20190202-00000018-san-000-1-view
 政府は7月、日本近海での商業捕鯨を再開する。山口県下関市は、市立学校でのクジラ給食の拡充などを進め、再開を機に、長い歴史をもつ「捕鯨のまち」を国内外にアピールする。
 同市立の幼稚園と小・中学校の計81校で1日、竜田揚げをメインディッシュに、クジラ肉が給食に出た。
 このうち豊東小(同市菊川町)では、給食に先立って、同市立大の岸本充弘研究員(53)が「くじら講話」を開いた。児童は、クジラの生態や食文化の歴史を学んだ。給食では、前田晋太郎市長も訪問し、児童と一緒に、クジラ肉をほおばった。
 5年生の横山広樹さん(11)は「クジラ肉は、家ではあまり食べないので、給食が楽しみです」と笑顔で話した。
 下関市は平成10年にクジラ給食を再開した。市立学校で年に3回程度、実施している。
 市は平成30年度当初予算に約300万円を計上し、3月末までに計7万食を提供する。市長の前田氏は31年度に、クジラ給食を拡充する方針を示した。約10万食まで増やす見込みだ。クジラ給食を実施する全国の市町村で、最多となる。
                   ◇
 下関は戦前から、南氷洋捕鯨の基地として栄えた。南極海での商業捕鯨の中止後は、調査捕鯨に携わる一部の船が、母港にしている。
 市は捕鯨産業の活性化を目指して、調査捕鯨の母船も、同市を母港とするよう政府に要望していた。
 政府は昨年12月、捕鯨をめぐり大きな決断をした。
 IWC(国際捕鯨委員会)から脱退し、領海と排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を再開すると表明した。捕鯨に関わる関係者や自治体からは、歓迎の声が上がった。
 水産庁は今月1日、自民党が開いた捕鯨対策特別委員会・捕鯨議員連盟合同会議で、再開する商業捕鯨の計画案を明らかにした。
 そこでは、下関市を基地とする沖合操業(母船式捕鯨)と北海道網走市・釧路市、青森県八戸市、和歌山県太地町などを基地とする沿岸操業(小型捕鯨)をすることが盛り込まれた。年間の捕鯨頭数には、上限を設ける。
 商業捕鯨が再開されれば、クジラ肉が食卓に頻繁に上がるようになる。下関市は今後も、クジラ給食などを通じて、地元の食文化として根付いていることを発信する。(山口支局 大森貴弘)
転載元 https://www.sankei.com/region/news/190203/rgn1902030027-n1.html
ーーーーーーーーーー
LIAから
政府や捕鯨利権にまみれた地元のこの動き、すべてLIAの予想どうりです。

「商業捕鯨を再開する」という事は、商業捕鯨再開後、日本国内では、鯨肉の需要が大きいという事を、海外にアピールしなければなりません。これに一番都合が良いのが「学校給食に導入する事」です。これにより、子ども達は「給食」という「強制的」な食事を強いられ、それによって「鯨肉消費量」が跳ね上がります。政府はこれを、政治力を使って全国に拡大しようとするでしょう。これは、日本政府がことあるごとに行ってきた事で珍しい事ではありません。

例えば牛乳、例えば小麦(パン給食の導入)。そして再びご飯「米(古米や古古米)」の需要拡大、麺類(小麦)の拡大導入。
これらは全て、政府の戦略で行われてきた事です。戦略と言えばそれなりに聞こえますが、これは実は「子ども達を利用して消費量をあげる」という極めて劣悪な消費対策なのです。

鯨肉の話しに戻りますが「学校給食」に導入するのと同時に、政府は政治力を使って「全国各地のスーパーやデパートに鯨肉を販売」させて行きます。この状況も、LIAではすでに想定している事ですがこの後の事も想定済みです。
つまり、全国のスーパーやデパートに流通させると、一時的に日本国内で、鯨肉の需要が高まります。そこで水産庁は世界に向けて「日本は、商業捕鯨を再開したら、こんなに鯨肉の需要が伸びた!、やはり日本人は鯨肉を求めている!」と、日本の鯨肉需要の拡大をアピールする筈です。

学校給食、全国各地のスーパーやデパートに並ぶのと同時に、鯨肉利用の料理番組や、鯨肉の栄養価についてのアピールも始まります。がしかし、鯨肉が国民に再度定着する事はありませんから、次第に消費量は下がって行きます。スーパーやデパートでは、鯨肉が売れ残り、在庫になって行きます。当然、担当者は仕入れを控えるようになり、次第にスーパーやデパートの食肉売場から消えて行きます。
ですから、需要が上がったように見えるのは、一時的なものにすぎませんしこのようなトリックはすぐに見破られて低迷して行きます。

