NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

img_6af61c738a3a3aa9

【9月12日 AFP】ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は11日、主に南米諸国が求めている南大西洋にクジラの禁漁区(サンクチュアリ)を設定する案を、日本などの捕鯨支持国の反対によって否決した。この案をめぐっては20年近くにわたって毎年採決が行われており、IWC加盟国間の分裂が深まっている。

 採決結果は賛成39か国、反対25か国、棄権数か国だった。IWCの規則で可決には出席国の4分の3の賛成が必要とされていることから否決された。反対票を投じたのは捕鯨支持国の日本や商業捕鯨を行っているアイスランドとノルウェー、ロシアなど。

 ブラジルのエジソン・ドゥアルテ(Edson Duarte)環境相は失望をあらわにし、引き続き世界各国に支持を求めていく意向を示した。

 総会に出席した環境団体も、採決結果に大きな失望を示した。

 日本はIWC総会での決議に必要な賛成国の数について、現行の4分の3から過半数への緩和を求めている。

 南大西洋のクジラ禁漁区案は、ブラジル、アルゼンチン、ガボン、南アフリカ、ウルグアイの主導で1998年に初めて話し合われ、2001年以来、毎回採決されている。

 IWCは1979年にインド洋、1994年に南極海にそれぞれクジラ禁漁区を設定している。(c)AFP/Denis BARNETT

img_56cf65e6087c9



       

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.