2012年01月14日

サラリーマン、家を探す。


若干前回のブログの続きになるが、1月9日のこと。

臼井、深澤、俺は学生でもないのに、サイゼ(ユーカリ店)で
たらふく食べ、DB(ドリンクバー)していた

サッカー部マネのさとちゃんが一人暮らしを始めるという
情報をきっかけに、一人暮らし論議が勃発

サッカー部の中では一人暮らしをしたことがある者の方が少なく、
エツヲ、フジガ、吉窪、俺がそうだった。


深澤「一人暮らしをしたことない奴は、
    親のありがたみを分かってねぇ」(`д´)



深澤が主張をした。

一人暮らしをしていないことが原因かどうかはわからないが、
確かに俺は親のありがたみを分かっていないと思う。
巷では永遠の反抗期と言われている(んなワケないが)。


深澤「一人暮らしすればお前の大好きな『経験』が身につくぞ」( ̄ー ̄)


この野郎は完全に人をおちょくっていたが、確かにより厳しい環境に
身を置けば”生きる力”が身につくと思う。
今までは家事は母親がやってくれていた分、一人暮らしをすれば
料理、掃除、洗濯など生活へのインパクトは大きい。

また、もともと実家から会社までが1時間という好立地であるため、
会社には不要な一人暮らしにくれてやる補助などない。

そんな状況下でも上手くやりくりして、貯金も十分にできるようになれば、
確実に今よりも”生きる力”が身につくのではないか。

完全に深澤の口車に乗せられているが、
なんだか一人暮らししたくなってきちゃった…。

最近では敷金や礼金を求める物件は少なく、初期費用をさほどかけずに
一人暮らしを始めることができるようだ


俺「俺、一人暮らしするわ


/討里△蠅たみを実感する
◆廟犬る力”を養う
この二つを目的として、一人暮らしすることを決めた。

だが、野郎がまた口をはさむ。


深澤「だが忘れるな、お前からWISH(車)をとったら何が残る?
    サッカー部から大ブーイングだぞ」(`д´)



この野郎は俺や臼井を無料タクシーとしか思っちゃいねえが、
確かに最近アウトドアな俺としては車が使えなくなるのは面倒だ


帰宅後、早速「SUUMO」で検索してみる


【検索条件】
ヾ望エリア
・通勤時間が実家通いと同じでは一人暮らしをする意味がないので、
 通勤時間が今よりも短い場所がいい。
・実家に容易に車を取りに帰れる場所がいい。
   ⇒総武線沿線
・家賃補助がないため、家賃を抑えたい
   ⇒千葉県内

家賃
   ⇒7万円以内

1悗らの距離
・通勤時間をかけたくないため、駅から遠くないところがいい。
   ⇒駅から徒歩10分以内

っ枅数
・古い家は地震とセキュリティが不安
   ⇒築10年以内


これらの条件で検索してみたところ、200件程度ヒット
物件情報を見ていると、いくつか特徴を発見


(振儔板
・船橋            … 7万円近く
・西船橋、本八幡、市川 … 6〜7万円
・下総中山         … 5〜6万円

駅からの平均距離
・船橋、西船橋 … 徒歩10分以内
・本八幡、市川 … 徒歩7〜10分
・下総中山    … 徒歩1〜5分

4崋茲
どの地区も大差はなく、バス・トイレ付の6〜8帖のワンルームや
1Kがほとんど。


調査の結果、下総中山が激アツだということが判明したッ
(通勤時間:約30分)
このあたりの総武線は京成線と並行しているので、
実家にも帰りやすい

しかしながら、下総中山は各駅停車しか止まらない駅のため、
大きな駅に比べて生活が不便かもしれない。
スーパーやコンビニ、クリーニング屋や病院など店舗や施設の
充実具合を追跡調査する必要がある。
ただ、下総中山の隣駅はそこそこ大きな駅である西船橋や本八幡のため、
徒歩や自転車でカバーできるかもしれない。

そして一人暮らしを開始する時期だが、春は進学・就職・異動の時期と
重なるため世の中のニーズがあり、物件の価格が上がるらしい。
そうなると、6月以降が狙い目か。

それまでにはある程度貯金をしておく必要もあるだろう。
今までは何も考えずに使っていたが、一人暮らしは何かと入り用のはず。


オラVS無駄






俺の生活に内在している無駄を








オラオラしなければならない











【まとめ】
俺は、親のありがたみを実感するため、”生きる力”を養うため、
千葉県内の総武線沿線で、駅から徒歩10分以内で、
家賃7万円以内で、築年数10年以内の物件で、
6月以降に一人暮らしをする。
そのために自分の生活に内在する無駄をオラオラして
ある程度貯金をする。



今日の1曲
B'z/BREAK THROUGH







libero_revolution at 01:13|PermalinkComments(2)佐倉 | プライベート

2012年01月11日

週末パターン


最近サッカー部の連中と遊ぶ頻度が異常に高いことに気付いた

そこで、最近の週末の出来事を思い出してみた。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

11/25(金)

ジンギスカン
金曜の夜、会社を定時で
上がってソッコー札幌へ

札幌住まいの吉田と合流し、
ジンギスカン


【メンバー】(手前から)
ムネオ、吉田、臼井、森田



11/26(土)

クラーク立ち選手権


翌朝、


ミスタークラークに


弟子入り





12/3(土)

竹蓋ズ


竹蓋結婚報告会



【出席者】:多数





春日


春日が調子こいてこう言った。




春日「これぐらいのいじりなら
        全然大丈夫だ」




光組

竹蓋パーティー幹事なのに

自分が一番楽しんでいたであろう光

つーかこの写真、宝塚みてーだな(´д`)

光組か?


このあと吉田が失踪。

泥酔して深夜の工事現場侵入。





12/10(土)

鋸山


千葉県が誇るマウンテン・鋸山


駐車場から山頂まで徒歩5分



【メンバー】(左上から)
さとちゃん、ムネオ、
森田、俺、深澤





12/16(金)

深澤と船橋の日高屋で飲み、
臼井、森田と合流してユーカリで飲み直す。

日高屋飲みという新たなルートが誕生。



12/25(日)

またもや深澤・臼井と船橋日高屋でメリークリスマス
いつまでも手つないで いられるような気がしていた(妄想)



12/31(土)

尻文字
9時から染井野でフットサル

14時からユーカリ日本海庄や

吉窪が2011年を表す
漢字一文字を尻文字で表現

そこで書いたのは、最近
サッカー部復帰した広野の広


自己満の笑いに走ったお詫びにレディー・ボボを披露

なぜ吉窪は竹蓋をポールにして、ポールダンスを踊ったのか。

悪がらみ

夜は竹蓋新居で
宅飲みしつつガキ使。



妻に悪がらみするような夫に
ならないようにしましょう。




成田山
年を越して1時半頃、
成田山に初詣。


おみくじで大吉をゲット


つーか後ろでピースしてる
知らねー奴は誰なんだよ




1/2(月)

