Let's All For TENNIS BLOG

福岡市博多区「レッツインドアテニススクール」のテニス愛ブログ。

2012年04月

出来ないから楽しいこと

こんにちは

今日は、上手・下手ということについて考えてみました。

私は、字を書くのが、下手です。もう数十年書いているはずですけど、なかなか上手になりません。

でも、字の練習をするのは好きです。書き心地の良いペンで、ひらがなを書くのが好きです。

いろんな書体をみながら、自分流に自由に書けるのが良いですね。パソコンを使うようになってからは、アルファベットの字体の練習も好きになりました。

誰かに見せるためでなく、自分好きなインクの色で、字を書く時間を過ごしたいだけです。

テニスも同じ感覚をもっている人も多いと思います。

GWに初心者・中級・上級者の試合を実施しますが、楽しめる量は変わりません。

目的を何にするかが大切です。

まずは、スクール内の試合に参加して、

お気に入りのウェアを着てコートに立つ事。

緊張している中で、サーブが一本でも入る事。

ダブルスの試合の仕方を知る事

パートナーや相手とコミュニケーションを取る事。

で十分です。

「誰が強い」のかは、二のでいいんじゃないでしょうか。

「初心者に優しくない試合」は楽しくありません。

「上手になる」ことはスクールに通って頂いている皆様には重要なことですが、

その前の大前提として、「楽しい!!」ということがなければ何もなりません。

はじめてクラスに新しく入られた方が、

最初におっしゃる言葉に

「出来なくて、すいません・・・・・。」というのがあります。


そんな時、間髪いれずに言うのですが、

「出来ないから、スクールがあるんですよ。」

「出来ないから、これから楽しいんですよ。」

ということを伝えたいんですよ。

出来ないから、楽しい!!!

そんなスクールが「レッツ!」です。

まだまだ足りない点ありますが、それを目指しています。

最低にして最高の道

何かを見るにつけて、
まずダメなところを探す癖。
テニスのフォーム指導では必要な要素です。
それを直したり、隠したりすることで
完成に近づいていくのかもしれません。

ただ、人に関しては、
反面いい所も多々あるわけで、

良いところを伸ばす事の方が
大事なのかもしれません。

心が軽くなる詩です。

よろしければどうぞ。



最低にして最高の道

             高村光太郎

  もうよさう。
  ちひさな利慾とちひさな不平と、
ちひさなぐちとちひさな怒りと、
  さういふうるさいけちなものは、
  あゝ、きれいにもうよさう。
  わたくしごとのいざこざに
  みにくい皺(しわ)を縱によせて
この世を地獄(ぢごく)に住むのはよさう。
  こそこそと裏から裏へ
  うす汚い企みをやるのはよさう。
  この世の拔け驅けはもうよさう。
  さういふことはともかく忘れて、
  みんなといつしよに大きく生きよう。
  見かけもかけ値もない裸(はだか)のこゝろで
  らくらくと、のびのびと、
  あの空を仰いでわれらは生きよう。
  泣くも笑ふもみんなといつしよに、
  最低にして最高の道を行かう。

