キャットファイトとレズバトルだっ!

キャットファイトやレズバトル作品の情報等をお届けする、女闘好男爵のブログです。

2007年12月

CAMILLE VS MIA

「ECNWC CF-32」 第2試合目 CAMILLE VS MIA

金髪のMIA対黒髪のCAMILLEのガチンコキャットファイト。

闘う前からトップレスの二人。

腰に手をやり、睨み合う両者。

いきなり激しい取っ組み合い。

狭い室内の一角で所狭しと転げまわる。

CAMILLEが、おっぱいを鷲掴み、そして股間も鷲掴み。

すぐさまMIAも股間を鷲掴み。

CAMILLEが強烈なスパンキングをかますと同時に、胴締めの体勢に入る。

が、腕をかまして防御。

逆に腕を取り押し倒すMIA。

ここでMIAが有利な体勢となる。

更に相手を追い込むべくグランドポジションに入ろうとするが、上手く切り返される。

今度はCAMILLEが有利な体勢。

MIAは、下からヘアプル・股間鷲掴みや二の腕の脂肪や太ももの肉を引っかくように捻り反撃する。

しかし、CAMILLEがおっぱいと股間を同時に鷲掴み。

掴まれたおっぱいの形から想像するに、かなり爪を立てられているようだ。

腕を取り、必死で外そうとするが、なかなか外れない。

やっとの事で外したのだが、いかんせん、体勢が悪い。

ヘアプル・スパンキング・おっぱい捻りで窮地を脱しようと試みるが・・・・・。




最後はどちらかが、強烈な股間鷲掴みで絶叫。

スタッフからストップがかけられるが、なおも掴んだ手を離そうとしない非情さ。

これぞまさしく女同士のリアルガチンコキャットファイト。

ヘアプル・おっぱい掴み合い・股間の掴み合いシーンが随所に出てくる。



久しぶりに見たのだが、

「えぇ?こんなの持ってたっけ?」

と思うほど何か新鮮味を感じた。

「ベロキス レズビアン 〜LADY'S ONLY LOVE〜」 スティルワークス

「ベロキス レズビアン 〜LADY'S ONLY LOVE〜」 スティルワークス

ラハイナ東海から「女同士のべろ接吻 」とやら作品があったが、そのスティルワークス版といったところ。

ただ、全裸になりますが。

パケ写を見た時、複数の女性が出てくるんだなぁと思っていたが、意外にも2人の女優だけの出演だった。

同じ女優がコスチュームを変えてたわけですな。

脱がないが複数の女性同士のレズ接吻が見れる作品と、脱ぐが2人の女性だけのレズ接吻が見れる作品。

あなたなら、どっちを選ぶ?

私はどっちも選びます(笑)
(跳び膝蹴り!!)





今日はこれからアクセを買いに行ってきま〜す!

「女だけのペニバン乱交突いて突かれて究極レズ」 出演者 たくさん HIBINO

大掃除をしていたら、洋物ガチンコキャットファイト・洋物ガチンコイカせ合いファイトがドッサリと出てきた。

ネタ切れの際の「つなぎ」としてレビュっていこうかと(汗)

うぅ〜、それにしても最近はレズビアンに走っているなぁ〜。

これまた、嗜好の変化か?

でも、普通のレズじゃ物足りない。

激しいレズが好き。




「女だけのペニバン乱交突いて突かれて究極レズ」 出演者 たくさん HIBINO

オォートッ!この顔立ち、このいやらしい豊満な肉体、松沢優嬢ではないか〜っ!

何と松沢優嬢が出演してるんですなぁ〜。

と、まあ、購入する前から知っていましたがー。

でも、私が苦手とする複数プレイなのであります。

苦手なら最初から買うな!

と言われても仕方がないが、これがまた、買ってしまうんですなぁ。

前半は、1対1のプレイもありますが、やはりメインはレズ乱交。




「ふたなり」は苦手だが、「ペニバン」は苦手ではない私。

えぇ!これってどういう事?

