Moony Geekazoid

つれづれにプライベートや思考を書き流しています



カテゴリ: 愛犬の闘病記

耳から血が出た後、彼の出血は止まったように見えました。獣医さんで診て頂いたら、腫瘍が大きくなって耳をふさいでしまったようだとの事。それでもたまに少し滲む様に出ていました。でも以前のような大量の出血は無かったのです。

そして、先週の診察日。医院に向かう途中、耳から透明な液体が大量に出てきました。さっそく診て貰うと、耳の奥はその大きな腫瘍が邪魔して良く見えないものの、たぶん中で大きな水疱が弾けたのではないかとの事。でも、切って開けるわけにも行かず、とにかく様子を見る事に。

昨年の12月にCTスキャンを撮った時は、耳の奥は真っ白な影。鼻の奥も真白。骨の細胞が壊れているから悪性の腫瘍という事で、余命は3か月とも言われていました。難しい場所との事で手術を断念して以来、でも、もう7月。心配された気道もふさがらず、思いのほか元気で、嬉しい誤算だねと先生も喜んでくれていたのです。

でも、今日、Zippyが血尿を出して…。獣医さんに連れていったら、膀胱にも癌細胞があるそうです。顕微鏡では、明らかに変な形の大きな細胞の中で、細胞分裂している映像を見せて頂きました。そういう細胞が沢山。先週は嬉しい誤算だねと言われたばかりだったのに…。

死は確実に近づいて来ているんですね。でも、相変わらず「遊ぼう」っていつものように寄ってくる。彼にとって何が一番幸せなのだろう。彼の生は充実していたのだろうか…。苦しまないといいな…。色々考えてしまいます。

片耳だけ少し下げた様になったり、耳を気にしている様子が見えて変だなと思っていたら、腫瘍が破れて大量に出血した。尻尾のない犬種のコーギーだからか、嬉しいと振る筈の尻尾辺りがムズムズするのだろう。彼は嬉しいと身体を振る。ちょうど水がかかった時にブルブルっと水を飛ばすような感じに。

そうやりたいのだろうが耳が気になるのか途中でやめる。痛いのかも知れない。変だなと獣医さんへ行ったのが10日ほど前。待合室でお腹を掻いて〜と仰向けになった愛犬の耳から、赤黒い血がダァ〜っと流れ出た。タイミングが良いと言えばいいのだけれど、とにかく獣医さんには症状が明確に伝わった。

今までは、癌を告知されていたものの、とても元気で目に見える症状もあまり感じられなかったのだが、いよいよ命のカウントダウンをまざまざと見せつけられるようになってきた。動物は痛みに鈍感らしいのがせめてもの救いだ。

それからは、少しずつ出血する時もあれば、暫く出ないと破裂するらしく一気に出る。今日は一気に出たパターンだった。昼ごろから耳を気にしていた、そしてさっきまた出血。その後も耳を気にするので、獣医さんのところで貰って来たイヤークリーナーで耳を洗う。液体のクリーナーを耳に注入して、暫くしてから耳をブルブルっとさせる。

浴室の壁に斜めに線を描く血飛沫…。飼い主も血まみれ…。まるで事件現場のよう。今やっと落ち着いたのか本人(本犬)は眠っている。最近私は、パソコンの前に居る事に罪悪感を感じるようになった。あと少ししかない彼の命。なるべく彼の為に時間を割いて、良い思い出をいっぱい作ってあげたい。夏になったら、暑さで散歩は無理だろうな…。時間が本当に貴重だ。

愛犬のZippyの事を書こう…。そう言いながら、そんな気持の時は、日記を書くよりも犬を撫でてあげたくなります。なので、結局ブログが御無沙汰でした。
本日、知人にメールをしたためた時に、気持ちを文章にしました。その一部を記事として残しておきたいと思います。

実は私の母も愛犬と同じような感じで亡くなりました。パーキンソン病というのですが、頭がハッキリしているのに身体がどんどん動かなくなる病気です。でも、一時呼吸が止まってしまって蘇生してからは、脳細胞の一部が死んでしまい子供のようになりました。でも、その方がずっと幸せだったと思います。自発呼吸が難しくなって喉を切開したので、食事も取れず、言葉も喋れなくなりました。愛犬も、そのうち癌によって喉が閉塞してくるのだそうです。母と同じ状況なんです。獣医によると、犬でも喉に穴を開けて呼吸を確保したり、食事の為に胃に穴を開けたりすることもできるそうです。ですが、そこまでして苦しみを長引かせますか?と聞かれました。

