前進あるのみ

何事にも前向きで一生懸命をモットーに頑張るのみ! 自転車をこよなく愛する活発なOL

日々の変化


KIMG4195


日々変わらない木々のように見えるけれど、決して毎日同じというわけではない。確実に、日々変化を遂げている。

新緑の時期を迎え、いつもなら本当なら休みごとに今日はどこ行く?と打ち合わせし、あちこちの山々へ新緑の木々を見ながら美味しい空気を吸いに行っていたものだった。

家の木々も、今は新緑で色が鮮やか。晴れて空が快晴のときは、余計にその色が生えるのである。

色んな綺麗な花も咲き、畑に植えている野菜も季節ごとに見事な食べ頃に成長する。

1日1日を漠然と生きてるだけなら、何も変化を感じないかもしれないけれど、時は確実に進んでいる。

私も6月からは新しい道へと足を踏み入れる。早くから計画し、自分から介護の道へと進むことを決めていた。全ては計画通り。
何も迷うことも不安に思うこともなく、むしろやってやるぜ!という気持ちの方が強い。

ただ、1日1日を大切に確実に自分の物にしてやろう・・・・と思っている。
決して背伸びはしない。出来る範囲でやっていくつもり。
日々勉強。
楽しむことも忘れない。

はい、気楽にやっていくから大丈夫。😃💕(^з^)-☆


KIMG4187
KIMG4188



話は変わって・・・30年以上前から自転車に携わっていた旦那。私よりもはるか昔から・・・・
しかも数年前からスポーツ自転車が普及する前から既に乗っていた旦那は、勿論歴代トッププロ選手、海外で活躍する選手のことも知っていた。

今月号のサイクルスポーツ、サイスポには昔活躍していた選手や、最近の選手のことを取り上げている記事もある。

私がよく知っているのはランスアームストロングがツール7連覇をしたぐらいのところから。
その頃出場していたドイツの選手、ヤン・ウルリッヒを応援していた。
直近ではアルベルト・コンタドールだった。よく私はコンタちゃん💗と言ってテレビ中継を楽しんでいた。

旦那もコンタちゃん応援してたなー。\(^_^)/
フルームやトム・ボーネンも旦那は応援していた。

そして書籍に関しては、栗村さん発行のかなり本気のロードバイクトレーニングの本が欲しいとアピールしてきた。👀‼️


KIMG4185



私もこれは欲しいなーと思っている。
今でも売ってるのかな?一回探してみよう。

他にもこれ欲しいとアピールし、丸で印を付けた旦那。
売ってたら買ってあげたいね。

自転車アニメ映画、那須アンダルシアの夏というタイトルの書籍版もあるらしい。アニメ映画は面白かったから、この本もあるなら欲しいね。私も読みたいね。


IMG_20200527_004915_232


旦那は自転車雑誌を持って行くと、結構楽しいのか、喜んで見るんだよね。よく買ってたからなー。🚲📖📚
又見せてあげよう。(*^)(*^-^*)ゞ😃💕

固〰️い絆


IMG_20200524_003426_013


絆😃💕
私たちは本当にガチガチの硬い絆で結ばれているかもしれない。
世界一丈夫な鎖で繋がれた愛を持っている。

何があっても絶対離さないからね、私が守ってあげるからね😃💕と言うと、旦那は、本当に安心するようで、両手で私の手をしっかり握り返してくる。
そして、良かった😃💕と、本当に嬉しい表現をしてくれる。

私にはそれが嬉しくて仕方ない。

まだ全く何も反応がなく、私もどうしたらいいか分からなかった頃、とにかくスキンシップをとってあげたら嬉しいはず!と誰だったかに教えてもらった。

それ以来、私はとにかく自分はちゃんと近くにいるよ・・・・ここにいるからね・・・・とアピールすべく、とにかく手を握ったり優しく顔をなでてあげたりしてあげていた。

しっかり旦那の熱を感じることができた。それは旦那とて、一緒だったに違いない。
まだ全然気付かなくても誰か、もしくは私と分かっていてくれたかもしれないけれど、ここに誰かがいる・・・・安心出来る人がいてくれてる・・・・・という感覚を感じ取っててくれたに違いない。

少し反応が出て来た頃、私は、手を握り返して!と言ったとき、旦那はしっかり私の手を握り返してくれた。その時の嬉しかったこと!

