The Best Albums of 2020

IMG_3018
(画像順:右下1位、2位からは順に左へ)

2020年は在宅が多かったのでかなり久々にたくさん新譜を聴けた。ベストにはそんなに反映されてないけれど、ジャズ(特にUKジャズ)をいつもより多く聴いた。最近のジャズは自由で面白いね。

以下はベストについて、日記的な意味合いで適当にメモ。

例年より良い出会いが多く、1〜8位は気分で入れ替わるくらい良かったな。




10. Jeff Parker / Suite for Max Brown
トータスのメンバーJeff Parkerのソロ。一応ジャンルはジャズの範疇だが、空間的な音造りはおそらく彼オリジナルのものなのかと。


9. Kassa Overall / I Think I'm Good
ロバートグラスパー以降のジャズ×ヒップホップ。ジャンルレスな方向に隆盛を極めるジャズ界隈の中で、特にジャズから逸脱していて好きだった。


8. Busty and the Base / Eddie
ネオソウル、ファンク、ヒップホップあたりを通過した今風なサウンドだが、全体としてはメロディアスで「ポップス」と称して良いレベルのハイスタンダードなクオリティになっている。レーベルはBroken Social Scene界隈でお馴染みのArts & Craftsから。 


7. Braids / Shadow Offering
アニコレに影響を受けてることで知られるカナダのミニマルなエクスペリメンタルポップバンドの久々の作品。プロデュースは元デスキャブのクリス。名盤の1st、native speakerから好きなバンドだが、よりダイナミックで美しく力強い世界観になった印象かな。



6. 田中ヤコブ / おさきにどうぞ
中村一義を引き合いに出されるようなビートルズ的メロディのポップミュージック。日常を想わせる一見平和な歌詞なのに、風が吹いたら飛んでいってしまいそうにどこか儚く美しい。


5. Lemon Twigs /  Songs for the General Public
相変わらずの60s〜70sテイストなギターロック風なのだが、過去の音楽に憧れた音楽では全く終わらず、むしろ全く新しい音楽に感じるのが彼らの音楽の不思議なところ。Twitterで「彼らこそポップこそ前衛を地でいく」というツイートを見かけたけど全く同感。


4. Cindy Lee / What's Tonight to Eternity
元Womenのフロントマンのプロジェクト。ドリーミーで耽美的な世界観の中、妙にローファイでザラついたギターとかフィードバックノイズなどがかき鳴らされていてまさに混沌。インディギターロック近年稀に見る怪作か?2020年最も衝撃を受けた作品。


3. Sondre Lerche / Patience

ノルウェイのSSWの9作目。今回は1st 〜2ndを少し彷彿とさせる歌中心の曲が多い。ジャンル的にはチェンバーポップ〜ソフトロックっぽい。彼の作品に外れはないがここ最近の中で抜けて好き。


2. Grimes / Miss Anthropocene

イロモノとも取られそうなほど、キャッチーでありながらダークな方向性に振り切れてる。好みが分かれそうだが、ぶっ飛んでてカッコいい。


1. ラブリーサマーちゃん / The Third Summer of Love
飾らない真っ直ぐな言葉と直球なギターロック。年をとり無意識に感情が鈍くなりどこか背景が灰色になっている日常の中でハッとするような思いがした。サウンドはティーンの頃に聴いていた音楽の集合体のよう。ブリットポップ、ウィーザー、スーパーカーなど。聴いていて感じるノスタルジーはかつて実感できていた感覚なんだろうか?「懐かしいのは悲しいことなのかな?」の言葉が刺さった。懐かしい感覚はどこか悲しくも眩しい。




The Best Albums of 2019

IMG_2638

新年明けましたが、例年どおり一年をアルバム単位で振り返ります。

音楽を主体的に聴く時間や精神的余裕がなく、自然と元々好きだったバンドやTwitterやネットメディアで話題になってたものが多くなりました。(最近そろそろ主体的に聴ける余裕が生まれそうな気配も?)


では、下に各アルバムの雑感を。


1. OGRE YOU ASSHOLE / 新しい人
まるで生の実感が得られない未来世界を描く風刺的なSFのよう。メロディもビートもグルーヴも全てが抑制されて感傷や高揚を許さない。表面的には優しいのに感触が無機質なのは今までどおりの方向性だけれど、世界観の解像度が圧倒的に増していて、寒気がするほど。ラストに「恥ずかしいことを始めよう、ドキドキしながら」と人間的欲の渇望を歌う曲、動物的/人間的で終わるのがまたイイ。


2. Big Thief / Two Hands
個人的には今年の洋楽勢で1つ頭が抜けてた存在だった。アシッドフォーク的美しさを丁寧に追求したU.F.O.Fも甲乙つけ難いクオリティだったが、歌とバンド演奏のエモさが爆発している今作の方がよりグッときた。Notを聴くと、感情が昂って、じっとなんかしていられない。


