NGO Life Investigation Agency

Life Investigation Agency (LIA) は、人類以外の生物種保存に貢献し、Investigation (調査) を主に行い、その生物種が現在よりも優れた生活を送ることが出来るようにするために、あくまでも生物救済を目的として設立された営利を目的としないNGO団体である。
Life Investigation Agency (LIA) We are an independent campaigning organization to investigate, expose, inspire and campaign against the illegal trade in wildlife, illegal logging and trade of timber species, the destruction of our natural environment and the abuse for animals.
WEB SITE:http://ngo-lia.org/

カテゴリ:殺処分「ゼロ」キャンペーン > 咬傷犬

チャンスが来た。エルに興味があるという方が現れたのだ。その方は保健所に掲載されている彼の写真を見て連絡してきたのだった。お越しになる際は、お世話をしていただく方全員で彼を見に来ていただくようにお願いした。「チャンス」と先に述べたが、それは同時にこの方が「 ...

エルに手からりんごを上げてみた。「手から」というのは、手のひらに乗せてということである。私が人の手のひらに乗ったものを彼が食べる姿を見たのは、東日本大震災後に一時保護飼育をお願いしていた動物保護団体でのことだった。もう3年以上前のことになる。そのときは、職 ...

エルの足を拭いてみた。そもそも、これまでエルは動物保護施設に入るときは常に土足である。土足厳禁の施設内において、それはエルだけに許された「特権」のようなものだった。更に彼は、自らのバリケンに入る際もそのままの足で入るので、敷かれているマットやタオルはすぐ ...

 エルが足に飛びついてきた。それは、いつもと変わらない彼との散歩の最中だった。私が散歩の途中で一休みしていると、彼は私をちらりと見たかと思うと、足元に来てピョンと私の左足に飛びついてきた。少し驚いたが、彼の頭を撫でると暫く尻尾を振っていた。それから暫くす ...

 エルに舐められた。朝、エルと散歩しているとき、最近いつもしているように、しゃがんで彼を呼んでみた。彼は近づいてきて、私のあごをぺろりと舐めた。彼と再開して3週間が過ぎ、エルは、徐々に私を思い出してきたのか、受け入れ始めたのか、いずれにせよ、よい傾向だ。 ...

 散歩の途中、エルに触れてみた。しゃがんでエルを呼んでみると、すぐに彼は寄って来た。3ヶ月前と一緒だった。しかし、緊張しているのか、私に触られると彼はピョンと地面を低く飛び跳ねた。少し歩いて、もう一度しゃがんで彼を呼んでみた。すると、最初と同じように彼は私 ...

 朝、エルに近づき、不意に彼のバリケンの扉を開けてみた。彼は、少し威嚇したが、それ以上何かをしてくる気配がなかったので、彼を散歩に連れ出すことにした。そろそろ彼を散歩できるだろうと思った。エルと離れてから3ヶ月と2週間が経っていた。散歩の途中、彼は、チラチ ...

エルをいつも散歩しているメンバーが彼に咬まれた。それは、彼の頭を撫でているときだった。他の犬を散歩しているときに、遠くから「痛っ」と言う声が聞こえてきた。メンバーに近づいてみると、手のひらから大量の血が流れていた。どうやらエルの牙が刺さったようだ。いつも ...

他のキャンペーンが終わり、長野の動物収容施設に保護されているエルに会いに行くと、彼は私の事を忘れていた。彼と会わなかった期間は、約3ヶ月。私としては、こうなる事は予想していた。以前も同じ事があったからだ。ちなみに他の犬たちは私の事を憶えていた。3ヶ月前は ...

 エルは、ボランティアさんに前足をかけてクンクンと鳴いていた。ボランティアさんを受け入れようとしているのである。このボランティアさんがシェルターを訪れたのは、今回で10回目くらいだろう。月に4日程度来てくださるボランティアさんだ。彼女は、来たときはいつも、エ ...

本日、長野市の最高気温は28度。いよいよ長野も毎日のように暑くなってきました。シェルターでは、暑さ対策として、「よしず」を置きました。これを窓際に置いただけでシェルター内部は、大分涼しくなりましたが、残念ながら更に暗くなりました。本日は、「犬を家族に迎えた ...