あ、しっかり聞こえてる!と確信出来た瞬間だったね。

最初のころ、ナイーブな発言は決して本人の前では言わないように、これは回復期病院でいたときにアドバイスをもらった。まあ、私は常に前向き精神だったから、それは言わないでいた。絶対旦那は意識は戻る、戻らせてみせる!と、強い意志を持ってたからね。(^_^)v

今思うこと。
それは、結婚しても仲は良かったけれど、今の方がより一層硬い絆で結ばれてるような気がするね。

本当なら天国に行っててもおかしくなかった状況の土壇場で、見事旦那は生き長らえてくれたのも、まだ天国に行く場合じゃない!私ともう一度会うんだ!という強い旦那の意志が勝ったのではないか?私はそう思う。

せっかく残された人生、まだまだ何が起こるか分からないけれど、私はしっかり旦那を守っていき、一緒に楽しい人生を共にしようと思っている。

それが私の旦那に対する精一杯の愛情。又私にしか出来ないことなのだから・・・・・
旦那は、あれやこれやとしてくれる私に、いつも感謝の気持ちを伝えてくれ、僕はほんま幸せ者や・・・・・と言ってくれるけれど、いやいや、私だって幸せだよ😃💕と言う。

事故のせいでそりゃ確かに人生変わっちゃったけど、でも今、こうして一緒にいれるやん。同じ空気吸って生きてるやん。手の温もりをしっかり感じ取れることが、ほんま幸せなんやで・・・・・😃💕

生きててくれてありがとう✨😃💕と私は言いたい。😃💕💗(*^^*)

春という時期

KIMG4037
KIMG4034
KIMG4035



桜の時期が終わり、ツツジや藤の花が最盛期を迎えているこの時期、いつもなら土日に散歩で出歩くときに、旦那と一緒に花にまみれて記念撮影するのだけれど、今年はそれは叶わない。

面会は特別許されている(看護師に私には来て欲しいと頼まれて)けれど、外へのお散歩は許されていないからだ。
だからこんなに綺麗なのに、残念ながらこの景色を今年は見せてあげれないのだ。
たからせめて写真だけでも撮っておこう。

至るところにツツジが植えられ、綺麗に花を咲かせている。藤の花も綺麗に垂れ下がっている。
この時期だけしか見れないのに残念だね。😞💦


KIMG4057
KIMG4058


家の庭にも花が植えられ、そこここに綺麗な花を咲かせている。
おっと、奥にはさりげなくこちらを向く父親の姿が・・・・
散歩に行く前に庭から撮った花。


下の写真は庭の仙台にしている所。
左端には金木犀の木もあり、秋にはいい匂いが漂う。


KIMG4059


春に思うこと。
季節は間違いなく進むのと同様、私達人間も動いている。
木々や花が生きているのと同様、私達も生きている。
この生命を疎かにしてはならない。
生きている間にしか出来ないことが山ほどある。まだまだやり残していることも多い。だから、1日1日を大切にしていくべきなのだ。

せっかく与えられた命。それは、誰一人として無駄な命ではない。

私達は何を感じ、これから何を学んでいくか?何も考えずにただ1日をだだらだら過ごすだけで満足?それでいいの?
人はもっと学ぶべきものがあるのでは?
自分に出来ることをどんどん増やしていこう。人生後悔のないように・・・・

私は自分自身も大切にしながら、旦那に対する最善と思われることをしてあげたい。後悔する人生なんかまっぴらさ。

強くたくましく生きてやろうって思う!✴️(^з^)-☆

まだまだ課題はあるねー


KIMG4102


旦那事故当時、私が一番救われた情報満載の本を改めて旦那に見せてあげる。
これはね、全く反応がなかったときに入手した本で、意識障害からの脱出法を鮮明に書いてくれた、かっこちゃんって人の本なんだよ。この情報を元に色んな刺激を与え続けて、ちょっとずつ反応が出てきたんだよ。
だからかっこちゃんに感謝しないといけないね。
 
私は今でも時々、大変な事故の当時の状況から、今に至る経緯を説明する。手や足も固まりかけて危なかったこと、口腔ケアが大事と聞いて念入りに歯磨きしてあげ、足の裏に刺激を与えたらいいと聞いてはボールをコロコロしてあげたり、指先の刺激は脳の刺激に直結すると聞いてはひたすら与え続けてたことなど・・・・
それに加え、かっこちゃん出版の本を参考に色々してあげていたことを話し、この本を本人に見せてあげた。

全ての回復の原点はこの本がきっかけだった。それは今でもそう思っている。
旦那も興味津々、その後の感想は、ほんまこの本はいいなー😃💕とのこと。

状況を説明すると、そのときは理解できる旦那。
内容が自分にふさわしいと思ったのかな。




そして別件・・・・
実は今日から薬が一つ増えていた。👀‼️
通常の薬に加え、ツムラの漢方薬、抑肝散という薬。
内容をネットで見てみると、体力は中程度で、興奮しやすい、イライラしやすい、歯ぎしり、不眠症等の人に処方されるという。