有料のサービス

563437b3.jpg先週は、桜も満開で入学式ラッシュで幼稚園〜高校まで沢山の新入生が

レッツでも誕生しました。

そんな中で、いよいよ遠田コーチの長男が幼稚園デビューを機に、

キッズクラスに入会しました。

あらためて「自社のサービスを本気で身内に勧める事ができているか」をいつも確認することの大切さを感じています。

レッツをオープンして3年。

「自分たちの家族や親族、同僚など、最も近い人に≪有料のサービス≫を

勧められる価値のあるもの」を提供すること。

自分たちが心底おすすめできるレッスンを展開していきたいと取りくんできました。

家族に自分が開発した「有料のサービス」を進められないようでは

納得できる「サービス」ではありません。

私の家族も、フロントも、レッスンを楽しんでくれています。

これからも、一層取り組みを強化します。

 ご一読ありがとうございます。伊藤

楽な態勢だから、カンタン。

29dcb4e0.jpg私は失敗は受け入れられる。

誰もが何かに関して失敗する。

しかし、挑戦しないことは受け入れられない。

         マイケルジョーダン


ご存じの方も多いと思いますが、元バスケットボールの伝説的な選手です。

空中での華麗なシュートで「エアージョーダン」とも呼ばれています。

「エアーK」と言えば、錦織選手の代名詞ともいえる打ち方です。

ジャンプした状態、つまり体重を足で支えていない状態をあえて、

プロの選手が試合の大事な場面でするのは、その方が楽な事があるからです。

これは、例えばフォアハンドストローク・ボレーの場面で説明しますと、

フォアと判断して、一旦右足(太ももの付け根・膝・足首)がゆるんで、上半身が右に傾いた状態で、

\橘未鮓きながら、(足が伸びながら)打つ。

∪橘未鮓いた直後、(足が伸びて自由になった)時に打つ。

の違いを考えて頂ければ分かりやすいと思います。


ここでの正解は△箸い事になります。

分かりにくいのことは承知の上ですが、

もっと極端にいうと、ハイボレーの際に、伸びあがりながら、打つのではなく、落ちながら打つという感じでしょうか。

プレーが簡単になると言う事は、上達するという事です。

詳しくは、レッスンで。気になる方は、各コーチに聞いて下さいね。

どのコーチに聞いても、説明できるようになっています。

木曜日のゲーム初中級の皆さん、今週やった内容です。

また、来週もやりましょう。

以上 伊藤

ガッツポーズ

こんにちは

先日の振替制度へのご投稿有難うございます。
・振替・欠席連絡は60分前。
・その後も、出席状況は確認可能。

その他のご意見も継続して募集中です。


話は変わりますが、本日4月11日は「ガッツポーズの日」です。
プロボクサーのガッツ石松さんが世界王座を奪取した祭、

両手を挙げて勝利の喜びを表した姿を新聞記者が
「これぞガッツポーズ」と書いてこの言葉が広く知られる様になったとの事。

テニスコートの上では、コーチの掛け声はもちろん、

生徒の皆さんのいろんな声が響いていますね。

「やったーっ!」「ええっー!!」「よぉーしぃ!!」

大きな声を出して、(出てしまって)笑顔になる事は、

どんなビタミン剤よりも、心と体の健康に効くのではないかと考えています。

「ガッツポーズ!」良い習慣ですね。

知春花とコート

こんにちは
春を知る花と書いて「知春花」。春をする花の呼び名です。

素敵な言葉ですね。

皆さんにとっての知春花ってなんでしょうか?
桜・梅・桃いろいろありますね。

今回は、この春からテニスを始めてみよう言う方にインドアコートのご説明をさせて頂きます。

良いところは何といっても天候に左右されない事です。特に、日本は雨の多い国。

例えば、昨年の博多区で、1日降水量が1ミリ以上の日数は107日です。(気象庁HP)
107/365で約29%。1ヶ月のうち、9日間は雨ということです。

忙しい大人の方で、週に一回の楽しみのテニスが中止というのは困りますし、
どちらかわからない天候、途中で降り出す天候も困りものです。
その点、インドアなら必ず出来ます。。予定が組みやすく朝から気分が乗ります。

さらに、風の影響がないことが利点です。サーブの練習が安定に出来ます。
この季節だと、花粉の影響もありません。

また、コートはカーペットコートつまり毛足の短いじゅうたんです。
お子様が転んでも、擦り傷は出来にくくて、靴に砂も入りませんから清潔です。

特に女性の方には紫外線の影響が無いことです。UVカットのコートです。

一方、悪いところは、天井がありますから、ボールが当たる事があったり、
外より若干暗いことです。やっていくうちにある程度は慣れますが、
はじめは気になるかもしれません。

それと、概してコートサイドが狭いので、角度のあるショットが来た場合、返しにくいという事です。

まあ、一長一短ありますが、よろしければ、一度ご来場くださいませ。

以上 伊藤でした。

ご相談です。

こんにちは
「お気に入りの本を重ねると、美味しいサンドイッチのよう」
ということで、海外では、お気に入りの本の事をサンドイッチという事もあるとのこと。
レッツ!もサンドイッチになれるよう尽力いたします。

今回はちょっと、ご相談したい事があります。

大前提として、ご利用頂く生徒の皆さん同士で、
より快適にご利用頂けるようにと考えて実施している事です。

「ご欠席の連絡の件」についてなのですが、
現在、レッスン開始30分前までにご連絡を、携帯/パソコンもしくはお電話で頂戴しています。

その、基本となる理由は、キャンセル待ちの方がレッスンに入れるかどうかの判断を最低でも
30分前までに判明しないとご自宅/職場からいらっしゃれないという判断によってです。

30分前でも、厳しいとの声も頂戴しております。
一方では、急な体調不良や渋滞や、残業など予期しない理由で30分前に連絡出来なかった
という事情をおうかがいする機会も多々ございます。