なぜか臼井と夜の千葉をドライブ
結局296の王将で飯食っただけ(´д`)


1/3(火)

鍋

初の横田企画の新年会鍋。


ゲストに同級生の古賀さんと
石黒さんを招待


新鮮で楽しかった…




だが遡ること数時間前、印西の横田家付近に集合した時のこと。
どこからともなく、激しく俺の名を呼ぶ声が聞こえてきた。


「リベロリベローほら早く買い物行くでぇッ(`▽´)


マシンガンマウス・横田母だった( ̄Д ̄)
なぜ俺が横田母と買い物に行くことになってんだッ
だがその勢いたるや、俺はこう答えるしかなかった。


家政婦のミタ






   承知しました









近くのスーパーに到着。
カートに食材をドッカドッカ積んでいく横田母。


横田母「若い子はこういうの好きやろ?もう一個入れとこかー?」(`▽´)


答える前に、次の食材が投入されていた(´д`)


しかし食材が余りすぎるのはもったいないので、
俺は勇気を出してストップをかけた


俺「いやぁ、そんなに食べられませんよもう大丈夫ですよ



横田母「えぇー何遠慮しとるん?若いんやから食べるやろぉ。
     ほら、チキンも入れとこ私は鶏肉嫌いやけど」(`▽´)




家政婦のミタ





   承知しました

      (´д`)







改めて、26年間生きてきた横ちゃんはすげぇと思った。


1/7(土)

大学の友達と飲んだ後、また臼井と勝田台で飲んだ。


1/8(日)

ゴルフ

横田、竹蓋、石井裕也とゴルフ


竹蓋が月末にコースデビュー
なのでトレーニング。






1/9(月)

またまた臼井、深澤とユーカリのサイゼで会合。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


約1ヶ月半のうちに11回も会っている。

マジで俺、ゲイだな(´д`)


今日の1曲
やさしくなりたい/斉藤和義







libero_revolution at 01:52|PermalinkComments(0)佐倉 

2011年10月10日

ラストカスタマー

10月7日(金)。

俺が南船橋にいる最後の日。


今思えば、色々なことがあった。

学生までの時間の流れに比べて
社会に出てからの時間の流れは非常に速いと言われるが、
入社してから約2年半、学生時代とさほど変わらないくらいの
時間の流れを感じていた気がする。


入社早々研修に遅刻して、研修部屋全体から拍手で迎えられたこと
(でも電車遅延なんですが)

同期と代々木公園でお花見したこと

知らぬ間にPちゃんに寿司をおごってもらい、
一緒に「おっぱいバレー」見たこと

アッコに1週間口きいてもらえなかったこと

ラッシュ中に黒滝さんと池田さんから2時間詰められたこと

アキレス腱切ったこと(会社じゃねーけど)

松葉杖で満員電車に乗って秋葉原での研修に必死で通ってたのに、
人事のGMからいじられたこと

アルバイトさんたちとオールしたこと

同期と誕生日会やったこと

ねもさんと養老温泉に行ったこと

内藤のOJTをやったけど何もしてやれなかったこと

1年目から2年目にかけて毎日のように怒られ続けたこと

パソコン買ってたら遅刻したこと

ゆりちゃんにかつてないセクハラをされたこと

去年の夏から秋にかけて毎日が生き地獄のように感じられたこと

会社を1ヶ月休んだこと

転職活動をしたこと

海老原さん・タカ・カガミ・内藤とスノボに行ったこと

アルバイトさんたちとフットサルの大会に出て優勝したこと

小川さん・吉野さん・ゆりちゃん、ときどきカガミと
B'zだらけのカラオケ大会を開催したこと

翌日仕事なのにタカんちでオールしたこと

タカのお口がカミカミだったこと

なみさきのお口もガタガタだったこと

同期と仕事終わりに野球を見に行ったこと

GMからゴルフに誘われてコースデビューしたこと

同期と車で色々遊びに行ったこと


……ほとんど遊びじゃねーかよ(`д´)

いやいや、他にもあったはずだ。


俺が辛かったときに心配して声をかけてくれた
先輩、同期、嘱託さん、アルバイトさん。

きっと何度も怒鳴ってやりたかっただろうに、
それをグッとこらえて諭すように話をしてくれた平井さんの優しさ。

最初は何となく怖いイメージだったけど、
相手の事をよく考えた言い方をしてくれた原さんの気遣い。

しょーもない高山のいたずら。
(俺の袖机にガムテープ貼るのはマジでアカン)

初めて仕事が楽しいと思えた、センター長、GM、平井さんとの議論。
(仕事が楽しいというよりは、仕事において自分の話を聞き、
理解・同意してくれたことが本当に嬉しかったのだと思う)
おかげで、本部長賞も頂くことができた。

顔が歪むほど仕事がたまっているのに弱音を吐かない内藤や全田の強さ。

人が足踏みしてしまうようなことでも責任感を持って取り組んでいく、
ねもさんの行動力。


2年半の間に多くのものを見てきた。経験してきた。

そんなことを考えていた10月7日の朝、船橋競馬場横のマック、
メッセージカードを書いていると、涙がこぼれた。

しかし始業時間が迫り、赤い目のまま会社に向かう。


平静を装いつつ、残ってる仕事をひたすら片づける
久々に同期で集まって昼飯を食うなんだか、懐かしかった。
仕事に戻り、最後の若葉委員会
皆が心から楽しんで活動するチームにできずに去るのが非常に心苦しかった。
一方で、若葉委員会が最終的にどのような形になるのか、
残る同期や後輩がどのように若葉を作っていくのかが楽しみでもあった。

16:30、俺を含めた、この日が最終出勤の4人からの挨拶。
しゃべる前から涙は出ていた。
ねもさんは笑いを取りつつ、感謝の言葉を述べた。


俺は異動が決まってから最後の挨拶の直前まで、何を話すべきか迷っていた。
しかし結局、自分の言いたい事、思いのたけを言おうと思った。

会社が嫌になり、会社を休み、転職活動をしていたこと。
それでも、この会社で仕事を続けようと決めたこと。
2011年6月25日「覚悟」参照

この話をすることで不快感を与えてしまうのではないかということを恐れていた。
しかし、それでも話をしようと決めた。
他の人のためではなく、自分のケジメのために。
自分の過去を受け入れ、肯定し、次に進むために。


挨拶が終わり、荷造りをしつつ、今度は個別に挨拶回りに行く。
全員に挨拶に伺うことはできなかったが、多くの方々から激励の言葉を頂いた。
同期や有志、チーム、アルバイトさんから送別の品を頂き、
メッセージカードも頂いた。


この部署で、この2年半で最も強く感じたことは、「人の影響力の強さ」だった。
人から優しくされると、感謝の気持ちを持ったり、
前向きな、ポジティブな気持ちになる。
逆に人から心ない仕打ちを受けたり、責められたり、罵倒されると、
敵対心を持ち、後ろ向きな、ネガティブな気持ちになる。