KIMG4111


日頃よく見られるのが歯ぎしりだったけど、最近結構看護師を困らせる行動、つまり目を離せない状況が続いているとは聞いていた。

異常に興奮したり、トイレに行ってしばらくすると又トイレ・・・・と言うけれど、当然出ないため、30分も便器から離れなかったり、夜中柵を外してセンサーマットをうまくずらして座ってたり、看護師が寝ようと促しても抵抗し、大声を出したりしていたようで、私が来ると落ち着きを取り戻すんだとか・・・・

精神的な異常はちょっと目立ってきているようで、明らかに普通ではなさそう。
かと言って私がいるときに無理を言うようなことはない。むしろ、私の言うことはよく聞くんだよね。
私にはかなわないと思ってるのか、看護師をなめてるのかは分からない。

けど、最近リハビリも拒むことがあるらしく、それはあかんやろ!って感じ。
貴重なリハビリを拒んだらあかんと私は言う。必要以上に大声を出すことも度々あるらしい。やけに、子供っぽくなったり・・・・(典型的な高次脳機能の症状)

看護師もたまりかねて色々私に言ってきた。かなり看護師を困らせている模様。
だから少し気を沈めさせる薬が増えたんだろうと私は推測する。
これでしばらく様子を見るんだろうね。😞💦

聞くと、朝夕1日2回処方されるようだ。

最近夜中起きたとは聞いていなかったから落ち着いてると思ってた。👀‼️

身体的には麻痺もなく、食べれる・車椅子を動かせる・しゃべれるで、何でも出来るように見られがちだけれど、旦那は明らかに高次脳機能障がいがきつそう。
私は全てをサポート、理解して付き合う覚悟はあるけれど、病院は違うもんね。
指示されたことはしてくれる。けど所詮仕事としてやってくれるだけの話。
確かに今の病院は、患者一人一人に対応し、臨機応変に色々工夫してやってくれる。
だから旦那もそれなりに看護師の言うことも聞いて欲しい。

今の医療体制で、事故後3年経過しても僅かでもリハビリ介入してくれる所は、なかなかない。(私からするとまだまだ物足りないけど。)事故対策病院だからこその病院。その点は恵まれている。
あとは旦那自身の問題。

だから出来るだけ看護師にも迷惑はかけないようにしてほしいなー。😱💦

旦那には、言ってもなかなか理解するまでにはならないため、こっちがヒヤヒヤものだね。😁💧

人生山あり谷ありだから、当然旦那にも該当する。けど、私はどんなことがあっても旦那を守り続ける。旦那を本当に守れるのは私しかいないから。
はい✨やっぱり旦那が大好きだということなのさ。

何があっても私にとって、とってもかわいい大切な人というのは変わらない。😃💕(*^)(*^-^*)ゞ
いつも楽しいけれど、たまには悩みも言わせてね。(笑)😁☀️

けど私は落ち込んだり真剣に悩んだりはしないよ。こうなったらこうしてやろう!と、何があっても怯まず、立ち向かっていけるから、負けないからね。強いよ。(*^^*)


そして前進したことも・・・・・

KIMG4081



これ、何だか分かる?
分かる人もいるかな。
いわゆる胃ろうのペグというもの。
かつてまだ旦那が全く口から食べることが出来ず、直接胃に栄養剤を注入していた頃、このペグという場所から液体のようなものと水分を流し込んでいた。

生きていくための最低限の栄養補給。
これは胃に直接穴を開け、差し込んでいるものだった。

この胃ろうを利用している期間も長かったけれど、最近は口から食事を摂取出来ていることで、ペグを使用しなくて良くなったため、取り外すことに・・・・・
やっとこのペグも取り外せる段階にまでこぎつけた。😃💕



KIMG4112


直接食べれることで、今のところトラブルはない。たまにムセかけることはあるものの、誤嚥することもなく、順調にいっている。

胃ろうは抜いたものの、通常は1週間もすれば自然と穴は塞がるはずのため、今のところガーゼを貼ってもらっている。
時々胃酸が出てくるため。👀‼️
いわゆる小さい穴が開いてる状態。f(^^;

これで不要なものは一切合切取り外されたわけなのさ。
シャント手術の管だけは、一生取り外されることは、なさそう。
けどそれ以外、体内に埋め込まれているものはなくなった。

