2019年10月23日

無事に11日にフィリピンから帰ったものの、相棒が風邪でダウンして約1週間療養。
しかしまだ改善せず、実にかわいそうなこと。


で、相棒の手伝いを得られず、メダカたちの世話をはじめ、
観賞魚屋に行ったり、買い物に出かけたり、すべて自分で運転。
おまけにお寺の仕事がめちゃ忙しい上に、
カワセミクラブの事業計画書作成などパソコンに向き合う時間が長時間に。

このところパソコン入力や運転はほぼ相棒任せのため、疲れます。
それにカワセミクラブへの寄付金が続々届き、その返信事務が沢山できて、
これも一人でこなしています。

さらに実に大きなイベントが3つも重なり・・・・・。
カワセミクラブ関連イベントは、尾上事務局長、柴田監事が助けてくれました。
この二人は、いざというときに本当に力強く頼れる存在です。
いずれ盛大に慰労会をしたいと思います。
事務局次長でもある相棒の全快祝いもかねて行いますかねえ。

連日のように差し入れを持って彼を訪ねていますが、彼の「すみません」が弱々しく、
なんともかわいそうです。
病気だけに怒るわけにもいきませんし、身近にいる知り合いは僕だけですから、
普段の恩返しもこめて、なんとしても助けないといけません。

昨日は、近くの耳鼻科医院に案内しましたが、内耳炎だか中耳炎だかとの診断。
これで快方に向かえばいいのですが、彼のお母さんと連絡を取ろうかと思ったり。
元気な方ですから、下手に情報を流すと飛んでこられるかも。

まあ、旅が重なり疲れがたまったところに風邪の菌につけ込まれたのでしょうが、
マニラの最後の夜のはしゃぎすぎが悪かったのかも。
とにかく楽しんでいましたからねえ(笑)。

昨日今日は少し顔を出してくれて、買い物やらメダカの世話やあれこれ。
メダカの越冬作戦についても話ができました。
一日も早い全快を祈るばかりで、次のあれこれのプランを実現させないといけないのです。

今日別れ際に、「旅の疲れがたまってたんだろうね」と言うと、
力なく、「そうでしょうね」と。
ちと精神的に弱さがあるので、心配もしますが、早期快復を祈るしかありません。

ネットが好きなので、ついつい夜更かししたり、
人がいいので、人の誘いに乗ってウロウロしたり、
突然山に登ったりすることがないよう祈ります(笑)

話が変わりますが、最近の若い女性の言葉ってすごいなあと先日思いました。
初めて出会った若い女性が、僕にタメ口で話しかけて来たのです。
具体的には書きませんが、なんとも育ちの悪い子だなあ~、親の顔を見たいと思いました。
本人はあまり利口そうな顔じゃなかったので、
親もそのようなものだろうと想像しましたが、

育ちの悪さを感じさせる女の人って悲しいですね。


2019年10月16日


前回、10月7日までのあれこれを書き切ったと思っていましたが、
今、チェックしてみて実に中途半端で終わっていて、極めてよろしくなかったことに気づきました。
熱心な読者の方にはまことに申し訳なく、どうも済みません。

6日に隠れ家に泊まって7日早朝から飛騨方面に走り、郡上八幡に行ってきました。
鍾乳洞やら、八幡城や八幡の町並みなどを観光して、おいしい鮎の塩焼きをがぶり。
夜、無事に自宅に戻り、翌日からの旅の支度を整え、
翌朝、相棒の車に乗せてもらい、途中で仲間を一人を乗せて3人で関空へ。

ジェットスター便のクラーク行きに搭乗して、予定より早くクラーク着。
迎えに来てくれたワレンと車に乗り込み、一路マロロスへ。
到着してすぐに行きつけのレストランで乾杯。

翌日は、僕のアパートの近くのカニオガン小学校を訪ね、
支援者からいただいた色鉛筆や学用品を手渡しました。
授業中でしたが、学校新聞のイラストレーターだという児童がわざわざ受け取りに来てくれました。

午後、スーパーマーケットで貧困集落で配給する軽食を購入。
さらにマロロス市立セントラル高校を訪ね、校長先生を表敬し、
来年1月に実施予定の日比高校生交流事業に就いて打ち合わせ。

夜は、我々の仲間であるレイモンドの甥の満一歳の誕生日ということで、盛大な宴。
相棒はブランディーをがぶがぶ飲んでご機嫌でしたが二日酔いを案じました。
途中から、前回も顔を見せてくれ性的マイノリティーのTカテゴリーに属するジーがやって来て、
場を盛り上げてくれました。

翌、10日、案の定相棒はきつい二日酔いで、いつまでも眠っていたいようでした。
寝る子は育つといいますが、すでに大の大人なわけで、いささか将来を案じますが、
まあ、それは本人の問題で、僕が口だしすることではありません。

貧困集落で昨日買った軽食を住民に配り、あれこれ村の現況を聞きました。
この村の将来について実に悲しい話を聞かされ、無念に思うばかりでした。
色々複雑な思いを残したままマニラに向かうことに。
バスト電車にしようかと思いましたが、車をチャーターして行くことに決めました。

しかしこれは大失敗。
猛烈な渋滞に巻き込まれて、普段より2時間近くマニラ到着が遅れました。
ホテルにチェックインしてすぐに近くの「火鍋屋」へ。
暑いマニラですが、冷房完備のお店なので、鍋もまたよろしい。

食事を終えて、カラオケ風キャバクラへ。
僕は歌が好きなので次々と歌い、レイモンドとデュエットも2曲。

一方二人の日本人は好みの女の子を指名して横に侍らせ・・・・・・・・・・・。
存分にお楽しみのようで、一人は、かなりどぎついようでした(笑)。
鼻の下を大いに伸ばせたようですが、後のことは知りません。