しかし、人が自分に対してどのように接してくるかなんて、
自分の力で強制的に変えることはできない。
また、人の影響力に翻弄され、振り回され続けていれば、
人の言いなりになり、失敗を人のせいにする心や習慣が生まれてしまう。
人から優しくされるのを当てにしていると、人に頼り、
人から与えてもらうことが当たり前だという心や習慣が生まれてしまう。

だからこそ、自分自身を確立することが必要なんだと思う。
自分の中に明確な価値観や良心があり、
それに基づいて自分自身をコントロールする力。
物事を判断する力、選択する力。

基本的には、人には優しくあるべき。
人に前向きな、ポジティブな気持ちを抱かせるように接するべき。
そしてそれが行き過ぎないように、当てにされない程度にコントロールする。


2年半で手に入れたのは、仕事の知識やスキルよりもこういう結論であり、
今後自分はこうありたいと感じたことだった。


明日からは新しい職場で、まるで転職してレベル1に戻ったような、
新しい日々が始まる。
いや、たとえ異動してなかったとしても、毎日が新しい日々なのかもしれない。
俺だけじゃなく、誰でも。


何はともあれ、新しい日々へ、さあ、行きましょう C’mon


ラストカスタマー



今日の2曲
ケツメイシ/涙





B'z/C'mon




libero_revolution at 15:28|PermalinkComments(4)会社 

2011年10月02日

IDOの世界

8月某日。

会社の社内通達情報を閲覧していると、気になる記事を発見。
それは、今後会社が注力するという、とある営業部署への募集記事だった。
俺は入社前から営業をやってみたいと思っていた。
しかしそれが叶わなかった今、次の異動はいつになるのか、
どこに異動になるのか、ましてや営業に異動になる保障など、ない。
自分の意図しないところに異動させられて仕事に文句たれるよりは、
落ちてもいいから応募してみる方がよっぽどいいと思った。
また上司の勧めもあって、応募してみることにした。

以下のような選考の流れとなっている。

―駑爛┘鵐肇蝓
⊇駑狒考
L明
す臠櫃侶萃蠅よび配属先の決定

所定のエントリーシートに応募理由と自己アピールを記入。
営業未経験かつ配属後に取り扱うであろう商品の知識がなかった為、
ネットや社内の情報を頼りに文章を作成。
8月下旬の締切日前日にエントリー完了



9月上旬。

書類選考合格の通知があり、拠点長に報告。
その数日後、人事部担当者が南船橋までやってきて面接が行われた。
面接で問われた内容は、

・応募理由
・強みおよび弱み
・これまでの仕事の中での成果と成長した点

など至極一般的なものだった。
やはりまだ2年半弱しか仕事をしていないような若手に対しては、
専門的なスキルよりはやる気や意欲を見ているのだろうか。
話が終わり喫煙ルームまで案内し、何カ月かかけて作っていた
ペーパー資料を「仕事の成果物」として渡し、面接は終了。



9月下旬。

社内メールにて合格通知を頂く。
しかしそこには配属先は書かれていなかった。
ひとまずほっとしたものの、今後どうなるかは内示を待つ他なかった。



9月末日。

朝に上司に呼ばれ、ようやく内示をもらう。
配属先の部署名を聞くと確かに営業部門だし名前も似ているが、
何か営業じゃなさそう
「○○開発部」ってついてるし



同日夜

遅すぎる正式な人事異動(10月1日付)が発表された。
(通常はもう何日か前に出るんだが)
早速配属先の上司に挨拶の電話を入れる。
多忙なためか、3回目くらいで話ができた。
電話での話から、仕事に関する情報を得ることができた。

・技術的(システム?)な仕事。
・海外とのやり取りを行い、窓口となる。
 (文書、会話では英語をよく使う)
・仕事の難易度が高く、一通り覚えるのに1年はかかりそう。

やっぱり営業担当じゃねぇんだなと確信した
配属先のグループはもともと商品開発の部門にあったが、
今回の組織改編で営業部門に移籍するらしい。
異動先には知り合いはおらず(ビルの中にはいるが)、
グループメンバーも俺よりずっと上の役付者ばかり

ってか、ビジネスの現場で英語のやり取りができるほどの英語力がない
今思えば、面接で聞かれた事が配属先の決定打になったに違いない


人事「北本くんは、英語できるの?」

俺「まぁ…大学で英語をやっていたのと、あと仕事で英語圏の顧客から
  入電があった際は、自分が対応していました。」
  (せいぜい月に1回あるかないかだけど。軽く盛っちゃった笑)



結局、会社員というものは会社の意向に従うしかない。
営業担当の募集に合格しても、会社の都合が変わればそれに左右される。
それが嫌なら、自分のやりたい仕事の求人を探して転職するか、
もはや起業するしかない。

だが、この機会に英語力を強化して、
システムにも詳しくなれたら強力な武器になる。
定年まで今の会社に居ようが転職しようが。

難易度が高くて1年がかりで覚える仕事を
10か月とか半年でモノにできたらきっと気持ちが良いだろう。

だが強力な武器を手に入れ、難易度の高い仕事をこなす為には、
今までとは比べ物にならんほど生活習慣を変えていく必要がありそう。
だらだらTVを見てる時間を減らして英語の勉強をする
休日はだらだら寝てないで運動をして体調を整える
本を読む、ビジネス雑誌を読む
など。

結果は習慣(=毎日、毎時間、毎分、毎秒の積み重ね)の積み重ねだと思う。
人生を決めるMoment それは今かもしれない。

俺の場合まずはランニング&ゴルフの再開と英語のCDとTOEICの勉強だな。
そうだな、まずはそれでいこう。
てか早くこのブログ書き終わろう


てなわけで、俺は近々秋葉原にフィールドを移します


>臼井
終電失くしたら泊めてください。

>森田
ビジネス英語の勉強の仕方を教えてください。
ただし、億単位の損失は出さないようなやつね

>勤務地近い人たち
寂しいので一緒に飲んでください。



今日の1曲
B'z/Don't Wanna Lie






libero_revolution at 19:29|PermalinkComments(4)会社 

2011年09月03日

プレジャーフォレスト

7月某日、快晴

目が覚めると、俺はこいつの家にいた。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
HIGH PRESSURE


同い年くらいの警官に

補導されかける




タカ



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


そして、家にはこいつらもいた。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ギアセカンド

タカ家に泊まった翌朝は

体の色がギアセカンド



なみさき


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
高山



アイスは溶かして食べる方






高山





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


また例の如く休みの朝からお出かけ。
今回は俺ではなく、タカが車(カミカミカー)を出すことに


耳すまラスト
目的地まで約2時間弱。
その間、前日借りていた
「耳をすませば」を車内で観賞。
だがギアがちょうど画面の
ド真ん中を遮っていた為、
人物が見えねー
やがてこのお熱いラストの頃、
目的地にも到着した


