キャットファイトとレズバトルだっ!

キャットファイトやレズバトル作品の情報等をお届けする、女闘好男爵のブログです。

2009年10月

Red Hot and Nasty

"Red Hot and Nasty" カリフォルニアワイルドキャッツ


またカリフォルニアワイルドキャッツかい!




カリフォルニアワイルドキャッツの中では一番好きな作品だ。

本妻対愛人。

しかも同じ様な体格の、ぽっちゃり系対決。

キャットファイトにしろレズバトルにしろ、似たもの同士の対決が一番萌える。

熟女同士・ロリ系同士・豊満同士・ボイン同士・などなど。






今日は箇条書き形式のレビューでどうぞ。



互いに服を脱ぎ捨てボディチェック。

おっぱいを揉んだり、乳首を摘んだりして互いに貶し合う。

軽めの接吻バトルの後は、自らスカートを色っぽく脱ぎ捨てる。

腰に手を掛け互いに自慢げに豊満なボディを見せ付け合う。

パンティを強引に剥ぎ合い、罵声を浴びせるが、髪を掴み強引にキスし黙らせる。

一方の女も片乳を掴んでベッドに押し倒し、乳首舐め・抓み。

ハイヒールを脱がせストッキングを歯で破き爪先舐め。

勿論相手もストッキングを破き返して爪先舐めと言うか、5本の足指全てを口に突っ込み爪先全体をフェラ。

舐めは私の方が上よと言わんばかりに激しいキスバトル。

乳首引っ張り・乳首舐め・貝合わせ。

爪先で乳首摘み・股間擦り。

マン舐めから接吻、乳首舐めから乳首噛み。

貝合わせをしながら乳首を引っ張り爪先舐めのコンビネーション。

この二人、結構合わせ技を使ってくるのでありがたい。

69の体勢になり股間舐め合い。

ペッペ、ペッペと唾を吐き捨てながら股間を舐めるお下劣なシーン。

下の女性はここでもきっちり乳首を極めています(笑)




その他にもお尻が真っ赤になるほどの強烈スパンキングバトルや、顔・ボディへの唾ぶっかけ合いなど見所が満載の作品。

意外にも爪先舐めや、爪先での攻撃(電気按摩など)が所々で炸裂するので、爪先フェチの方にもお奨めの一本かもしれない。

魔裟斗の引退試合

昨日のK-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL

魔裟斗の大晦日引退試合の対戦相手がほぼ内定した。

ジョルジオ・ペトロシアン。

58勝1敗。

イタリアの若き戦士だ。



攻防兼備のテクニシャンでしかもパンチがある。

準決勝のブアカオー・ポープラムックとの死闘で、ハンディを背負ってしまったとはいえ、2度の世界王者に輝いているアンディ・サワーを相手にも、まるで子ども扱い。


王者の魔裟斗でも、コイツにはちょっと歯が立たないのではないだろうか?




(新情報・・・・・ペトロシアン拳骨折の疑いがあるとの情報もあり、指名挑戦者変更の可能性もありうるとのこと。その方がえぇわ・・・・・)

爆乳キャットファイト FINAL 未だ届かず・・・・ウゥッ・・・・

爆乳キャットファイト FINAL

既にリリースされているのだが、私の手元にはまだ届いていない。

11月発売の作品(華麗なる美熟女レズの世界)と一緒に予約した為だ。

まあ、来週中には届くだろう。

楽しみにしてまってるゼ!




ここへきて、ながえスタイルのレズ作品のリリース間隔が短くなってきた。

「真性レズビアンのナマナマしいエロセックス」

星優乃嬢が出演とキタッ!




「変態レズたちの夏 ハレンチファック」

滝口シルヴィア監督作品。



価格はちょっと高いが、購入するだけの価値はあると思う。





シルヴィア監督に言えば良いのか、麒麟堂さんに言えば良いのか、もうそろそろフェティッシュレズビアン・ハードコアレズビアンの方もお願いネ。

オリオン座流星群見レズ

オリオン座流星群
 
昨夜午後10時からビール片手に待ち構えていたが、一つも見れず。

30分ほどでギブアップ。

1時間に30個程度見れるというが、本当なのだろうか?

悲し・・・・・。

"She's mine" V271 レビューではない・・・・・・

カリフォルニアワイルドキャッツ ”She's mine” V271



海外レズバトルのレビューも飽きてきたと思うので、ちょっとブレイク。

この作品は、女同士の”彼女”の奪い合い。

二人の女にレズバトルで決着をつけさせ、勝者とレズS○Xをしようと。



椅子に腰掛け間近で行われているレズバトルをネタに、激烈自慰行為をする一人の女の姿。

この三人が一つの画面に映し出される光景は、なにかいやらしさを感じる。





十年一昔というが、このシーンを見て

全裸でキャットファイトをする二人の女を横目で見ながら、二人の女がレズる
と言ったシーンを想い出した。

海外のキャットファイト作品だが、もう何年も前のことだ。



その作品はオムニバスで

一つ目が、デリヘル感覚で二人の女が男の部屋に赴き(街中を歩き部屋を探し出すという余計なシーンから始まる)、ベッドの上でキャットファイトをする。

最初は、台本に書かれているかのような手順で、技を繰り出し合うのだが、ある体勢で静止し互いのヒールを脱がし合い

「スリー ツー ワン ゼロ!」の掛け声と同時に、そこから激しいキャットファイトが始まるというもの。




そうそう、

その男もそれをネタにシコっていたという記憶が。

最後は女達にお金を支払うが、お金のことで言い争いながら部屋を出て行くシーンもあったと記憶しているが、定かではない。




"レズをネタにする女" は多かれど、"女同士の争いをネタにする女" という構図は結構珍しいものかも知れない。

爆乳キャットファイト FINAL のサンプル動画が凄い!

