NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

2017年02月

ケニアの国立公園に生息するアフリカゾウ(AFP=時事)  環境省は、印鑑などの象牙商品を取り扱う事業者について、届け出制から登録制に改め、罰則を厳しくする方針を固めた。悪質業者の排除に向け国内市場の管理を強化するのが狙い。今国会に種の保存法改正案を提出し ...

「県、猫も昨年殺処分 7月14匹 委託業者 報告怠る」 県が、熊本地震の発生で見送っていると説明していた猫の殺処分を、昨年7月に実施していた事が16日、分かった。県は、同10月末まで保護した犬や猫を「被災ペット」と位置付けて殺処分を全面停止し、元の飼い主への返還 ...

Related to the news of the dolphin that died in five days after arriving from Japan, the Whale Life Experience Museum in Ulsan announced the cause of death to be analyzed by necropsy. On the 14th of this month, the Whale Museum operated by the govern ...

日本から輸入したイルカが5日で死んだことに関連し、蔚山(ウルサン)のクジラ生態体験館は解剖検査を行って原因を明らかにすることにした。 14日、蔚山南区庁傘下機関の南区都市管理公団が運営しているクジラ生態体験館は、今月13日に死んだイルカの解剖検査を慶北( ...

富士見町がニホンザルによる農業被害対策として、3年前から行っている猿の群れの動向調査で、新たな群れが生まれて被害域が拡大し、原村方面へ北上する恐れがあることが分かった。無作為な捕獲が群れの分裂を招く可能性もあるとして、町は銃による捕殺を一時中止。猿に位置 ...

 和歌山県が全国に先駆けて昨年実施したニホンジカの夜間銃猟が、今年も今月中旬から田辺市や紀美野町など4市町で順次始まる。全国一の生産量を誇るミカンなどの農作物を食べるなどの被害は深刻化し、平成27年度のシカやイノシシなど鳥獣害による農作物被害額は約3億4 ...

チャンスが来た。エルに興味があるという方が現れたのだ。その方は保健所に掲載されている彼の写真を見て連絡してきたのだった。お越しになる際は、お世話をしていただく方全員で彼を見に来ていただくようにお願いした。「チャンス」と先に述べたが、それは同時にこの方が「 ...

 兵庫、京都、岡山、鳥取の4府県は2017年度から、ツキノワグマ対策でタッグを組む。4府県では昨年だけで、クマが人を襲う事故が11件(うち4件は重傷)発生し、過去10年で2番目に多かった。生息数の増加が背景にあるとみられ、府県境を移動するクマの頭数 ...

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.