2017年08月

どんどん明かされて行く全貌

なんていう大げさなタイトルで済みません。
 でも、まさにそんな感じですね。

 

★参考になるブログ★

http://yaplog.jp/drum_oftherain/archive/1

↑ 検索で2ページ目の1つ目にでてたと思ったら急に、一時間後に圏外に飛ばされてたり、SEO業者を使って

検索エンジンの上位に上がって来ない様に、妨害されてるブログらしいです。

つまり、逆に音楽家にとって大事な隠したい内容のサイトの可能性が高いので拡散してください。



   


  Maybe to be continued

知恵袋より(告白Part2)

★参考になるブログ★

http://yaplog.jp/drum_oftherain/archive/1

↑ 検索で2ページ目の1つ目にでてたと思ったら急に、一時間後に圏外に飛ばされてたり、SEO業者を使って

検索エンジンの上位に上がって来ない様に、妨害されてるブログらしいです。

つまり、逆に音楽家にとって大事な隠したい内容のサイトの可能性が高いので拡散してください。


********本題です*****************


  ヤフー知恵袋の中の、ある方の書き込み。
削除されてるかと思ったら残ってました。

 ヤフー様 公益の為に、転載お許しください。

:::::::::::::::::::

まずこの2つの投稿 同じ人物が投稿してます。
 自称、防音の専門家と言いつつ 、完全なる、珍しいまでの素人。


 「アビテックス」をメーカーと思ってる様な子供の様な知識。
防音も楽器もピアノもヤマハさんのことも
な〜んにも知らない人物です。

しかも「アビテックスは防音が甘い」ってw
「音も良く無い」って、アビテックスを使う意味を知らないんでしょうね。


初心者中の初心者ですね。
 防音の事を全く知らないのが丸わかりです。

アビテックスやセフィーネが何の為に存在するのかえ知らずに
貶しまくってる。

こんな音楽や楽器や防音を全く知らない人間が、
アビテックスの客層をアコースティック社に誘導しようとしてますね。



一切、音楽と縁が無いタイプの人間ですね。


2014年時点でもそんなに音楽について無知な人間‥‥‥‥‥‥‥‥
わたしはピンっ!と来ました。(今は書きませんが)

人生で最も嫌な思い出がフラッシュバックしました。



 別人でしょうが、

わたしにデタラメな防音室を作って逃げた人間も

こんな、音楽や音響の知識がまるで無い人間で、そのくせ
知ったかぶりをし、上から目線で自分勝手でした。


とにかく、何もかも自分の思い通りにさせてしまう。

客にさえ、その態度を貫き、何もかも自分の意志通りに従わせる。



とにかく 自分の思い通りに何でもなると信じてる。

(私の主観だけではありません)


あり得ないとは思いますが、もしこの知恵袋に書き込んでる様な人間が

防音会社の経営者だったら、

それはそれは 酷い施工ばかりが繰り返されるのは

想像に難くありません。


:::::::::::::::::
私の担当だった男は、


建築の知識だけは少しはある様で、防音室の話しから

(わたしの物件とは関係のない一般論の)

建築関係の話しにもって行きたがり、

さも知識があるようにひけらかす様なトークをする場面がありました。

(そんな話しどうでもいいから、目の前の
 わたしの

防音施工する物件に意識を集中しないで大丈夫なのかな?と思いました)

そしたら、予感的中で、デタラメな施工。

建築の知識だけは少しはあるが、音響や防音については

まったくダメな人間だったのです!そう言う人間が


広告をたくさん打ってる防音会社の社長でした。

 一方、


 この知恵袋に書きこみしている様な男が

万が一、防音会社を経営したい「商売にしたい!」と考え

 一切音楽、音響の知識も無いまま広告を打ちまくって

客を取っていたら、音楽家たちが私と同じ様な目に会うはずです。



おそろしいことです!音楽家にとっては。

私と同じ様な苦い経験をするはずです。

::::::::::::::::::::

 知恵袋に戻ります。


 そして 防音会社に関しては、

 日東紡音響エンジニアリングという、テレビ局や、
メジャーなレコード会社の多くの超一流スタジオなどを、
長年にわたって造り続けて来た、日本一の実績と伝統がある
誰もが認める最高の防音、音響設計会社と


 アコースティックエンジニアリングという、まさに対極にある、

 
 防音性能をごまかすインチキ業者を
 並列に並べて推薦してる。あり得ない不気味さ。


 誰が考えても、この知恵袋を書いてる人間が、
日本一の大手防音会社
 日東紡さんの社員ではない事は解ります。確信出来ます。



だとすると、書いてるのは一体何者??


