2011年07月02日

図書館のWebページで、検索しないでも欲しい情報にたどり着くシステムを作る

マイタンの合宿に向けて、アイデアメモ。

図書館のWebページで、検索しないでも欲しい情報にたどり着くシステムを作る

【発想の発端】
リアルな図書館では。
・リアルな図書館は基本的にはブラウジングによって本にたどりつく。OPACはほとんどおまけでしかない。
・NDC順に並んでいるのもそうだけど、展示や別置など情報提供のためのさまざまな工夫がある。
・レファレンスサービスにより、自分で探さなくても、探してもらえる。

これがリアルな現実。
しかし。

・図書館HPになるととたんに関係が逆転する。
・サイトに掲載されているのは、お知らせ的なものが中心。
・本の情報は、OPACを検索しないと得られない。
・が、検索語は非常に限定されている。「正しい」検索語で無いと、ヒットしない。
・ブラウジング性はほぼない。
・代わりに探してくれる人もいない。
・欲しい情報とは言ったが、そもそも、明確な情報要求などそもそもない。あるのは漠然とした「何か無いかな〜?」
・情報要求が明確化されていないのに、何を見つける手段が、明確な言葉を入れなければならないOPACというのはハードルが高い。

なので、これを解決するために、図書館サイトに何かしかけが欲しい。

・本の情報が垂れ流される、何か。
・ランダムに、あるテーマのリストが提示される。
・とりあえず入れた言葉に、完全にヒットしなくても、とりあえず何かを提示するOPAC(情報量はほどほどに多い方が良い)
・とりあえず入れた言葉から、発想を広げてくれるOPAC。
・言葉入れる前から、何か提示してくれるとなお良い。
・たとえば、その時、流行っている言葉を自動取得してきて、あらかじめ検索してリストやビジュアルの状態でHPに表示するとか。(ったーシリーズの図書館サイト版?)
他 いろいろ。

具体的なことはともかく。
リアルな図書館でできていることは、できれば、サイトでもできて欲しい。
HPが「Web上の図書館窓口」「Web分館」というのであればなおさら。それが実現できるような機能を。

あと、ヘンに技巧に走らない。シンプルで、直感的に分かりやすい、デザイン性のあるもの。
バーチャル図書館にはならない。
あくまでも、図書館サイトに、リアルな図書館機能をつける。
一般人目線で。

というようなことを、まずは漠然と。

lib110ka at 14:59│Comments(2)TrackBack(2)clip!twitterでつぶやくこのエントリーを含むはてなブックマーク 日記 | 図書館雑記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マイタン合宿@真鶴に行ってきた  [ 図書館雑記&日記兼用 ]   2011年08月02日 23:39
7月30日から8月1日まで、真鶴で行われた、マイニング探検会の合宿に参加してきました。 マイニング探検会自体は去年の4月から参加しており、今回も、事前にグループ分け/議論を進 ...
2. ブクリス作ったよ  [ 図書館雑記&日記兼用 ]   2011年11月27日 11:31
「理想の図書館サイトを作るぜ!」から始まったマイタン理想の図書館班(また勝手に違う名前付けてる)ですが、先日の図書館総合展のブース展示並びにフォーラムで「ブクリス」と ...

この記事へのコメント

1. Posted by なぐもん   2011年07月11日 23:42
乗っかる形でブレストしたキーワードをぺたり。

夏をテーマに
利用頻度の低い本を表示
NDCの全区分から一冊づつ
... 貸出率の高い順 最近借りられた本 よく検索される
本と雑貨が一緒に表示される
お酒と本 本を選ぶともう一冊でてくる
コンシェルジュ 勝手にオススメ
占い しし座のあなたは 毎日更新
色イメージ キーワード 掛け合わせ
押すと広がるインターフェイス
2. Posted by 110kA   2011年07月13日 22:17
その心は?

というか、MLの方にも投げてくれると助かるるるー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