プレジャーフォレスト
今回のスポットは
相模湖プレジャーフォレスト
最近CMでもやっている。

ねもさんは地元の野球チーム
白井ホワイトウェルズの試合の為、
今回は不参加だった。

だが入口にいたキャラクターの顔が
ねもさんのドヤ顔に似ている為、
俺らはこのキャラクターを
ねもさんだということにして、
ねもさんと遊びに来た気分になった



まずはチビッコたちに混じって、20種類以上あるアスレチックに挑む
しかし、アラサーのおじさんおばさんの体力には限界があり、途中で断念


プレジャーフォレストゴーカート
続いてゴーカート


今後なみさきには
車を出させない事を
満場一致で決定。


その後は少々ランクアップして
バギーに乗車。



乗り物を満喫したら、今度は東京ドーム7個分(だっけ?)はあるという
園内を散策する宝探しアトラクションに挑む
このアトラクションは時間制限がないので、
宝を探しつつ他の所にも寄り道。
畑で野菜を収穫するというアトラクション(?)では、トマトとナスを頂く


プレジャーフォレストBBQ
お腹がへったので焼肉を頂く

さっき採ったトマトを
丸かじりして、
ナスは焼きナスにして
ジューシーに頂く

暑い昼間にキンキンに冷えた
ビールを飲む

タカは飲めないけど。

なみさき自粛3

ウィンナーを食わせたら

右に出る者はいない

という伝説を持つなみさきは、

大好物のウィンナーを食う


この伝説のおかげで、

なみさきは俺の地元で有名になった



腹ごしらえをしたら宝探しを再開。
途中観覧車に乗り、観覧車嫌いという意味がわからん特性を持つ
タカのテンションが下がりつつ、宝探しゲーム完遂。
ゲームクリアをした証のカードをもらった。

夕方前になり、俺たちはプレジャーフォレストを出て、
再びカミカミカーで次の目的地に向かう
到着までの間、今まで貯め込んでいたこちらのコーナーをどうぞ。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○
孝憲佐藤のしゃべれない話



〜択する話

【言いたかった言葉】  「YES」か「NO」しかないじゃん!

【言ってしまった言葉】 「うん」か「NO」しかないじゃん!


横文字の話

【言いたかった言葉】  ミッドナイト

【言ってしまった言葉】 サマータイム


4岨の話

【言いたかった言葉】  痴話喧嘩

【言ってしまった言葉】 千葉県下


い酒の話

【言いたかった言葉】  まぁ飲んでみ!

【言ってしまった言葉】 マーモーミー!


イ劼匹は

【言いたかった言葉】  過剰摂取(かじょうせっしゅ)

【言ってしまった言葉】 過剰殺生(かじょうせっしょう)


Α屬弔罎世」みたいな話

【言いたかった言葉】  短冊(たんざく)

【言ってしまった言葉】 たんだく


У△蟶櫃力

【言いたかった言葉】  バイバイ! or じゃあね!

【言ってしまった言葉】 バイじゃあね!


┣燭世わからない話

【言いたかった言葉】  卵白

【言ってしまった言葉】 ランパコ


惜しいようで惜しくない話

【言いたかった言葉】  ピスタチオ

【言ってしまった言葉】 タピオカ


《番外編》プロ野球観戦の話

仕事を早く上がれた為、みんなで千葉ロッテマリーンズの試合観戦に行った
試合中、タイムが入りピッチャーや他の守備選手、監督らが集まって話し出す。

タカ「あれ?なんであの人グローブ持ってないの??」

ねもさん「監督だから。」

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○


耳をすませば看板
さて、続いてのスポットは聖蹟桜ヶ丘。

ご存知の方も多いと思うが、
ここはジブリ映画「耳をすませば」の
モデルになった街。

駅前の看板には映画のシーンに使われた
場所が紹介されている。

今回は耳をすませばの世界に浸り、
青春を噛みしめようという企画。

割と栄えている駅の、
近くの駐車場にカミカミカーを置き出発



耳すま神社(現物)
耳すま神社(アニメ)

←実写     ↑アニメ

野球部の杉村がヒロインの雫に告ったが
あえなく撃沈したシーンに使われた神社。
俺にとっては最も甘酸っぱいシーン
嗚呼、あの頃に戻りたい…。


地球屋ロータリー(現物)
地球屋ロータリー(アニメ)
←実写     ↑アニメ


こちらは、雫が好きなイケメンのせいじくんの祖父が
営んでいる店「地球屋」があるロータリーっぽいところ。


みみすま看板
そしてこちらは、

地球屋のモデルと思しき店。

店の前には明らかに映画の力を

借りようとしたベンチが




その後も付近の住宅街を散策していたが、
ここは明らかにセレブの町だったッ
住宅の外観はオシャレな作り
近所のオバハンどうしの集まりと思われる一団を見かけたが、
全員が愛犬を従えているッ
きれいな芝の庭になぜかドでかいアンテナを立てている家
どんだけ地デジ化してぇんだよ。
「こんな家ほしいなぁ」などと住宅の展示会にでも来たかのような風景。

その後、道に迷った気がしながらも駅まで歩いて行く。
駅の近くまでくると空からピチャピチャ降ってきた
雨か、と思いきや、見上げると電線に無数のハト群がッ

ハト公の空襲

ハトたちの白いピカドンを食らうまいと、ダッシュで戦場を駆け抜ける俺たち
なんとかハト地帯を脱出し、カミカミカーまで逃げ延びた
皆安堵し、カミカミカーに乗り込もうとした、その時ッ


タカショック






うぎゃぁぁあッ

(`Д´)








なんと、カミカミカーが被弾していた

「カミカミカー」は「ハトフンカー」にモデルチェンジした


日没し、ハトフンカーは千葉方面に向けて発進。
だが帰るにはまだ早い。


ららぽーと豊洲夜景
ということで、
ららぽーと豊洲に到着

馬臭い南船橋とは違い、
東京湾に面した豊洲は
抜群の夜景

レインボーブリッジが見える
ららぽ前の公園カップルだらけ


そんな風景を見下ろすことのできる、大人の香り漂うバーで晩酌
タカは飲めないけど。

朝から自然と戯れ、昼間からビールを飲み、
青春を感じ、大人の夜を過ごす。
実に優雅な休日を満喫し、今宵も更けてゆくのだった…


今日の1曲
Olivia Newton-John/Take Me Home, Country Roads






libero_revolution at 01:51|PermalinkComments(2)会社 

2011年07月17日

山ボーイ


カレンダーより早く

シャツの袖口まくったサッカーファミリー


SAKURA1545


梅雨明けとともに動き出す




7月9日(土)、快晴

午前11時、男たちはユーカリが丘に現れた


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
桝本
塾の生徒に「ヤッホー!(・∀・)」と挨拶される


桝本


職業:塾講師
主要科目:高校数学

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
筆箱ゲット
ヒゲは毎朝剃ってるのに、上司から

「ちゃんとヒゲ剃ってこい」

と言われる





職業:サラリーマン
等級:平社員


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


みんなの願いを叶える車「WISH」(トヨタ)で桝本を拾い、
ユーカリに古くから続く”恩に報いる”寺に向かう
この寺は鎌倉時代(多分)から続く由緒正しい寺であり、
敷地の片隅になぜかサンドバッグが吊るしてある。
到着すると、せんとくんみたいな奴が出てきた。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
オネムムネオ