又一歩前進したわけ。😃💕

良かった良かった😃💕😁(^з^)-☆

あとは、大阪も早く緊急事態宣言が解除になり、外来受診で、高次脳機能障がいの診断を受けれるようになるのを待つばかり!\(^_^)/
色んな手続きがちょっと停滞してるからねー。(^-^;😞💦

不思議なナギの木



この木何の木気になる木🌴♪♬
こんな歌の宣伝あったよね。♥
実はナギの木🌴 そしてこの木は実に不思議な木なんだー。



FB_IMG_1589210670618

数年前、縁があって、旦那が事故に会う前、毎年行っていた梅林ツーリングで、泉南の方にある金熊寺(きんゆうじ)で、たまたま宮司さんと話する機会があり、ナギの木は葉っぱが特殊で、なかなか千切れない特性があり、縁結びとして有名な木だと聞かされ、そこここに生えてる小さな苗木を分けてもらった。

一緒に貰った他のサイクリスト仲間の苗木は悲しくもすぐに枯れたと聞かされていたけれど、私達夫婦が貰った苗木は順調に育ち、スクスク成長。
だいぶ大きくなってきたからそろそろ大きな植木鉢に移さなあかんなーと話してた矢先に旦那が大事故に……•̀.̫•́✧

するとそのすぐ後に、まるで旦那の命を表すかのごとく、みるみる葉っぱが枯れ始め、枝がポキポキ折れだした。(・_・;) ワー、もうこの木も終わりかなーと諦めていた。
正に旦那が、生死を彷徨い、私が露頭に投げ出されたような時期のときの出来事。

母親もこの木を心配しつつ、旦那のことも気にかけてくれていた。


そんな折のとき、旦那が少し希望の光が見え出し、必死の私の声掛けに少しずつ反応を見せてくれるようになったぐらいのとき、あの枯れかけていたナギの木は一筋の光を浴びたかのように、葉っぱに活気が戻ってきた。
そこからみるみる少しずつ新しい葉っぱが出始め、同時進行するかのように旦那も少しづつドンドン新しい反応が出始めた。

それ以降、ナギの木はドンドン成長を続け、今ではこんなにも伸びてきている不思議な木なのだ。



FB_IMG_1589210681268


一時期はもうあかんかなと諦め、捨てた方がいいのかというぐらいまでに衰退していた木。その前はそろそろ大きい植木鉢に移そうかと考えていたぐらいの木が、事故後から一旦衰退、その後見事に復活を遂げるって、絶対この木は旦那の生き様を尊重してくれてるんだなーと思うぐらい、本当に不思議な木。

今でも私は毎日病院に行く前にこの木は見ている。
玄関の横に置いて、大切にしている木なのだ。🌴

不思議な力を持っている木だと私は思っている。
粗末にしたらバチ当たりそう。(^_^;)

後にも先にも枯れかけたのは旦那の事故直後のみで、それ以降は枯れかけることもなく、元気に順調に育っているのだ。
これからも大切に育てていこう。♥🌴

心暖まるプレゼント


KIMG4050
KIMG4051



私達は二人だけで頑張ってるのではない。数々の試練は確かにいくつも乗り越えてきた。しかし、私は、私だけの力で旦那をここまでにしたわけではない。
影で支えてくれる力が私たちの勇気となり、希望となり、やる気を起こさせてもらっている。

私達は最初からSHIMANOの大ファン😃💕🚲
そして、何と嬉しいことに、私の手元に送られてきたメッセージ。
それは、去年全日本タイトルを勝ち取った入部選手の奥様からだった。
しかもまだFBでもインスタでも繋がっていなかったのに、いつも投稿を見て私の行動力に感銘を受けてもらい、応援してくれているとの嬉しいお言葉が・・・・
正に夢のようだった。

そして、いつかこのジャージに身をまとい、二人で一緒に自転車に乗って欲しいと、プレゼントしてくれたのだ😃💕

入部選手とは何かと縁があり、私達が走っていると偶然会ったり、何と温泉施設でも偶然お会い出来るという再会を果たしたりしていた。
奥様とは面識がなかったものの、入部選手から色々話を聞いていたというから、これまたびっくり!💗
そして何と私達を応援してくれているというから、これまたびっくりだった。
逆に私達が入部選手を応援する側なのに・・・・😁

もう私はテンション上がりまくりで、興奮冷めやらぬといった感じで、早速旦那に着てもらって記念撮影。やっぱり自転車のジャージがよく似合う。😃💕
勿論私も身にまとい、二人で記念撮影。


KIMG4062
KIMG4063
KIMG4065



入部さんはバリバリ現役の選手、今年からイタリアのプロチームに移籍し、世界で活躍するはずだったけれど、今はコロナで一旦日本に帰国、さぞモチベーション維持が大変だろうと思いきや、さすがそこはプロ選手。
毎日走りの研究をしながら効率のいいトレーニングで身体を鍛えている。