僕は気分直しに居酒屋に入り、レイモンドと相棒も合流して日本酒をちびちび。
もう10年ほどの付き合いになりますが、当時レイモンドはお酒など飲めませんでしたが、
今ではグビグビで、ずいぶん成長しました。

ホテルに戻り、缶ビールで最後の乾杯をしてバタンキュウ。

翌日、まだまだ熟睡中の相棒をたたき起こして、ホテルを出ました。
非常に強い台風19号が日本に接近中という情報をしょちゅう確認しながら空港へ。
幸い航空会社から遅延やキャンセルの連絡はなく、無事チェックイン。

搭乗機はセブパシフィックでしたが、いつも必ず遅れるのに珍しくほぼ定刻発。
台風の影響もなく、順調な飛行で、無事帰国。
関空内のレストランで夕食。
僕は餃子をあてに生中二杯。
運転の相棒には申し訳ないことでした。
午後11時、無事帰宅。

多くのミッションをこなした旅で、同行の仲間はすっかりご機嫌で、
「次回も誘ってください、また行きたいですから・・・」と言い残しました。

翌12日、予定の仕事2件が台風のためにキャンセルになりました。
この仕事のために11日に帰ってくることにしたのですが、
これなら最初からもっと長く滞在する計画を立てたのにといささか悔しい思い。

相棒は風邪気味でいささか不調のようす。

14日、相棒と京都市内の観賞魚店へ行って、みゆきフルボディーという品種のメダカ購入。
これをなんとか増殖させたいと思い、事務所に温室を完備してあります。

相棒と共に、メダカの道を歩むのです。
事業化できれば最高で、稼いだ資金で世界を巡りたいのです。

15日、相棒超不調。

16日、ライオンズクラブの例会で山の中で松茸のすき焼き大宴会。
しっかり松茸をいただきました。

訪比中のあれこれについてもっともっと書きたいのですが、今日はここまで。



2019年10月16日


前回、10月7日までのあれこれを書き切ったと思っていましたが、
今、チェックしてみて実に中途半端で終わっていて、極めてよろしくなかったことに気づきました。
熱心な読者の方にはまことに申し訳なく、どうも済みません。

6日に隠れ家に泊まって7日早朝から飛騨方面に走り、郡上八幡に行ってきました。
鍾乳洞やら、八幡城や八幡の町並みなどを観光して、おいしい鮎の塩焼きをがぶり。
夜、無事に自宅に戻り、翌日からの旅の支度を整え、
翌朝、相棒の車に乗せてもらい、途中で仲間を一人を乗せて3人で関空へ。

ジェットスター便のクラーク行きに搭乗して、予定より早くクラーク着。
迎えに来てくれたワレンと車に乗り込み、一路マロロスへ。
到着してすぐに行きつけのレストランで乾杯。

翌日は、僕のアパートの近くのカニオガン小学校を訪ね、
支援者からいただいた色鉛筆や学用品を手渡しました。
授業中でしたが、学校新聞のイラストレーターだという児童がわざわざ受け取りに来てくれました。

午後、スーパーマーケットで貧困集落で配給する軽食を購入。
さらにマロロス市立セントラル高校を訪ね、校長先生を表敬し、
来年1月に実施予定の日比高校生交流事業に就いて打ち合わせ。

夜は、我々の仲間であるレイモンドの甥の満一歳の誕生日ということで、盛大な宴。
相棒はブランディーをがぶがぶ飲んでご機嫌でしたが二日酔いを案じました。
途中から、前回も顔を見せてくれ性的マイノリティーのTカテゴリーに属するジーがやって来て、
場を盛り上げてくれました。

翌、10日、案の定相棒はきつい二日酔いで、いつまでも眠っていたいようでした。
寝る子は育つといいますが、すでに大の大人なわけで、いささか将来を案じますが、
まあ、それは本人の問題で、僕が口だしすることではありません。

貧困集落で昨日買った軽食を住民に配り、あれこれ村の現況を聞きました。
この村の将来について実に悲しい話を聞かされ、無念に思うばかりでした。
色々複雑な思いを残したままマニラに向かうことに。
バスト電車にしようかと思いましたが、車をチャーターして行くことに決めました。

しかしこれは大失敗。
猛烈な渋滞に巻き込まれて、普段より2時間近くマニラ到着が遅れました。
ホテルにチェックインしてすぐに近くの「火鍋屋」へ。
暑いマニラですが、冷房完備のお店なので、鍋もまたよろしい。

食事を終えて、カラオケ風キャバクラへ。
僕は歌が好きなので次々と歌い、レイモンドとデュエットも2曲。

一方二人の日本人は好みの女の子を指名して横に侍らせ・・・・・・・・・・・。
かなりどぎついようでした(笑)。
鼻の下を大いに伸ばせたようですが、後のことは知りません。

僕は気分直しに居酒屋に入り、レイモンドと日本酒をちびちび。
もう10年ほどの付き合いになりますが、当時彼はお酒など飲めませんでしたが、
今ではグビグビで、ずいぶん成長しました。

ホテルに戻り、レイモンドとワレンと缶ビールで最後の乾杯をしてバタンキュウ。

翌日、まだまだ熟睡中の相棒をたたき起こして、ホテルを出ました。
非常に強い台風19号が日本に接近中とい情報をしょちゅう確認しながら空港へ。
幸い航空会社から遅延やキャンセルの連絡はなく、無事チェックイン。

搭乗機はセブパシフィックでしたが、珍しく






↑このページのトップヘ