と、思われる方もいるだろう。

が、私も

「えぇ!これってどういう事?」

と、理由はわからない。

実は、こ

おっと、9時から「ルパン三世」が始まっているらしいので、今日はこれにて。



Video Magazine 7 クリスタルフィルム

今日は夕方から、大掃除。(遅!)

で、

こんな物が出てきた。


「Video Magazine #7 Fight 1 」 / Crystal
Shannon VS Jennifer

どちらも美女。

この二人の美女がこれから激しい喧嘩をしようとは・・・・・。

顔面グーパンチ・張り手・蹴り。

Shannon が優勢に試合を進める。

しかし、Jennifer もカウンターパンチで応戦。

テクニックなど何もない、ド素人の女同士の喧嘩!

互いに疲れが見え始めた両者。

激しい喧嘩も一段落。

呼吸を整え、再びShannon がアタック!




「Video Magazine #7 Fight 2 」 / Crystal

HELL FIRE での一コマ

豊満美女 VS スレンダー美女の闘い。

両者が黒い下着を着用しての闘いも、直ぐ剥ぎ合ってすっぽんぽんに。

闘いを有利に進めるスレンダー美女。

豊満女はスタミナ切れか、動きが鈍くなる。

強烈なスパンキングが決まるが反撃する力が残っていない。

完全に一方的なドミネーションファイトに。




「Video Magazine #7 Fight 4 」 / Crystal
Brandy VS Monica

ヘアプル・顔面や体をグーパンチ。

序盤は甲乙つけがたい拮抗した試合展開が続く。

素人同士の喧嘩なので、直ぐにスタミナが切れ動きが鈍くなる。

二人ともしゃがみ込む場面が多くなるが、その体勢から蹴りを入れたり、奇襲攻撃をかましたり。

一旦休憩を挟みファイト再開。

再び、激しい乱打戦が始まるが・・・・・。




「Video Magazine #7 Fight 5 」 / Crystal

ストーリー物。

豊満女同士の闘い。

掴み合いは勿論のこと、色々な「物」を投げ飛ばし合います。

ヘアプル・巨乳攻撃など等。

最後は窒息攻撃で・・・・・。




「Video Magazine #7 Fight 6 」 / Crystal
Mary VS Theresa

体格で勝るTheresa は試合前、余裕の笑顔でポーズを決める。

試合が始まるや否や両者激しい乱打戦!

これは激しい!

顔面・ボディーと強打を打ち込み合う!

強烈なヘアプル合戦。

一度掴んだら離さない。

髪を掴み合った状態から蹴り・殴打。

両者互角の闘いもTheresa がスタミナ切れを起こしたのか試合続行不可能となる。

Maryが笑顔でポーズを決める。




「Video Magazine #7 Fight 7 」 / Crystal
そしてリターンマッチ。

再び前回と同様あるいはそれ以上の激しいファイトが展開される。

この試合、Theresa は絶対に負けるわけにはいかない。

体格では有利なTheresa。

またしても強烈なヘアプル合戦。

女と女の「意地」を見ることとなる。

果たしてTheresa のリベンジなるか?




「Video Magazine #7 Fight 8 」 / Crystal
Shan VS Terah

スレンダー美女同士の闘い。

強烈なビンタが飛び交う。

1R 2Rともドミネーションキャットファイト。

馬乗りの状態から頭部・背中をグーパンチ。

身動きが取れなくなった相手に、なおも攻撃を続ける非情さ。





明日も大掃除。

いやーしかし、たまりに溜まったマイコレDVD-R。

30枚ほど供養しなければ。

南無・・・・・。

選別に時間が掛かりそうだ・・・・・。

「レズSM LOVERS」 早川あづさ 西野ひなた 麒麟堂

「レズSM LOVERS」 早川あづさ 西野ひなた 「 麒麟堂です」(エエ声〜!)