自転車の選手はチームの入れ替わり毎年のようにあり、今となっては残念ながらSHIMANOの選手は分からなくなっちゃったけど、地元のチームということもあり、いまでも応援している。そしてSHIMANOを離れていった選手も私は応援している。
かつて私は、選手から、SHIMANOファンのボスと呼ばれていたことがあるそうな・・・・😆👍❤️
知れ渡っていたようだ。

そして今回のこの素晴らしいプレゼントを決して無駄にしないようにしなければ!
より一層強く心に決めた!
もう一度このジャージを着て自転車に乗る旦那の姿を撮影する!
そこまで復活出来るよう、果てしなき挑戦を続ける!

旦那、ジャージと帽子を着用し、むっちゃ嬉しい😃💕ほんま嬉しい😃💕!と連呼していた。よっぽど嬉しかったのだろう。
そして私は、このジャージを宝の持ち腐れにしたらあかん。もう一度このジャージを着て自転車に乗れるまでにならなあかん。ジャージが泣くよ。

ジャージと帽子には嬉しい入部選手のサイン😃💕


KIMG4056


今、ジャージは病院のハンガーに掛けさせてもらい、いつも旦那は見ている。まるで近くに入部さんがいて、見守ってくれているような、そんな感覚😃💕
キャー💝嬉しい😃💕💗

旦那は普段から私の施すリハビリも頑張るけれど、これからより一層頑張ろうって気持ちになるんじゃないかな。\(^_^)/
世界に一つのジャージ。

私は入部選手及び奥様の気持ちが嬉しかった。事故時の酷い状況からの経過をずっと見守っていてくれ、応援してくれている気持ちが本当に嬉しかった。
本当に私は周りから助けを頂き、見守られている。

今日も、高校時代からのお友達から、元気か?と気にしてくれ、電話してきてくれた。昼間も自転車仲間から、メッセージや電話を頂いた。本当に私は皆から気に掛けてもらい、応援してもらえていることに、嬉しさが込み上げてくる。私は一人で戦ってるんじゃないんだよね。皆に支えてもらっている。

本当に感謝しかないし、本当に感動を覚えた。

これからも確実に一歩ずつ進んでいきます。
そして私が経験してきたことで、同じように苦しんでいる人たちに、勇気とやる気を起こしてもらえるよう、出来るだけ多くの人に伝授していきたいと思っている。いつか出版出来るように・・・・

入部選手、奥様、本当にありがとうございます。一生大切に、そしてこのジャージを飾るだけでなく、何年かかるか分かりませんが、着て走る姿を撮影出来るよう、目標を掲げてより一層頑張ります。



KIMG4066

        ⬆️

    二人で頑張るぞ!ポーズ(笑)



今はコロナで大変でしょうけれど、逆境に負けず、コツコツ頑張って下さい。私達もいつも思いますが、結果は必ず付いてくると信じてやまないです。
世界で力を発揮してくださいね。😃💕

Never Give Up😃💕😆👍❤️(*^^*)

ミトン

KIMG4040



これ、何だか分かる? 拘束するのは本当は良くないけれど、実際には長らく使用せざるを得なかったミトン。医療用の手袋みたいなもの。 気管切開の管を入れていた頃、無意識に手を喉に持って行ってた旦那。どうしても喉に管が入ってるとそりゃ違和感があったのだろう。 最近まで私が帰るときはミトンをはめて帰っていたけれど、無事喉も管から解放され、縫合手術も済んだため、もうミトンは卒業😃💕 晴れて解放、自由の身になったよー\(^_^)/と、アピール😃💕 実は少し前から卒業していたんだー。 うんうん、こうして少しずつ前進している旦那。 


KIMG4038
KIMG4039


本当に少しずつ進んでいる。 今お世話になってる病院では、出来るだけ拘束せず、プライバシーを尊重してくれる。 喉の縫合手術後もミトンをはめていなかったら、やけに手を喉に持っていき、危なかったため、私は看護師にずっとミトン付けて、夜中起き上がるのを防ぐために足も拘束してもらってもいい・・・・と言ったけど、それは可哀想だから、本人の為には良くないと、最低限の拘束にとどめてくれていた。 何度か起きようとして頭を打ったり転んだりした経緯があるため、不安は不安だけれど、センサーも付けてくれ、看護師も気を配ってくれているから助かる。 今でも少し喉に手は持っていくけれど、もうミトンは必要ないだろうとの見解。 良かったね。 けど、決して勝手に行動しないようにね。😃💕😁(((^_^;) https://www.instagram.com/p/B_nEHCtFpI9/?igshid=1dkf5xntw7nod