一方で、キャンセル待ちをしていたけれど30分前過ぎたから、キャンセル待ちを取り消して
今日は、諦めて別の用事を入れるという場合もあられます。

受付側で、一番辛いのは、その事情と公平性の問題です。
この事情があるから、今回は連絡出来なかった(遅くなった)けど、
振替が使えるようにして欲しい、または、
するべきだろうと毎回電話を受ける度に頭をかすめます。

しかし、そういう事をお伝えされずに、
「連絡遅くなりましたが、欠席します。すいません。
コーチによろしくお伝え下さい」と言われて電話を切られる方もいらっしゃいます。

では結果的にキャンセル待ちがいた場合のみ、
出席扱いにするという方法を取っていた事があるのですが、
キャンセル待ち自体を取り消される方がまずいらっしゃるという事と、
無断欠席が増えて、出席人数に応じたレッスンメニューが組めなかったり、
遅刻して来られると思って考慮しながらレッスンを進めると出席されている方に
ご迷惑をおかけする事になるということになります。

何より、なぜ欠席なのか心配であるという事が第一にあります。

という事情で、どうすれば一番利用して頂きやすいかを考えて、
今の形態になっております。
何か良い代替案を常に考えてはいるのですが、現状は今の30分前徹底という事にしております。

それぞれのお電話で、連絡が遅れたり、出来なかったりという事情を聞く度に、
全員の方に配慮したいと思う気持ちがありながら、
そう出来ないもどかしさを抱えていながら
受話器を置かせて頂いております。

舞台裏の話ではございますが、
全ては全員の方が、ベターだという方法を取りたいと考えている事が根幹です。
ご意見頂戴出来れば幸いです。

ご一読ありがとうございます。

以上

店長:伊藤 桂一郎

生活を彩る小物です

こんにちは
テニス好きとしては、身の回りにある小物もテニス柄で揃えたいと思うもの。

なかなかセンスの良いものって目につきにくいですが、

これはなかなか、素敵なんじゃないでしょうか。

ケイトスペード:
http://www.katespade.jp/shop_top.php

よろしかったら、この春どうぞ。

ちなみにまだ私、スマートフォンじゃないんですが、こんなカバーがでているなら・・・。

伊藤でした。

お気遣い

新しい季節を迎えて、
福岡を離れる方、福岡にいらっしゃる方
とても多くいらっしゃいます。

お気をつけて、新しい生活を楽しんで下さい。

当たり前ですが、新しい環境に身を置いた際には、
「周りからよく思われたい」というような気持ちがあります。

スクールでいうと、「上手くみられたい。」ということになるかもしれません。

程よい緊張感の中でのプレーは、上達の助けになると考えられますが、
「楽しめているか」というと疑問符がつきます。

テニスはレベルの差がありすぎるとお互いに楽しみにくい側面もありますので、

「はじめて」から「トーナメント」までクラス分けをさせて頂いております。

それぞれのレベルで、自分の上達したいテーマがあって、

楽しみながら長所を伸ばして、短所を少なくしていく事が目標です。

ご自身が、楽しんで頂いていれば、素敵な笑顔が溢れるでしょう。

そうすれば、周りの方も幸せな気分になれます。

レッツには、そんな方がたくさんいらっしゃっています。

今年度も、思いっきり、楽しんでいきましょう。

ご一読ありがとうございます。

心から笑っているか?

いよいよ4月になりました。

今年度も、元気・笑顔の発信に努めてまいります。

最近、居酒屋のお客さんの間で、笑い声を聞くことが少なくなったそうです。

居酒屋に限らず、不況の影響等もあるかもしれませんが社内や、家庭でも昔のような笑い声は聞かれなくなったのではないでしょうか。

「笑いは潤滑油」とよく言われます。

毎日の生活に笑いを取り入れれば、その場の雰囲気がよくなることは間違いありませんね。

おかげ様で、毎日数時間コートの上にいる事が出来、そのうち、かなり笑顔でいる時間があります。

コートを離れても、笑顔のやり取りがあれば、疲れもどこかに行ってしまいます。

多少の鼻水も、腹痛も、くしゃみも、コートに入ると止まります。

笑顔になりたい方、ぜひコートまでお越しください。


皆さんに感謝。テニスに感謝・仲間に感謝。

ご一読頂きありがとうございます。





プロフィール

レッツ!テニス

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