猿まわし:お披露目へ 大阪26日、「伝統芸を支える魂」で /大阪

猿まわしは立派な伝統芸能だということを再認識させられますね。


【オススメ47%OFF★SALE】暖かく可愛さを演出☆ロングニットTとして、ニットワンピースにも◎...


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000155-mailo-l27

2月23日12時41分配信毎日新聞人と猿の軽妙な掛け合いが楽しい猿まわし。その伝統芸を、村崎耕平さん(32)と夏水(なつみ)(雄)のコンビが26日、大阪市浪速区の浪速人権文化センターである「伝統芸を支える魂」の中で披露する。耕平さんは、「猿舞座」として全国を巡業する旅芸人・村崎修二さん(62)の長男。06年から芸を磨いてきた。「猿舞座」は約40年前、放浪芸の全国調査をしていた俳優の小沢昭一さんが修二さんらを山口県光市に訪ねたのをきっかけに始まった。1977年に、同県出身の民俗学者の故宮本常一氏から助言を受け、猿まわしを復活。猿を無理に調教しない「本仕込み」で芸を教え、全国を回ってきた。耕平さんは東京で「劇団東京乾電池」研究生を経て役者、脚本家として活動。05年に帰郷し翌年から雄の夏水とコンビを結成。これまでは、修二さんと一緒の公演だったが、来年から単独で巡業する。「伝統芸を支える魂」は午後6時半からで、入場無料。「猿舞座」と縁の深いフォークシンガーの高石ともやさんや民族芸能集団「石見の風」を率いる和太鼓奏者の今福優さんら、地域や大衆に根ざした芸能を継承する人々も出演する。申し込み不要。

[引用元:Yahoo[大阪(毎日新聞)]]

パーティー&デートニット服簡単コーデ感のおしゃれワンピ簡単コーデ感のおしゃれワンピ