[林田相丘Escalation2XXX]

ラバーと『エスカレーション』と女戦闘員と…エロのすみっこでちょっと語り

(萌えシチュの話)主人公が侵略者に遭遇する

この場合「主人公(ヒロイン(♀))」ってことで、もちろん襲われる人ってことで。
正義組織 vs 悪の組織とかいう構図も大好物なのですが
もひとつ好物なのが「得体の知れない侵略者に襲われる」展開なのです。
まぁ、吸血鬼モノとかそっちの流れですね。続きを読む

あけましておめでとうございます+今年は絵描き&ラバーを回復させたい

なんとしてもポニー娘を描こうと思ってたのですが間に合わず…ですが
あけましておめでとうございます。
正月のうちに描いてアップできるといいなぁ。続きを読む

(萌えるボンデージエロマンガ家)山文京伝の話

昨日に引き続き、お気に入りエロマンガ家の話。
奇しくも主舞台がコアマガジンの作家さん。
寡作なのが、ちと残念ではあるのですが…。続きを読む

(萌えるボンデージエロマンガ家)船堀斉晃の話

そういやBlog上では一度も書いたことなかったか…?という、この話題。
ホットミルク時代、いやその前後のエロトピア時代からファンなんですよ。続きを読む

(萌えるボンデージエロゲ)『鋼殻のアイ』

昨日に続いて自分お気に入りのエロゲの話。
戦闘員スーツ感よりも拘束ベルト+ピアスの被虐感がサスガなのです。続きを読む

(萌えるボンデージエロゲ)『姦淫特急『松葉』』

まぁストーリー書きがいっこうに進まないので、気分転換も兼ねて「これは!」と思ったエロゲの話。
…ををっ、エロゲの話書くの、なんとこれが2回目ですか。続きを読む

(戦闘員スーツの話)「洗脳効果を能力としては持ってない」戦闘員スーツ

毎日更新を今のところ目指してるので、やや無理矢理ですが書いてみます。

おおむね同人誌界隈だと悪墜ち&戦闘員化シチュの場合、戦闘員スーツ自体に「着た人間を洗脳する」機能がついてることが多いのですが
ルーツであるはずの特撮ヒーローものではそういった例は皆無なんですよね。
なんで皆無かと言えば意外にカンタンな話で
「敵の衣装をかっぱらって変装」→「敵地に潜入」という、戦争映画だの一部の時代劇だのでよくあるシチュエーションを描くための小道具として使われることがもっぱらだからなのですが。続きを読む

(萌えるボンデージスーツの話)ナオミお姉さまのSMレオタード

いやまあこれを当Blogでちゃんと話した覚えがあまりないな!というわけで。
あきらかに現在のエロアニメの方がエロ表現とかグレードアップしてるのですが
やはり『エスカレーション2』が自分にとっての金字塔なのですよ!続きを読む

(戦闘員スーツの話)ショッカー女戦闘員スーツの話

まあこのへんは戦闘員スーツフェチなみなさんにとっては何を今更?な話題ですが
なんといっても初代『仮面ライダー』第1話・第3話に登場したショッカー女戦闘員は、戦闘員フェチの金字塔だと思うのですよ!

もはや定番トークであろう不気味さ&エロスな演出と、そこから発生するであろう妄想トークも楽しいですが、今回はちょっとだけベクトルを変えて。
続きを読む

(戦闘員スーツの話)『イクサー1』クトゥルフ構成員スーツ

というわけで昨日に続いて萌える戦闘員スーツの話。
まあ年長のヒトにとっては最萌もしくはトラウマ作品のひとつ『戦え!!イクサー1』の敵組織・クトゥルフの構成員スーツについて、軽く。続きを読む
最近のコメントを表示
アクセスカウンター