Tame ImpalaJagwar Maに続き、ますます盛り上がっているオーストラリアのインディシーン。最近気になっているオーストラリアのバンドについてまとめてみました。


Beaches
beaches

ローファイなガレージサウンドを鳴らす女性5人からなるバンドですが、新譜でノイ!のミヒャエル・ローターが参加したことによって(たぶん)話題になった(っぽい)彼女ら。ミニマルに反復されるノイジーなギターロックサウンドがとても心地よいです。(→You Tube)


San Cisco
San Cisco

前々から話題になってた男女混成Voのインディポップバンド。キャッチーで可愛らしいメロディが魅力的で、仕事中にも脳内がタララッタ、タララッタッタ♪ してしまっているのはきっと僕だけじゃないはず…!(笑)(→You Tube)


The Preachers
preachers

最近知ったバンドなんですがYou Tubeの再生回数から察するに有名なんでしょうか。Haimもそうだけど、こういう"渋い往年のロックに影響を受けた今風のインディバンド"って今すごくニーズがありそう…!あと、女性Voの歌い方はなんとなくFeistに似てますね。(→You Tube)


The Jungle Giants
the jungle giants

カラフルに疾走する爽やかインディポップ。Spearmintあたりに通じるものを感じました。新曲I Am What You Want To BeのギターなんかはDelicate Steveみたいに開放的でとても好き。(→You Tube)


Super Wild Horses
Super Wild Horses

女性2人からなるガレージパンクバンドで、Blood Red Shoesあたりを連想させるようなスリリングかつキャッチーなサウンドが魅力です。地味に今年新譜出してます。(→You Tube)


Pond
pond

Tame ImpalaのメンバーNick Albrook率いるサイケロックバンド。新譜を掻い摘んで聴いた感じだとTame Imalaに比べて静と動、緩と急などの起伏が多くて濃密な印象を受けました。買うの忘れてた…。(→You Tube)