February 23, 2005

大阪新球団 続報。

今月はじめに出た「大阪市民球団構想」の続報です。
まずは、3月のはじめに協賛企業に対する説明会があるそうで、各企業はそれぞれ1選手ずつサポート。小さい会社も数社で1選手をサポートする形になるので、参加は可能だそうです(。・_・。)ノ
また、京阪神地域で市民にアンケートをとるそうで、そのアンケートが軌道に乗れば、いよいよ申請…!だそうです♪

京阪神といっても、どこでアンケートをやるのかはわかりませんが、ぜひ私も賛同の意志を表明したいなぁ〜と思います(#^.^#)

地元企業と市民が一体になってつくる新球団。このような形態を持つ球団を見てみたかったし、しかも地元大阪とあって、私自身も微力ながら力になれるかもしれない。ぜひ参入してほしいと思います…いや、みんなの力でぜひとも参入を成功させましょう☆これからがますます楽しみです(*^_^*)
  
Posted by lets_go_bolick7 at 12:31Comments(1)TrackBack(0)

February 19, 2005

松山にも・・・♪

松山にも新球団設立の動きが出てきました!
四国はもともと野球熱が高く、松山には昨年近鉄vsロッテの試合が行われた「坊ちゃんスタジアム」というりっぱな球場があります☆
また、今年から「四国独立リーグ」がスタート。(四県で球場を確保するのが大変でしたが、地元の協力もあって無事160試合分が確保できたようです。)
ますます四国でも野球が盛り上がってきそうです!!

3月に申請するとみられる大阪市民球団とともに、動向が注目されます。
大阪と松山で同時加盟できれば理想的なんですが・・・♪
これからが楽しみです!  
Posted by lets_go_bolick7 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)

February 03, 2005

大阪新球団構想!!

こちらもうれしいお知らせです^^

近畿産業信用組合が、06年シーズンの新規参入を目指すそうで、約30社が協賛するそうです。

この新球団の形態は今までの球団とはちょっと違って、1企業が1選手を雇用、さらに大阪・京都を中心とした市民100万人にも出資を要請する考えだそうです。…そうなんです。複数企業と市民の共同出資の形をとる、市民球団構想です☆で、本拠地は大阪ドームで、京都府も準保護地域にする考えだとか。
監督・GMは前近鉄監督の梨田氏に要請するそうです〜。

いいですねぇ〜。京都は西京極球場という立派な球場がありながら、今まで球団なかったですからね〜^^;(しかも最近阪神戦減ってるし 汗)
私は大賛成です(*^_^*)
経営の面からも、共同出資ならつぶれる心配が大幅に減ります。近鉄みたいに財政難に陥る危険性が少ないです。

そこで、ぜひ参入してほしいので、きちんとハードルをクリアするための課題を考えていきましょう♪
次にあげているのは、これまで新聞等で指摘されている主な点です。

・本拠地の問題
大阪ドームの予定なんですよね〜。大阪ドームといえばオリックスが使う予定で確か3年契約結んでいたのでは…(汗)
もちろんオリックス側と話し合って話をまとめることは重要課題ですが、しかし、オリックスはこれから3年間、年間ホーム試合の半分しか使わないのは事実です。
…ので、ここで提案としては、今考えられるのは、新球団34試合、オリックス34試合を大阪ドームで使うか、以前日ハムと巨人が東京ドームでやったようなダブルヘッダー方式をとるかですね〜。

・責任の所在
確かに共同出資では、誰が責任者?どんな団体?ということになりかねません。そこで、考えられるのは近畿産業信用組合が総本部の役割を担い、青木会長がオーナーの役目を果たす。もしくは、共同出資で「球団会社」を設立し、その球団会社のオーナーを責任者とする、というのはいかがでしょうか?
他球団と違って、企業の子会社および一部門ではなく、親会社から独立した「球団会社」の設立は画期的でいいと思いますが…♪

