June 16, 2009

kvmのドライバモジュールロード時のエラー

kvmを利用するためには、仮想化サポート技術である、Intel-VTやAMD-Vというテクノロジを搭載したCPUが必要であり、またこの機能を使うには、
# modprobe kvm
# modprobe kvm_intel
として、kvmドライバモジュールをロードしなくてはならない(この例では、IntelのCPUを想定) 。

ということで、僕も大学の研究室のマシン(Xeon クアッドコア 2.5Ghz)で、kvmを試してみようと思い、上記のコマンドを管理者権限で実行してみたものの、
# modprobe kvm_intel
FATAL: Error inserting kvm_intel(....):
Operation not supported
というようなエラーになり、モジュールのロードができない。どうも「あなたのCPUは、Intel-VTに対応していませんよ」と言われているようだ。Xeonにも、Intel-VTを搭載しているものと、そうでないものの両方が存在するので、調べてみたのだが(/proc/cpuinfoを見ればCPUのモデル番号は分かるので)、僕が使っているXeonはE5420という5400番台のCPUで、このシリーズはIntel-VTにちゃんと対応している、とのこと。

理由がわからず、数時間唸っていたのが、結局BIOSの設定が問題であったことが判明。Intel-VTのon/offを設定できるのだが、これがoffになっていたのが原因であった。ちなみに、僕の環境(Dell Precision T7400)では、BIOSセットアップの"Performance"→"Virtualization"という項目から、on/offの切り替えが行えた。 

les_paul_sp
posted at 03:32

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by zuntan02   January 20, 2012 22:03
長年怪しい動きをしていた仮想マシンのホストがあり、
再構築をしていたところ、同じ現象についあたり、
こちらの記事で初めて光明を見た気がします。
ありがとうございます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