NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

カテゴリ: 野生生物

 南アフリカの野生動物保護区で、サイの密猟者とみられる男たち少なくとも3人がライオンの群れにかみ殺され、食べられる事件があった。保護区の所有者が5日、明らかにした。  高性能ライフルとおのを手にした男たちは2日未明、同国南東岸にあるシブヤ野生動物保護区(Sibu ...

2018年6月26日のグランドオープン以降、大勢の来館者が訪れている新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」だが、真新しい館内に旧水族博物館時代に人気を集めた巨大淡水魚「ピラルク」の姿がなく、SNSなどには「どこに行っちゃったの? 」「さみしい」など“ ピラルクロス ...

差し押さえられたビントロング(東京税関成田税関支署提供) ワシントン条約で国際取引が規制されているクマタカなど6種類計24匹をタイから密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と成田国際空港署は11日、関税法違反(無許可輸入未遂)の疑いで白井市の土木作業員、村上 ...

 捕鯨の町として知られる和歌山県太地町で29日、セミクジラをかたどった碑の前で「鯨供養祭」が営まれた。捕鯨OB会や町漁協の関係者ら約100人が焼香し、クジラの恩恵に感謝した。  同町の漁野洋伸総務課長が、三軒一高町長の「町は過去、現在、未来永劫、クジラに ...

29キログラムのプラスチックごみを飲み込んだ後に亡くなったマッコウクジラが岸に打ち上げられて発見された。2月下旬に南スペインの沿岸のムルシアで発見されたオスのマッコウクジラは、私達に海のプラスチックごみが深刻になってきていることを表しています。 調査後「 ...

古式捕鯨発祥の地、太地町にある町立くじらの博物館で、飼育中に死んだクジラやイルカ、魚などの供養祭が、きょう(4/2)行われました。 地元の僧侶が、館内にある慰霊碑の前でお経を読み、職員30人ほどが手を合わせました。 供養祭は、毎年、開館記念日のきょう4月2日に ...

 クジラの生息状況を調べるため、約3カ月にわたる南極海調査捕鯨を終えた船団が31日、山口県下関市下関港に入港した。 計画通りにクロミンククジラ333頭を捕獲。反捕鯨団体シー・シェパードの妨害活動は受けなかったという。  入港したのは日新丸(8145トン) ...

9メートル、9トン 絶滅危惧種、市と漁協対応協議 伊東市川奈の定置網に大きなクジラが入り19日、新井の伊東魚市場に引き上げられた。いとう漁協によると、体長約9メートル、重さ約9トンのセミクジラという。同漁協川奈定置網担当理事の加藤敦之さん(52)は「今まで ...

 象牙はワシントン条約で1989年に国際取引が禁じられた。各国が国内市場も閉鎖する中、日本は国内流通を認めている。これが違法取引の温床になっているとの国際批判があり、今回の措置はこれに応える形だ。中川雅治環境相は2日の閣議後記者会見で、地方環境事務所4カ ...

全国で初めて摘発された、中国へ象牙を密輸出しようとした未遂事件で、日本国内で象牙の調達役をしていた中国人の男が、逮捕されていたことがわかった。全日本象牙卸売センターの専務・土屋雅右容疑者(47)は、2017年、象牙の板など、605本を中国に密輸出しようとした疑いが持 ...

 【ヨハネスブルクAFP=時事】南アフリカ政府は25日、昨年1年間で1000頭を超えるサイが、角を狙う密猟者に殺害され、状況は改善されていないと発表した。サイの角は人間の爪と同じくたんぱく質の一種ケラチンで構成され、中国やベトナムでは伝統薬や媚薬(びやく ...

2018年1月11日に熊野新聞に掲載された太地町民の声です。【姉妹都市提携に異議あり】 太地町はデンマーク領フェロー諸島の町クラクスビークと姉妹都市提携の意向である。私たち住民のほとんどはフェロー諸島がどこにあるのか知らない。クラクスビークという町の所在もわから ...

クジラ・イルカ殺しの日本にさらに付け加えられた『象虐待国家』という異名世界自然基金「日本は世界最大の象牙市場であり象牙加工産業の故郷」 差し押さえ象牙データベース(ETIS)集計、世界輸出象牙の95%が日本経由研究を口実にした捕鯨と残酷なイルカ虐殺で悪名高い日本 ...

前回の記事から半年余りが経過しました。※前回の記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1890392.html「「株式会社ラフテル」無登録象牙18本、社長ら27人を象牙不正取引で古物商を書類送検」申請書類が虚偽とみられるケースが相次ぎ、業者による代行登録を ...