救急車のサイレンが聞こえると

仕事の予感


ムネオ


職業:副住職

法名:破壊僧


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


僧侶を乗せたら、志津駅前のマンションへ
到着して、電話をかけてみる


トゥルルルル…   コール音が長い。

「ふぁあもしもしぃ?」


明らかに今目覚めたばかりだった
寝坊したにもかかわらず余裕こいて朝シャンしてきたのはこの男


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
リクナビ森田
東大出身の後輩と京大出身の後輩からの
下からの突き上げがハンパない
森田
職業:大手アパレルの経理部

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


ようやく4人そろったところで、ムネオからお言葉が。


いってみヨーカドー


   高尾山に




   いってみヨーカドー






そう、今回は4人で高尾山に登るというイベントなのである。
発端は6月下旬、森田に貸していたゴルフセットを返してもらいに
森田家に出向いた時、森田から「山登りたい」というリクエストがあった。
そこでSAKURA1545内で、高尾山に登るか東京湾を屋形船で巡るかの
アンケートを行ったところ、僅差ではあったが高尾山派が多かったのだ。
自然に浸って山登って、いい汗かいて旨いビールでも飲もうという事で、
この日に決行した。


いってみヨーカドー


i-podを取りに




寺に戻ってみヨーカドー






ドライブに音楽は必須。
だがこいつの場合般若信教でもかけるんじゃないか
と不安がありつつも、寺へ向かうが…


ポニーテールとシュシュ



  僧侶がかけた曲は






  「ポニーテールとシュシュ」だった





スキンヘッドと数珠

  しかしこのDJがかけると、


  「スキンヘッドと数珠」になる



  スキンヘッドと数珠

  スキンヘッド(光らせながら)
  お盆の中
  坊主が走る(住職も走る)
  檀家の家



AKB48で夏を感じながら、俺たちは千葉北インターへ向かった
その道中、ムネオは言い出した。


いってみヨーカドー


  ビールも




  いってみヨーカドー






近くのセブンに寄り、俺はコーラを買う。
他の3人はビールを買う。
完全に山に登る気のない人たちだった

ようやく高速道路に入ったときには12時を過ぎていた。
無駄な紆余曲折により、通常の3倍ほど時間がかかっていた
休日だが首都高もそれほど混まず、順調に八王子へ

AKB48の曲が終わってしまったので、
今度は西野カナの曲を書ける。
ムネオは西野カナも結構好きなのだという。


会いたくて震える
 ということは、


 こんな坊主でもきっと


 会いたくて会いたくて


 震えるに違いない




そんな妄想をしながらWISHを走らせていると、
ようやく高尾山のふもとに到着
時間はお昼をとっくに過ぎていたので、
近くのそば屋でとろろそばを食べた


「さぁて、おいしいおそばも食べたことだし、そろそろ帰りますか( ̄∇ ̄)」


いや待てッイカンイカン
そんな誘惑に屈してはいけないッ
ケーブルカーの誘惑にも耐え、俺たちは登山を試みる。


登山家森田
しかし言い出しっぺの森田は、


オシャレ帽子にダメージシャツ、


オシャレタオルにオシャレレギンス、


右手にライター、左手にタバコ


高尾山を渋谷か何かと勘違いしていた



登り始めると、汗がにじみ出てくる
山だから涼しいもんなのかと思っていたが、むしろ自然のサウナだった。
途中、自販機で給水した。
ムネオは薬草(タバコ)でHPを回復した
ビアガーデンに到着したので1杯いってみよーかと思ったが、
焼肉食べ放題とのセット(¥3300)だった為、断念した。
怖がる桝本を引き連れ、つり橋を渡る。
つり橋ですれ違ったおじさんに、
「つり橋は揺らしちゃダメだよ」と言われた。
いくつになっても、やんちゃな少年の心を忘れてはいなかった。


高尾山頂
そして山頂に到着した

雲がなければ富士山が拝める。

別の方向だと新宿のビル群が
まるで第三新東京市のように
一望できる。

東京都屈指のパワースポットに
癒された



我々4人は高尾山を制し、喜びの杯(缶ビールとかき氷)を交わした
山頂の涼しい日陰で小休憩した後、下りは別のルートを通った。
途中の神社でおみくじを買ったが、特に何も起こらず。
さらに下ると「上級者コース」と書かれた別のルートがあった。
もうこの山を制覇していたので、迷わず「上級者コース」へ
だがこのコース、石や岩や木の根が地面から突き出しまくっている…ッ


ウッドマンステージ





  ここはロックマンかッ







坂道に石や岩や木の根が突き出し、立ち止まれる場所がない為、
俺たちは自然が創り出したアスレチックを止まることなく駆け下りた


バブルマンステージ

途中、どっかの大学の


山登りサークルっぽい集団と


挨拶を交わした。


その後、滝ステージを通過。




ようやくふもとまで下りてきたときには、すでに夕方17時前だった
体力は消耗し、服はびしょびしょだったが、まだ終わらない。
高尾山口駅の向かい側にある「トリックアート美術館」に急遽立ち寄る事に。
この美術館はだまし絵や目の錯覚を利用した不思議な絵が並んでいた。


トリックアート-鏡-





ゞ世辰櫃ど屋






トリックアート-首だけ-







⊆鵑世韻里笋








トリックアート-巨人-







K駛椶ちっちゃくなっちゃうやつ









服がびしょびしょで汗臭い大人たちが、トリックアートではしゃいでいた

美術館を出た俺たちは、汗だくだったので風呂に入りに行く事に。
だがその前に指令が一つ発令された。


いってみヨーカドー


  イトーヨーカドーに


  服を買いに


  いってみヨーカドー





近くのイトーヨーカドーに行って安いシャツを買う大人たち。
それを片手に、近くのスーパー銭湯に行く。
湯につかり、汗を流す

風呂から上がると時間は19時。
あたりは暗くなってきた。
WISHをかっとばして21時にはユーカリに帰宅。
牛角ユーカリが丘店で夕食を頂く
実はこの日、7月9日は我らが聖なる坊主・ムネオの生誕祭だった
ご生誕おめでとうの乾杯(ビール)とともに、
ご飯は食わず肉にがっつく大人たち。

いい汗かいて、いい景色見て、気持ちいい風呂入って、
旨いビールと肉を食った有意義な一日だった



今日の一曲
AKB48/涙サプライズ!





libero_revolution at 16:24|PermalinkComments(2)佐倉 

2011年07月04日

スンドゥプ研究会


6/25(土)

