NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

カテゴリ: 避妊去勢手術について

いつもLIAをご支援頂き誠に有難うございます。おかげさまで、何とかこれまで日々活動ができております。最近は寒さも緩み、春らしい季節になって参りましたが、皆様におかれましては、朝晩と日中の温度差が大きく、体力が消耗するため、体調など崩されていないでしょうか?さ ...

LIA支援者様の皆様、いつもご支援を頂きましてありがとうございます!。さて、この度は、「ペニー」の譲渡が決まりましたので御報告させていただきます。 日ごろからご支援を頂いておりますLIA支援者様の皆様は、ペニーの経緯について、大変よくご存知かと思いますが、私た ...

LIA支援者様の皆様、いつもご支援を頂きましてありがとうございます!。皆様からの具体的なご支援のお陰様で、日々無事に活動させていただいております。さて、この度は、「ペニー」の子どもである「うず子」の譲渡が決まりましたので御報告させていただきます。日ごろからご ...

※この記事は2012年3月16日に記載した記事のアーカイブです。The Kennel Club's Illustrated Breed Standards犬を、紐や鎖で繋いだり、猫を、完全に室内に閉じ込めて飼育したりする事、私たちは本来、間違っていると思っています。ヨーロッパの国の中には、犬を鎖で繋いで飼 ...

ペニーと子どもたちは、一時預かりさんの元を離れ長野のシェルターに来ました。毎日2回、朝と夕方にペニーの子供たちをシェルターの敷地内に放します。子どもたちは初めてみる世界に心躍らせ、敷地内の草や土を食べたり、りんごを食べたり、他の兄弟たちを追いかけたり、追 ...

12月2日   生後8週間。もう生後2ヶ月か、とも、まだ生後2ヶ月だ、とも思います。  4匹ともすっかり柴ミックスのような姿形で、ペニーに似て短足になりそうだという予想はすっかり裏切られました。垂れていた耳も、みんなピンと立ちました。  ペニーは授乳を激しく嫌が ...

11月11日   生後5週間。小さな怪獣度が増してきました。 かまって、かまってー、と短い後足で立ち上がって催促するのですが、手を出すとかじるかじる。抱っこしても、手や指や服をかじるかじる。サークル内の床に敷いてあるシートもかじってぶん回してビリビリにします。 ...

10月28日   生後3週間。目はすっかり開き、歯も形になってきました。そこら辺にあるものをカジカジ破壊しはじめる日は近いです。ペニーがお尻を舐めて刺激しなくても、自力でおしっこを出せるようになってきました。ケージの周りにシートを敷き、ケージの中には何も敷かな ...

10月25日   半目で気持ち悪かった仔犬たちの目が、ぱっちり開いてきました。まだ見えてるのかどうか怪しい感じですが、気持ち悪さはなくなりました。「なんだかわからない動物」から「子犬」への過渡期です。四本の足を必死に動かして移動する範囲も、少しずつ広がってき ...

10月22日   夜は私が寝る前に、ペニーには仔犬たちのいるケージの中に入ってもらい、扉を閉めます。先住犬も猫たちも、仔犬にちょっかいを出すことはありませんが、私が寝ていて気付かない間にペニーが授乳中の仔犬たちを引きずってケージの外に出てしまうと、仔犬たちは ...

10月20日   仔犬たちは、まるまると太り、パッツンパッツンにはち切れそうです。今までは鳴き声が、キューキューピーピーいう感じで、声だけ聞いていても何の動物かよくわかりませんでしたが、最近は一丁前に「キャンキャン」と吠えるような鳴き方をすることもあります。 ...

10月14日 生後1週間   ペニー、頑張って子育てしてます。仔犬たちは、相変わらず犬っぽくはないですが、それぞれなんとなく特徴が出始めているように思います。大きさも、出産直後と比べて一回り以上大きくなっているような気がします。♀2匹は、よく飲みよく寝て、♂ペ ...

10月10日   授乳時の様子をよくみていると、仔犬4匹が一斉に飲み始めるのではなく、2匹は飲んでいてもあとの2匹はちょっと離れたところに転がっていたりします。ペニーは転がっている子を鼻先でつついて起こします。すると、仔犬は我に返ったように目を覚まし、よちよちと ...

10月8日 ケージに敷いたタオルの上に、黒い紐のようなものが落ちていました。拾ってみると、干からびた臍の緒でした。仔犬4匹とも臍の緒がなくなっていましたが、2本しか見つからなかったので、あとの2本はペニーが食べてしまったのでしょう。  出産翌日の今朝、先住犬 ...

10月7日 体温36.7℃   あれ、体温が36℃台だ・・・ずっと37℃台できたのに、と思いながら朝の散歩。いつもと様子は変わらず。日中は私がバタバタしていてほとんど家に居ませんでしたが、夕方戻ってくると、ペニーはなんとなくソワソワしていました。  物陰の暗いところ ...

10月6日 体温 37.7℃ 特に様子は変わらないので、産まれるのはまだ先でしょう。お腹はさらに大きくなってきてるし、お乳も張ってきて、ますます妊婦犬らしくなってきている。足が短い子なので、階段を上り下りするときにお腹を擦ったりぶつけたりするんじゃないかと心配 ...

10月2日(水) 体温37.7ºC 検温、初トライ。床の上ではじっとしていないペニーも、抱き上げて膝の上であおむけにすると大人しくなるので、その状態で直腸温を測ったら、すんなりいった。獣医師と話し合い、毎朝検温することにしています。 お腹を触ったら、中で動いている ...

