礼状書き方例文・手紙書き方文例ブログ>往復はがきの書き方

往復はがきの書き方


【往復はがきを返信する際の宛名の書き方】
(マナー)
往復はがきを返信する際には、担当者の名前になっていた場合は、宛名の左下の「行」を2本の斜線で消し、「様」と書き換えて出します。
この部分が社名や部署になっていたら「御中」と書き換えます。
同封されていた返信用はがきの場合も同様にします。

往復はがきを半分に切り分け、返信部分のみ投函します。

返信はがきの縦書きレイアウト
返信はがき(宛名)返信はがき(宛名)会社宛











【往復はがきを返信する際の出欠はがきの書き方】
(マナー)
返信をする時には、御出席・お名前・ご住所などの「御」「お」「ご」の敬称を二重斜線で消し、出席または欠席を○で囲みます。
囲まなかった方は、二重線で消しておきます。
空いたスペースがあれば、一言メッセージを書き添えるとさらに良いでしょう。

出欠の返信はがきの書き方とレイアウト
返信はがき(出欠)横書き返信はがき(出欠)





往復はがきの書き方

往復はがきの書き方レイアウト
往復はがきの書き方











往復はがきの発信者(代表幹事・招待者・主催者など)は、返信用の宛先の下に「宛」または「行」と書きます。
同封する場合の返信用はがきも同様にします。
また、往復はがきを投函する時は、往信の宛名と返信の文面が外側になるように折って出します。
折っていないと「往復はがき」とみなされませんので注意しましょう。


往復はがき レイアウト
宛名面縦書き、文面(本文)横書きレイアウト例
(同窓会・クラス会の通知・案内状の場合)
往復はがき(横書き)












往復はがき レイアウト
宛名面・文面(本文)共、縦書きレイアウト例
(同窓会・クラス会の通知・案内状の場合)
往復はがき(縦書き)











【はがきの書き損じに付いて】
往復はがきを書き損じてしまった場合は、郵便局にて「手数料10円(一枚に付き)」で交換してもらえます。
一般のはがきの書き損じについても「手数料5円(一枚に付き)」で交換してもらえます。

もし、往復はがきの往信面と返信面を逆に書いてしまった場合、印刷された切手部分の下の往信・返信部分を「横二重線で訂正」し、「返信」「往信」を書き換えて使用することも可能です。
この場合、「往信」と書き直した宛名面を外側にして折り、投函してください。