Let's All For TENNIS BLOG

福岡市博多区「レッツインドアテニススクール」のテニス愛ブログ。

2013年10月

御礼

41112ec1.jpg第24回テニススクール全国大会の

九州地区本戦が10月20日に行われました。

今回は、九州内の14スクールがエントリーしています。

2011年度には、優勝を果たしている「チームレッツ!」

今回も、決勝戦まで勝ち進みました。

決勝の相手は、「ルネサンス熊本」。

男子ダブルス・女子ダブルスは一勝一敗。

最終戦のミックスダブルスも凄い熱戦でした。結果は8−10で残念ながら敗北。

素晴らしい感動をもらいました。

今回、レッツを代表して出場された4名の方々。

本当に有難うございます。

もちろん、来年は優勝をとりかえしましょう。

目標ができると、また毎回のレッスンも楽しくなりますね。


ご一読有難うございます。

台風の際のご連絡

10月もあと僅かに成って参りました。

今年は、台風の影響を強く受ける年になっております。

学校が休校になったり、飲食店もシャッターを早めに下ろしたり、

未然に被害を防ぐという観点から、早めの対応を迫られる場面もあります。

直接、浸水したり、暴風でモノが飛んできたりしなくても、

駐車場で、ドアが急に開閉するケガの可能性まで危惧する必要があります。

また、出来る限りテニスの場を提供したいという想いもあります。

毎週のテニスの日を楽しみにされている方の想いを叶えたいという気持ちは、

ご理解させて頂いているつもりであります。

出来るだけ早めの判断と、出来るならレッスンをしたいという想いの狭間ではございますが、原則として2時間前までには休校の際に、お電話での連絡を致しております。

ご登録頂いている、携帯等の連絡先に変更がおありの方は、フロントにて変更をお願いいたします。

ご一読ありがとうございます。

理想のラケットの重量について

a1387f2c.jpgテニスの様に道具でボールを打つスポーツの場合、

ボールを打つ道具の重さは一般にボールの約5〜6倍、

プレーヤーの片腕(野球の場合は両腕)の1/6〜1/5です。

テニスボールの重量は57g、

ラケットの重さは340g、

片腕の重さは約2,000g

腕⇒ラケット⇒ボールの重量比率が6:1の時、

エネルギーの移動が最適になります。

またラケットが重すぎても速くスイングできません。

400gと500gのラケットで打ったボールの速さは変わりませんが、

100gと200gのラケットで打ったボールの速さは2倍の差になります。

その差を縮める為に100gのラケットを200gのラケットの2倍の速さで振る事は不可能です。

その理由は、もともと腕の重さが2,000gある為、筋肉のスイングの可能な速度を制限しているからです。

ラケットが300g・ガットが15g・グリップテープが5gで320g。

ただし、ラケットのバランスによっても、その効用は変わっていきます。

なぜ、ラケットに重さが必要なのかという考えのご参考に。

ご一読有難うございます。









プロフィール

レッツ!テニス

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