2009年02月26日

サービスはできるだけスマートに。

 申し込み用紙を手渡しするにも、さっと取り出して、はいどうぞ、と渡せなくては。がたがた、バタバタしていたら、それだけでお客さんに気を遣わせてしまう。どこが「お気軽に」なんだ?
 そのためには、カウンター周りを整理整頓して、必要なものがさっと取り出せるような配置にしなくては。って、なんでこんな初歩的な事書いてるんだろう。きっとあれだ、整理整頓して、各種用紙もスマートに取り出せる配置にしたのに、あっという間にその上にものを乗っけられて、取り出せない状態にされたからか。
 館内での作業もそうだよね。返架とかはまあしかたないとして。展示・新着等の欠品補充も必要悪だけど。
 展示の入れ替え作業などは、お客さんに見せる仕事じゃない。
 できることなら、開館時間外にやりたいのだけど。
 開館前は他の作業で手一杯だし、閉館後は早く帰りたいと急かされるし。
 「この展示は、館内整理日に」と案を出したものを、なぜ開館中に入れ替えようとするか。この展示を入れ替えるには、エントランスの通路を半分も占拠して、いかにも「作業中です」という状態にしないとならないと言うのに。すぐにでもやらないと時期を逃す展示を、準備ができているにもかかわらず、なぜほったらかすか。わからん。
 って、こんな舞台裏、書いちゃうあたりも、全然スマートじゃないんだけどね。

lib110ka at 23:05│Comments(0)TrackBack(0)clip!このエントリーを含むはてなブックマーク 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