最近、体力が落ちてきたな〜

元気が出ないなー

ストレスがたまってるな〜  と感じたことはありませんか?

 栄養士のとも代    なんですが、、、

ヨガの講師で教室も開いています。


 運動できるほど…時間が無い…

運動苦手…という方

 呼吸法って運動になるんですよ!!

内臓のエクササイズなんです。


 呼吸筋は20代をピークに衰えます。

呼吸筋が衰えると少しの運動で

息苦しくなったり、ウイルスを吐き出す力が弱まるので病気のリスクが

高まったりします。


 深い呼吸によって体の隅々まで酸素がいきわたると肩こりや

緊張性の頭痛、手足の冷えも改善が期待されます。


 鼻呼吸が良いのはご存知の通りヨガでは

鼻から吸って鼻から吐きますが慣れないと息苦しく感じる場合があるようであれば、

鼻から吸って口から吐くというのでもいいのです。


余裕が出てきたら吸ったらお腹をふくらまし、

吐いたらお腹をへこますように意識をして呼吸を行なうと


 腹式呼吸に即して横隔膜が大きく動き

腸やリンパが刺激されて

便秘の改善やむくみ解消につながります。



 呼吸によって

全身がリラックスすることで神経伝達物質の「セロトニン」が増加します。

うつ病などの心のトラブルを遠ざけることにもなるんです。


 日々のほんの少しの呼吸への意識が

体も心も元気にしてくれます。


 まずは、試してみませんか?

ほんの数分  できるところから…

                  Let's try !!