NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

カテゴリ: 動物実験廃止キャンペーン

米イェール大学の研究者たちが、胴体を除去した豚の脳に対する血液循環を人工的に回復させ、最大36時間にわたって生存させていた。米国の学会で3月28日に発表されたこの研究が、倫理的論争を呼び起こしている。 研究チームの目的は、医学研究の研究室で体につながった人間の ...

みなさんは「ライカ」という女の子の犬をご存じですか?スプートニク2号の打ち上げのために訓練された10匹以上の犬の中から、アリビーナ、ライカ、ムーハの3匹が選ばれました。アリビーナは既に観測ロケットで2度打ち上げられ、帰還していました。しかし最終的にライカが選ば ...

 文部科学省の専門委員会は29日、人の臓器を持つ動物を作製する研究について、厳格な管理体制を確保した上で「容認することが適当」とする報告書案をまとめた。文科省は今後、意見公募などを経て指針を改定し、研究を解禁する。  想定されるの ...

※「自分が飼育している「犬」もしくは「猫」以外のどうぶつは、どうなっても良い」という方や、人間社会では「どうぶつ実験なんか当たり前、犠牲はつきもの」というお考えの方は、この記事をお読みいただく必要はございません。 今、「セーブペットプロジェクト」という「 ...

皆さんは、喫煙によって肺がんになる可能性が高くなることを、どうやって実験しているかご存知ですか? タバコのパッケージには「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます。」と書かれています。 この実験は、世界中どこの実験施設でも同じで「いぬ」と「 ...

昨日は、イタリアに本社がありパスタを作っている世界最大手「Barilla」で行われていた動物実験が今後行わないという情報が出されたということが、アメリカの動物愛護団体よりメールで送られてきました。私自身パスタには詳しくないのですが、パスタを作るためにまで ...

加速度的に発達する遺伝子工学や神経科学、そしてAI(人工知能)の暴走などが真顔で論じられるようになった昨今、それらを実際に研究開発する科学者の倫理観が改めて問われている。そうした中、最先端を行く一部の科学者たちがストイックなまでに倫理的な研究スタイルを模索 ...

この記事は2012年04月10日に公開しました「東京理科大学「生体実験」についての内部告発!。」という記事から抜粋した「実験動物を専門に販売している会社のリスト」です。http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1608892.html※下記の実験用動物の販売企業につきましては ...

 特定の溶液を使って動物の脳をゼリーのように透明化し、一つ一つの細胞レベルまで高い解像度で観察することに、理化学研究所生命システム研究センター(神戸市中央区)などのグループが、成体のマウスと小型のサルで成功した。ヒトの脳の神経細胞がどのように働いているか ...

2013年3月3日(日)、大阪で動物実験反対デモ行進を開催する事になりました、全日本動物愛護連合 大阪支部(ケイ&リル この世界のために)の福島けいと言います。http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/7d554bd1d4f9e9aa92a5921e1c0b3a5a告知のチラシを1万5千枚作成し ...

皆さん、素晴らしいニュースが英国から届きました!! 2013年3月11日(月)から、欧州連合(EU)にて動物実験を行った化粧品や化粧品の原料の輸入および販売が全面的に禁止となりました! 20年にも及ぶ動物実験反対キャンペーンの結果、ようやく実った、大変嬉しい出来事です ...

動物を実験に使うな!。志を持って行っているのなら、実験者が自らの身体を使って実験すべきである。2013年1月28日 イランが「ロケットにサルを乗せて宇宙に発射した」と放送。人間による、動物を使用したロケット開発、宇宙開発などは60年ほど前から行われており、1957年か ...

クリスチャン・ディオールやイヴ・サン=ローラン、シャネルなどの高級ブランドの化粧品が、中国で製品を販売するために動物実験を取り入れることになった。 全ての美容製品に動物実験が義務付けられている中国。動物実験をしていない製品は法律上販売できないため、これま ...

この記事は転載記事です。 http://hunter-investigate.jp/news/2012/10/-11-324849-162023109-1860.html 前臨床試験といわれる医薬品の動物実験を業務としている一部上場企業「新日本科学」(本社:鹿児島市)に、動物虐待に加え実験データの改ざんを行っていた疑いが浮上 ...

10月19日に「SEECAT テロ対策特殊装備展'12   ~テロ対策を想像する~ 」に招待されて行って来ました。会場は東京ビッグサイト。同時開催として「RISCON 危機管理産業展2012」も行われています。まず、「SEECAT テロ対策特殊装備展'12 」は、審査基準があり、事前登録 ...

LIAの潜入捜査員は、アメリカの動物実験場に潜入した。▼アメリカ合衆国のある産業集積地。同地では睡眠をテーマにした研究が盛んだ。生活をリズミカルに送るうえで肝要な役割を果たす睡眠。1990年代初頭から、同国では軍事上の必要性から、官民一体での研究が始まったという ...

JAVAブログより。資生堂の「化粧品の動物実験廃止を目指す円卓会議」に参加してきました2012年06月21日http://usagi-o-sukue.sblo.jp/archives/20120621-1.html5月30日朝9:00~、資生堂汐留オフィスにて「化粧品の成分の動物実験廃止を目指す円卓会議」が開かれました。2010 ...

この記事は転載記事です。http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/giin-ichiran-2.htm動物実験について再度訴えを!※以下、転載・転送大歓迎です。記事拡散にご協力をお願い致します。5月31日に民主党の動物愛護対策WTが開かれ、民主党は党の動物愛護法改正案骨子に、 ...

既に報道もされている通り、5月31日の民主党動物愛護対策ワーキングチームで、最終的な動物愛護法改正案骨子が公開され、その場で了承となりました。結論として、与党案には実験動物に係わる改正は一切含まれませんでした。先日の[ALIVE-news 01417] で皆様にお知らせした ...

こんにちわ。LIA東京です。急遽、集会があるとのことで、東京に住んでいる私がLIA代表で参加してまいりました。場所は永田町にある衆議院第二議員会館、多目的会議室です。目の前には久しぶりに見た、国会議事堂があります。 本日行われた集会は主に動物実験について ...

LIAに、生体実験に付いての内部告発がありました。内部告発は「東京理科大学 基礎工学部 生物工学科」の卒業生(16期生)からです。LIAに届いた告発文を下記に記載します。もう9年前のことになりますが、当時僕は東京理科大学基礎工学部、生物工学科の1年生でした。こ ...

下記は転載記事です。(Rocket News24の許可を受けて転載しています)。http://rocketnews24.com/2011/09/10/128873/現在、ある動画が世界で大きな話題となっています。その動画には、30年ぶりに太陽の光を浴び、大地を踏むチンパンジーたちの様子が映し出されており、彼らの外 ...

下記は転載記事です。(Rocket News24の許可を受けて転載しています)。http://rocketnews24.com/2011/12/01/158095/現在ある動画が多くの人の涙を誘っている。その動画には、可愛いビーグルたちが映し出されているのだが、彼らにはある悲しい背景が隠されている。このビーグル ...

サルへiPS網膜細胞移植成功…臨床応用へ一歩 (読売新聞 - 02月18日 03:05)http://mixi.at/a3wtPpe 様々な組織の細胞に変化するiPS細胞(新型万能細胞)から網膜の細胞を作り、サルの目に移植することに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのチームが成功し ...

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.