不思議なのは
  アコースティックエンジニアリングを勧めてるくせに

>腐った会社の防音では、数値表記がいい加減であり、国内基準となる値で記されていない。

と JIS規格の防音性能を使わない上に、性能をごまかす
日本で唯一の会社=アコースティックエンジニアリングを=自分の推薦してる会社を

 「腐った会社」と書いてることです。

いったい?どういうこと?  自嘲? 自虐? 自覚してる?

 **が分裂気味?記憶がとんでる? 海馬の損傷?

  腐った業者と知りつつ「お勧め業者」

と書いてる?

 悪い事をしてると自覚してる業者の販促をしてるのですね?


いえいえ、自覚という言葉は不適切ですね。

自分の会社を勧めてると確証がある訳でもないのですから。


 しかし、専門家と書いてますが

あまりにもデタラメな知識ばかりであきれますね。素人です。

防音以前に、楽器メーカーとか音響についての完全な門外漢。

 単なる**士?
 
わたしにデタラメな防音室を作って逃げた人間も

まさにこんなタイプでした。ソックリなくらい。偶然でしょうか。




 高性能な防音ドアより 安価な家庭用ドアを勧めてますね?

 原価下げて儲けたいんでしょうか

 施工費用も、半額であるかのように示唆して

 客を誘導しています。


 
いえいえまだまだ 早合点は禁物。

 業者本人とは限りません。



でもなぜ? 音楽を全く知らない様な
音楽業界と全く接点の無い人間が、

なぜ 防音性能をごまかすような防音会社を

  「腐った会社」と呼びながらも推薦するのか?



 金属製防音ドアは高額ですが、当然性能も高いのです。

(防音効果は単純にその素材の重さに比例して上がるからです)

だからレコーディングスタジオはみんな使うのです。

しかも「作って終わり」と言えば
 まさにアコースティックエンジニアリング
の十八番ですよ。

アフターケア一切無しの防音会社もどき。

なぜ あの会社の手の内晒すよ様な事をしてるのか?一体誰なの?


 やっぱり?!?!?!?!?!?!?!


以下、じっくり検討してください。

投稿者名は このブログの「告白?」という記事で
確かめられます。

もろ転載を避けたいのでお手数ですが。
 
::::::::::::::::::

2014/4/2109:55:19

専門家です。
防音室には、二つの種類の音を防音する必要があります。
声のような普通の音とコンクリート打つような振動音です。
『まとも』な防音室なら契約書に等級が記してあるはずです。
納得いかないのであれば、再度部屋を測定し、メーカー指定数値を満たしていなければ補修も可能かと思います。
腐った会社の防音では、数値表記がいい加減であり、国内基準となる値で記されていない。

私が思うにアビテックスはボッタクリメーカーです。
音もよくないし高いし、防音が甘い。

:::::::::::::::::::

2012/4/622:41:48

防音、断熱などはキチンと伝えればどこでも希望を叶えられると思います。
↑これは間違いです。

それぞれ、軸となっている工法や得意分野があるはずです。
失敗したくないのであれば、輸入住宅専門で扱っているところに任せたほうがいいです。

私は防音設計に関してはある程度知識がありますが、ためしに私の知り合いの輸入住宅に防音室の見積もりとってもらったところ、工法、材料のチョイス、設計。すべてにおいてダメダメです。
知らない業者に頼んでおこる被害は、
1. 防音はできているがやたらと金がかかっている。(プロで300万、アマ工務店600万など)
2. 知識がないため、やたらと壁厚でつくってあり、室内空間が狭くなる。
3. 防音はできているが、中の音がまわってリビングよりひどい音響。(ブーミング、フラッターエコーなど)
4. 性能は低いのに、高い材料をチョイスする。(防音ドアなど)
5. 金掛けたのに防音もいい加減。(知ったかぶり業者による最悪のパターン)
6. 確かに話し声は聞こえないが、低音、振動音が全然防音できていない。(きちっと施工していない。民間業者はうまくごまかすことがある)

あなた様に知識がないのなら、スペースだけ確保させ家を作りのちに防音会社に頼んで防音室を作ってもらうか、
部屋の広さと何の部屋に使うかを言えば、防音会社は、どれだけのスペースがあればできるか設計してくれると思うので
それにしたがってスペース確保し家を建てればいいと思います。
会社としては、『日東紡音響』 『アコースティックエンジニアリング』このあたりに頼むと失敗ないでしょう。
どちらも東京の業者ですが、支店もあります。出張料はかかってしまいますが頼んだほうがいいでしょう。
日本のプロスタジオ音響業界は、日東紡音響が引っ張っているので、この会社に頼めば要望に応えてくれます。

地域の防音屋は、作って終わりなのでやめたほうがいいです。

:::::::::::::::::::



imr_4227  kudoyusaku0926 


hibria6   

この三人は アコースティック社へ勧誘する書き込みを続ける人たちです。
ギャラリー