【ジュネーブ時事】絶滅の恐れがある動植物を保護するワシントン条約の締約国は27日、ジュネーブで常設委員会を開き、日本の調査捕鯨などを審議した。日本政府からイワシクジラの捕獲状況について報告を受けた上で、違法性の有無を検証。12月1日までの会期中にも、審議 ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、国内希少野生動物種に指定されている、イヌワシの羽の羽箒(はねぼうき)の違法売買が行なわれた事実をつかみ、香川県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、香川県警の皆様のご ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、国際希少野生動物種に指定されている、オオカミの剥製が違法な売買目的でオークションに出品された事実をつかみ、沖縄県警察本部長様宛に告発いたしました。https://headlines.yahoo.co. ...

絶滅のおそれがある野生生物の保護をはかるワシントン条約の会議で、日本が北西太平洋で行っているイワシクジラの調査捕鯨について各国から商業目的ではないかという懸念が相次いで示され、日本に対し、実態を調べる専門の調査団の受け入れなどを求めていくことになりました ...

 野生生物の絶滅を防ぐため国際取引を規制するワシントン条約の常設委員会が27日、ジュネーブで始まった。日本が北西太平洋で実施しているイワシクジラの調査捕鯨について条約違反の可能性もあるとして、純粋に科学目的なのかどうか精査する専門調査団を受け入れる ...

 これ以上、国際的な世論を無視できない。  国内の象牙取引である。アフリカゾウが生息するケニアなど4カ国が、日本を名指しで批判する議案を、11月末に始まるワシントン条約の常設委員会に提出した。  条約締約国会議は昨年、象牙目的の密猟で絶滅する恐れがあるとし ...

トランプ政権は, 2014年にオバマ政権によって禁止された禁止令を逆転させ, ジンバブエとザンビアで殺害された象のトロフィーをアメリカに輸入することを許可する方針。http://abcnews.go.com/US/trump-admin-reverse-ban-elephant全世界で象牙取引が全面禁止及び停止してい ...

Pollution, littering and poaching have led to the rapid decline in population of four species of sea turtles that are native to Malaysia, and now subsequently classified as endangered. But many fail to realise that sea turtles are imperative in mainta ...

 北西太平洋での調査捕鯨を終えた目視採集船「勇新丸」(乗組員18人)と「第3勇新丸」(同19人)が26日、山口県下関市の下関港に帰港した。  調査捕鯨を巡っては6月、水産庁が捕獲可能なクジラの頭数を算出することを目的とした新計画(2017~28年度)を発 ...

Japan said Tuesday it killed 177 whales off its northeast coast in an annual hunt that sparks anger among animal rights activists and others.Three ships which left port in June returned with 43 minke whales and 134 sei whales, the number stipulated befo ...

 絶滅の恐れが高いためワシントン条約で国際取引が禁止されているアジアの小型サル「レッサースローロリス」をタイから輸入しようとしたとして、千葉県警生活経済課と東京税関成田支署、成田空港署は11日、関税法違反(無許可輸入)未遂の疑いで東京都葛飾区東水元4、無 ...

 流通大手イオンが、全国で展開するショッピングセンター「イオンモール」での象牙製品の販売を2020年から禁止する方針を固めたことが1日、同社への取材で分かった。密猟によるアフリカゾウ絶滅の懸念から、ワシントン条約締約国会議は各国に国内市場の閉鎖を求める決議を採 ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、オオカミ4頭分の毛皮の違法売買が行なわれた事実をつかみ、福岡県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、福岡県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘 ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、ハイイロオオカミの毛皮の違法売買が行なわれた事実をつかみ、茨城県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、茨城県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者 ...

皆様、日ごろよりLIAをご支援くださり誠に有難うございます。このたび、LIAでは、種の保存法に違犯する、ベンガルトラの毛皮が日本国内で違法に売買された事実をつかみ、山梨県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、山梨県警の皆様のご協力により、種の保存法違反 ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、オオカミの剥製の違法な売買が行なわれた事実をつかみ、埼玉県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、埼玉県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘発 ...

地球上で生息数や生息地が急激に減っている動物は、絶滅の危険が指摘されている希少動物に限らず、従来考えられていたよりはるかに多いことが、新たに発表された研究で明らかになった。 メキシコ国立自治大学の生態学者、ヘラルド・カバジョス教授や米スタンフォード大学の ...

香港税関は6日、過去30年で最大規模となる約8トンの象牙を押収したと発表した。 押収された象牙の時価は推定7200万香港ドル(10億円2100万円以上)。マレーシアから到着した貨物船に積んであった魚介類の冷凍ケースの下に隠してあったという。 当局は男1人と女2人を逮捕し ...

私がインターネット上で違法に取引される希少野生どうぶつを見張り始めて1年半が経ちます。(LIAは団体設立当初から、野生どうぶつの密猟現場の最前線と販売現場の両方で活動し続けています。また、ネット上の、どうぶつ犯罪と環境犯罪も監視し続けています)。昨年の10月に ...

