日頃よりご支援いただいております皆様、いつも本当にありがとうございます。

今回は、保護していた「ほたか」が亡くなりましたことをお伝えいたします。

最近のほたかは、後ろ足が動かず、ほぼ寝たきりの状態になっていました。
しかし、前足はまだまだ健康でしたので、後ろ足を少し持ち上げて釣り上げた状態で散歩をしておりました。この際、支援者の皆様から頂きました靴を履かせ、後ろ足が擦れないようにしていました。
お陰様で、足を擦ることなく毎日散歩させることができました。

また、ここのところ彼は、目が殆ど見えず鼻も利かなくなっておりました。
散歩は、LIAメンバーが誘導するので特に問題はありませんでしたが、
ご飯を食べさせるのが大変でした。

そんなほたかは、22日の朝、散歩に行く前に水を飲ませていたところ、
誤嚥してしまい、そのまま逝ってしまいました。

最近、彼のために靴や床づれ防止マットを募集させていただきました。
そして、有難いことに何人かの支援者様から靴およびマットを頂くことができました。
しかし、それから間もなくこのような訃報をご報告しなければならなくなりました事は、とても残念であるとともに、頂きました方々に対して申し訳ない気持ちでおります。

以下は、以前より書いておりました、ほたかに関するブログです。
彼が亡くなりました事をお伝えしてしまいますと、今後日の目を見ることはないのだろうという思いから、あえてこのタイミングで公表させて頂く事にしました。
ご自身の犬が慢性的な膀胱肥大、前立腺肥大、排尿障害、膀胱結石などで悩まれている方には、是非お読み頂きたいブログです。

最後になりますが、この場をお借りいたしまして、これまで特にほたかを気に掛け、ご支援くださいましたF様、Y様、H様、H様、I様には心より御礼申し上げます。


LIAどうぶつ保護施設お世話メンバー一同