何年か振りに、家に自分しかいない日。
お父さんは青森へ出張に、お母さんは岡山へ旅行に行きました。
弟さんは岡山で一人暮らしをしていました。

京成線の上りの方から、どんぶらこ、どんぶらこ、と電車に
揺られてやってくる人たちがいました。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
Revolution



KAMI KAMI Revolution





タカ





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
春麗



朝帰りして大学生の妹に怒られ

タカのDVにより腕にアザができた



なみさき





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


同期の夫婦に泊まりに来てもらいました。
まずは体をキレイキレイしなければならないという事で、
近くのスーパー銭湯「アクア・ユーカリ」で汗を流す
ここはボウリング場やプールも併設されており、
無邪気に興奮したタカこんな事を言い出した。



タカ「ねぇピール入ろうぜピール



ピール【Peel】
果実や野菜の外側の保護層であり、剥くことができる。
植物学的には外果皮に当たるが、「外果皮」は、手やピーラーで
剥くことができないため通常はピールとは呼ばれず「殻」と呼ばれる、
種実類の固い外皮も含む用語である。

(Wikipedia)



とりあえず、お断りした

風呂から上がると、隣のサティで夕飯の買い出し。
お惣菜や酒を買っていたが、タカはなぜか
グリーンアスパラをカゴにぶちこんでいた

家に着き、「人志松本のすべらない話」を観ながら晩酌
そういえば、ここにもなんか似たような話のできるやつがいた。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○

孝憲佐藤のしゃべれない話


〇纏中の話

なみさきが内線を取る。

なみさき「はい、なみさきです。」
タカ「佐藤です。ちょっと画面の入力の仕方を教えてほしいんだけどさ。」
なみさき「うん、いいよ。」
タカ「画面の下の方にブランケットがあるでしょ?」
なみさき「ブランケット??」
タカ「そう、ブランケット。」
なみさき「???」


タカ「あ、ブランク(空欄)か。」



宅飲みでの話

タカは細くて華奢な体をしている。
そんなタカは、この日なみさき、笠井くんと共に、タカ家で宅飲を
することになり、コンビニで酒やつまみを買って歩いていた。

タカ「笠井ちゃん、袋1コ俺持つよ
笠井「いや、大丈夫だよ。」


タカ「そんな、俺の体が卑猥だからって…」


【誤】卑猥   【正】ひ弱


オメーの卑猥な体をカミングアウトされても困るわ(`Д´)



なんだかよくわからない話

【言いたかった言葉】   親指

【言ってしまった言葉】   おやびん


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○


プロの芸人相手でも立ち向かっていく黄金の精神に脱帽。


ピカルの定理
夜も更けてくると、


「ピカルの定理」を観ながら、


布団を敷いて寝ながら


酒を飲み始めた


その時タカは新しい酒を飲もうと冷蔵庫に取りに行くが、
自分が開けた冷蔵庫の扉を自分の頭にぶつけていた

そのせいでラリってしまったのか、またおかしなことを言い出した。


オリラジ藤森
本当はきっと、



アゲアゲParty Night



と言いたかったはずだが、
(ピカルの定理でも
こんなのやってたので)



タカはラリってしまったのでこう言い放った。



タカ「パチパチHoly Night



サンタクロース

Holy Nightは


あと半年ほど


待ってもらえませんかね?




「パチパチ」の意味もわからんし…。
パチンコのやりすぎだろうか。

泊まりタカ

そんな風に

泥酔状態になりつつ、

そろそろ寝ることにした。

電気を消した暗闇で、

タカにキスを迫る

なみさき



タカ「フレンチじゃダメだ俺はディープしか受け付けねぇ


ディープな二人を尻目に、俺はふて寝した



翌朝
実は今回の本題は「スンドゥプ研究会」である。
この会のミッションは、韓国料理のスンドゥプを食べることである。
しかし店は夕方からなので、それまでは東京ジョイポリスで遊ぶことにした。
だが幹事であるねもさんは家族サービスの為ドタキャン
船橋を集合場所にしていたが、自分の事をお嬢様だと勘違いしている高山が
めんどくさいから家まで迎えに来いと言うので、俺たち3人は仕方なく、
みんなの願いを叶える車「WISH」(トヨタ)で船堀まで向かうことに

船堀駅付近にやってくると、颯爽と現れた。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
高山


日焼け防止の為に

クソ長いグローブを装着して出勤





高山





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

高山を拾ってコンビニで昼食を食べ、お台場へ
屋内テーマパーク「東京ジョイポリス」ではこれらで遊んだ。

ハーフパイプキャ二オン
.蓮璽侫僖ぅ廛ャニオン


二人一組で乗る、
スノボーのハーフパイプ
のようなアトラクション。

俺とタカは全く噛みあわず、
最下位

ローラとカーラの美嬢面接
▲蹇璽蕕肇ーラの美嬢面接


男はホスト、女はキャバ嬢の入店面接を

受けるという設定で源氏名をもらい、

心理テストを行い、最後はキメ顔写真を

撮ってもらえるというアトラクション。

高山の源氏名は「杏樹」、なみさきは「琴音」、

俺は「遊哉」(まんまやん…)、


CR花の慶次

タカは「慶次」だった。


確かに、


いろんな意味で傾奇者だ。





スピンバレット
スピンバレット

いわゆるジェットコースター。

一瞬屋外に出て、

お台場の海の風景が見えるが、

あんま楽しむ余裕なし



こんなかんじで遊んでいると、時間も夕方近くになってきた。
俺たちはお台場を出て韓国街のある新大久保へ行く
この間、また勝手に「しゃべれない話」を始めるタカ

【言いたかった言葉】   船橋

【言ってしまった言葉】   砂橋

すぐ壊れるわ、その橋(´Д`)


【言いたかった言葉】   海ブドウ

【言ってしまった言葉】   水ブドウ

惜しいんだけどね。気持ちはわかる(´Д`)


新大久保から少し離れた駐車場に車を停めて韓国街に向かうと、
何とも言えない韓国の市場っぽい匂いが漂う
お目当ての店に着くと既に列ができていた。
順番待ちの名前を書き、買い物をして時間を潰し、入店。

サムギョプサルタカ

サムギョプサル(豚肉)と

トッポギ
(辛みそを和えた棒状の餅)と

スンドゥプ(豆腐チゲみたいな)

を注文



最後に、丸ごと鶏肉の中にもち米を詰めて煮込んだスープを注文。
(名前忘れちゃった)
これも旨かった

お腹一杯で店を出る4人。
(本題の内容があっさりしてるのはいつもの事)
満足気に駐車場に戻る。
新大久保には夕方に到着したので、時間はまだ20時過ぎだった。


タカ「ギロッポンじゃね?」


みんなの願いを叶える車「WISH」(トヨタ)は夜の六本木に到着
最近六本木に引っ越した笠井くんを呼び出して、
六本木で優雅に飲もうという作戦。
タカが笠井くんに電話をかけるが、出ない。
俺が笠井くんにメールをしたら、返事がきた。
パチンコ中だった

