ウラン-1

 国内のインターネットオークションでウランとみられる放射性物質が売買されていたことが31日、捜査関係者への取材でわかった。警視庁が物質を押収し、専門機関に鑑定を依頼している。警視庁はオークションに出品した人物や購入者数人を特定し、原子炉等規制法違反(譲渡)の疑いで立件に向けて調べている。

 捜査関係者と原子力規制庁によると、2017年11月末、規制庁に、「ウラン99・9%」などと称する物質がヤフーのオークションサイトに出品されている、と外部から情報が寄せられた。昨年1月に規制庁が警視庁に通報。警視庁生活環境課が出品者や落札した購入者の男性計数人を特定したうえで、昨夏、同法違反の疑いで令状を取って物質を押収した。

 押収したのは、試験管のようなガラスケース数本に入った粉状や固形の物質。重量は計数グラムで、微量の放射線を発していた。同課の任意聴取に対し、出品者の男性は「物質は劣化ウラン」「海外サイトで購入した」と話したという。

 原子炉等規制法は、許可を受けた事業者以外が、ウランなどの核燃料物質を譲り渡すことなどを禁じている。同課は昨年12月中旬、日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)に鑑定を依頼しており、近く結果が出る見込みだ。「劣化ウラン」やウラン鉱石を製錬した「ウラン精鉱(イエローケーキ)」の可能性があるという。

 天然にあるウランは原爆や原発の核燃料として使われるが、その際、核分裂しやすいウラン235の割合を高めるために「濃縮」という加工を行う。その過程で、ウラン235の割合が低い「劣化ウラン」が生じる。

 ヤフーの広報担当者は「捜査に関わる内容なのでコメントできない。今後も関係省庁と連携し違法な取引の排除に努めていく」と話している。

転載ここまで。 転載元 https://digital.asahi.com/articles/

ーーーーーーーーーー

LIAから一言。

ヤフーオークションは、どうぶつ密売の温床になっており、LIAが繰り返し「動植物の取引を全面禁止にするべき」と訴えているにもかかわらず、一切応じていない。

その為、ヤフーオークションに違法に出品され、また取引されたものは、LIAが刑事告発を行ったものだけで1000件を超えており、日本は世界的な密猟のロンダリング国と化しており、ヤフーオークション内で違法に取引されたどうぶつ達は中国などに密輸出されている。


今回、ウランが違法に取り引きされたが、ここまできてもヤフージャパンは、あくまでも「違法なものを出品する者が悪い」という姿勢であり、オークションのシステムを見直すつもりや、違法出品を徹底してさせないように、未然に防ぐ仕組み作りから逃げている。

なぜなら、ヤフーオークションは「出品や落札のさいの手数料で儲けており、違法であろうが手数料収入を減らしたくない」のだ。

ヤフージャパンがこの姿勢でいる限り、違法なものが出品されてから、摘発するという「追いかけっこ」が終る事はなく、ヤフージャパンの利益の為に国民の税金が無駄に警察の方々の労力に使われる事に終わりがこない。

日本の拝金主義の象徴ともいえる「ヤフージャパン」。

この企業が日本社会の秩序を乱していると言っても過言ではない。


※LIAのヤフーオークションでの、どうぶつ達の密売摘発については、以下の記事をご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1890392.html


また、ヤフージャパンの問題についてLIAが行った記者会見については、以下の動画をご覧ください。



さらに、LIAが摘発した野生どうぶつの違法取引の一部を、以下のサイトに掲載していますので合わせてご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/cat_42622.html