そうなると、今度は、ペットフードに利用しようという事になります。犬や猫の「カリカリフード」に混ぜたり、鯨ジャーキーなども開発されるでしょう。しかしどうぶつ業界はとても敏感なので、これらの情報は、すぐに海外にも流れます。「日本は売れない鯨肉をペットフードにしている!」という批判が高まり、IWCや国際社会からのバッシングが起きるでしょう。

そうなると、次は「家畜用の餌」に混ぜるようになります。豚に食べさせたり、鶏に食べさせるようになり、庶民には見えない所で利用されるようになります。で最終的に農業用の堆肥になります。農業肥料に「鯨肉」という表示だと批判が殺到するので表示方法を変えて投入するでしょう。しかし需要はドンドン元の状態に戻って行き、冷凍在庫がかさんで行き、成り立たなくなり、税金もドンドン投入されて行きます。ここまで10年くらいでしょうか。
LIAの予想どうりになると思うので見ていてください。

一部の利権業者とその「票」が欲しい政治家たちがいるだけで、結局、鯨肉は求められていないわけですから、この時に「商業捕鯨の是非」が再び問われる事になるのです。

今、この文の中で「お金と需要と政治」について客観的な視点を入れて書きましたが、大前提として考えなくてはいけないのは「殺されるクジラの命」であり「クジラが捕獲される事で破壊される生態系」です。

クジラは野生どうぶつであり、人間が作り出して数をコントロールしている家畜ではありません!

皆さんがご存知のように、クジラという生物は、非常に体が大きなどうぶつです。
「身体が大きなどうぶつ」というのは、生態系の中で多種の生命の維持に大きく貢献しているという事です。「大きい体だから沢山食べて、沢山の命を奪い、生態系を破壊する」のではありません!
生態系は絶対的な均衡で保たれていますから、野生の生物が生態系を破壊するなどという事は絶対にありません。
仮に一時的に均衡が乱れても、すぐに元通りになります。

例えば、バッタが大繁殖したとします。そうすると、そのバッタを食べる鳥も数を増やし、魚も数を増やします。当然です。全てのどうぶつは食べものと飲みものが沢山ある環境で個体数を増やして行きますから。食料が沢山あれば個体数が増え、繁殖の機会も増えますから。でも、増えた鳥や魚はバッタをドンドン食べて、バッタの数を減らして行きます。そうすると、鳥や魚は食料が減って行き、個体数が減り、繁殖の機会が減り、元の状態に戻って行きます。これは生態系の下々まで行きますがすべて同じ原理でそれぞれの種の個体数は適正に戻ります。
これが生態系です。

地球上で人間だけが生態系の食物連鎖に含まれていませんから「殺害し破壊する」のみなのです。※「食物連鎖」とは、食べて、食べられる事が連鎖して行く事を言います。人間は食べるのみで食べられる事がありませんから、食物連鎖には含まれません。一方的に殺して食べ、破壊して行くのが人間です。

クジラの糞や死んだ時の遺体が海洋および海洋周辺の生態系を支えている事など、とても重要な事です。一方、人間がクジラを殺して食べるという事は、マイナスでしかありません。

切り刻まれて利用できない部位(頭部や鰭など)は、巨大な産業廃棄物となり、食品の食べ残しを焼却するのに大量の石油エネルギーが使われ、温室効果ガスが排出され、大量に出る人糞は水を汚染し、処理場にて処理しなければ川や海に放出する事も出来ない。

人類はもう、どうぶつを殺して食べる時代じゃないんですよ!

鯨肉について書きましたが、結論としては、LIAがいつも発信している事と同じです。
あなたは、この現実から、いつまで逃げ続けるのでしょうか?

特に「野生動植物」というのは、人間が生産している動植物とは全く違います。地球が生まれた時から、自ら種を存続させてきた数限られた種(命)なんです。

もちろん人間も、地球のなかで残ってきた種です。しかし人類という狂発達した脳を持った種は思い上がり過ぎて「地球上の全ての種が人間のために存在しているかのような勘違いをしていて、勝手放題」やっています。

地球という生きた惑星の中で他の種と共存し共生できないのであれば、絶滅するしかありません。
※飛躍しすぎだと思われる方は、ぜひ、以下の記事を文末までご高覧くださいませ。