2021年11月23日

一昨日、身内の結婚式。

072

073

074

075

076

そして昨日・・・
隣町の有名な焼き肉屋さんへ、家族で。

002

003

004

007

余は満足じゃ。

そろそろ寒さを避けて南国に出かけましょうかねえ。
沖縄の固いステーキが食べながら泡盛を飲みたい気分です。
ひょっとすると年内に仲間と一緒に行けるかもです。
そうなればついでに奄美とか屋久島にも寄りますかねえ。

良いことばかりが続いて、心ウキウキですが、後が怖いように思います。
こういうときこそ気を引き締めてひと踏ん張り。
もっと、もっと良いことが続きますように。

しかし、ほんとに美味しいものを食べて美味しいお酒を飲んで、
実にのんびり、のんびり。



2021年11月17日

しばらく書き意味が滞ってしまいましたが、僕はおかげで元気です。

まず最初に「哀悼」。
ご生前、僕の父親と親交が深く、
我が家にもお越しいただいたことがある瀬戸内寂聴さんがご逝去。
南無阿弥陀仏。合掌。

015

さてさて、この所実に快調で(13日はひどい二日酔いでしたが)、
ほぼ毎日楽しく、美味しく、忙しく、時々弾けながら過ごしています。
毎日の Walking のおかげだと思いますが、
ドーパミンが脳内にあふれかえっている感じです。

コロナによる規制もほぼ全面解除になり、祇園町にも活気が戻っています。
待ちに待ったとばかり繁華街に出かけ、時折弾けています。

さる12日は、所属するしているとある会の例会があって、久々の会食も。
この例会は会食が楽しみで、イソイソ、ウキウキと京都市内に出かけました。

「翔歌」というタイトルで、「唱歌」の数々の心についてスピーチを聞きました。
やはり「唱歌」は心を打ちますね。
オカリナがぴったり合うように思えて、練習してみようかなあと。

さていよいよ会食。
今回は日本料理です。

まずは前菜で、小松菜や茸の白和え、秋鯖のきずし、焼き茄子、百合根饅頭など。

019

続いて湯葉真丈、貝柱葛打ち、吹き寄せ仕立てのお吸い物。

020

鮪、鯛、烏賊のお造り。

023

続いて焼き物で、天然鰤の荒味噌焼き鱧の豊年揚げなどなど。

024

温物は甘鯛の蕪蒸し。

026

ご飯物は、根菜ご飯と香の物に赤出汁。

028

最後はもちろんデザート。

030

ビール、シャンペン、芋焼酎などを飲みながらお料理を堪能。
すっかり満足して、二次会へのお誘いを辞退して、僕流の二次会選択。
祇園の路地を通り抜ければ、ネオンがきらめく別世界がありました(笑)。

032

二次会を済ませ、最近見つけた楽しいお店へ。
めちゃ弾けてしまい、この夜は市内の隠れ家に泊まりました。
じつは今月二度目の隠れ家泊。

翌朝、久しぶりに激しい二日酔いでしたが、電車に乗って午前9時には自宅へ。




2021年11月5日

去る3日、親しい友人達との会食。
この日は河豚です。
まず突き出しは定番で、河豚の皮の酢の物。

004

続いてテッサ。

005

続いて河豚鍋で、松茸もどっさりの豪華版です。

006


009

008

ひれ酒もたっぷりいただき、そうそう、叙勲のお祝いのお言葉もいただき、
この所毎夜、絶好調の日々であります。

今回の叙勲で僕は、
「これはもうそろそろ落ち着いて日々を過ごせ」という天命だと受け止め、
そろそろ終活も始めつつ、世界各地への旅を満喫して過ごしたいと思います。

浮世離れの日々となれば、なんとも心地よいことでしょうね。

国会議員さんをはじめ、多くの方々から祝福のお言葉などをいただきました。
祝賀パーティーをしましょうというお言葉も沢山お聞きしました。
さて、どうしたものでしょうね。

そんなことしたら浮世を離れられないじゃないですか!(笑)


↑このページのトップヘ