3. ミツメ / Ghosts
メロディが優しく、浮遊感とうねるグルーヴとが同居して夢心地になる。どの作品も好きだけれど、今までで一番好き。


4. DIIV / Deceiver
轟音ギターが最高の無骨なシューゲイザー。言葉はいらない。願わくば生で聴いてブチ上がりたい。


5. SOLEIL / LOLLIPOP SIXTEEN
エルビスコステロのオマージュジャケのとおり、英国ポップス(主に60s)の引用祭り。総じて聴いて受ける印象は、渋谷系アイドルのように軽やか。おじさん的音楽偏愛がつまった作品だが、歌も含め、妙に完成度が高くて◎。


6. Godtet / II
アンビエントなインストのダンス。この類の音楽はつい敬遠しがちなんだけど、肉体的でノリやすいのでこれはイケた(アップルミュージックではジャズとカテゴライズされてる)。ジャンルレスでカッコいい。


7. (Sandy)Alex G/ House of Sugar
話題の名作だったが、単純にメロディが好きなので聴いてます。雰囲気だけで言えば、Jens Lekman、Destroyerなどに通じる優雅さを感じてそこが好き(特にラスト曲)。もうちょっと聴き込みたい。


8. Steve Lacy / Apollo XXI
The Internetのメンバーのソロ。
メロウでソウルフルな歌とファンキーなベースライン、レイドバックしたムードなどが独特な雰囲気。ジャンル横断的な良作。


9. Chris Cohen / Chris Cohen
元Deerhoofのギタリストの緩くてでグッドメロディなSSW作。DeerhoofよりはCurtainsの作風に近い。


10. Vampire Weekend / Farther of the Bride
雰囲気が前作までから変わり、最初いまひとつな印象だったけれど、これはこれでアットホームでいいな、と思う今日この頃。


The Best Albums of 2018

IMG_1977

1. シャムキャッツ / Virgin Graffiti

2. MGMT / Little Dark Age

3. Hop Along / Bark Your Head Off Dog

4. Yo La Tengo / There’s a Riot Going on

5. Homecomings / Whale Living

6. Say Sue Me / Where We Are Together

7. Gate ballers / 「The all」=「Poem」

8. Lemon twigs / Go to School

9. Alpaca sports / From Paris with Love

10. カネコアヤノ / 祝祭


備忘録メモとして、それぞれ雑感を

1. シャムキャッツ / Virgin Graffiti

自然体なシンプルソングズ路線を突き詰めた前作と変わり、例えばくるりやスピッツのようにJpopよりな立ち位置で、人懐っこいスウィートな歌モノが多かった印象。気づけばヘビロテして今後も愛聴しそう。


2. MGMT / Little Dark Age

こいつらのアルバムは毎回評価がなかなか定まらない。イマイチかなーと思えば一年後には最高!ってなったり。フジロック2018以降、摩訶不思議な変態ポップワールドに再びやみつきに。今までで一番ドリーミーなところも好みなポイント。


3. Hop Along / Bark Your Head Off Dog

基本的に情報ロクに調べずにイメージで適当に聴いてるタイプなので勝手にカナダのBroken Social SceneかArcade Fireのメンバーかなんかのバンドかとずっと思ってた笑 今年のベストギターロックアルバム。


4. Yo La Tengo / There’s a Riot Going on
ちょっとアンビエントっぽいけどいつものヨラテンゴ。行きつけのお店でも毎朝飲むお気に入りのお茶でもなんでもいいけど、自分にとってヨラテンゴはそんな感じの何か。

5. Homecomings / Whale Living
前作は年間ベスト1位に選んだくらい大好きなバンドなので期待値高かったけど、今作も最高でした。コーラスが綺麗でほんのり暖かい感触のあるアルバム。

6. Say Sue Me / Where We Are Together
全体的にYo La Tengoっぽいがもっと疾走感あってポップ。シューゲイザーやらサーフロックやらギターポップやら色々好きなんだなーって感じが伝わってきて、アジア(韓国)のバンドらしいなー。The Raveonettesっぽい曲も多い。

7. Gate ballers / 「The all」=「Poem」
ダークでセンチなギターロックは久々に聴きました。歪んでいて毒のある雰囲気がクセになる感じ。

8. Lemon twigs / Go to School
ジギースターダストとかトミーとか、つい往年の名作を連想してしまったが、歌詞、全然聴いてないからもったいないかな、、、

9. Alpaca sports / From Paris with Love
超絶爽やかギターポップ。まぁ年を取っても変わらず好きだよねこういうの。

10. カネコアヤノ / 祝祭
カネコアヤノ初めて聴いたんだけど、思ったよりロックでノリいいし、声好きだし、自然体な感じの曲も好みだし、今後注目しときます。
記事検索
The Best Albums of 2011
Liberalmusik on Twitter
ギャラリー
  • The Best Albums of 2020
  • The Best Albums of 2019
  • The Best Albums of 2018
  • The Best Albums of 2017
  • The Best Albums of 2017
  •  The 10 Best Albums of 2016
プロフィール

liberalmusik

liberalmusik / 珠玉の5枚
大好きなのに、聴くのがもったいない気がして案外聴いてない
…そんな名盤たちです。











QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