仕方なく4人は六本木ヒルズをぶらり。
しかし夜も更けてきており早々に閉店してしまう店が多かった。
そこで徒歩で東京ミッドタウンまで行き、飲み屋を探すことに。
その道中、タカはまた悪ふざけを始めた。


タカ「『ミッドナイト』っていうくらいなんだから、
    ミッドナイトまでやってるんでしょうねぇ(  ̄▽ ̄) 」



『ミッドタウン』じゃ(`Д´)

とにかく彼は”Night”にハマっているらしい。

ミッドタウン付近で見つけたオープンカフェ風のバーで飲む
なんて優雅な休日だろうか。
高山のしょーもない下ネタも、
六本木の夜風がかき消してくれた。


気が付けば24時近くになっており、
我々は岐路についた。
お嬢高山は家の玄関まで送りました。
根本さん、笠井さん、高山家はロックオンしたのでいつでも行けます

その後、タカとなみさきを送り、長い休日は終わりを告げた



今日の二曲
T.M. Revolution/AQUQLOVERS 〜DEEP into the night〜




B'z/DEEP KISS






libero_revolution at 02:02|PermalinkComments(7)会社 

2011年06月25日

覚悟



「北本さんは、夢を本当に実現する『覚悟』はありますか?」



6月17日、金曜日。

通算15社目の面接で社長に言われた言葉が、俺の体全体を駆け巡った。



半年ほど遡って、2010年12月。
まだ俺が大人の事情で会社を休んでいた頃、
俺は既に登録していた「リクナビNEXT」経由で
転職支援サービス最大手リクルートエージェント社(以下、RA社)に登録した。

会社復帰直後の12月15日。
東京駅近くにあるRA社へ赴き、CA(キャリアアドバイザー)との面談を行った。
面談では、転職理由や志望業界・職種の話、
今後の動き方や現在RA社が所有している求人情報の話があった。

俺の転職活動が始まった。


会社に復帰してもしばらくは勤務制限があり、
12月中は午前中勤務、1月前半は15時半まで勤務、
その後も最終的に4月いっぱいまで定時退社が義務付けられており、
退社後の空いた時間を使って説明会や企業面接、
CAとのやり取り等を行った。

復帰後のチームは以前と比べて残業のほとんど無いチームの為、
5月以降も面接等に向かうのは難しい事ではなかった。
説明会や面接はおよそ週2回くらいのペースだった。
面接の為にシフトを変えた事もあった。
面接後に会社の飲み会に行くと、「なんでネクタイしてんの?」と
つっこまれたこともあった。(普段は内勤でノーネクタイの為)
「セミナーだった」と言って誤魔化した。

また俺は次第に、転職活動自体が「楽しい」と思うようにもなっていた。
これまで内勤だったせいか、面接先企業の人事部や役員、社長から
業界の話を聞いたり、自分やうちの会社(部署)にはない考え方を
知ったり、読書なんかより数倍刺激になる体験をしている気がした。


俺が転職をしようと思った理由は、主に二つある。
一つは、会社にぶら下がって生きていきたくなかったから。
会社に頼らなくても生きていける力を身に付けたかったから。
その為には、様々なスキルや経験を積むこと。
様々な経験を積み、より多くの人や会社から必要とされ、
重宝される人材になること。
特に営業職での経験は、折衝力というか、コミュニケーション能力が
非常に身に付く職種だと思っている。
コミュニケーション能力は全ての仕事にである。
だって「人と仕事をしない仕事」なんてものは皆無だから。

だから、営業(特に法人)の経験をしたくて、営業職の求人に応募した。
今の会社でももちろん営業職はあるが、今の会社の業況から考えると、
営業への異動・増員は期待できなかった(あくまで主観ではあるが)。
何十年先に経験できるかわからない、体力が衰えてきてからでは遅い、
そう考えて20代のうちに転職をして経験を積んでいきたかった。

何だかコミュニケーション能力の無さを会社のせいにしているように
聞こえるが、「環境」よりも「時間」を重視しているから「転職」という
選択肢が出てきた。


転職をしたかった二つ目の理由は、会社に嫌気がさしたからだ。
誰しも、会社に対して何らかの不満を持っている事だろう。
俺が持っていた不満というのは、「人を尊重しない人」が多い事だ。
もちろん全ての人がそうではないし、他部署に勤務した事がない為、
自部署での経験に基づいた話である。
何かにつけて人をバカにしたり、あげ足をとったり、怒鳴ったり、
人格を否定するような言葉を発したり、仕事ができない=ダメ人間扱いしたり、
できたことを褒めるどころか失敗だけ取り上げたり、自分よりも立場が上
(心理的なものも含む)の人には「良い人」でいるくせに自分よりも気が弱い人
や部下には威張ったりする人がいる。
周りから「仕事ができない」と言われていても、「優しいな」とか、
一緒にいて楽しいだっているのに。
会社に入って本当にカルチャーショックを受けた。
(世間にはこれとは比べ物にならないような所があるかもしれないが)

他部署の雰囲気は正直わからないが、自部署の上司や先輩方はこれまで
他部署での経験を経て今の部署にいるのであり、恐らく上で挙げたような
指導・教育・扱いを受けてきたからこそ「これが正である」と思いこんで、
それが「会社の常識」だと思って、今度は自分がそれを実践しているのだろう。

自分の常識が周りや世間の常識と同じだと思ったら終わりだと思う。
誰もが経験があると思うが、自分が生まれてから親に教わったり生活の流れ
として何気なくやっていた行為が、他の人(あるいは他の家庭)から見れば
「なんでそんな事するの!?」って言われるような行為だったり。
親に言われたり教わった事は、子供は何の疑いもなく当たり前の事として
受け入れる。(その後の学校生活や友達付き合いで違いに気づくこともある)
それと同じく、上司や先輩の方は年齢や経験量や仕事の出来は若手社員に
比べて上を行っているから、先輩は教える立場、若手は教わる立場になり、
先輩から教わった事(教え方も含めて)が会社の常識だと思ってしまう。
そして若手は年次を重ねて上司になったり後輩ができると、自分が昔
教わってきた事をリピートする。
それが何十年も繰り返され、今や「会社の常識」となっているのだと思う。

その為、俺が感じた事は自部署だけでなく会社全体の、
いわゆる「社風」なんじゃないかと思った。
そんな社風は、俺には受け入れられなかった。
ましてや自分も「社風」に毒されてしまうんじゃないかと恐れた。

