407b0_1641_752772df_2fb12245
 奈良県葛城市で犬の繁殖施設が全焼し、約40匹の犬が焼け死にました。
 28日午後10時20分ごろ、葛城市大屋にある「ワンちゃんふれあい広場 日光」で火事がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての犬小屋約200平方メートルが全焼し、中にいた犬約40匹が焼け死にました。警察によりますと、この犬小屋は近くに住む71歳のブリーダーの男性が経営していて、販売用の犬を繁殖させるための施設だったということです。出火当時、男性は自宅にいて施設には誰もいなかったということです。警察は、ブリーダーの男性から詳しく話を聞くとともに犬小屋にあった暖房器具や電気系統などの設備を確認するなどして出火原因を調べています。