皆様、日ごろよりLIAをご支援くださり誠に有難うございます。今回、LIAでは、違法な象牙の売買が行なわれた事実をつかみ、鳥取県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、鳥取県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘発することが出来ましたことをお伝 ...

カワウソ10匹を密輸しようとした疑いで、日本人の男が逮捕されました。  タイ・バンコク郊外の空港で11日、42歳の日本人の男がカワウソ10匹をスーツケースに隠し、許可なく国外に持ち出そうとした疑いで逮捕されました。男は警察の取り調べに対し、「カワウソが可愛いと思 ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、トラの牙の違法売買が行なわれた事実をつかみ、山口県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、山口県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘発しました ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、トラの頭骸骨の違法売買が行なわれた事実をつかみ、山口県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、山口県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘発しま ...

皆様、日ごろよりLIAの活動をご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、違法なオジロワシの剥製の売買が行なわれた事実をつかみ、宮城県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、宮城県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘 ...

※日本国内のコウノトリは1971年に絶滅している。世界的にも絶滅に瀕している。   現在、日本に生息している固体及びこの記事の個体も、中国から輸入して繁殖させた外来種である事をはじめにお伝えしておく(LIA担当者)。 島根県雲南市教育委員会は20日までに、コウノトリ ...

インドネシア税関当局は、181匹のトカゲ、65匹のヘビ、7匹のカメを荷物に入れて、違法に国外へ持ち出し、日本に密輸しようとした、日本人「内藤克人」を逮捕した。2017年5月16日、ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港の検疫施設で記者会見した。インドネシア当局は、25 ...

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館は2日、飼育中に死んだ鯨類や魚類などの冥福と飼育動物の長生きを祈る供養祭を営んだ。館内にある供養碑前で地元の住職が読経する中、職員約30人が静かに手を合わせた。 開館した昭和44年4月2日の記念日に合わせ、約30年前か ...

パリ郊外にあるトワリー動物園内のサファリパークに6日夜、何者かが侵入してサイ1頭を射殺し、角を奪って逃げた。 パークの発表によると、犯行グループはゲートや複数のドアをこじ開けて侵入。「バンス」と名付けられていた4歳の雄のミナミシロサイを撃ち殺した後、チェ ...

皆様、日ごろよりLIAをご支援くださり誠に有難うございます。 今回、LIAでは、日本国内で、違法なオオカミの毛皮の売買が行なわれた事実をつかみ、三重県警察本部長様宛に告発いたしました。その結果、三重県警の皆様のご協力により、種の保存法違反の犯罪者を摘発するこ ...

 タイ警察当局は28日、生きたカワウソやフクロウをスーツケースに入れて日本に持ち帰ろうとしたとして、野生動物保護法違反の疑いで福島県白河市在住の日本人の男(57)を逮捕したと明らかにした。 警察によると、男は27日夜、首都バンコクのドンムアン空港で日本行 ...

ケニアの国立公園に生息するアフリカゾウ(AFP=時事)  環境省は、印鑑などの象牙商品を取り扱う事業者について、届け出制から登録制に改め、罰則を厳しくする方針を固めた。悪質業者の排除に向け国内市場の管理を強化するのが狙い。今国会に種の保存法改正案を提出し ...

地上で最も速く走る哺乳類、しなやかで素早いチーターの数が激減し、急速に絶滅に向かっていることが26日発表の新しい研究で分かった。英ロンドン動物学会の報告によると、野生で生息するチーターはわずか7100頭しか残されていないという。 チーターは野生動物の保護区を ...

 9か国で押収された違法象牙の90%以上が、政府の古い備蓄象牙ではなく、この3年間に牙を採取する目的で虐殺されたゾウのものであることが、7日に発表された最新の調査報告で分かった。 米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された米コロンビア大学(Columbia University)の ...

東京犬猫日和様が日本国内の象牙取引について、10月3日のLIAの記者会見の内容を踏まえて書いてくださいました。とても端的、的確にまとめられた記事になっています。象牙問題に詳しくない方でも、簡単に問題点がわかる記事です。是非ご高覧くださいませ。↓↓↓↓↓http://to ...

 リオデジャネイロ・パラリンピック競泳男子の南アフリカ代表アクマット・ハッシム(Achmat Hassiem、34)は、レースに臨む際、サメが背後にいると想像することで自分を奮い立たせている。10年前に自分の片脚の半分を食いちぎったあのサメだ。  南アフリカ・ケープタウン( ...

ゴリラが絶滅の危機に瀕しています。私たち日本人がそれに大きく加担しています。その理由を簡単にわかりやすく説明させて頂きます。まずは、下記の記事をお読みください。――――――――――――――――――――――――――――――― 【9月6日 AFP】 国際自然保護連 ...

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.