早川あづさ嬢は「ファイブ・クライマックス・エッチ」でレズバトルを演じてくれた女優。

西野ひなた嬢は、作品名は忘れたがみずなあんり嬢との絡みを見た事がある。(ジャネス・スタイルアート辺りだったと思うが・・・・・)

内容は、お互いが交互に縄で縛り合ったり、手錠(SMの道具の名前はわかりません)を掛け合ったりして、レズ責めをするというもの。

乳首責めのシーンもあります。

指でコネコネ・バイブで振動させたり。

責めは早川あづさ嬢の方が、一枚上手。

乳首舐めなど舌を上手に動かしながら舐め上げます。

それにしても、西野ひなた嬢のおっぱいの形・ボリュームはグッド!

レズ責めはソフトだが、ひなた嬢だから全然OK!

自分好みの女優には滅法甘い女闘好男爵であった・・・・・。

「ふたなり巨乳レズビアン」 羽田夕夏 南沙也香 Dogma

「ふたなり巨乳レズビアン」 羽田夕夏 南沙也香 Dogma


レズ界にまた超新星が現れた!

その名は「南沙也香」(この作品とは関係ないが、どさくさまぎれに京野明日香嬢も推しておこう)

長身でスレンダー、美白で巨乳、美顔でナイスバディ!

それでいて、レズテクニックも兼ね揃えた、まさに才色兼備。

レズバトルで活躍した羽田夕夏嬢相手に大奮闘。

夕夏嬢の大きな乳房を美味しそうに舐め回し、乳首は高速な舌捌きで弄ぶ。

バックの体勢で夕夏嬢のお尻を派手に

ペンペンペン!

お尻が赤く染まります(笑)

手加減しないところがグッドです。

演技、表情、挑発するような視線も良し。




ただこの作品、私が苦手とする「ふたなり」

擬似チ○ポがなければ・・・・・。



今後、要チェックの女優だ!

(「巨乳ばかりの軟体レズビアン乱交マニアヨガ教室」 クロス でインストラクター役で出演しています。爆乳の蜜井とわ嬢も出てきます)



今日はクリスマス・イヴだ〜〜〜っ!!

thanks

まずは、長い沈黙を破ってガチンコキャットファイトを制作して下さったSODクリエイトのスタッフの皆様および関係者各位に感謝したい。



女闘好男爵
「ありがとネ」

フェチ男君
「ヌォー!なんだこの軽さは〜!」



作品自体は、私が予想・期待していたものとは違ったが、「キャットファイト」から完全に撤退したと思っていたメーカーから、この作品を輩出されたと言うところに大きな意義があると私は考える。



数年前に発売された「レースクイーン剥ぎ取りキャットファイトGP」で柿本彩菜嬢と松雪聖名嬢の一進一退の息詰まる熱戦は、私の中では日本キャットファイト史上最高の闘いで、未だに鮮明に記憶に残っている。

全てが揃った、まさに、「奇跡の一戦」だった。

この作品はマイコレクションの中でも特にお気に入りで、今でも大切に保管している。




今回も、大石もえ嬢VS佐伯奈々嬢、蜜井とわ嬢VS高瀬みどり嬢の闘いなど、素晴らしいファイトを拝めることができた。

普段から体を鍛えている野郎(男)どもでも、集中・緊張した中で、3分間スタミナを持たせるのは至難の技ですゾイ。

その中で、長時間にわたり闘い合ってくれた根性ある12人の女優陣に拍手。

パチパチパチ!




ただ、「100万円争奪バトルロワイヤル乱交」には、拍子抜けしたファンも数多くいた事だろう。

誰もが、「女同士の闘い」で最後の勝者が決まると思っていたはず。
(皆さん、そうだよね・・・・・うぅ〜!ひょっとして私だけか〜!)



この作品を見終えて思う・・・・・。

「強い女を犯す」事こそが、今の時代の流れに即した象徴なのだろうか?



