FTISLAND 「Planet Bonds」ツアー参戦しました。

******一部だけど、セトリ開示しています******

PLANET 1
2018年4月26日 大阪城ホール

昨年の秋ツアー「Here is Paradise」はまるっとパスしたので、1年ぶりのライブ。
ひさびさのエプくん達、どんな感じかなーと楽しみに会場へ。

今回は半休とったので余裕で会場に到着。
友人と待ち合わせしている間にひとりビール
仕事終わり&夕刻の暗くなる手前の風景を見ながらのビールは格別だわぁ♡。
加えてライブ前のこういう時間も堪能できるとくれば、もうこれだけで満足。
よく頑張った。私(自我自賛)。うん。

ライブ前のオープニング・アクトはN.FLYINGで。
ヴォーカルが一人増えたんだよね。彼らの曲も好きなので、頑張って欲しいな。

いよいよ開始。
ホンギくん、光る素材のグレーブルーのシャツにブロークン・ジーンズ。
靴はミュール!脱げへんのか?という心配はあたりまして、途中、放りなげて走り回ってた。
ちょっと薄い色のサングラスかけてたな。

詳しいセトリは忘れたので省略。
前半、Hourglassからimagineに入ったあたり、「ううーーか・い・か・ん」。
単に好きな歌だったのもあるんだけどね。

Takme me nowやPuppy(注:続けての歌ではなかった)で会場を盛り上げての内容はお手のもの。
だけど、全体を通して、聴かせる大人のライブだったように感じました。
これまでのライブでよく見せていた舞台の端端を駆け抜けてプリマドンナを高揚させるライブも好きなんだけど、純粋に歌と演奏で観客を引きつけるこういうライブもいい。
いろんなことを試して、新しいFTISLANDを毎回見せてくれるエプちゃん。いいよ。いいよ。うん

ホンギくんは、トルコから戻ってきたばかりなのに、声めちゃめちゃ出てるし。

うぉぉぉぉぉ、ホンギ―ーーーーーーーーっ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

惚れたよ。
なんか、今までの私のライブ歴で一番の歌い方だったと思う!

途中、昔の曲を歌ったのかな?(プリ歴浅いので、わかりませんっ)
ホンギが皆にふったら、なんかダダ下がりで(笑)。
「「SNSに昔の曲もやって」って書いてたから~。なのに、なんでみんな歌わないの?」とちょっと拗ねた感じ。
いや、知らないの(私はね)。ごめんよ。
でも、みんないきなりだから、わからないし、すぐに出てこないんだよーーきっと。

他には「トルコではバンドの先輩にいろいろ聴いて、バンドの在り方や、歌について語った」と言ってた。バンドの先輩って誰やろー?とは思ったけど、「韓国では俺らみたいなバンドの先輩がいないでしょ?だからとってもいい機会だった」とも。ホンギたちは後輩の道しるべになっているけれど、自分たちの道しるべがない分、不安やとまどいもあるんだよね。そういう機会があってきっといい糧になるよね。

「これからもバンドをずっとやっていきたい。そのために俺らはいろんな挑戦をやるから。みんな楽しみにしていて。」なんか泣かせるよホンギ。大人になったよね。大きくなったよね。

最後の最後の歌は「SAYONARA」。
多くのプリが「この歌、好き」と言うだけに私も大好きです。
ホンギは「これが今の僕たちの気持ち」と言ったときは、ちょっと寂しくも感じたけれど、すぐに「別れの意味の「さよなら」ではなく「またね」という気持ちを込めています」と。
やがて来る「その日」はみんなの頭の中に浮かんでいるけれど、今は「またね!」なんだよね。
しんみりと、だけどしっかり歌ったホンギの歌声が会場に響きわたったそんなラスト・ソングだった。

今ツアー、私の参戦は大阪のみでおしまい。
武道館、盛り上がるんだろうなあ。

恒例のジェジンくんの「ありがとーーーーーー」
私も全身の力を込めて「ありがとーーーーー」

いいライブ。毎回そうだけど。
エプちゃんたちが大好きだ♡

PLANET 2
<愛し合った人よ、誓い合った友よ you are always in my mind>