・お金はどこに使ったか?
出資企業、市民から集めた出資金は、何にどれだけ使ったかの透明性が必要です。共同出資である以上、一企業の財政でなんとかなる問題ではありませんので…。
この企業がこの選手と契約したということを明らかにし、市民からの出資金の使い道はきっちり財政公開してください。

・球団数
この新球団が参入すれば、奇数になってしまうのではという心配も出てきますが、実際手をあげていなくても、構想のある地域はたくさんありますので、この参入を機に一気に手をあげる可能性はあります。
ので、あまり心配することはないでしょう。

以上がクリアできれば、参入は十分可能だと思います♪

これからは、新しい形の球団が誕生する時代になってくるのではないのでしょうか。応援しています♪  
Posted by lets_go_bolick7 at 11:37Comments(0)TrackBack(0)

January 09, 2005

井川〜(>_<)


セ・リーグネタですみませんが・・・(;^_^A アセアセ・・・
井川と球団側の交渉が平行線をたどっています^^;
このままいくとチームの士気にもかかわるのでなんとかキャンプまでには決着をつけてほしいな、と思います。

確かに行きたいところでやらせてあげたい、っていうのはあるんです。
でも、岩隈くんとは全然立場が違うし、球団があれだけ強くポスティングはNOって言ってるのにここまで粘らなくても…と思います。
(ただ、阪神球団ももう少し寛容になってほしいな、と^^;容認してくれそうなロッテの清水直との違いは・・・?)

この記事の最後にある矢野選手のコメントは激しく同意です。
祝福されてメジャーに行くのが一番かな、と思います。

  
Posted by lets_go_bolick7 at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

January 07, 2005

昨日の記事「羽ばたくイヌワシ」の追記

昨日は記事の掲載のみでしたが。。。
私が一番感じたことは、この記事に出てきた吉岡さんをはじめ、ロッテが去った後長い間仙台に球団が生まれるのを待ち望んでいて、ようやくそれが叶って本当によかったな、ということです。
どうしても大阪の人間なので、関西の南海・近鉄がなくなったことしか頭になくて、どうして大阪だけ…って思っていたけど、実際はそうじゃなかった、九州(旧西鉄本拠地)や川崎(旧大洋・ロッテ本拠地)の人たちもそういう悲しい思いをしてきたんだ、というのにも改めて気づきました。

でも、福岡にも仙台にも球団が帰ってきた。だから、大阪にもいつか…と信じていたいです♪

また、オリオンズが仙台を離れてしまった要因として、確かにロッテが球団として地域密着意識が薄く、仙台に根付けなかった分もあったと思います。また、記事の中で「お客さんが集まらなくてロッテの選手もなかなかモチベーションが上がらなかったのでは」という箇所があったように、まだきっとそこまで野球が盛んじゃなかったというのもあって、地域住民のサポートも不十分だったのではないかな、と思います。
つまり、双方の地域密着意識が不足していたと考えられるのです。
だからこそ、仙台市民も今度こそは同じ過ちを繰り返さず、イーグルスがずっと仙台に根付くように応援していってほしいな、と思います。

また、イーグルス側も魅力ある球団として市民に愛されるようなチームになっていってほしいと思います。…ねっ、三木谷さん^^  
Posted by lets_go_bolick7 at 01:39Comments(0)TrackBack(0)

小宮山 愛のムチ?