でも・・・・・



いずれにせよ、私はまた待とう。

SODから「奇跡の一戦」を越えるガチンコキャットファイトがリリースされる事を。

「現役トップアスリート最強女王決定戦」 出演者トップアスリート ソフトオンデマンド

アテネ五輪で当時マラソンのエースだった谷口浩美選手が、走っている途中で靴が脱げたシーンを皆さんは覚えているだろうか?

「コケちゃいました」

あまりに有名なこの言葉。

私は「現役トップアスリート最強女王決定戦」を見ている途中で、リモコン片手に



「コケちゃいました」



これはきっと夢だ・・・私は悪夢を見ているだけだ・・・。


どう考えても、チャプター数が足りない。

いや・・・どこかに、隠れチャプターが仕込まれているに違いない!

が、どこにも隠れチャプターが見つからない。




と、言うか

私はまだ見ていないはずだ、いや、きっと見ていない。

見ているはずがない。


催眠術師 
「あなたはまだこの作品を見ていません。そして私が3つ数えると、この深〜い眠りから目覚めます。ひと〜つ・・・・・・」


女闘好男爵 
「この深〜い眠りから覚めませ〜ん!(泣)」




---------女闘好男爵が怖がるCM--------------
「パックリ!パックリ!パックリ!」

と、ひび割れした手を大胆に魅せる

「ヒビケア軟膏」のCM

「露出狂LADYが出没する女性専用車両へようこそ」 LADYLADY

ジュセリーノは大預言者なのか?

はたまた・・・・・。

私はこのような事象はあまり信じないほうだ。

予知夢を書き記したものが、手書きのメモ帳やタイプライターというだけに説得力がない。

だから私は、たった今「livedoorのブログ」に書き綴ることを提案する文章をジュセリーノ氏に送りつけた。


何ちゃって。


予知夢・超能力・透視・・・・・・。

いずれも科学では証明されていない。

UFOの存在も信じない。

でも人間のような地球外生物が、この広い宇宙のどこかに存在していても不思議ではないと思うのだが、皆さんはどう思う?





「露出狂LADYが出没する女性専用車両へようこそ」 LADYLADY

これはイイ!

痴女軍団が車両を占領して痴女レズプレイのオンパレード。

「レズでオナニーさせてあげるわ」的な映像で、魅せつけ猥褻レズ絵巻。

卑猥な言葉を投げ掛けながら、レズってくれます。

特に第2チャプターの3人衆。

ベロに力が入っていてグッドです(笑)

私はこのチャプターだけで、3回抜きましたっ〜!

うっ、面目ない。

いや〜、しかし、まあ〜何ですなぁ〜。

ここまでくれば、ベロの芸術ですなぁ〜。

ベロで折鶴を作れそう。

(ん〜な訳ないやろ)



「今年度女闘好男爵最優秀作品」に推します!!!

って、この前もこんなこと言ってなかったっけ?

「ふたなりセレブ姉妹」 牧野遥 松浦ユキ 谷本舞子

「ふたなりセレブ姉妹」 牧野遥 松浦ユキ 谷本舞子

かなり良かった。

レズ接吻もイヤラシイ。

3人とも派手にベロを出しながら、接吻してくれます。

擬似チ○ポを自ら扱きながら、レズ接吻をするシーンはグッド。

画的にとても卑猥に感じる。

やはり、変態女優が集まれば良い作品に仕上がりますなぁ(笑)

表パケには谷本舞子嬢の姿は見られないが、登場シーンは多いです。

それに結構好きな女優だったりします。

絡みもエッチで(顔もエッチで)、レズテクニックもなかなかのもの。



「秘境温泉密会レズ」でも、あづま樹嬢と激しいレズシーン(ちょっと受身だったかな?)を演じています。

この「秘境温泉密会レズ」のレビューはまだしていなかったな。

メインはタチ役のあずま樹嬢とタチ役の桐島秋子のペニバン犯し合いシーン!

でもレズバトルではありません。

機会があれば紹介したいと思う。



と、今日は手抜いてしまった・・・・・。
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