毛皮の問題に付いて多くの方が批判的な意見を持っていただけるようになってきた日本です。
とても嬉しい事ですね。
NEC_0531
PB139575
しかし皮(革)製品については、多くの人が批判しない。

なぜですか?
 

哺乳類などの動物は、ごく一部の海洋動物を除いて、元々はすべて毛が生えた皮膚をもっています。

当たり前ですが、ウシの毛皮もブタの毛皮も売られています。
牛毛皮
usi
毛が付いていないウシ、ブタ、シカなどの皮(革)は、化学薬品で毛をすべて処理されているだけです。毛皮と何も違いません。
65921372
しかしウサギの毛皮やキツネの毛皮やミンクの毛皮ばかりが動物の毛皮として批判の対象にされているように思えます。
316s
ウシもブタも、首を、手首を、足首を切られて同じように剥がされています。
img_sec-01
殺される前に皮が剥がされる事が問題なのですか?
もしも殺されてから皮をはがされるなら良いのですか?
 

そして、「キツネの肉」も「ウサギの肉」も、「ウシの肉」や「ブタの肉」と同じように食べられています。
rabbit-image01
              ↓↓↓↓↓
316s
DSCF5391
              ↓↓↓↓↓
PB139564
PB139557
PB139569
img65249377
31hMu7JP01L
毛皮と皮(革)の問題は「食」の問題と直結しています。

最近は魚の皮も財布やアクセサリーに使われています。
newimage1058745
              ↓↓↓↓↓
3133A011000000066
              ↓↓↓↓↓
IMG_5975
              ↓↓↓↓↓
Fish-Leather
8aa85163
魚は食べ物だから魚の皮(革)は利用されて当然ですか?


ウシやブタは食べ物だから、毛皮として販売されても良いですか?
仔牛1
              ↓↓↓↓↓
IMG_0627-edf37-1
              ↓↓↓↓↓
134547874
              ↓↓↓↓↓
ウシの体から剥がされた血だらけの毛皮。
kawa1-2
              ↓↓↓↓↓
500_ac74b0b37a3c58145abaad9c76a675b4
              ↓↓↓↓↓
data-111_1289669138_0000766_3
              ↓↓↓↓↓
img_sec-01
              ↓↓↓↓↓
282ddc8786105e805bdb959cbce

ブタ
              ↓↓↓↓↓
11822853
              ↓↓↓↓↓
ham_mino
images-(18)
              ↓↓↓↓↓
豚の革と羊の毛皮のコート
blueblueao16
              ↓↓↓↓↓
豚の革とキツネの毛皮のコート
kithune
豚の革とキツネの毛皮のコート
buta
豚の革のジャケット
lookume_mct550
              ↓↓↓↓↓
020 (1)
              ↓↓↓↓↓
images-(3)
65921372

他人を啓発する前に、想像力を働かせ、まず自分自身の生活を見詰めてみてはいかがでしょうか?

 

肉や魚を食べる人は、皮産業や毛皮産業の真っ只中にいます。

毛皮だけに、反対し続けても、絶対に現状は変わりません。

肉を食べながら毛皮を無くしたほうが良いという事は、肉を食べて毛皮や皮は捨てたほうが良いという事になってしまいます。
 

毛皮に反対する方は、ぜひ皮(革)にも反対し、肉食や魚介類食にも反対していただきたいと願っています。
 

動物の皮膚は、動物たちが生きて行く為に必要なものです。
 

個人的な都合や欲で反対したり利用したり、食べたり飲んだり・・・・・
 

他人を変えるのは難しい。
世の中を変えるのは、もっと難しい。
しかし、あなた自身は、自分の意思だけで、今すぐに変わる事が出来ます。
 

自分の生活や考え方を変えるだけで多くの問題が解決に向かいます。
自分ひとりで始められる動物愛護活動、環境保護活動です。

さあ、あなたは、どうしますか?。
 

ずっと殺す側ですか?
kegawa