eef4f2d9.JPG 実際は金曜夜。行ってきて良かった。なにより、毎日の温泉のお陰で腰痛が良くなった。親戚にも挨拶というか顔をみせるコトが出来たしね。


 私はどこかにお泊りで遠出するトキには音楽再生プレーヤーやCDなど、音楽にかかわるものを一切持っていかないコトにしているのだが、今回もそれは良かった。ホントに常日頃音楽を楽しんで聴いていないと思っている。「ここがこう」だとか「ここがキライ」とかそういうコトばかりなのである。


 あと、デジカメを持って行ったのが良かった。これまでは、カメラを持っていくと、写真に写した場所や時間以外のコトを写した場所や時間と比較して相対的により多く記憶の奥の方に追いやってしまうだとか、当時感じた印象がのちに写真によって変えられてしまうだとか、そうしたコトがイヤだった。だからカメラを持ち歩くコトには抵抗があったのだが、何のことはない、私は起きたコトをすぐに殆どすべて忘れ去ってしまうコトがここ数年しっかり意識出来てきたので、印象がねじまがるコトを差し引いても、カメラを持ち歩く意味はあったのである。何があったかすべて忘れてしまうよりは断片的にでも覚えていた方が良いのではないか(特に印象の良いコトなどは)。

それに、かっこいい景色や寺院などは、そういうコトとは関係なく写真にしておいてよい(様な気がしてきた。というのも、写真があれば、過度に記憶を捻じ曲げるコトは難しいのではないかと思うからである。期待してもう一回行ってがっかりするというコトの確率は下がると思う)。


まあ、卒論でデジカメをかなり使ったので、それにより持ち歩くコト自体にさほど抵抗を感じなくなったというコトが大きい。

画像は、今回気に入っているモノのうちのひとつ。灯台というのは変なカンジがするので面白い。