キャットファイトとレズバトルだっ!

キャットファイトやレズバトル作品の情報等をお届けする、女闘好男爵のブログです。

2009年04月

ロシアンカオスRC56(海外ガチンコファイト)

ロシアンカオスの最新作から。

RC56 第1試合の赤毛女VS金髪女


ブルーのシートが張り巡らされた部屋の一室。

赤毛の女と金髪の女のガチンコキャットファイト。

開始早々、いきなり頭・背中などパンチ&張り手を入れ合う。

赤毛の女を壁に押し込むが、金髪の女もパンティー食い込ませ攻撃で応戦。

お尻をバシバシとスパンキング・ケツ掴み。

肘で背中を打ちで反撃。

赤毛の女をブルーのシートに押し・・・

ここからは、戦況が目まぐるしく変化するのでチョット変わったレビュー方法を。




金髪の女:パンチの連打。

赤毛の女:おっぱい鷲掴み。

金髪の女:スパンキング。



この時点で既に色白で美味しそうなお尻が真っ赤に染まっている。

両者膝をついた状態で向かい合い、

赤毛の女:後頭部を殴り。

金髪の女:「アッ!!!!!!」

金髪の女:背中をグーパンチ。パンティー食い込ませ(アングルがグー)

赤毛の女:乳首抓り。




金髪の女を押し倒し、

赤毛の女:ボディパンチ。

金髪の女:ボディパンチを回避するため、体を反転させて立ち上がるが、運悪くちょうど背後・・・。

赤毛の女:背後から両手でおっぱい掴み。

金髪の女:H攻撃されないように腕を捌きながらエルボー。

同じ体勢のまま壁に追いやり、お尻で攻撃(プロレス技ではヒップ何とかというんですかね)

赤毛の女:パンティー食い込ませ。

金髪の女:太腿叩き。


不利な体勢も何とか解放す。

両者絡み合いながらスパンキング合戦。


金髪の女:スパンキングからそのままお尻鷲掴み。

赤毛の女:相手の口を塞ぎ、窒息責め。

一瞬、相手の攻撃が止む。(理詰めの窒息攻撃)

赤毛の女:そこを、すかさず頭部連打。

金髪の女:おっぱい掴み・お腹の贅肉掴み。

赤毛の女:おっぱい掴み・おっぱいパンチ。

金髪の女:蹴りで突っ放す。




再び膝立ちの体勢で組み合い

金髪の女:背中をグーパンチ

赤毛の女:両手でパンティー食い込ませ


パンティーを食い込ませて、立ちあがらせる。

パンチを放ちながら壁に追いやるも、なかなか放そうとしない。



赤毛の女:パンティー食い込ませ攻撃と同時に、お尻鷲掴み。

お尻を掴んだ腕を掴み放そうとする、両者踏ん張った姿がとてもエロチック。



体を入れ替え


赤毛の女:股間鷲掴み(下半身H攻撃の連続だ〜!!!)

金髪の女:おっぱい掴み。



一瞬ブレイク。



パンチの入れ合い。

再び絡み合い、さきほどと同じように股間鷲掴みVSおっぱい掴み。

何とここまで約2分の出来事。

勿論、この後も延々とガチンコHファイトは続いていく。





DWWのような洗練された技が出るわけではない。

しかし、素人娘の本気でエッチなキャットファイトには、DWWとは何か別の「エロチック」を感じる事ができる。


股間鷲掴み同時責め合い・肩の位置までパンティーを食い込ませられるだけ食い込ます陰湿なH責めなど見所もいっぱいあり。



ロシアンカオス・・・

コレクターへの道を歩み始めようとしている女闘好男爵であった・・・。




レズ狂四郎監督

今日も、デイトレはお休み。

朝っぱらからHビデオを見ております。



日経、前場で爆上げしてますなぁ〜。

って、見とるんかい!

チェックだけね・・・。




しかし最近購入した作品ほとんど全てが(私にとって)大当たり。

北原夏美嬢が出演する「妖艶おんな愛戯」

乳首がとてもエッチだった(笑)

「ちゅぱれず4」

「ちゅぱれず5」

「よだれず」(これは、ちょっと前の作品)

よだれずなんかは、もう最高!

鼻舐め良し・相互オナニー良し・レズキス良し・女優良し・おっぱい良し・・・

特にレズバトル的な欲情レズキスと、鼻舐めがお気に入りのシーンだった。

いずれ、紹介したいと思う。

ちゅぱれず も よだれず も レズ狂四郎監督作品。(実は今日初めて知ったのだが・・・)

今後、要チェック監督としてストーカーしようかと思う(ワォ〜!)




さて、ロシアンカオスのレビューだが、明日載せます。

って、出発日当日じゃねぇか!!!!!



出発前に小仕事。

お楽しみに。

独り言

明後日から小旅行へ。

出発準備万全。



今日はデイトレはせず、バックアップ用DVDを黙々と焼いた。

最新パソコンと言えども、複数枚ともなると、さすがにかなりの時間を要する。

半日がかりで全て焼き切り、売却準備完了。



しかしまあ、ロシアンカオス(海外のガチンコキャットファイト)は凄かった。

グーパンチ・張り手・ヘアプル・・・。

激しい闘いの中で、パンティー食い込ませ責め・おっぱい股間鷲掴み・とH攻撃も炸裂。




パケがなく日本のそれと比べてお粗末な外見は、まさに海外ブランド。

しかし、その中身には大満足。


鑑賞後、黄金色に輝くゴールデンディスクが、更に輝いて見えた(いや、確かに)




ロシアンカオスは総数12枚購入したのだが、下半身の都合上、実はまだ3枚ほどしか見ていない。

残りは帰ってからゆっくりと見るとするか。



レビューもお楽しみに( ´_ゝ`)ノ

ちゅぱれずぁ^ε

ちゅぱれずぁ^ε曄

これは良かった!


