2010年05月

オリコン1位も夢じゃなかった

初音ミクのCDがオリコンで1位を獲得したらしいですね。

しかし初音ミクがここまでヒットしたのもまた面白いというか興味深いというか。




ミクのヒットって色々な要素が重なってると思うんです。

近年はPCスペックの上昇や、音楽制作ソフトが充実してきたこと、それらの低価格化によって今まで音楽に触れることができなかった人も気軽に作曲ができるようになってきました。
そういう土台があったからこそ歌い手であるDTMソフトには以前から需要があったわけです。

しかしミクの前身であるメイコやカイトはあまり注目されてなかったんですよね。メイコやカイトもミクには及ばないものの合成音声ソフトとしての完成度は十分に高いはずなのに。(一応補足しておくとメイコはDTMとしては異例のヒットと言える販売数を記録しています。ミクの売り上げが異常なだけで)



ではなぜミクはここまで注目を浴びることになったのか。


まずはなによりも印象的なキャラクターのおかげでしょう。
青緑色のツインテール、襟付きノースリーブの上着とネクタイ、ミニスカート等など、所謂萌えキャラを意識してのモノです。
こういう外見を設定したからこそ、興味があったけどDTMを買うのに躊躇していた人やDTMを知らなかった人にも幅広くアピールができたのではないでしょうか。尤も、元々こういうソフトを使っていた方には不評な面もあったらしいですけどね。
また、キャラクターの二次創作利用が公式で認められている点も、ソフトとしてではなくキャラクターとしての初音ミクの人気拡大につながったのは疑いようがありません。

そしてメイコやカイトが持ちえず、ミクが手に入れた最も大きなモノこそ、ミクが"歌を発表する場"、即ちyoutubeだったりニコニコ動画なんですよね。
製作者が視聴者の反応を見れることは勿論、その動画からミクに興味を持った人が新たな動画(歌)を作成する、と言った好循環を生み出せたのもミクの人気の一端となっているのだと思います。



つまりは、需要という下地があって、キャラクターとしての魅力があって、ソフト自体の性能の高さがあって、さらには製作したものを披露する場があった、という事が初音ミクのヒットの要因になったと私は考えています。まあヒット商品と言われるモノは全て上記の条件を持っていますので当たり前といえば当たり前の事ではありますけど。

少々話はそれますがニコニコ動画の御三家、つまりはボカロ、アイマス、東方ってどれもキャラクター+音楽っていう共通点があるんですよね。近年の涼宮ハルヒ、けいおんなどのヒットを見ると今の時代は女の子+音楽がヒットの鍵になってるのかもしれませんね。




現在ニコニコ動画においてボーカロイドのオリジナル曲は実に1万以上、ボーカロイドが関わる動画は9万を越えており、その人気はまだまだ衰えることを知りません。
これからも彼女達の歌声からは目が…いや耳が離せませんね。



と、言いつつ実はあんまりボカロの曲を知らないワタクシ。
カラオケで歌える曲くらい覚えとこうかな。





それにしても情けないのは音声合成ソフトごときに負けるじぇいぽっぷ(笑)ですよねー。
最近はよくアニメとかのCDがオリコン上位に来ることが多くなりましたが、それだけ一般向けのCDが売れなくなったことですね。違法DLが原因と必死で言うだけじゃなくて(実際の一因にはなってると思いますが)、今となってはコレクターズアイテムでしかないCDがどうやったら売れるようになるのか業界の人は真面目に考える時期にきてるんじゃないでしょうか。

ヴォヤージュ2010(BlogPet)

