米国株投資実践日記

投資ブログです。2016/1〜 独自ドメインを取得し leveraged1.com に移転しました。旧称:レバレッジ投資実践日記

投資本

ホントは教えたくない 資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016

今日は2003年4月に刊行された『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (Wild investors) [単行本]』の全面改訂版をご紹介しておきましょう。

読書メモですらない、単なる「ご紹介」です。

投資においては「税金」を含めたトータル・リターンが重要ですが、2016年税制改正を踏まえた最新の内容となっています。


 続きを読む

【読書メモ】エンダウメント投資戦略 山内英資

副題に「ハーバードやイェールが実践する最強の資産運用法」とある本です。

私の友人界隈で話題になっていたので、どんな本かなぁと興味が沸き、数百冊の「積読本」がある中で「後入れ先出し」で速読した本になります。

エンダウメントとは「財団」のことです。寄付金を集めて資産運用を行う大学などがこれに相当します。

本書は和製ヘッジファンドのGCIアセット・マネジメント 代表の山口英資氏がプロではない、一般の個人投資家を念頭に書いた本となっています。

エンダウメント投資戦略
山内 英貴
東洋経済新報社
2015-07-31

 続きを読む

『全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド』を読んだ感想

発売前からAmazonの「株式投資・投資信託」のカテゴリーで売れ行きランキングの上位となっている本書を発売日と同時にkindleで購入し、翌日に読了したので、簡単かつ率直な感想を挙げておく。

本書は2010年12月に発行された『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書) [新書]』(参考:【読書メモ】ほったらかし投資術 山崎元 水瀬ケンイチ) の「全面改訂」版となっている。


 続きを読む

『「投資バカ」につける薬』(山崎元)は今も有効な薬です

度々の投稿で恐縮ですが、本の企画(ただし、あくまで受講生として)で悪戦苦闘しております。
参考:作家への長い道のり 本の企画で悪戦苦闘中

その作業の中で、山崎元氏の昔の本を読みました。

2006年4月出版ですが、引続き「効能」があることが確認できたので、ブログ読者の方へもご紹介します。 続きを読む

【読書メモ】自分でやさしく殖やせる「確定拠出年金」最良の運用術

バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・グローバル・インベスターズ)日本法人を設立し、2005年まで13年間代表取締役社長として年金運用業務に携わった岡本和久氏の最新作を読みました。

「まえがき」はこんな文言から始まります。

「資産運用は本来、簡単なものです。すべての人にとって有用で必要なものですから、決してむずかしいものであってはならないのです。」 

実際、本書(234頁)は全体を通して、基本的なことが極めて平易に書かれています。

私の様に投資本をこれまで何百冊と読んできた者にとっては、第4章までは「おさらい」の様なものであり、さらっと読めてしまいます。このため「このまま、最後までこの調子だったら、読む必要なかったな」という言葉が一瞬浮かびました。

でも、それは杞憂でした。

第5章で紹介されているドルコスト平均法ならぬ「バリュー平均法」に関する説明の部分だけでも、本書を読む価値があります。
続きを読む

【読書メモ】「市場」ではなく「企業」を買う株式投資

本書「はじめに」は以下の文言があります。

本書には統一されたスタンスがある。「平均的な株式市場から離れることにより、株式投資からそれにふさわしい収益が着実に得られる、少なくともその可能性を高められる」

つまり、「脱市場(BMA、benchmark-agnostic)投資」とも呼ばれるもので、本書の中では「厳選投資」として、理論面、実践面の両面から検証されています。

個別銘柄の紹介に終始する怪しい株式投資の本や、最近ではインデックス投資に関する本は書店でもよく見かけますが、日本人の著者による、こうしたタイプの本は珍しいですし、私の友人の間でも評価が高かったので、読んでみたものです。

結論:かなり、お薦めできる良書です。 


続きを読む

【読書メモ】Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

ちょっと久しぶりに投資に関する本を読んでみました。(そうでもないか:笑)

著者は、広瀬隆雄氏。カルフォルニア在住の投資顧問会社の代表の方。JPモルガンやSGウォーバーグなどを経て、現在は独立。個人投資家にもお馴染みのMarket Hackの編集長でもあります。 

タイトルをよく見ていただければ分かるとおり、米国株式への投資ではなく「米国式投資」の技法となっており、株式だけでなく、それ以外の投資商品も含め「アメリカの投資家の間では常識と考えられている普遍性の高い」ノウハウを簡潔にまとめたものとなっています。

序章
1990年代のシリコンバレーとMarket Hack流投資術が編み出されるまで

chapter1
Market Hack流投資術

chapter2  
ポスト段階ジュニア世代のネストエッグ戦略

chapter3
デイトレーダーへの道

chapter4
長期投資への道

chapter5
2014年の投資機会 続きを読む
プロフィール
投資歴26年の個人投資家。ブログタイトルは当初住宅ローンと両建て投資していたことから命名。投資・金融・経済全般や読書など幅広い話題を取り扱う。
姉妹ブログ
当ブログ内検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事