昨年に引き続き、小宮山がジョニーに…(笑)

う〜ん…ジョニーは自ら減額を申し出たわけだし、そこまで甘えてるとは思わないんですが、皆さんどう思われますか?
とはいえ、チームの顔にこうしてズバッと言えるのは大先輩の小宮山投手ならでは、ですよね^^;
おそらく「愛のムチ」なのではないか、と(笑)

この小宮山のゲキをバネに、今シーズンはもう一回り大きくなったジョニーが見たいものです♪  
Posted by lets_go_bolick7 at 01:37Comments(0)TrackBack(0)

January 06, 2005

三木谷さん、頼みます。

すみません、今日は長い文章なので、記事だけ先に掲載させていただきます。
朝日新聞の1月3日の記事です。

発行日:2005-01-03
朝夕刊:朝刊
面名 :2スポ
見出し:羽ばたくイヌワシ:2 活気づくファン(新娯楽工房)

楽天のGMキーナートは、仙台で乗ったタクシーの運転手の言葉が耳から離れない。「ロッテは逃げた。みんな今でも残念がっている」
   ■
 73年、ロッテが仙台にやってきた。初めての試合は5月22日、宮城球場は立ち見客であふれた。観客数は3万3千と発表された。
 バックネット裏には、急ごしらえの実況席。東北放送アナウンサー、吉岡徹也は切り出した。「みちのくの球場に今日、待望のナイターの灯がともりました」
 74年、ロッテはパ・リーグを制した。しかし収容数が少ない宮城球場で、日本シリーズはなかった。ロッテは後楽園で戦い、日本一パレードは東京・銀座だった。
 「なぜ仙台のファンと、喜びを分かち合わないのか」
 74年に1試合平均1万3400人だった観客が75年は9300人、76年は9800人と低迷した。観客を動員できないロッテは仙台を去る。球団とファンが、たもとを分かった。
   ■
 04年秋。69歳の吉岡は新球団に胸躍らせた。
 「新しい恋人」
 東北のプロ野球を応援する市民の会・宮城で副代表になった。7人で始まった会は、年をまたいで100人を超えた。吉岡は最年長。「何歳になっても夢中になれることがあるのが一番さ」
 東北大2年、大渕貴昭は「最初の1、2年は負け続けてもいい。ファンとの接点の方が大切だ」。喜怒哀楽をともにしてこそ、自分たちの球団なんだと主張する。
 宮城県議の坂下康子は「これで仙台の町が活気づく。東北の真のリーダーになれる」。球団が来るのとともに県民、市民は自信を持つことができる。「人々のプライドと言っては、おおげさですけど」
   ■
 楽天は、地域とともに歩むことを誓う。球場も最終的に2万8千席を持つ。吉岡は「30年前は、観客が減ってロッテの選手もやる気をなくしただろう。今度は我々も覚悟を決めて、負けつづけても球場へ足を運ぶ」。
 12月27日。球団事務所を訪れた吉岡は、三木谷オーナー、田尾監督あてに色紙を渡した。
 東北に 犬鷲(イヌワシ)飛び立つ 酉の年
 新球団へ託す夢は、「新しい恋人」を今度こそ長く支え続けようとするファンの決意でもある。(敬称略)

 <仙台とロッテ> 観客数が伸び悩んだために東京・南千住にあった東京スタジアムに利用を拒否され、73年、宮城球場を準本拠とした。74年には本拠となり、村田、有藤らを中心に、中日を下して日本一に輝いた。
77年のシーズン後、セ・リーグの大洋が川崎球場から横浜スタジアムへ移転したのに合わせ、川崎に本拠を移した。  

January 05, 2005

前を見つめて・・・

今更ながらよさこいリーグの記事ですが、某掲示板でこんな記事を見つけたので紹介します。

今回の球界再編問題は、主に一軍の主力選手が取り上げられていたけれども、実は一番この合併で影響を受けるのは、ファームで頑張っている二軍の選手だったんですよね。

今回は「2年目までの選手は来季契約を保障する」とのことで、若手選手の解雇というのがなかったのは良かったですが、本当に不安な日々を過ごされたことと思います。
それでも、この記事にあったように、球団が消滅してしまう大阪近鉄の若手選手は必死で練習を積んでいました。
「どこでプレーしようと、自分たちはプロの選手だから、プレーのときは野球のことしか考えない」
「プロ野球の選手は、いいプレーを見せること」という、球団消滅・合併に負けない、強く前向きな姿勢に感動しました。

