2007年01月19日

サブbutプレシャスストーリー。(2035)

流星!


今年は念願の馬主リーディングダッシュに成功♪(2回目)

それもそのはず、各地で個性豊かな子たちが大活躍してくれました。
では今年は、よしだみほさんの「馬なり1ハロン劇場」風にお送りします♪
ネタ元→Wikipedia

まずはTMオペラオーくん主宰のゴルコレクラブ代表にはもちろん彼。
ガーリーウィナー(米)くん(ガーリーミス×Morning Rail)。

今年は遂に7歳。昨年末にはまさかの連敗を喫し、
能力的な衰えが心配されていましたがなんのなんの。
今年ももはや彼の定番ローテーション(3年連続)で、
ガルフストリームBCHからスタートし、クイーンエリザベス鏡ぃ但
シンガポール航空IC→アイルランドチャンピオンS→凱旋門賞
→ハリウッドターフCSと、
ここにきて2度目の年間完全勝利&WSRC3連覇を達成!
殿堂入り「世界を股にかける馬」と同時に、破格の2000万円で種牡馬入りしました。
本当に恐れ入ります。(通算G毅横馨 )
これでまたまた後継馬でも出そうもんなら、本当に「最強馬」ですね。

続きましては「恋の長距離戦」シリーズ♪
いや、ほんとは「恋のマイル戦」シリーズなんですけどね。
代表は米国の5歳牝馬、ガーリーウインク(ガーリーカード×ガーリーブレス)と
欧州の6歳牡馬、ブランセントリュ(ガーリードア×ブランウォレシアナ)。
ダート適正の有り無しにこそ、差はあるものの、ともに適距離が万能・長って
ことで、いっつも同じレースを仲良く走ってくれました。
てことで、2頭が同時に走った全レースと結果〜♪

33 メルボルンC    ガーリーウインク:1着 ブランセントリュ:2着
33 香港ヴァーズ    ガーリーウインク:1着 ブランセントリュ:2着
34 ゴールドC     ブランセントリュ:1着 ガーリーウインク:3着
34 ロイヤルオーケ賞  ブランセントリュ:1着 ガーリーウインク:2着
35 ドバイシーマC   ガーリーウインク:1着 ブランセントリュ:2着
35 サンファンカピストラーノH   ブランセントリュ:1着 ガーリーウインク:2着
35 ゴールドC     ブランセントリュ:1着 ガーリーウインク:3着
35 アイルランドセントレジャ-   ガーリーウインク:1着 ブランセントリュ:2着
35 香港ヴァーズ    ブランセントリュ:2着 ガーリーウインク:3着

…仲良ぇな〜!!!
特に、ガーリーウインクの引退戦の香港ヴァーズではセントリュくんは2着になって
気を遣ってるところなんか♪(親バカ)
てことで、ウインクさんは今年で引退されましたが、ブランセントリュくんは
来年ももう少し頑張ってもらう予定です!

続いて「ムーヴオブサンデー著:人×馬恋愛成就シリーズ」。(あったっけ…?)
主人公はもちろん、
ドライアードカーセ(日)(More Franca×ブランクインシー)×三条メグ!
ドライアードカーセ5歳で三条メグは21歳年齢的にピッタリで。(根拠はないけど)
成長特性:早熟であっただけに、今年はさほど期待していなかったのですが、
それでも春先に、川崎記念→タタソーズゴールドC→帝王賞と、
芝・ダート問わずG毅穫⊂,鮠り、無事種牡馬&殿堂入り!
デビュー戦からすべて鞍上は三条メグ騎手!
まだまだ一流とは言えない彼女ですが、人馬ともによく頑張ってくれたと思います♪

そして「商社シリーズ」。
ボワルセル系は…やはり≪蠖山≫とでも言うところでしょうか。
世界各地で連携をとり、新興企業に成長した蠖山。
前述のブランセントリュ、ドライアードカーセも活躍しましたが、
それよりも何よりも。今年は欧州3歳のブランロンバルドくん
(ガーリードア×ストーンカーセ)が、
片っ端から契約をかっさらってきてくれました♪
まず手始めに(有)ノアイユに契約交渉させると、あっさり契約を持ち帰り、
将来の糧になればと、ダメモトで送り出した大会社《英国優駿》とも
あっさり交渉締結。さらにその関係各所である<愛蘭優駿><英国専斗>とも
次々に契約成功!<凱旋門>と<日本杯>ではベテランのコネに敗れたものの、
来年も更に多くの契約を締結してくれそうなホープの誕生です。

そして「シメ」はもちろん「ブロコレ倶楽部」。
このゲームプレイ内でも「ブロコレ的に大物」が誕生してしまいました…。
その名はガーリーフォールト(欧・ガーリーフラミンゴ×Desaucered Rubia)。
デビュー線であっさり勝ち上がり、そのあと2度、8着が続くも4戦目の
チャールズウッティンガムHが初重賞&G犠,繊
…ここまでは絶好調だったのですが…、
以降ほとんどG気箸呂い─∪績は…あΒ□□□、あ→→、あ→□□□□→Б→→→(笑)
結局最後の2年間は1つも勝ち星から縁がなくして引退。
着やC紊砲覆襪燭咾法◆屬△ 舛笋辰討癲舛拭繊糞磧法(c)ナリタトップロード
という叫び声が聞こえるような気がしていましたよ、あたしゃ。
とはいえ、この子もG毅馨,婆技種牡馬入り。
勝ち損ねたG気諒は後継に託すことになりました。

この年は他にも書ききれないことがいっぱい、あったんですが、長くなっちゃったのでこの辺で。30年越しに流星が流れたりね♪

<2035年おもなできごと>
ブランクインシー産駒・ドライアードカーセ(日)、川崎記念、
     タタソーズゴールドC帝王賞制覇!&殿堂&種牡馬入り!
ストーンカーセ産駒・ブランロンバルド(欧)、イギリスダービー、
     アイルランドダービー、アイルランドセントレジャー制覇
                  &欧・最優秀3歳牡馬&年度代表馬獲得。
日英米ダービー制覇
ブランループ産駒・ブランシーンゼロ(欧)、チャンピオンS制覇!
ブランウォレシアナ産駒・ブランセントリュ(欧)、サンファンカピストラーノH、
        ゴールドC、ロイヤルオーケ賞制覇&欧・最優秀ステイヤー獲得!
名声値50000到達
ガーリーウィナー(米)でWSRC3連覇!&欧・最優秀4歳以上馬獲得。
NPC馬Blum Jukebox(欧)、種牡馬入りでリファール系が再興
ブランリゾルヴァー産駒、ブランクロスロード(欧)種牡馬入り。
ブランベル(米)、後継を3頭残し種牡馬引退。
最優秀馬主賞獲得!
ガーリーアイデア(米)、米・最優秀3歳牝馬獲得。
ハイペリオン系、ガーリーチャーム(米)、リーディングサイアー獲得!

<2036年年頭におけるボワルセル系血統支配率>
日本:2.9%(↑) 米国:3.7%(↓) 欧州:3.7%(↑) 世界:10.3(↑)
代表種牡馬:ブランリゾルヴァー(欧)

liarno_wp at 11:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!2031-2040 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