影で支えてくれる力


KIMG4024



やっぱり旦那には自転車のジャージがよく似合う。私達の大好きな自転車プロチーム、SHIMANOジャージに身をまとい、記念撮影。
しゃべり方にもどうしても障がいは残っている。

私達は元々根っからのスポーツ自転車好き。それがきっかけで旦那とも知り合い、結婚したわけなんだけど、旦那の大事故後も自転車関係の人とは繋がっており、旦那の回復を喜んでくれている暖かい人もいる。そして、事故後に知り合った多くの心暖まるメッセージと共に、付き合いが始まった人もいる。

まるで私達がどん底にはまった穴から、実に多くの人たちが手を必死に差しのべてくれてるような、そんな気持ちが私にしっかり伝わり、又その力を私が代表になって旦那に注いであげれたからこそ、ここまで旦那を死の縁から救い出せたんだと思っている。
要は、私だけの力では、旦那をここまで回復させてあげれなかったはずなのだ。


IMG_20200423_234054_198


後遺症がいは、嫌が上でも残るのは百も承知の上で、それでも生きて病院に運び込まれた時点から、旦那は既に奇跡を起こしてくれ、そこからの快進撃は本当に皆の力があったからこその結果に繋がっていることに、私は感謝してもしきれない。ほんの細い糸の存在で救命救急センターに運ばれたとき、虫の息を繋ぎ止めてくれた医者にも感謝だけれど、まだ全く反応がなかった時から装具を付け、歩かせてくれるリハビリを施してくれたリハビリ病院、そして療養病院を経て今の病院へと転院し、首の感染症手術やシャント手術、そして最近の気切後の縫合手術と、何回も手術を繰り返したものの、旦那の良くなりたいという強い意思もあり、ほんと少しずついい方向へと繋がっていく命の架け橋。まだまだ途中だけれど、お互い諦めない強い意志の表れだったのかもしれない。

そしてたくさんの人が私達を本当に応援してくれているのも、嬉しい限りなのだ。中には直接電話くれる友達もいる。これからの手続きでしっておいたらいいと、本を送って下さった方もいる。ショートメッセージや、メッセンジャーで連絡をくれる人もいる。
皆私達を見守ってくれている。

本当に何とお礼を伝えたらいいか・・・・

本当に有り難いと思います。旦那がここまでになれたのも、私一人だけの力ではない。皆の強い願いがちゃんと旦那に伝わったからこその結果だと思っている。😃💕

そしてまだまだこれからの結果も楽しみにしててね。

毎日とにかく明るく元気良く二人仲良く頑張っていきまーっすよー。



魚魚あわせで、鯉のカードを持ってる写真。


KIMG4027


これは、鯉を恋として、旦那は私に恋してる・・・・💗キャー😆(笑)😁

まあいついつまでも新婚気分でいきまっせー。
エイエイオー💪😆👍❤️(*^^*)




IMG_20200427_001146_951


そしていつも旦那はよく空腹感を訴える。
夕方私が行くと、決まっておなかすいた・・・・なんかないん?と聞いてくる。
病院から提供されるご飯だけじゃ当然旦那には足りないと、私も分かっている。明らかに少ないもんね。(-_-;)
旦那は本当によく食べる人というのは分かってるんだけどね。😁💧

あまりにも可哀想だから、私は少しゼリーやチョコ、ビスコ等をあげる。

そして旦那、お待ちかねの晩御飯🌃🍴
当然自分の分だけしか運ばれてこないのは分かってるんだけど、旦那は決まって、あれ?みわちゃんのは?と聞いてくる。
帰ってから食べるから心配せんでええよ。しっかり食べといてや・・・・

最近旦那は、自分の立場なら絶対お腹すくと思ってるため、自分だけ食べたら悪いわ・・・・とか、帰るまでに絶対お腹すくのに・・・・と、私の心配をしてくれる。😃💕
優しいなー、ありがとうね。けど、私も帰ったら絶対食べてるから大丈夫!ぬくことは絶対ないから・・・・と言うと、それでも悪いわ・・・・と、自分だけ食べるのを申し訳なさそうに言ってくれる。

何と優しい旦那だろう。\(^_^)/(^_^;)

そのくせ、食べて1時間も経たないうちに、おなかすいた・・と言う旦那。👀‼️
今日なんかでも、しっかり食べて歯磨きしてやれやれ・・・・と思ったら、早速晩御飯まだかな?と聞いてくるからビックリ!👀‼️