盈虧の「ヴォヤージュ2010」のまねしてかいてみるね

日曜日の上空は、打ち上げ延期は21日をこめていく月の打ち上げは宇宙という理由だけで最大のはなく、たった100キロ程度の技術によって、暁の真上で重力のでしょう。
いっていた♪
未来と言われる、多大な♪
半径6300キロ程度の巨費をこめて最も明るいと引き換えにも見た発射予定日は至極当然の資源などの面子や人類ができたことの純粋なリスクと言われる、46億円も見た最先端の気のよう祈りを作り、宵の幻想が起こって最も明るいと引き換えに目的地に知ることのはなく投じて地球を作り、という世界にあふれた最先端の到着を持ってくれる日を待ちわびて地球を重ねるの大地を重ねるの檻から抜けること?
それが残された世界はできなく、期待と言われた。

*このエントリは、ブログペットの「ニャイトウ」が書きました。

ヴォヤージュ2010

日曜日の夜空は実に印象的でした。

夜空のなかでは月を除いて最も明るいと言われる、宵の明星、金星がこれから満ちていく月の真上で輝いていたのです。

まるでそれはこれからそこへ向かう金星探査機"あかつき"の到着を待ちわびているかのようにも見えました。



宇宙という世界は実に魅力にあふれた世界に見えます。
それは宇宙に眠る未知の資源などの"物"ではなく、知らない世界を少しでも見たい、知りたいという人類の純粋な好奇心がそうさせるのでしょう。それこそが宇宙開発の根本にあるものだと私は考えます。
そして、その単純な好奇心に加えて国の面子や人類が培った最先端の技術によって、46億年の気の遠くなるような歴史の中で始めて地球を飛び出す権利を得て月の大地を踏みしめることができたのです。


もしかしたら誰も見たことの無い景色が見れるかもしれない、自分の知らない世界のことがちょっとでも分かるかもしれない、という理由だけで数百億円もの巨費を惜しみなく投じてロケットを作り、多大なリスクと引き換えに宇宙へ送り出し、さらに何年もの月日をかけて無事に目的地にたどり着いてくれる日をひたすら待ちつづける。
なんともロマンあふれる話ではありませんか。



あかつきの打ち上げ延期は残念な気もあります。
しかし、打ち上げはロケットにとって最初で最大の関門です。慎重に慎重を重ねるのは至極当然のこと。

今の技術を持ってしても天候一つ変わっただけで重力の檻から抜けることはできなくなってしまう訳です。半径6300キロの球体の裏側で何が起こっているのか瞬時に知ることができる時代だというのに、たった100キロ程度の上空は果てしないほど遠い。それが宇宙と言う世界です。




新たに設定された発射予定日は21日早朝。

一先ず今は、暁の星へ向かう船が無事に旅立ちますよう祈りをこめて。


いってらっしゃい。
未来と言われていた二十一世紀にも、期待と数多の幻想が残された世界へ。


Bon Voyage!!

金星の女神様にヨロシクな。

静岡ホビーショウ

静岡ホビーショウに行ってきました。
模型もまともに作らなくなって久しいんですけど、なぜかホビーショウには毎年行ってるんですよね。

ssh





まあガンプラくらいしか見てませんが気になる物でもいくつかピックアップしてみます。続きを読む

地方(BlogPet)

ニャイトウは、出雲地方開通するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「ニャイトウ」が書きました。

みやじま!

っていうと最近流行の萌えアニメっぽい。けーおんとかよく分かってないんですけど。

ああ、GWももうすぐおしまいですね。働きたくないでござるー。


さて、折角のお休みなのでお約束の遠出をしてきました。
今回は広島です。
hirosima





中学生の修学旅行以来だな!

つっても目的は市街から少し離れた廿日市市の方。タイトル通り世界遺産にして日本三景の一つ、宮島です。
フェリー





宮島









続きを読む

猫(BlogPet)

きょうニャイトウは、祈願するつもりだった?
それできのう、後藤さん雪猫の札幌っぽい登場しないです。

*このエントリは、ブログペットの「ニャイトウ」が書きました。
livedoor プロフィール

八月十五日 盈虧

Recent Comments
Siren鯖-Blog更新情報
  • ライブドアブログ