母の最期は肺炎でした。入院も長期になり、延命治療をしないという事になったんです。最期は呼吸が出来なくなって逝ったんですよ。…今、よくよく考えると、それは母の死を待っていた事になるのかもしれません。
動物は、そういう苦しみを回避するために、安楽死が許されているのだそうです。母の死を目の前にしただけに、安楽死は優しい行為なんだろうなと実感しています。
看病する側は、少しでも生きていて欲しいと願うのは当然だと思いますが、死にゆく当人にとっての幸せや安らぎを考えると、今回の試練に立ち向かう勇気を少しだけ母から貰ったような気がしました。

突然来る不幸に比べれば、まだうちの子は後悔しないだけの時間を積み重ねていく事が出来る分、幸せなのかもしれません。今はとても元気で全くそんな風には見えないのですけれど、時々出血したり、息苦しそうだったりします。言葉が言えない分、動物は不憫です。

愛犬の命が輝くように、そして一緒に私の命も輝くように、暫し大切に時を過ごしたいと思います。

牛追い犬Zippy.jpg
今年の我が家の年賀状は、これです。
愛犬(癌闘病中)は、牛追い犬のコーギー。闘病中といってもとても元気なので、牛の被り物をかぶせて写真をパチリ。
何をしても嫌がらない子なので、サングラス(犬用)をかけたまま歩いたり…結構、役者なんです。(←親バカ;)

12月11日に愛犬の精密検査を行い、22日に医師と懇談しました。CTスキャンで見て、骨の組織まで壊れているという事を見ると悪性腫瘍であろうとの事です。でも、病理検査用の検体が採取しきれないほど深い所にあるので、腫瘍細胞は検出できませんでした。

切らないとはっきりは分からないが、場所は脳の近くで生命線にかかわる神経の集まる所。手術は数々のリスクが伴う上に、状況から見て腫瘍のすべては取り切れないと思うので、その後の放射線治療は必須との事。もし切らなければ、たぶん半年後くらいに呼吸器と食道が塞ってくるそうです。気道や栄養補給の為の手術もできるそうですが、そうやって苦しみを長引かせるより、命の尊厳を考えてあげて下さいとも言われました。

診断して下さった東京大学動物医療センターの先生に、先生ならどうしますか?と伺ったら、わんちゃんの身になって考えてあげて下さい…と言われました。淡い希望も捨てきれず、早急に手術をすれば、今はとても元気なのに、手術でそのまま…という事はあり、何もしなければ、その先に待つ安楽死という言葉に怯えて、馬鹿みたいに考えがまとまりません。でも、飼い主である以上、私が責任もって結論を出し、この子の命に最期までしっかり係わってあげたいと思っています。

医療センターの手術は年明け第三週から始まるそうです。やると決めれば年明けには答えを出さねばなりません。やらないのなら、連絡は不要だそうです。…厳しい。

Zippy
2007年の3月からブログが止まったまま放置状態でしたが、その間にmixiや自分のHP、メール等で書いた事をそのままこちらへ持って来ました。急にこのブログを書き続けたいと思ったので、この際空白の期間を埋めようと思ったのです。

…というのも、愛犬の病に直面しました。でも、自分のサイトやmixiに書くのは気が引けたのです。書けば、コメントを頂いたりしますが、私自身がそれにお返事として返せる言葉がない、言える言葉もない状況なのです。「頑張ります」とも言えないし、「大丈夫です」とも言えない…。

だから、ここでこっそり闘病記を書き綴ろうかと思います。ここは休止中のサイトからしかリンクしていないし、私を知っている方は殆ど来ないと思われます。あまり日常を楽しんでいる皆様に下手にご心配をかけたくないんです。

書きたいと思った目的は、誰かにお返事を貰ったり心配して貰いたいからじゃなくて、書くことによって自分の心を整理し、愛犬との生活の記録を残したいと思ったからです。

このページのトップヘ