旧ブルーウェーブの選手も同じだと思いますが、自分たちが慣れ親しんだチームはもうないけれど、新しい環境で、新しい歴史の1ページを作っていってほしいと思います。

今年も、前向いて頑張ろう!!
そんな気持ちにさせてくれました♪
卵が大きく育つ日を楽しみにしています☆  
Posted by lets_go_bolick7 at 02:23Comments(0)TrackBack(0)球界再編問題

January 04, 2005

遅くなりましたが・・・

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

タイトルも「Fantasia☆Pacific」と改め、主にパ・リーグの話題を中心として書き込みたいと思っていますので、よろしくお願いします。

実は「まりあのマリサポ日記」っていうのはまだ存在しているんですが、そっちはマリーンズ中心でいきたいと思いますのでよろしくです^^;

就活だのテストだのでどれだけ更新できるか謎ですが、温かく見守っていただけるとうれしいです(>▽<;; アセアセ

ではでは、今年も応援がんばりましょう♪

なお、リンクにつきましては一応リニューアルにつき、新「まりあのマリサポ日記」と同様再度新規で募集させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。  
Posted by lets_go_bolick7 at 02:44Comments(5)TrackBack(1)

December 31, 2004

来年もよろしくお願いします<(_ _)>

今年は遠征もすることができ、昨年以上に活動領域が広がり、私の所属している応援サークルの内外を問わず、多くの方々と触れ合うことができ、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

さらに今年は球界再編という大きな出来事があり、12球団、2リーグ、そしてプロ野球そのものの存在意義を問われた1年だったように思います。
応援しているチームを超えて一つになった経験はかけがえのないものでした。

残念ながら合併撤回という大きな目標の達成はなりませんでしたが、東北に生まれた新たなチームの発展を祈ると同時に、関西を野球によって、再び活気付けることができるよう、そして球界全体が良い方向に進み、ファン・選手・経営者が納得のいく形になるように、ファンの一人として、微力ながらできる限り協力していけたら、と思っています。

来年は、野球界にとって素晴らしい一年になることを祈っています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さんも良いお年をお迎えください♪
  
Posted by lets_go_bolick7 at 22:27Comments(0)TrackBack(0)その他

December 25, 2004

福岡ソフトバンクホークス誕生!

ついに福岡ソフトバンクホークスが誕生しました☆
24日にオーナー会議で正式にソフトバンクの参入が承認された模様です。
ソフトバンクも楽天・ライブドアと同じIT企業。新しい風を吹き込んでくれる予感です♪どんなチーム作りをしてくれるのか、とても楽しみです。

今回は噂されていた他球団との合併ではなく、福岡ダイエーホークスの伝統を受け継ぎ、福岡を本拠地に残したままの参入だったのでよかったのではないかと思います。
10年以上続いてきた「ダイエー」という球団名が変わるのに慣れるのはちょっと時間がかかるかもしれませんが、新しいホークスの伝統を作り上げていって欲しいと思います。

・・・でも、親会社が経営難で厳しいのは同じなのに、存続する球団と消滅する球団があるのはなぜ??  

December 23, 2004

岩隈投手おめでとう〜!

ついに岩隈投手の念願が叶いました☆
岩隈投手、楽天へ移籍とのことで、本当によかったです^^。
今回の件、私見を述べさせていただくと、岩隈投手は「ワガママ」を言ったんじゃないと思います。
球団の都合で合併し、「選手の意思を尊重する」とオリックス側が約束したんですから。(だから分配ドラフト、というやり方もイマイチ納得はしていませんが^^;)プロテクト、ましてやそもそも合併なんてしなかったらこんな問題なんて起こってこなかったんじゃないかとと思います。

