売られていますが今回は購入せず。

無事帰宅して、更科からたくさんいただいたメスのズワイガニを知人に配り、
ライオンズクラブの例会。
例会を終えて帰宅して、ズワイガニで一献。

A9486C7E-3AFE-457C-AC3B-FAEFDF9A03D0

翌17日は、京丹後市で開催された京都府の各自治体の社会教育委員の学習会に参加。

B6C595BB-D92B-44D7-A3B6-0AFCC0C49EB6

で、今日は京都市内に出てきて、本業に関わる勉強会z
これが終われば今夜は祇園のピンピンの暖簾をくぐろうと思います。

米子への旅では宿がどこも満室でなかなか見つからず、車中泊も考えました。
今、振り返って、愛車にコンロや寝袋を積み込んで、そういう旅にしたかったと思います。
あちこちに温泉の銭湯もあり、今後真剣に車中泊の旅を考えたいと思います。

キャンピングカーも欲しいですねえ。







 

2022年10月28日

26日から27日、またしても山陰へ旅をしてきました。
二人の悪友と、釣りと鳥取の味を堪能し、夜はパブで弾けました。

兵庫県の浜坂漁港、鳥取の賀露漁港で竿を出しましたが、フグの猛攻で惨敗。

夕刻、鳥取の温泉宿(これは定宿で、今年すでに10泊以上です。
まずは温泉に浸かって、最近見つけた近所の郷土料理店へ。

お魚が目当てで、お洒落に白ワインです(笑)。

038


039

040

041


043

鯛の兜煮、サンマの刺身、猛者エビの刺身(これはここでしか味わえません)、
赤ガレイの煮付け、ノドグロの塩焼きなどなど。
ああ、そうそう、納豆オムレツも・・・。

生ビールの他に、友人が大好きだという香住鶴という地酒も冷やでグイグイ。

気持ち良く酔っ払って二次会探し。
以前行ったことがあるフィリピンパブを覗きましたがあいにく営業しておらず、
ぶらぶら歩きながら、「この辺にフィリピンのお店ありませんか?」と友人が尋ねると、
「その角を右に曲がればありますよ」とのこと。

すぐに見つけ、即決で入店。
それぞれが喉を競いましたが、そこで、仰天の出会いがあって、
友人達は、来月また来ましょうねと僕に念をおしました。

実に実に愉快でありました。

湯加減も最高で、やっぱり鳥取です。
帰路、但馬の道の駅でメダカを買って帰ってきました。

12月早々に必ず行きましょうねと友人は言い残して帰っていきました。



2022年10月25日

一昨日の日曜日。
病気が快癒したお祝いもかねて丹波牛のすき焼き。

老舗の料亭で、大将自らがすき焼きのお世話をしていただきました。
超、超、美味であありました。
松茸も少々(笑)

012

013

028

明日から僕はまた旅を楽しみます。
行き先はいつもの所ですが、今年は月に一度ほど訪れています。

超サービスの良いメダカ屋さんがあるのです。

↑このページのトップヘ