人を怒鳴ったからといって、その人が仕事を上手くできるようにはなれない。
人の人格を否定したからといって、その人の業績は絶対に上がらない。
言った本人のストレスと、言われた人のモチベーションが下がる。
ある人は言う、「俺はこういう風にきつく言われて育ってきたんだ」と。
それはきつく言われたから育ったんじゃない。
きつく言われた以上に、周りで支えてくれた人がいたから
倒れずに育っていけたんだ。
きつく言われた以上に、「俺は絶対○○になるんだ!」という強い意志や
希望があったから諦めずに育っていけたんだ。
きつく言ったりなんかせず、失敗に対して前向きにアドバイスしたり、
励ましてあげればどんなに成長できるだろう。

もちろん、人が成長するにはその人本人の行動が不可欠であり、
最も大きな要因になるのだと思う。
しかしながら、一方で周り人の影響が大きいのも確かだと思う。
俺にはWESAで多くの先輩や同輩、そして後輩から励まされたり、
助けてもらった事で立ち直った事がある。
本当に尊敬できる人がたくさんいた。
俺にはサッカー部の連中と他愛もない話をしたり、遊んでいるだけで
元気を取り戻した事がある。
本当にいつまでも一緒にバカな事して遊んでいたい奴ばかりだ。

人を活かすのは、やはり人なんだと思う。
俺は「人を活かす人」になりたい。
そう思って、転職活動では人事コンサルや人材紹介・育成の会社で、
営業職に応募していった。
「人を活かす仕事、人がやりがいや希望を持って仕事ができるよう
サポートする仕事をしていきたい」と思った。


そんな思いで転職活動を始め、会社復帰後のチームでも仕事していた。
休職前と比べるとフロアの雰囲気は静かで、
隣の席の上司はコワモテで関西弁の人だが、気さくで面白い人だ。
その周りには更に上の上司たちが並び、俺の席は囲まれている。
しかしその上司たちも気さくで、お互いボケたり突っ込んだりしている。
5月はその上司たちとよくミーティングをしていたが、とても勉強になり、
「この人たちは上司だ」という意識をあまり持たず、同僚のような気持ちで、
お互い意見を言い合える前向きな議論ができた。
今後もしばらくは一緒に取り組んでいく事になっている。

他のチームメンバーも個性的ではあるが優しい人たちだった。
チーム内では俺が一番年下だったが、しょーもない冗談を言い合ったり、
楽しい雰囲気で仕事ができるのは助かっている。

また、6月からは2〜3年目の若手社員のみで構成されるプロジェクトチームが
発足する事になった。(前半組と後半組に分かれ、6月からは後半組が発足)
同じ3年目総合職の根本は「どういう風にやっていこうか」なんて相談を
してきたこともあった。


だが、俺は転職活動をやめなかった。
今の仕事も楽しいなとも思ったけど、やめなかった。
一度転職すると決心したから、やめようとは思わなかった。
でも、「転職したら今の仕事も中途半端に終わっちゃうんだなぁ」とも思った。
「同僚たちとも疎遠になっちゃうのかなぁ」とも思った。



6月17日、金曜日。

この日も定時で退社し、南船橋から大崎へ向かう。
用意してきたネクタイを電車の中で結ぶ。
面接までまだ時間があったので、近くのサンマルクカフェで志望動機等の
確認や企業HPのコピーを読んでいた。
この日の面接は社長が担当するとの事だったので、若干緊張していた。

面接開始10分前くらいにオフィスに到着。
アンケートを渡され、「転職理由」や将来の夢などの質問項目があった。
「将来の夢」には「人がやりがいや希望、楽しさを持って仕事ができるよう
サポートする仕事・ビジネスをして、一人でも多くそのような人を増やし、
世の中を変えていきたい」と記入した。
しばらくすると、社長が現れた。
30代前半くらいの若い方だった。
挨拶の後、アンケートと用意してきた履歴書・職務経歴書に目を通す。
一通り読んだ後、社長は俺にこう言った。


社長「北本さんは、夢を本当に実現する『覚悟』はありますか?」


『覚悟』という言葉が、俺の体全体を駆け巡った。
そして、その言葉を聞いて戸惑っている自分に気付いた。


俺「もちろん目指していくつもりですが…『覚悟』とはどのような意味で
  おっしゃっているのですか?」


社長「北本さんの夢はとても素晴らしいものですし、私どもの理念とも
    非常に近いと思います。しかし、これを実現するには事業や会社を
    立ち上げて、何十年かかるかも分からない。経営者になれば
    会社倒産のリスクがあったり、結婚だってなかなかできない。
    給料だって、経営者は稼いでいるように見えますが、成功している
    のはほんの一部で、私は会社が苦しいときには年収3万にした
    事もありました。税金対策で。またもちろん友達とも遊べない。
    今までできたことができなくなたり、一般のサラリーマンができる
    ような事はほとんどできなくなる。それでも、他の全てをなげうって
   でも、夢を絶対に実現させる『覚悟』は北本さんにはありますか?」



「他の全てをなげうってでも」、「他の全て」を考えた時、
フラッシュバックのように色々なものが頭をよぎった。
今進めている仕事の事、俺を部下ではなく同僚のように話をしてくれる上司、
優しく接してくれているチームの人達、そして仲の良い同期との思い出・記憶。
これらは全て俺の迷いだった。
「なくなったら嫌だな」と本当は心のどこかで思っていたものだった。

俺はしばらく言葉を発せなかった。
それと同時に、俺には夢を絶対に実現させる『覚悟』も、転職する『覚悟』も
なかった、あるいは不十分だった事を悟った。
そう悟らざるを得なかった。
そして俺はようやく口を開く事ができた。


俺「面接のお時間を頂いているのに大変申し訳ありませんが、
  私はまだ『覚悟』ができていないみたいです。もし本当に
  転職する『覚悟』、御社に入社する『覚悟』ができた暁に、
  改めて応募させてください。」



『覚悟』ができていない段階で転職をしても、後悔をしたり、
新たな職場で別の不満が発生してしまい、また転職を考えるだろう。
『覚悟』ができていれば、不満の解消よりも「夢の実現」に重きを置くはず。
そんな『覚悟』がないまま転職活動をしていた自分に対してショックを受けた。

でもその反面、自分に対して安心したところもあった。
俺は本当に「人」が好きなんだな、という事が確認できたからだ。


そして、面接の場で転職する『覚悟』ができていないと悟った俺は、
それと同時に、今の仕事を全うする『覚悟』、
今の環境で絶対に成長していく『覚悟』、
自分の夢を実現する為に、今の環境から変えていく『覚悟』
を心に決めた。

転職はあくまで生きていく上での選択肢の一つ。
入社して3年たった時や何か目標を達成した時に、
自分が今後どのように生きていくかという『覚悟』を改めて問いただす事にした。


面接から数日後、俺はRA社に転職支援サービスを終了したい旨を伝えた。
リクナビNEXTから応募して選考中だった企業にも、辞退の旨を伝えた。



『覚悟』とは………………犠牲の心ではないッ!

『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!


by ジョルノ・ジョバァーナ




今日の一曲
SURFACE/その先にあるもの







libero_revolution at 17:42|PermalinkComments(5)プライベート 


Recent Comments
Profile
訪問者数