誰かがブログで書いていたように、岩隈の思いは他の元猛牛戦士たちと一緒でホントは近鉄でやりたくて、オリックスではやりたくない。ということだったんです。選手は自分の望む環境でやるのが一番。球団に改善要望を出すことができれば契約更改の席とかで出せばいいけど、今回の問題はそんなんではかたづけられません。
今回は声を上げられる立場というのが岩隈投手だけ、ということもありましたが、岩隈が楽天に行くことによって他の元近鉄の主力選手も声を上げやすくなるのでは、と思います。

合併なんかせず、楽天がそのまま近鉄バファローズを受け継ぐとかできればよかったんですけどね…。
岩隈問題が決着し、世論と選手会がまた球界を動かしたんだと思います♪
今回の一連の再編および合併問題を機に、プロ野球がいい方向に向かっていくように祈っています。


  
Posted by lets_go_bolick7 at 17:18Comments(0)TrackBack(1)大阪近鉄バファローズ

December 18, 2004

2004年総括。

お久しぶりです。就職活動やオフシーズンということもあって大幅に更新が滞ってしまったことをお詫び申し上げます。

気がつけばもう2004年も終わろうとしています。
「今年はぜひ遠征するぞ!」「ボーリックに署名を届けるぞ!」という目標でスタートした2004年。
6月のマリンデビューまでは順風満帆でした。
アメリカ研修中(3月)に嘆願書を送付、4月にはなんとボー様からお返事までいただきました!温かく丁寧な文章で感激☆日本が大好きで今でも日本のファンのことを忘れないでいてくれていたのが本当にうれしかったです。
協力してくださった皆さん、改めてお礼を申し上げますm(__)m

開幕後は大阪ドームで朝鮮日報の取材を受けて記事になるというハプニングも^^;(スン様の記事でした)英語での取材でした。
アメリカでの2ヶ月がきっかけとなり、4月に初遠征(4/17vs北海道日本ハム戦@東京ドーム)を果たしジョニーの復活試合を見てきました☆
試合には負けたけど、ジョニーがマウンドに上がったというだけで・・・震えました(笑)
その勢いで今度は6月に聖地マリンに乗り込み、大阪近鉄にサヨナラ勝ち!
あの時はまだ何も知らなかった。。。近鉄がなくなるなんて思ってもなかった…。

…ここまでは順風満帆だったんですよね…。

マリン遠征のちょうど1週間後に悲劇は起こりました。
私の地元球団で、マリンデビューの対戦相手だった大阪近鉄バファローズと、おとなり神戸のオリックス・ブルーウェーブの合併…。

ここからは遠征を重ねつつ、合併との闘いが始まります。
大阪ドームや大阪駅周辺などで、マリーンズのTシャツを着てマリーンズファンの代表のつもりで署名を集めました。学校の友人・知人にもお願いしました^^;
一緒に署名をした近鉄ファンの方も歓迎してくださって、楽しく署名ができました。大阪市民以外の方からもたくさんいただきましたよ!^^

8月末の大阪ドームでの最後の近鉄戦、レフトスタンドとライトスタンドが一緒になって「白いボールのファンタジー」を合唱し、「合併反対」というエール交換をしたときは涙がとまりませんでした…。
今思えば近鉄ファンの皆さんとは、去年は一緒にソフトボールもやりましたよね。関西のBu・BW・H・Mのファンが一緒になって「ボーリックジャンプ」をやったことは、ボーリックが大好きだったマリサポとして大変うれしく、忘れられない思い出です…。

全国のファンと選手会が一体になって合併を反対しましたがかなわず、オリックスと近鉄は合併して「オリックス・バファローズ」になってしまいましたが、またいつか近鉄ファンの皆さんがユニを着て集まれる機会があればいいなぁ〜なんて思っています。

これだけ選手とファンが一体になったことってあったでしょうか?選手会が悩んだ末にストを行い、合併反対の署名の輪に加わってくださいました。特にドラゴンズ・ベイスターズは率先して行い、カープ・マリーンズは多くの署名を集めました。そして、なんといってもスワローズの古田会長、労使交渉を行いながら試合に出て結果を残しました。本当に戦う選手会長だったと思います。ファンのため、球界のため…。

