2016年05月21日

ル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン 20134

先日アイスモンスターのかき氷を食べました。
お客さんの多くが、かき氷が来ても食べずに先ずは画像を撮りまくっていました。
インスタ等のSNSにUPするのだろうけど、皆偉いですね。
早く食べたいところを我慢してSNSのネタ作りの為に一所懸命画像撮ったりして。
中にはかき氷を食べに来たのかネタ作りの為に来たのか分からない人もいそうで、までも楽しそうです。
そんなこんなで私も見習ってブログをUPする為にワインを飲みました。
というか毎晩なにかしら飲んでますがブログの更新を怠っていました。
ご無沙汰してしまい申し訳ございません。
そしてアイスモンスターさんのかき氷の感想は、まあまあですかね?
美味しいけど量が多すぎてお腹いっぱい、途中で飽きてしまい完食はつらかったです。(主観)
ハーフサイズがあればまたお邪魔させていただきたいです。(好き勝手言ってますスミマセン土下座)

IMG_0733IMG_0734

ル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン 2013
フランス ボルドー メドック AOCマルゴー
赤・フルボディ
葡萄:カベルネ・ソーヴィニヨン90%、メルロー10%

かつてシャトー・マルゴーの一部だったシャトー・デュルフォール・ヴィヴァン(グラン・クリュ第2級)のセカンドです。
2013ヴィンテージからラベルのデザインをリニューアル。何のセカンドか分かりやすくなりましたね。
カシスやベリー系の熟れた香りに杉、湿った山の土、樽のニュアンス。
口に含むとふわっと柔らかく滑らかで、ACマルゴーのワインかなと思わせてくれます。
芳醇な果実味に程よい樽風味とキメ細かいタンニン、バランスいいです。
だんだん旨味が出てきて味わい深く飲み応えも備えつつ、全体的に丸くて繊細な味わいのカリテ・プリなワイン。
今すぐでも美味しいですし、数年寝かせてもまた美味しそうな印象でした。

© 2005 LesCavesYOSHIOKA  
Posted by lescaves1 at 21:05フランス・ボルドー(赤・重) 

2016年03月19日

「ニコラ・フォール」少しだけ入荷しました。

IMG_0705

ニコラ・フォール
アニェス・パケの下で1年間、ローヌの雄ジャン・ルイ・シャーヴの下で1年間の修業後、
2010年にDRC社に入社し、以来約5年間にわたり栽培・醸造に携わりました。
並行して2011年、ヴォーヌ・ロマネに接するニュイ・サン・ジョルジュ北東端の
リウ・ディ「レ・ゼルビュ」の樹齢約50年の区画をフェルマージュによって賃借できる好機を得て、
同年より、自身によるワイン造りを開始しました。
栽培と醸造はDRC社の手法を随所に採り入れ、
また、「ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ゼルヴュ」の樽熟成には同社の1〜2回使用樽を使用しています(AOCは厳に非公開だそうです)。
「芳香、複雑味、長い余韻の3点を追求しています」(ニコラ・フォール)。
2014年には、極少面積ながら念願の自社畑(コトー・ブルギニヨンとACブルゴーニュ)を取得し、
正真正銘のドメーヌとなりました。
2015年3月、DRC社の共同経営者のひとりであるアンリ・フレデリック・ロック氏当人より熱烈なラブコールを受けて、
氏自身のドメーヌ「プリューレ・ロック」に異動することになり、以来、同ドメーヌの栽培および醸造を担当しています。
【所在村】 Meuilley
【ドメーヌ継承年】 2011年
【栽培】 極めて厳格なリュット・レゾネ栽培(化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない)。馬で耕作。
【醸造】 原則として除梗しない。天然酵母のみで発酵。無清澄、ノンフィルターでビン詰め 。
(輸入元資料引用)

ニコラ・フォール ブルゴーニュ・ルージュ オー・ザルジリエール 2014
2014年に購入した、プレモー村内の区画「レ・ザルジリエール」より。0.13ha。樹齢は約35年。
ステンレスタンクで発酵後、12ヶ月間樽熟成。2014年ヴィンテージの生産本数は707本。
生産本数707本のうち2本が弊店へ来てくれました。世界中探してもあと705本です。

ニコラ・フォール ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ゼルビュ ルージュ 2014
0.23ha。フェルマージュ。樹齢約50年のVV。
ステンレスタンクで発酵後、DRC社の1〜2回使用樽(AOCは非公開です)で12ヶ月間熟成。
生産本数は資料がありませんが栽培面積から察するにこちらもかなり希少ですね。

© 2005 LesCavesYOSHIOKA  
Posted by lescaves1 at 18:25その他の話