 ボランティアさんにエルが懐いた。これは衝撃的なことだった。このボランティアさんがシェルターを訪れるのは4回目。こんなに早くエルが懐いた人は、私が知る限りLIA代表くらいしかいない。このボランティアさんは女性。何故、彼がこのボランティアさんに懐いたかについて ...

 朝、エルのバリケンの前を通ると、唸る声が聞こえてきた。エルが私に対して威嚇していたのだった。こうなる予感はあった。なぜなら、いつもと履いているズボンが違うからだ。このズボンは他の活動で使っていたもので、活動先で洗濯をした後、一度もカバンから出していなか ...

 最近、エルは、散歩の途中、突然足を突っぱねて抵抗することがある。これは、「もうこれ以上は散歩に行かない」ということだ。彼は、特に怒られたときにこういう行動をとる。例えば、猫のう〇こを拾い食いしようとした時に食べさせないようにリードを強く引っ張ったり、少 ...

 エルに舐められた。それは、彼を散歩させていたときだった。いつものように彼を散歩させているとき、立ち止まり「待て」を彼に伝えた。彼は、暫く私を見ながら待っていたが、待ちきれなくなったのか、私がしゃがんだ際に私に近づいてきた。そして、体を摺り寄せてきた。彼 ...

  エルがメンバーを咬んだ。エルが長野に来て以来、これで5件目の咬傷事故だ。これまで、エルは、精神的にある程度落ち着いていたように見えたのだが、彼がいつも慣れているメンバーに噛み付いたのには驚かされた。エルが噛み付いた理由は、自分が置かれている状況が気に入 ...

  エルは、長野に来てから既に私を含めて4人を咬んでいる。嫌な事や恐怖を感じると、人を咬めばよいと考えているようだ。LIAに引き取られるまで、彼がどのように育てられてきたのかは分からない。甘やかされて育ったのかもしれないし、もしかしたら虐待されて育ったのかも ...

 咬傷犬日記をまた書き始めようと思う。それは、個人的に時間が出来たという勝手な理由からだ。この日記に出てくるのはエルである。エルに関しては、「咬傷犬日記」及び「続・咬傷犬日記」を見ていただければと思う。なお、両者とも少し長い日記である事はお許しいただき ...

32日目 午前中、施設で犬の散歩と猫の世話をした。一先ず最後になるエルの散歩をスタッフのDさんと一緒にした。犬の散歩、猫部屋の掃除を済ませ、御昼を施設で頂くと、エルに声をかけてから彼の部屋に入った。エルはこれまで通り私を受け入れてくれた。中腰でエルを撫でる ...

31日目 朝、施設に行くとスタッフのMさんから新幹線が止まっているという情報を聞いた。咄嗟に「今日、俺、帰れないじゃん」と言う言葉が出た。Mさんは私の言葉に苦笑いしていた。昼過ぎに最寄の駅に行って電車の状況を確かめた。駅員のはなしによると、朝と比べて、現在 ...

30日目 午後、施設スタッフのMさんとエルの散歩に同行した。今更ではあったが、Mさんが最初にどのようにエルと接したのかを聞いてみた。「とにかくこの子は威嚇が酷くてね。最初は餌から接した。中々懐かなかったけれど、1ヶ月位してからかな、急に甘え始めたのよ。他の ...

29日目 エルのリードを施設スタッフのDさんにお願いして再び持たせてもらった。エルはじろりと後ろを振り返り私を見た。彼は暫く歩いて、再度立ち止まった。少し嫌な予感がした。Dさんは「ちょっといいですか?」というと私からリードを取り上げた。「何なんだろうな」D ...

28日目 久しぶりにエルのリードを持った。施設スタッフのDさんとエルの散歩に同行した帰り道の事だった。リードを渡されたとき、特に緊張感は無かった。最近、エルの犬舎でエルを良く触っているからだろうか。緊張と言うよりむしろリラックスしていた。今、エルの散歩は ...

27日目 昨日から施設の前の道が騒がしい。祭りが始まったからだ。普段は車通りがあまり無いのだが、昨日からは車通りが激しく、本日は渋滞するほどだった。祭りは施設から4キロの位置で行われているらしい。歩いて行ける距離ではあるが気もちが向かない。ここ数日、施設スタ ...

26日目 本日は、朝と夕方、共に施設スタッフのMさんと私のタイミングが合わなかったので、エルの散歩には同行できなかった。しかし、お昼休みになって外にいるエルに会いに行った。エルはいつものように私のにおいを嗅ぎ、その後、後ろ足立ちで私に体を預けてきた。暫く撫 ...

