2004年01月01日

LGN会則

基礎から応用まで幅広い知識を習得した獣医師集団を目指す続きを読む

lg_nagoya at 19:50|Permalink

FAQ

このホームページをご覧頂いた上でのお問い合わせは、ネット広報担当の角井(かくい)までメールでお願いいたします。それ以外の媒体でのご質問は受け付けておりませんのでよろしくお願いいたします。メール:kakui@vet.ne.jp

このページへの掲載依頼と削除依頼は同じく上記までメールでお願いいたします。なお写真の添付は1MBまで受信可能です。

記事に対してのコメントは書き込み自由ですがコメントの常時確認は行っておりません。投稿者や管理者への連絡は本人宛メールでお願い致します。

公序良俗に反するもの、学術性・芸術性が高くても社会通念上一般公開の望ましくない記事や画像などは掲載後でも予告なく削除される場合があります。

このページはLGN会内の連絡用ページであり、対外的に会や会員を紹介するためのページではありません。会の内外を問わずどなたの閲覧もリンクも自由ですが、公式ホームページが作成された場合には閉鎖されますのでご注意下さい。

LGNはこのWEBページ上の情報を無償で提供します。LGNは閲覧者がこのWEBページで得た情報を利用したことにより生じた損害や損失には一切の責任を負いません。

lg_nagoya at 14:38|Permalink

理念

基礎から応用まで幅広い知識を習得した獣医師集団を目指す

lg_nagoya at 14:19|Permalink

LGN活動

LGN活動

本会は基本的に2ヶ月に1回講師を招聘し講習会を開催する

以下編集中

lg_nagoya at 14:09|Permalink

会費

LGN会費(2009年2月現在)
1年に1回、会計担当者の指定する時期に銀行振り込みにてご入金下さい。

三菱東京UFJ銀行 滝子支店 1311162
口座名義はエル・ジー・エヌダイヒョウ  *******
*******は(会場の先生のフルネーム、カタカナで七文字)

正会員40000円、準会員および賛助会員20000円

院長「級」は正会員、勤務医「級」は準会員で登録願います。
ただし実質的に病院を代表できる方が一人で参加する場合は
院長級でご参加下さい。
例)いわゆる被雇用者である勤務医…準会員
例)○○動物病院 副院長 ○○次郎(院長の親族)一人で参加…正会員
例)1病院からの参加2人目以降については準会員として登録してください。

勤務医(準会員)の先生方には経済的負担の軽減分を
運営アシスタントとして正会員以上に積極的な参加をお願いします
ご理解とご協力をお願いします。

lg_nagoya at 00:18|Permalink

2003年11月30日

DVD小動物の輸液

11月30日小動物の輸液のDVDは岡田先生→下郷先生の順で発送しました。


lg_nagoya at 19:34|PermalinkComments(0)DVD・備品貸出 

2001年11月16日

会則

LGN 会則


1. 本会の名称を「LGN」と称し、事務局は、原則として代表の診療所とする。

2. 本会の基本理念は、「基礎から応用まで幅広い知識を習得した獣医師集団を目指す」ひいては「各々が得意な分野を伸ばすことによる専門家集団を目指す」ことである。会の運営は「年齢や役職によらず全員幹事」を基本方針とする。この基本方針に基づいて、会員は責任と義務を負う。

3.基本方針を達成するため、下記の事業を行なう。
1. 原則として年4回の会員限定の招聘セミナー(定例セミナー)を行なう。
2. 「会内症例発表会」(以下症例会)を年1回以上行なう。
3. その他、会員のためになると考えられる事業(臨床研究、講演会、懇親会など)を行なう。

4. 本会は、上記の基本方針に賛同し、積極的に協力できる次の会員により組織する。
1. 正会員・・・・・動物病院院長および院長に準ずる者
2. 準会員A・・・・正会員の病院に所属する勤務医
3. 準会員B・・・・正会員以外の病院に所属する勤務医
4. 賛助会員・・・個人ならびに団体
      ※正会員、準会員は、本会の事業に参加することができる。
 
 5. 正会員、準会員Aおよび準会員Bは、以下のことを遵守する。
1. 定例セミナーでの運営補助は当番制をとり、原則として年1回以上主体参加する。
2. 症例会での発表は、持ち回りであり原則として2年に1回程度担当する。

6. 本会次期代表は現代表の指名により選出される。 会員の立候補がある場合はこれを拒まない。会員の互選により代表選出する事が出来る。役員は新代表により選任される。

7. 本会の役員は次のように置く。
* 代  表:1名 任期2年
* 副代表: 2名、会計: 2名 
* 学術委員: 数名(代表、副代表を含む)。
* 役員は、正会員および準会員の中から代表が選任するものとする。

8. 役員の職務は、次のとおりとする。
1. 代表は、本会を代表し、会務を総理する。
2. 副代表は、代表を補佐し、代表が会務を遂行できないときにはその職務を代行する。
3. 学術委員は、学術委員会を構成し、代表の考えおよび会員の考えを尊重しつつ、獣医療業界の流行を把握し、会の発展維持に必要な会務を処理する。
4. 会計は、業務および会計の執行状況を管理し、委員会に意見を述べることができる。

9. 役員の任期は2年とし、原則として代表は再任しないものとする。委員の概ね半数以上を年度ごとに新規選出する。

10. 入会を希望するものは、正会員1名以上の紹介(推薦)を得て、入会手続きを経なければならない。

11. 入会受付と審査は学術委員会により行い、申請事項に相違無ければ4月1日付で手続き上入会とするが、総会の承認により正式入会とする。

12. 退会および休会を希望するものは、退会および休会手続きを経なければならない。

13. 入会金および会費は次のとおりとする。
1. 入会金
なし
2. 年会費
1. 正会員・・・・・40,000円
2. 準会員A・・・・20,000円
3. 準会員B・・・・20,000円
4. 賛助会員・・・・20,000円

14. 定例セミナーには、入会希望者のオブザーバー制度を設け、一人1回有効とする。

15. 定例セミナーおよび症例会の開催費用は過去の会計記録を参考に適切に予算を設定する。会計資料の閲覧は過去の講師の先生の迷惑にならないよう十分配慮して扱う。

16. 会費はいかなる場合も返還されないが、年度運営に余剰金が出た場合、主にセミナー備品など有用と思われる形で還元する。万一不足が出た場合、会員全員で補填するものとする。

17. 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。

18. 上記事項以外については、代表が役員の助言を得て定めることができる。

 ※附 則  1.この会則は、平成23年4月1日より施行する。

lg_nagoya at 16:28|Permalink

1970年01月01日

LGN学術委員会

学術委員の会議用の掲示板です。
閲覧に制限はありませんので投稿内容にご配慮下さい。

lg_nagoya at 18:28|PermalinkComments(0)


LGNについて
記事検索
最新のコメント