また、私はほんの少ししか力になれなかったけど、ファンの一人一人の小さな力が全国からひいきチームを超えてたくさん集まって、大きな力となって選手会を後押しし、プロ野球を少しだけでも変えられたんだと思います。

まだまだ岩隈問題とかでオリックスやNPBには言いたいことがいっぱいあるけど、ファンが少しずつ素晴らしいプロ野球を創っていけたら・・・なんて思っています。

さてさて。マリーンズですが。
夏場に踏ん張って日ハムを猛追しだしました。
こ、これは??プレーオフいけるかも??
わたしも応援に熱が入り、9月にも最後の直接対決(9/11.12vs北海道日本ハム@千葉マリン)に参戦。
2日連続で土壇場でマリーンズが追いつき、延長戦。結局1勝1敗でしたが、マリサポになって以来最高の盛り上がりの中で白熱した試合を生で、しかも聖地マリンで観戦できた喜び…。
結局プレーオフにはいけなかったけど、来年こそは絶対プレーオフ!!

そんなこんなで球団合併など悲しいこともありましたが、プロ野球ファンになってからもっともエキサイティングで最高の一年だったと思います。
そして、来季は個人的には地元球団バファローズをなくした悲しみを乗り越えていかなければならないこと、そしてなんとしてもわれらがマリーンズをプレーオフ、そして日本シリーズに連れて行って日本一。。。という課題があります。

サイトとしては、先にも述べました「ファンが少しずつ素晴らしいプロ野球を創っていく」ことに対し微力ながら、お手伝いできるようなサイト作りを。。。と思っています。

そして、ボーリック選手に関しましては、現在球界がこのような状況なので日本に呼ぶということは当面難しいかと思いますが、時期を見計らってなんらかの形で…という気持ちはまだありますので、そのときはご協力よろしくお願いします。

来季こそは、球界にとって素晴らしい一年になりますように☆
来シーズンもよろしくお願いしますm(__)m
  
Posted by lets_go_bolick7 at 20:00Comments(0)TrackBack(1)千葉ロッテマリーンズ

November 14, 2004

オリックス・・・

ついに分配ドラフトに結団式…。ホントに楽天というチームができて、近鉄というチームがなくなっちゃったんだな・・・という実感はまだないものの、信じられないシーズンにむけて、刻々と動いているということはわかります。

分配ドラフトのニュースとか見てて、本当に悲しかったです。そして、大阪近鉄の選手が、どれだけこの大阪近鉄バファローズというチームに愛着を持っていたかということを改めて知りました。選手もバラバラ。関西と仙台離れ離れになってしまう。そして、ファンもバラバラ。来季はどこの試合を見れば良いのか。行き場がない。本当に許せないです。
それは、旧オリックスブルーウェーブの選手・ファンも一緒だと思います。

私はロッテファンです。でも、観戦するときの対戦相手は、ほとんどが近鉄バファローズか、オリックスブルーウェーブでした。
特に、近鉄が大阪ドームに移転してからは本当に観戦しやすくなり、敵ながらもバファローズは私にとって大切な「地元チーム」でした。
ブルーウェーブだってがんばろう神戸を合言葉に阪神大震災の被災地を勇気付けてきたチームなのです。

今回の合併劇は、バファローズ・ブルーウェーブ・そしてブレーブスという名門チームおよび関西におけるパ・リーグの歴史と文化をことごとく踏み潰してしまった愚行といわざるを得ません。
そして、大阪のファンにとっても、神戸のファンにとっても行き場がなくなってしまうのです。
大阪ドームを専用球場にするみたいですが、とうてい『おらが街のチーム』として受け入れることはできません。