25日目 朝、施設の犬舎に行って犬たちに挨拶をした。エルに挨拶をすると尻尾を振って迎えてくれた。今日は友好的だった。毎日彼に触れているのが良いのかもしれないと思った。一瞬彼と散歩もいけるかもしれないと思ったが、彼を観察していてそれはやめることにした。施設ス ...

24日目 昨日の疲れが残っていた。朝、施設に行くとスタッフのMさんが来ていた。スタッフのDさんは遅れてくるとのことだった。Mさんと少し話していると、昨日の疲れが取れず特に腰が痛いとのことだった。犬を散歩し始めるとボランティアのKさんが来た。挨拶をするとKさ ...

23日目 施設スタッフの方が一人風邪で休みだということを同スタッフのMさんに告げられた。恐らく、もう一人のスタッフの方は来るだろう。今日は3人だと言う事だ。私は犬を散歩し始めた。イヴを散歩させていると、歩道と車道の間で止まっている車に出くわした。近づいてみる ...

22日目 本当にエルの気持ちが分からない。朝、犬舎に入り犬たちに挨拶をした。エルに挨拶をすると私を見て唸っていた。機嫌が悪いのだろうか。施設スタッフのDさんが現れると甲高い鳴き声になった。嬉しいときに出す声である。私に対して警戒しているだけで、特に機嫌が悪 ...

21日目 朝からトラブルが続き施設に着いたのは11時が過ぎたころだった。すでに犬たちの朝の散歩は終わっていて、ご飯をあげる段階になっていた。今日はいつもより仕事が遅れているようだった。私はエルにご飯をあげ、猫部屋に入り掃除のお手伝いをした。昼休みになるとエル ...

20日目 エルは恐らくかまって欲しいのだと思う。でも彼の場合はかまえる人が限られている。そのため彼の欲求は満たされない。本日の仕事が一段落した午後5時半、犬舎でエルが鳴いていた。いつまでも鳴いているので私が見に行くと、彼は犬舎の中でそわそわと動いていた。「ど ...

19日目 エルは相変わらず他人行儀である。以前のように自分からどんどん私に撫でられようとしてこない。お昼休みにエルの外の犬舎に行ってエルを撫でるも、私の顔色を気にしながら私を試しているように思えた。何か彼の中で私に対する気持ちが変わってしまったのだろうか。 ...

18日目 おやつを5個持って昼休みにエルに会いに行った。エルは寝ていたようで、小屋から出てくると一旦背伸びをした後、おやつを見せるとお座りをして待ち、ひょいと投げ入れてやるとそれを器用に口で受け取った。その後、柵越しに撫でた。エルは私をどこまで記憶し認識して ...

17日目 空いている時間にエルの外にある犬舎に行って出来るだけコミュニケーションを取ろうと思った。最近、エルが私に対して素っ気無い態度をとるのが気になっていた。エルがまずやる事は人の足元の匂いを嗅ぐ事である。それでまず知っている人の匂いか確かめているようで ...

16日目 エルのリードを持ってみた。施設スタッフのDさんとエルの散歩の帰り道だった。Dさんからリードを渡されるが、エルは私がリードを持っていることに気がついていない様子で、歩道を前に前に歩いて行く。Dさんと私が足を止めているときも、彼は私たちの事を気に止め ...

15日目 エルのリードを持ってみたが、まだ散歩できる状態ではなかった。私を明らかに警戒している。その証拠にリードを持ったとき彼の目つきが変わった。リードを渡してくれた施設スタッフのDさんもその表情に困り顔だった。エルの様子を見ていると、私を匂いだけで判断し ...

14日目 施設に着くと犬たちに挨拶をした。なぜかエルはご機嫌斜めだった。奥に行くと犬のけんたの姿が無かった。誰かが散歩に連れ出したようだった。一先ず、他の犬をを連れて散歩に出た。扉のところでけんたを連れた女性スタッフIさんに出会った。私は少し驚いた。けんた ...

13日目 エルが牙を剥いた。それは彼の犬舎に入っているときだった。体を触っていたら突然私を見上げて威嚇してきた。私は驚いたが、手を出さないようにとっさの判断で万歳のポーズをとった。すると、彼は今度はクンクン言い出した。いつもの彼に戻っているようにも見えた。 ...

