2007年01月12日

MHのお友達に影響受けて武器の考察してみますw

得意な武器限定だけどね。

じゃあ一回目は【片手剣(麻痺)】

一番得意なものから入るところが先を考えてない証拠?

まず麻痺の効果について

1.敵を一定時間拘束(時間は相手による)する

2.その際のダメージは2倍になる

近接の麻痺攻撃が可能な中で手数がもっとも多いのが片手剣(ボウガンは除く)

なので効率は他の近接武器よりもいい

ただしその武器の攻撃力は低くダメージ元としては期待はできない

そこでさっきの「ダメージ2倍」

1人の攻撃能力を1とした場合、4人いれば4

単純に足し算

麻痺属性がいる場合は攻撃能力の低さからー1されほぼ3

ただし麻痺中はダメージ2倍になるため3x2=6となる

麻痺中に限ればダメージは上回ることになるため

麻痺役はより多く麻痺させることが必要になる

行動の基本として

1.他の攻撃役の邪魔になってはいけない

2.継続して攻撃できる位置取り、立ち回りをする

1について・・裏方であり、攻撃力も低いことから弱点属性は攻撃役に譲る

目立つのは麻痺のエフェクトで十分

それ以外で目立つ必要はない

また弱点はリスクが高いことも多いので

「ダメージを受ける→回復する」というタイムロスは避けるべき

またせっかく麻痺させても攻撃役の邪魔をしてしまっては

さっきの戦力3が2に下がることも考えられる

なので邪魔にならない場所で行動するべき

2について・・麻痺は値が一定値になると発動するのですが

その値に達するまでは一定速度で減少します

なのでできるだけ早く攻撃回数を稼ぐ必要があるわけです

自分をダメージ元としてみなさないため部位にもこだわらず

安全で攻撃を継続できる場所に位置取る

それはさっきも書いた回復のロスを避けるためでもある

麻痺させたなら味方の援護をするのもあり

広域化や笛で回復やステータスアップ等・・・やれることはたくさん

広い視野を持って周りを見ることも必要

長々と書きましたけど・・・一番大事なのは

「楽しむこと」

これでシリーズ終了にならないようにがんばります・・・

(18:05)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