Let's All For TENNIS BLOG

福岡市博多区「レッツインドアテニススクール」のテニス愛ブログ。

2011年04月

執着心

41ca778a.jpg昨夜も、レッスン終了後、研修会を実施。

各コーチが、レッスンで指導しているフォームと感覚を確認。

新人コーチは、手と足に豆ができて、つぶれての繰り返しです。

ところで、本日の個人的な課題はリターン。

特に、力むとうまくいきません。

力む原因のほとんどが、「執着心」です。

つまり、「こうでなければならない」「〜しては絶対ダメ」

という思いです。失敗してはダメ。

うまくやらなければならない。

その執着する心を、しなやかにできたら、

あらゆることがうまくいきはじめます。

それには、練習と時間が必要です。

テニスでは練習すればするほど、力まなくなります。

力まないで、「自由」を感じて。

自由になる、技術的な根拠をレッスンで伝えていきます。

自分を叱咤激励する

こんにちは

今日、2回目も更新です。

今回は、座右の銘ではないですが、良い言葉を3つ程。

言葉の力に何度も支えられてきましたから、効果は抜群です。

「強いから挑戦するんじゃない。挑戦するから強いんだ」

「負けないとは戦い続けることである」

「才能とは持続する情熱のことである」。

さあ、今から中級のレッスンです。

今日は、足のリラックスをテーマに。

ご愛読、ありがとうございます。



4月26日ゴールデンウィーク間近

おはようございます。

いよいよ今週末から、GWが始まります。

レッツでも、イベントを企画しております。

目標を立てて、準備をして、楽しみにして、みんなで楽しみましょう。

ところで、インフルエンザB型がはやっているようです。

手洗い・うがいを実施しましょう。

朝、レッスン前に書いてみました。

ウキウキするような陽気です。

些細なこと

私達コーチの道具というのは、まずラケットです。

個人的に重視する所は、「振りやすいかどうか?」

抽象的ですが、ボールを打ってみて手から伝わる感覚の好き嫌いです。

通常は、340gを超えるラケットを使っていますが、

230g程度の軽いラケットもたまに使っています。

ラケットという環境を変えて、一つでも新しい事に気づくためです。

極端に言うと、ラケットがフォームを教えてくれるような感覚です。

レッスンでも「この方には、あのラケットの感覚を知ってほしいな」と思う事が良くあります。

ちょっとした感覚ですが、些細な感覚の違いというのはとても大切です。

グリップの握り方も同様で、ほんの少し変わっただけでも違和感を感じるので、グリップの大きさとか、テープの種類とかにこだわる人もいます。

プロゴルファーのジャンボ尾崎選手が練習中にしっくりとくるグリップを見つけたので、それを忘れないようにガムテープでぐるぐる巻きにして何日か過ごしたというエピソードがあります。

私たちコーチの仕事は、その些細な違いを見つけて、パフォーマンスを向上するように修正していくことです。

これからも小さな違いを見つけ出し、より良い方向に変わって頂くような方法を探していこうと思います。

がんばれ日本!自分にできることをがんばります。



ガッツポーズ

3ee0bf7c.jpgちょっと、日が過ぎましたが、これは大切だと思う事がありましたのでお伝えしますね。

ということで、4月11日は「ガッツポーズの日」らしいです。

4月11日との関係は分かりませんが「ガッツポーズは大切だ!」という事があって決められた日なのだと思います。

テニスでもそうですが、プレッシャーが大きいと、ちょっとしたミスで大きく落ち込みます。

その気持ちを振り払う為。もしくは相手や目標に向かっていく気持ちを高めるために「ガッツポーズ」は大変有効だと思います。

「少し大げさだなあ」と思う位の「ガッツポーズ」をした方が気持ちは高まってきます。

強くこぶしを握りしめると力が湧いてきます。

このことは科学的にも証明されています。

有効に活用してみてはいかがでしょうか。


願うのは「自分の力を出し切ること」。

以上「ガッツポーズの日」でした。

11月18日 木曜日

○人間の本当の強さは何度転んでも起き上がれる事。

どんな状況になっても人は必ずそこから立ち上がれることができる。

○転んだら起きれば良い。

今の状況が、どんなにピンチでも、あなたはそれを糧にして成長し

輝く未来を実現できるのだ。

テニス界のスーパースター、錦織選手の部屋の壁に張ってる言葉です。

一流の選手は、考えも一流。

年齢に一切関係なく、見習わせて頂きます。

断捨離(だんしゃり)

断=入ってくる要らないモノを断つ
捨=家にはびこるガラクタを捨てる
離=モノへの執着から離れる

掃除をしたり、モノを捨てたりすると、なぜか心も軽くなる。

というのは経験されたことがあると思います。

「断捨離」とは、簡単に言うと、自分の周囲にあるモノは、

本当に今の自分に必要なのか!?」と自問し、

答えを見つけることだそうです。

・いつか使う予定・人からもらったから・思い出があるから等

心を惑わす理由がいくらでも湧いてきます。

実際、我が家で、いつかまた読むだろう本、いつか着るかもしれない服、誰かにあげたら喜んでもらえるかものおもちゃ、昔の教科書、などゴミ袋○袋分を一気にカタをつけました。食べ物も、入口と出口があるように、家の中の風通しが良くなった気がします。

ちょっと、おススメしてみたいことの一つでした。

チーム「レッツ」

0affbce4.jpg「笑門来福」

「一日一笑」

「不撓不屈」

「日々是好日」

「一期一会」

こんな素敵な言葉で、「みんながあなたの味方です」

と歓迎してくれた中学校の先生方。ありがとうございます。

私達のスクールでも座右の銘にさせて頂きます。

チーム「レッツ」あなたの仲間です。

今期もいよいよスタート

明日4月8日は、長男の入学式。

少し大きめの学生服姿を見ると、感慨深いものがあります。

既に親離れの兆候も見えています。

子育て期間って意外と短いのかもしれません。

ということであれば、今日という日を大切に過ごそうとさらに思います。

さあ、今日から、行動開始。

今期のレッスンも各コーチ気合い入れて、盛り上げますよ。

今日から、宜しくお願いします。
プロフィール

レッツ!テニス

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