12日目 今朝は施設スタッフのKさん、私、Cさん、Dさん、そしてTさんと仕事をした。Dさんと話すと、朝、腰が痛くてシップをして、さらに薬を飲んできたという。私も昨日の夜は腰が痛く、寝ているときに寝返りを打つのが大変だった。既にスタッフのSさんは腰痛でダウン ...

11日目 エルの部屋に入った。今日はあまり緊張 はしなかった。仕事の進み具合の都合で午後のエルの散歩に同行することができなかった。ちなみに午前中は施設スタッフのDさんとエルの散歩に同行した。良く考えてみると、エルと再開して以来、まだ 彼のリードを握っていなか ...

10日目 エルの部屋に入った。少し緊張した。それは午後5時過ぎだった。午後5時に仕事は終了した。昼時に施設スタッフと話をして、終了の目標を5時に設定していたので丁度良い時間に終わったことになる。唯一終わらなかったのは、犬舎のストーブに火を灯すことだった。火 ...

9日目エルの檻に入ってみようと思った。しかし、結果的に出来なかった。私自身が疲れていたからだ。本日は施設スタッフが人が少なく、することも多かったため、午前中の仕事が終わったのは午後2時を回っていた。施設のボランティアのKさんが来てくれたので、その後の仕事 ...

8日目本日は朝から晴れていたが、乾燥していて寒い日だった。連日血便を出している犬がいるので施設の代表に相談した。便についている血は鮮血ではないので、少し心配だ。それに比べ、エルは今日も元気だった。エルは施設スタッフのDさんと散歩に出ると必ず途中でリードを ...

7日目 エルは今日も柵越しに甘えてきた。今週は檻の中に入って見たいと思う。最近、年末に保護した犬が血便を出していた。少し心配だ。施設スタッフとエルにとってのナンバーワンは誰かと言う話が出た。つまり、一番誰がエルに好かれているかということである。いつも彼の ...

6日目 犬猫の譲渡会が行われた。私は、エルのことに夢中になっていて譲渡会が行われること を忘れていた。本日は寒さのためか、あまり人があつまらなかった。エルの様子は日に日に良くなっており、私に対しても以前のように散歩前に飛び跳ねて喜び を表現するようになった。 ...

5日目 雪が舞っていた。施設スタッフの方の話しだと最低気温はマイナスだとのことだったが、昨日より大分暖かい気がした。エルは相変わらず散歩中にリードを咬んで不満を訴えていた。いつもの事ながらスタッフのDさんはそれの動きに動じない。またかというように、咬ませる ...

4日目エルはなかなか私に甘えてこない。それが少し気がかりだった。以前であれば、エルは散歩に行く際、喜びを垂直ジャンプで表現する。それを私にも見せていたのだが、再会してからは一度も見ていない。まだ私に対して他人行儀である。だが、私から餌をもらうときはしっかり ...

3日目いつものエルに戻っていた。朝、犬舎に入って施設の犬たちに挨拶をする。皆、尻尾を振ったり、飛び跳ねたり、ワンワン鳴いたりして挨拶を返してくれた。エルは尻尾を振って迎えてくれた。彼は、散歩に連れて行ってくれる施設スタッフのDさんやMさんに対して、嬉しさの ...

2日目エルに朝の挨拶をする。エルは尻尾を振って答えた。いつものエルのようだった。施設スタッフのDさんと朝の散歩に行った。相変わらず、う〇こを取り上げられると不満だと言うようにリードを咬んできた。暫くそのまま歩いていると止彼は咬む事を止めた。いつも通りだった ...

再会初日エルは私を忘れていた。犬舎に近づくと彼は私に対して威嚇し吠えた。こんなまさかのような状況は少しは想像していたが、現実になるとは恐ろしいものだ。他の犬の私に対する反応はまちまちで、犬舎入り口のダックスフントは、私をなんとなく忘れていた。しかし、他の ...

このページのトップヘ

※LIAのサイト内の画像、動画、文章など、すべての著作はLIAに属します。画像、動画、文章などの全体、一部に関わらず、無断転載や無断使用を禁止します。 ※LIA owns the copyrights of all the contents in the LIA website including images, videos and text. Unauthorized use or copying of these items, whether partially or in their entirety, is prohibited.