3組のレズカップルが登場するのだが、特に気になった1組のレズシーンを簡単に紹介。

水着姿の2人が水着越しにローションを塗り合う。

意外?にも欲情的にヌリヌリ。

おっぱいを曝け出し、モミモミ。

ローションでテカッた美乳が美味しそう。

その美乳と乳首を背後から乱雑にしばいております。

股間へ手を伸ばすと更に喘ぎ声を増す。




向かい合い、おっぱいとおっぱいの擦り合い。

上下左右にグラインド。

「あん、あん、あん!」

テンションが上がっていく様(さま)に感動!

この後、二人のおっぱい自慰シーンもヤラシでヨロシ。




再び登場する二人。

今度はレズキスがメインだ。

このシーン、シルヴィア監督を意識して?か、欲情レズキス・首絞めレズキス・ベロンベロンキス・ノーズキスなど、かなりワイルドなレズキスシーンが堪能できる。

壁に追いやり

「苦しいの?もっとして欲しい?」

「気持ちいいっ・・・・」

頭を上下に動かし、下唇から鼻の穴までを一括舐め。

鼻の穴を重点的に舐めると、涎が一気に口からこぼれ落ちる。

耳舐め。



壁に押し込まれていた女性が、欲情余って強引に押し返しノーズキス返し。

「臭い!臭い!でももっとして!」

顔・体をクネラセ欲情レズキス。

ハイテンションレズキスでイキ果てる姿に、これまた感動!



興奮のあまり、そして期待を込めて「ちゅばれずァ徑縮麁れちゃいました・・・。




次回は、殴り蹴りあり〜のおっぱい鷲掴み〜のパンティー食い込ませ〜の超ハードなガチンコキャットファイト(ロシアンカオス)を12作品ほど直接海外メーカーから購入したのでそちらを紹介したい〜!!!!


ガンバレ、円高ニッポン!!!(最近はやや安だが・・・)



HARDCORE LESBIAN 37 真島みゆき 長澤りか 美瀬純 麒麟堂

HARDCORE LESBIAN 37 真島みゆき 長澤りか 美瀬純 麒麟堂




眼鏡を掛け黒のミニスカート姿、脚線美がとても美しい真島みゆき嬢。

長瀬りか嬢の長〜い舌をチェック。

その長い舌を見た途端、イヤラシイ表情へと豹変し興奮するみゆき嬢。

自らの舌の長さをアピール。

互いに舌を見せ合う。

絡めるわけでもなく、触れ合うわけでもなく・・・。

さり気なく眼鏡をはずし、両者カメラ目線でツーショットベロ出し。

性的行為もない、ましてや18禁でもない映像にエロティシズムを感じてしまう女闘好男爵。

ようやく触れ合う舌と舌。

まるで爬虫類の様に蠢く舌が絡み合う。

ジュポジュポと舌を吸い上げるようにバキュームベロフェラ。

りか嬢の口内へ唾を吐きかけるみゆき嬢。

ゲテモノレズビアンが大好物の私にとっては、ありがたやありがたや。

唾液交換・バキュームベロフェラが長らく続いた後は、りか嬢の痰切り痰吐き。

待ってました!!!(笑)




服を捲りあげおっぱい舐め。

舌先を素早く小刻みに動かし上手に乳首を舐めあげるみゆき嬢。

この行為、実はソファーに座っているりか嬢に対して行われているのだが、ソファーの横からお尻を突き出し四つん這いに近い体勢で舐めている姿が、まるで発情した犬の様に本能むき出しで興奮物。

頭を上下左右に激しく振り乱しペロペロ。

耳・首筋舐めの後は、脇の匂い嗅ぎ。

この辺もフェチ度が高い。

匂い嗅ぎの後も、当然脇舐めへ。

もしも脇毛があったなら、あの強烈脇舐めで、5,6本程処理ができたと思う(笑)←自分で笑うな!

脇への唾吐きかけ。

ボディ・おっぱい・顔面舐め。

マン舐め・フィンガー挿入。

中指と薬指でズボズボとやっております。




そして攻守交代。

りか嬢の舌捌きも絶妙。

自慢の長い舌を使って乳首を上手に愛撫。

脇舐め・立ちマン舐め。

みゆき嬢が自ら片脚を持ち上げ、立ちマン舐めさせる姿や、床に伏し股を大きく開きながらの指マン姿もエロチック。

さらにその体勢から股間唾吐き、そして指マン。

長澤りか嬢のエッチな攻め顔と、真島みゆき嬢のエッチなイキ顔で、女闘好男爵不覚にもミサイル発射!!!






この後3Pへと突入するわけだが、今回もシルヴィアワールドが炸裂するのであった・・・。





痰・唾・首絞め・ビンタ・ぶた鼻・放尿・発情ダンス・ふたなりレズ・・数々のド変態作品(褒め言葉です)を世に送り続けるシルヴィア監督独特の世界観。

これからも「ド変態一直線」で突き進んでほしい、、、と願う。




さて、4月は小旅行を予定しているためブログの更新はできないと思う。

って言うか、最近は週1回のペースなのでほとんど影響はないと思うが・・・。

それでは、また近いうちにお会いできれば・・・。
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