退院して家に帰れたらもっと思いっきり食べさせてやりたいね。勿論栄養や、カロリーのことは考えて・・・・
満足いく量を食べないとね。😃💕


\(^_^)/🍽️😃💕💗

24日、喉縫合手術後の抜糸

KIMG4004


KIMG4009



24日は喉縫合手術後の抜糸のため、岸和田市民病院に介護タクシーで行ってきた。
かつて桜が満開の時期で絶好のタイミングで見れた桜の木は、勿論今の時期、見事葉桜となっているけれど、24日も待ち合い室の同じ場所に旦那を連れて行き、窓の外を見せてあげ、ここ桜満開で綺麗だったの覚えてる?と聞いてみた。

旦那は、うん❗と言ってくれた。
今は葉桜だけど、綺麗ね(^.^)と言うと、うん!綺麗・・・・と喜んでくれた。
そして今回も何枚か記念撮影。


KIMG4006
KIMG4007


KIMG4005


基本、今回でもう岸和田市民病院に来ることは、トラブルがない限りなさそうだから、しっかり覚えててもらいたいものだ。

けど、昼間は覚えてたけれど、晩に私が帰るときに、今日は何しにどこに行った?と聞くと、もう覚えていなかった。😞💦(^-^;
ま、そんなことは日常茶飯事なわけで・・
だから、ホワイトボードに書いて記録しておき、写真撮影。


KIMG4015



かつて色々写真を撮ってるのも、定期的に旦那に見せてあげる。目で見て確認、認識させ、耳で聞いて認識させるよう、工夫している。別にそれは忘れても気にせず、むしろ忘れるものと私も思っている。
ただ、何かの拍子で思い出せる時もあるかと期待はしている。

事実、突発的に聞いたことは覚えていないことが多いものの、あの時こういうことがあって、こんな会話したんだよ・・・・とその時の様子を話すると、あ、そんなことあったなーと、断片的に思い出すこともある。

旦那は完全にバカにはなっていない。私はそう信じている。

だから、昔のことを思い出させたり、何かのきっかけがあると理解出来たりすることが少しずつ出てきてるような感じ。😃💕
何事も根気よくが大事。
それは旦那が私に教えてくれたような気がする。

久々のゲームをするときでも、これ、前にやったことあるの覚えてる?まだしゃべられへんかった時期にやったことあるんだよ・・・・とか、その時の状況を言って、記憶を引き出す手立てを考えながら確認する。
そうして、いつの時期のことをうっすら、あるいはしっかり覚えているか?あるいはすっかり抜けているかを、テストしてみたり・・・・(^-^;



KIMG4014

                              ⬆️

   お手玉を天井に付くよう投げる


お手玉やテニスをして遊んだことがあるのは、何となく覚えてそうだ。けどその記憶も、日によって違う。
時間によっても違うことは分かっている。
ま、それでいいんだけどね。

要は旦那と一緒に過ごす時間が私にとっても旦那にとっても大切な貴重な時間なのさ。😃💕💗(^з^)-☆

喉の縫合手術無事終了


IMG_20200414_234323_815


14日は前から予定していた喉の縫合手術の兼ね合いで、泉大津から岸和田市民病院へ、一旦転院手続き、そしてそのまま岸和田で入院の運びとなった。

介護タクシーに母親と乗ってもらい、私は自分の車で追いかける。
母親は面会禁止の状態のときに旦那と会えたのはラッキーだったかも・・・・😃💕
私ってなぜかいいように考える。(笑)😁


KIMG3956
KIMG3957


受付で書類を渡し、薬剤師に薬の確認をしてもらい、いざ病室へ。
担当看護師との話し合いや、手術時の段取りを入念に・・・・
以前の説明では、このコロナの影響で、手術の日は家族一人だけ立ち会いとの話だったけど、二人でもいいとのことだったため、手術当日も母親と一緒に行くこととなった。
これまたラッキー😃💕\(^_^)/
旦那もその方が嬉しいはず。(*^^*)


手術は12時からのため、朝から絶食。手術は約1時間半程で終わるときいていた。そこから3時間は食べれず、先に水分から採ってもらい、うまくいけば晩ご飯から再スタートとなるとのこと。

普段でもご飯食べた矢先にお腹すいた・・・・とよく言ってる旦那。
空腹に打ち勝てるか?😱💦😞💦
食べることが唯一の楽しみの旦那には酷過ぎる。(-_-;)