「爆乳キャットファイト FINAL」のサンプル動画を見た。

これは、凄そうだ!!

ファイターも超豪華だ。

気になるのはやはり「FINAL」の文字。



続編として

「爆乳キャットファイトRETURN」
「爆乳キャットファイトREBORN」
「爆乳キャットファイトFOREVER」
「帰ってきた爆乳キャットファイト」

も有りよ。

もう一人の奇跡の美乳 星島ちさ嬢

「ディープレズビアン エンドレスファック」星島ちさ 花野真衣 ながえスタイル

が11月にリリースされる。


パケ裏には

「職務中のタチとタチ、ハードレズバトル」

の文字が!



浜崎りお嬢に勝るとも劣らない「奇跡の美乳」も持ち主。

しかもロリータ系美フェイス。

そんな彼女を「タチ」役に起用とは、大胆発想なピンクフラミンゴ・ヒナコ監督。

果たしてタチ役を上手くこなしてくれるのか。

いや、ちさ嬢のおっぱいを拝めるだけで良しとしよう!

おっぱい星人の方は、この「奇跡の美乳」は必見だ!

ゴールデンボーイ

先週の土曜日 

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

ホルヘ・リナレス対ファンカルロス・サルガド

衝撃の1R1分13秒のKO負け。

元祖ゴールデンボーイことオスカーデラホーヤの経営会社オスカープロモーションと契約し、これからビッグマッチをこなしていこうかとするその矢先の出来事。

誰もがリナレスのKO勝ちを予想したであろう。

が、「まさか」の事態が起きてしまった。




サルガドの戦績はこれで、23戦22勝(16KO)1分け。

KO率の高い無敗の新チャンピオン。


その戦績が示すとおり、リナレスをも凌ぐ強いチャンピオンなのかもしれないが、その潜在能力は未知数だ。




リターンマッチの意向も示唆しているようだが、その力量を計り知れない今、ここはワンクッション置いたほうが得策であろう。



いずれにせよ、世界戦略が大幅に遅れることになるだろう。

Dangerous Double

”Dangerous Double”  カリフォルニアワイルドキャッツ V-190



"パッツパーララー トゥントゥーン・・・・・”



やらしそうなBGMが流れる中、一人の女が部屋の一室ソワソワしている。

ベッドに寝そべってタバコに火をつけふかしては、ベッドに腰掛たり、部屋を歩いたり、何か落ち着かない様子。

水玉のランジェリー姿で、細身だが胸の谷間から巨乳がコニャニャチワ。



「コンコン!」

ドアをノックする音。

そこへ現れた一人の女。

何と!!!

色も全く同じ水玉のランジェリー姿、しかもこの美女もタバコをふかしながら・・・・。



何やら言い争う二人。

一言吐いては、タバコの煙を相手に吹き付けている。

ピチピチの水玉ランジェリーを、下からのアングルで撮らえると、お尻のお肉がムチムチとはみ出している。




パンパンパン!

とランジェリー越しにおっぱいを軽くビンタすると、睨みながら片手でおっぱい掴み。

おっぱい掴み返しされると、今度は先ほどより強く両手でおっぱい掴み。

カウンターのカウンターで、おっぱいバトルが開始される。



「スー!、アッ!スー!イィー!スー!ウゥー!・・・・・・・・」

時間にして2,3分だろうか?

かなり長めのおっぱいバトルであったが、ついに一人の女がしゃがみ込む。

勝ち誇ったように、自ら巨乳を露にする。

もう一方の女のランジェリーも肌蹴させ片乳状態。

乳首と乳首を擦り合わせる。

自慢の巨乳を自らの手でゆさゆさと揺すり擦り付ける。

そして相手の乳首を引っ張る。


乳首引っ張りはカリフォルニアワイルドキャッツのお得意分野。

本当にビローンですわ。

強烈な乳首抓り。

体を密着させて巨乳合わせ。

乳首噛み。

乳首ファイトがしばらく続く。

乳首をビロンビロンに引っ張り合い、互いに仰け反るシーンは官能的だ。

乳首にすっぽんのように吸い付く女の髪を掴んでヘアプル。

ベッドに転げさせ、手のひらでおっぱいビンタ。

スパンキング合戦。

しかし標的は互いの巨乳にあるようで、何をやるにも最終的にはおっぱい攻撃へと絡んでいく。




この作品には貝合わせバトルも収録されているのだが、この二人体が柔らかいのか、アクロバティックな体勢での貝合わせシーンも拝むこともできる。


これから飲み会でごじゃる。

カリフォルニアワイルドキャッツ ”Dangerous Double” V190 のレビューをしようと思ったのだが、連れに誘われこれから飲み会へ。

来週必ずしま〜す。

乳首バトルです(笑)





日経平均は、約1週間ぶりに1万円台を回復。

3連休に入るので、とりあえず利益確定売り。

518円で買った野村の急騰と、銀行株の上昇が大きな利益につながった。

野村の2順目増資発表後の最安値は515円だったので、ドンピシャのタイミングで買ったことになる。



気がかりなのは円高。

一旦は戻してはいるのだが、来週は87円台もあり得るのか?

Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