2013年9月24日、センター(殺処分施設)から収容期限が切れたテリア系雑種犬(雌)を引き出しました。クリニックでのメディカルチェック後、家に連れて帰り、一時預かりが始まりました。引き出し直後から私の顔をペロペロ舐めるような人懐っこくて可愛い子です。「ペニー」と ...

要旨 本研究の目的は、TNRと捕獲・安楽死のどちらがより費用効果の高い野良猫数のコントロール方法であるか調べることであった。システムモデリングソフトウェアSTELLA 7を使い、今後30年で1つのコロニー内の猫の数がTNRおよび捕獲・安楽死によってどのように変化するかと ...

本日1月22日は、朝からLIA長野動物収容施設の取材がありました。気温差がある施設中で写真を撮ったため、レンズが曇っています。記者の方も犬と生活をしているという事で話しが弾みました。この方のワンちゃんは、少し問題行動があるということで詳しくお話を伺いました。こ ...

二匹の元気な、あかりの子供たちは、一時預かり様のところに旅立って行きました。 暫く、この日記は御休みさせて頂きます。 ...

先程、二匹の猫が息を引き取りました。 飼育していた私の責任です。覚悟と意識が足りませんでした。きちんと育児ができなくて、ごめんなさい。二匹には、申し訳ないことをしてしまいまいました。償いきれません。今日から、一時預かりさんのところに行く予定だった四匹。こ ...

あかりの子供たちは、とても元気に、飲んで寝て、飲んで寝てを繰り返すので、だいぶ大きくなりました。子供の成長は早いです。飲んだ分、出るので、すぐにタオルが糞尿だらけです。当然、子供たちも糞尿だらけになるので、拭いても拭いても追いつきません。とても可愛い事に ...

今朝から激しく鳴くように元気になり、段ボール箱から出て、動き回ってしまうので、キャリーに入れる事にしました。子供たちが、ミルクを欲しがる時を見計らって、あかりの前にも再び置いて、授乳するかようすを見ました。退室し、部屋を30分くらい締め切っていました。仔猫 ...

昨晩から今朝方の危機を乗り越えた、あかりの子供たちは皆元気です!。一晩越えることが出来ました。私は今朝、明け方から、うたたねのような浅く短い睡眠を繰り返して朝になりました。理由は勿論、数時間おきの授乳です。本日、あかりの前に4匹の子供たちを置いて退室し、30 ...

怖れていた事が起きました!。 あかりは出産を終えましたが、子供たちの育児を放棄し、へその緒が付いたまま、ぐったりとして全く動かない、死亡しているように見える子供が2匹横たわっています!。私の身体は、血液が逆流するような、頭に血が上るような、脳ではなく、身体 ...

今、あかりを保護している別室に行き、少しだけようすを確認したら、一匹目が生まれていました!。か細い声で「ミャーミャー」鳴いています。「ごめんごめん」と、あかりに伝え、出産を目撃した事を謝って、室内から出ました。今、部屋を温めています。これから全匹生まれる ...

あかりの御腹を見て下さい。凄く大きいでしょ。生まれそうです。生まれるのが待ち遠しいのですがもう少しかかるようです。「元気な子どもを生んで、遺伝子を残す事。 」これは、全ての生命が生まれてきた理由の一つであろうと思います。あかりも、その本能にしたがって子供を ...

「あかり」は、宮城県の殺処分施設(宮城県動物愛護センター)に搬送される当日の朝に保護した猫です。LIAメンバー1名とボランティアさん2名の3人で、他に保護した猫たちも7匹連れて、健康診断を受診させようと、動物病院に向かう途中、LIAのボランティアさんが「この子、御 ...

The Kennel Club's Illustrated Breed Standards犬を、紐や鎖で繋いだり、猫を、完全に室内に閉じ込めて飼育したりする事、私たちは本来、間違っていると思っています。ヨーロッパの国の中には、犬を鎖で繋いで飼育する事自体が虐待だという考え方もあります。私たちも賛成で ...

かねてから友人の獣医師にお願いして互いの時間が合った時に、避妊去勢手術を見学させてもらう約束をしていました。今日は私の午前中の仕事が思いのほか早く終わり、午後も休暇を取っていたので友人に電話をし、手術があるかどうかを問い合わせてみました。友人は病院の昼休 ...

要約 猫における麻酔関連死亡例(AAD)は希少事象ではあるが、人間の場合よりも頻繁に生じる。猫の麻酔関連死亡例における検視は非一般的であり、結果については散発的に公表されるのみである。ここでは、猫における54例の麻酔関連死亡例の所見を報告する。顕著な肉眼 ...

LIA代表です。この文章を書くのはとても辛いです。情報が交錯していますので、この文章を公式の文章とします。まず、LIAは、震災直後から被災地の動物の救出に、宮城県と岩手県に入ってきました。その中で、被災による動物の救出と同時に、現地の殺処分問題にも取り組んでき ...

THE URBAN WILDLANDS GROUP et al., Plaintiffs and Respondents, v. CITY OF LOS ANGELES et al., Defendants and Respondents; NO KILL ADVOCACY CENTER et al., Movants and Appellants. Court of Appeals of California, Second Di ...

Bird lovers take issue with a city-subsidized nonprofit in Sun Valley that traps, sterilizes and then releases feral cats, saying it violates state environmental laws and doesn't reduce the population The line forms even before the doors open at FixNa ...

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.