関西の野球文化は阪神だけじゃありません。
将来的に、両球団の伝統を受け継ぐ新規参入球団が現れることを祈ります。

せめてユニホームだけでも考え直そうよ…。
「牛」なんでしょ?「バファローズ」なんでしょ?
バフィとファルルも残そうよ?  
Posted by lets_go_bolick7 at 23:42Comments(9)TrackBack(0)球界再編問題

November 03, 2004

ああ、やっぱりなぁ・・・

1ヶ月ほどごぶさたしました。

昨日、楽天ゴールデンイーグルスがパシフィックリーグに承認され、来季からの新規参入が決まりました。
ある程度予想はしていたことですが、やはりどうしてもぬぐえない「出来レース」の感・・・。
社長も若いしプロ野球を変えて欲しい、だから楽天には期待したいです☆と言いたいですが、その前に!!
楽天はやはりどこかの球団とつながっていたし、最初から参入が決まっていたのでは…。という気がしてならないのです。
阪神のオーナーがポロっといっちゃったことにもあるように実は早々と楽天に決まっていたんじゃないかなぁと思います。既存球団と結びついているままでは、プロ野球に新しい風が吹くかどうかホントに不安です。
これからは参入の基準を明確にしていってほしいな、と思います。

仙台市民も実はライブドア支持の方が多かったみたいですが、楽天はそのことを肝に銘じ、次の会社が後を追ってどんどん参入できるように、オーナーではなく、ファンにとって魅力的なチーム作りをしてほしいな、と思います。
プロ野球の未来は、楽天ゴールデンイーグルスにかかっています!!


  
Posted by lets_go_bolick7 at 23:30Comments(4)TrackBack(4)

October 09, 2004

お久しぶりです(爆)

マリーンズがプレーオフに出られなくなった時点で私にとってのパ・リーグが終わってしまいました。
今年はファイターズとの3位争いがあり、最後まで盛り上げてくれて本当に素晴らしいシーズンでした。来季こそは夢がかなうように応援していきたいと思います☆やっぱりプレーオフがあってよかった…と最後の最後まで思うことができました。

さて、本題に入りますが、最近ホントにいろいろあって悩んでいて、更新も停滞してしまったわけなんで、申し訳ないんですけど…(^▽^;)
ネット上では、知らない人ともすぐに仲良くなって友達になれるという利点もあるけれど、一歩間違えると人を傷つけたり、誤解を招いてしまう可能性もあると思います。人を傷つけてまで守るものってあるのかなぁ…て思います。

だけど、本当に私のことを大切に思ってくれる人がいると信じています。私にできること、すべきことは、その人を信頼して、大切にすることです…。

でも、いつまでもこんな話をして、放置しているわけにもいかないですし、ネットはみんなが見るオープンなものなんで、またこの日記も更新再開して、みんなが楽しめる話をしていきたいと思ってますので、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m  
Posted by lets_go_bolick7 at 12:00Comments(4)TrackBack(0)

October 02, 2004

おめでとうございます☆

まずは、昨日優勝した中日ドラゴンズ。
落合監督就任1年目で優勝したなんですごすぎます!
星野監督時代の土台がしっかり根付いていて、その上に落合監督独特の野球理論が生きた形になったと思います^^
…で、中日を走らせたのがわれらがタイガース…。責任重大です(泣)
ナゴヤドームで2勝12敗ってなんなの…(汗)
岡田監督、しっかり反省してください。

それから、イチロー選手。ついにタイ記録達成です。
世界の頂点ですよ!257安打。。。日本プロ野球界では信じられない数字。
イチローがやってくれました!
次は新記録達成へ!単独で世界の頂点にたてるようにがんばって欲しいですね♪
そして、その次の打席でもヒット!!新記録☆ついに日本からやってきたスーパースターが金字塔を打ち立てました!!
残り2試合、どこまで記録を伸ばすことができるかとっても楽しみです♪
イチロー選手、本当におめでとうございます!!  
Posted by lets_go_bolick7 at 11:31Comments(2)TrackBack(0)

September 27, 2004

近鉄〜!