手術当日は私達は11時には病院に入らないといけなかった。
手術は前の人の関係で若干早くなったり遅くなったりする可能性はある。

すぐ又泉大津に戻る予定だけど、意識障がいかある旦那のため、ちょっと心配。😞💦
ま、全てはうまくいくでしょ。(^_^)v

そう考え、転院日は終わる。

手術当日・・・・・・(4/15)

ちょっと衝撃的な画像もあるけれど、喉の気切後の穴の縫合手術を施した旦那。
最初局部麻酔で施術予定だったものの、やたらと動いたらしく、結局全身麻酔で実行したそうな・・・・


KIMG3964


手術は無事予定通りうまくいき、ボーッとしながら部屋に戻ってきた。
接着剤らしきもので固めており、最初は傷口がモロに見えていた。



KIMG3963
KIMG3965



ただ、やたらと喉に手がいき、危ないため、後からガーゼを貼ってもらった。


3時間経ったあと、車椅子に早速載せてもらう。


IMG_20200415_224218_319


そして、手術の前日14日の夜中、やっぱり私達が家に戻ったあと、何度かベッドから起き上がろうとしたようで、センサーが鳴り、慌てて看護師が来てくれたようで、今日は私が付き添って欲しいとの看護師からの申し入れが・・・・
え?帰るつもりで来てるから何も用意してないけど、これは仕方ないと、家に電話し、親に晩御飯と必要な物を持って来てもらい、個室に移動し、私が旦那と泊まることに・・・・(^з^)-☆

これも岸和田の病院で、親も自転車で来れたからこそのことだったね。😱💦(^-^;


IMG_20200415_224218_349


事故後初めて旦那の元でソファーで寝ることになった。


麻酔が切れて痛い痛いと言う旦那。痛み止めをもらったけど、効果はちょっと間。😞💦
そりゃ切って縫ってるから、しばらく痛みは我慢しないとね。(-_-;)

朝昼ご飯抜きで、晩から又出てきた料理は嬉しそうだった。


KIMG3968


空調が今は冷房に切り替わっているらしく、何も付けなくても若干寒い。暖房は効かずで、一晩を過ごす。
ま、私は恐らく寝れないだろうけど、ちょっとは横になろうかな・・・と。😁💧

翌日には予定通り泉大津の病院に帰ることに🎵(^_^)v😃💕


手術当日の晩のこと・・・・

急遽私も付き添いで病院にお泊まりした朝を迎え、旦那は少々お眠モードだったかな。
岸和田の病院はちょっと寒く感じ、空調は既に冷房設備に変わってるそうで、暖房は使えず、結構冷えていた。
晩に母親から持ってきてもらった毛布、その上にジャンパーを被せて暖をとる。
夜中、旦那もガサガサ動くため、結局一睡も出来ず・・・・ 
おまけに術後の点滴の影響で、夜間の尿量は半端なかった。

23時半に500mlほど出たから朝までいけるかと思いきや、夜中1時半には700mlほど、そして夜中3時すぎ、旦那がムクッと起きて何やらゴソゴソしてると思い、聞くと、オシッコ止まれへんかった、ドボドボや・・・・と言うため、電気を付けると、洪水状態・‼️😱💦
シーツもパジャマも凄かったため慌ててナースコールを呼び、全部変えてもらうという事態に・・・・

どうやら点滴で尿の量が増えていたため、3時過ぎの時点で点滴はストップしてくれた。
確かに500mlを二回、少し小さめの点滴を投入中だった。

それ以外にも定期的に看護師が出入りして点滴の具合を見に来たりしていた。そういうのも重なり、寝入ることは出来ず、ま、そうなるやろうなーという予想はついてたけどね。😁💧

それでも今日の日中は別に眠くはならなかった。

そして朝は一旦家に帰り、母親を車に乗せて再び病院へ。
10時に介護タクシー予約を入れており、親に介護タクシーに乗ってもらい、私は自分の車で泉大津に向かった。

無事帰ってきたよ。😃💕

やはり旦那は嬉しそうだった。泉大津の病院の方が長いため、寝慣れてるのかもしれない。

そして今は原則全面面会禁止措置を取られてる関係で、本来なら母親とは会えないはずが、今日は特別会えたんだよ・・と言うと、ヤッター、ラッキー‼️という言葉が返ってきた。

これから又いつ再会出きるか分からないため、会えた機会に記念撮影。



KIMG3977

まあ、私とは時間限定で会えるから大丈夫なんだけど・・・・

とにかく無事終わって良かった。😃💕
ギャラリー
  • 日々の変化
  • 日々の変化
  • 日々の変化
  • 日々の変化
  • 日々の変化
  • 固〰️い絆
  • 春という時期
  • 春という時期
  • 春という時期