最後に意地見せろ〜
  
Posted by lets_go_bolick7 at 19:42Comments(2)TrackBack(0)

September 25, 2004

信じたくない夜から一夜明けましたが・・・

日ハムの事実上のプレーオフ進出決定から一夜…
近鉄の大阪ドームでの最終戦から一夜…

私もどっちに行こうか迷いましたが、マリサポとして、最後までマリーンズのプレーオフ進出を後押しし、どっちがプレーオフに出場するかを見届けようと思い、ヤフーに行きました。
ヤフーの1塁側なんて、10年近く行ってません(爆)あのころはイチローがブレークし始めたころで、満員でした…。

しかし…
新庄からはあまり快音が聞かれませんでしたが、やっぱりこの男、高橋信二でした・・・。
そして、伏兵(?)天使ことエチェバリアにもいた〜い一発…
金村も決して良くはなかったんですが、BWのクリーンアップ3人合わせてHR10本に満たないのではお話になりません…。この前マリンで見たときとは全然オーダーが違いましたね(涙)
この日一緒に観戦したマリサポ仲間とは「代替試合で〜♪」なんて言ってお別れしましたが、実現は難しそうですね(>▽<;; アセアセ
でも、わずかな望みがある限り、私たちはあきらめません!!

かたや大阪ドームでは大阪近鉄の本拠地最終戦。。。もう、このチームがここでプレーすることはないんですっ!!(涙)4万8千大観衆…。
しかもサヨナラ勝ち!!近鉄らしいです(T_T)
生で見たかったな〜^^;

でも、一応プレーオフの行方を見届けたんだから、まあ、いいか、と思います^^
もし代替試合があっても、その瞬間は再度ヤフーで見届けます!!(今度はいつもどおりのレフトスタンドですが(笑))

  
Posted by lets_go_bolick7 at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

September 23, 2004

スト回避!!…でも(涙)

なんとか今週末のストは回避された模様。試合がなくなるのもイヤでしたし、選手会の皆さんも、新規参入が認められるまで古田会長をはじめ本当によくがんばったと思います。

しかし、やっぱり今回の合意はしっくりいかないのです。

まず、パが6球団に戻るのはいいです。でも、このままでは新規参入球団はどっちにしろ本拠地は仙台。選手の家族やファンのことを考えると、バファローズの受け皿にはなりにくいです。仙台は以前準フランチャイズだったマリーンズはともかくバファローズファンの基盤はないですし、古くから大阪で応援してきたファンもなかなか仙台には行きにくいでしょう。…つまり、近鉄の選手・ファンの視点が欠落している、ということ。

さらに、新規参入を表明した楽天ですが、ライブドアがいるというのになぜ仙台をフランチャイズにしたんでしょうか?納得いきません。
さらに、これは本当かどうかはわかりませんが、楽天がオリックスと関係を持っているそうで、そのような球団だからNPB側も受け入れることができたのではないかという不安がぬぐえません。結局これで先に仙台に行ったライブドアに影響が出るのも困りますし…。

今回バファローズがいったん消滅という形となっても、私はあきらめません。数年後近鉄が新球団の経営から撤退するときがチャンスだと思います。もう一度、いてまえの血を引き継ぐ大阪の球団が生まれる日が来る日を、心から信じています。

1リーグにどんどん流されていくのではなく、球界の新しい一歩を突き進む道筋を作ってくれた選手会の皆さん、特に古田会長。本当にありがとう、そしてお疲れ様でした!!
その道筋が、バファローズファン、大阪の野球ファンにとってもう一度夢を与えられますように…。
そして、球団のない地方のファンの皆さんにとっても大きな夢の実現につながりますように・・・。  
Posted by lets_go_bolick7 at 22:25Comments(2)TrackBack(1)